人気ブログランキング |

知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ

タグ:チュロス ( 11 ) タグの人気記事


2007年 08月 26日

チュロス その8

c0114069_7434332.jpg

実家で作ったチュロス。
ちゃんとチュロスメーカーを持参したのだ。
なんせ人数多いから、手間のかかる菓子なんぞちまちま作ってはいられない。
今回は滞在日数が少なく、ほかにやることはいっぱいある。

 そこだ!いけ!質実剛健おやつ!

今回は子供も多いことだし、はじける危険を回避するためチュロスメーカーの箱に書いてあるレシピに準じた。
・・・ところが、なんて書いてあるかがもうひとつはっきりしない・・・
「1 pitada de sal」ってどれだけのこと?
ひとつまみ?? 塩1gくらいってこと?


  =実家でのチュロスレシピ=
 材料/水2カップ、塩てきとう、砂糖小さじ1、サラダ油大さじ1、
    小麦粉2と1/2カップ、シナモンシュガー、揚げ油

 作り方はいつもとおなじ。でも成形はぐるぐる渦巻きじゃなくて、
 チュロスメーカーで20cmぐらいの棒状に絞り出し、
 揚げてからボールのシナモンシュガーが付き易いように半分に切った。


生地はいつもより粉が多くて硬めなせいか、絞り出したらちゃんと表面にギザギザがついて前回より安全なようだった。
お味はさらに質実剛健。中のトロッと感が減って、おなかにたまるおやつになった。
粉に対する表面積が減って油っぽさはもっと軽減。油の吸い込みを懸念して高温のたっぷり油で神経質に揚げなくてもOKみたい。
ここでもやっぱり外側のカリッ、中身のトロッは大人気で、
川あそび帰りの腹ぺこさんたちのお腹にあっという間に収まった。

 ありふれたお安い材料ですぐに作れて大人気、チュロス。

こんな大人数のときこそ、その本領を発揮できると思うのよ、のよのよ。

 チュロス万歳!


熱々チュロス、サクッ♪・・・ポチッ!→◆人気blogランキングへ◆
       もひとつポチッ! →にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    
        さらにポチッ! →ファイブ ブログランキング
おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m

by tigerbutter | 2007-08-26 08:18 | 粉もの
2007年 07月 31日

チュロス(Churros) その7「デンジャラス!」

c0114069_16561061.jpg
c0114069_16562895.jpg
c0114069_16564414.jpg

日曜日に作ったチュロス。
それはついにチュロスメーカーを購入したのだ。
せっかくだからかたい生地でと思って卵なしで。
いつもよりかたい生地だけど穴の径自体も5倍ぐらいあるので、
たいした手応えもなしに簡単にしぼれた。
しかしその分短くて、鍋にぐるぐるにはならない・・・(うう、残念)

ところが、このギザギザの浅い形、
揚げていると膨れてすぐにギザギザは埋まり、
途中から三カ所もニュウッと生地がはみ出してきた。
・・・ギザギザの予備空間がないということは、
つまり、ベーキングパウダーも砂糖もはいってないこの生地では、
非常に危険な状態なのでは??
と、危険を察知して、すぐに逃げられるようにおそるおそる揚げていたけど、
はじける様子もなかったので、途中ではみ出した分でもう気がすんだのかとちょっと安心♪
・・・と、思うでしょ・・・「13日の金曜日」でもいっつもそう。
のんきに揚げ続け、ちょうどそんな最後の分をバットに引き上げていたところに、

  バンッ!!  

まさかの爆発が起こった・・・ (いや、普通に「破裂」が正しいかと・・・)

すでに油の中じゃなかったので危険な目にはあわなかったけど、
そのチュロスははぜて中身が宙を飛んだ!!
(以前、里芋団子を揚げて油の中で爆発させて経験あり、部屋は汚れたけど、なぜかセーフだった)
それはそれはしこたまびっくりしたのだった。

すぐにチュロスメーカーの箱に書いてあるスペイン語レシピをなんとか解読してみたら、
「ち、砂糖入れるんじゃん。・・・根性ないなあ。」
(いちいち根性試ししてると危険)

とりあえず今回、『危険を察知したら最後まで気は抜かないことが必要』ということを学習した。
このチュロスメーカーを使う限り、次回からはへたれらしく色づきも良いであろう砂糖も加えることとする。

でも、憎らしいことに、太くなって中身のやわやわがより堪能できるようになった上、
はぜるほどに良く膨らんだせいか、ふんわりトロッと口当たりも軽く、
ガッツリ小麦粉系の線から遠〜い感じで、普段の数段上を行く絶品な仕上がりだった。

 ・・・・・

 =径が太く溝の浅い絞り出し口金使用には、只今、危険度100%の配合=
 水300g、塩小さじ1/2強、オリーブオイル大さじ1、中力粉150g

 *良い子は決してマネしないようにね!


チュロスのいろんなソースがけの次は
「命がけ」・・・みたいな・・・ポチッ!→◆人気blogランキングへ◆
       もひとつポチッ! →にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    
        さらにポチッ! →ファイブ ブログランキング

おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m

by tigerbutter | 2007-07-31 17:48 | 粉もの
2007年 07月 21日

チュロス(ミスド)

c0114069_19273063.jpg

ミスドのチュロスに新しい仲間が登場したらしいので、
一応確かめてみなくっちゃということで、いそいそ買いに行く!

ココアココナッツはマンゴーソースがついてて甘いタイプ。
チーズはサルサがついてしょっぱいタイプ。

 もぐもぐもぐ・・・

今買ってすぐ食べたのに、よっぽど揚げてからの時間がたってるらしく、
なんというか、きわめてよろしくない状態・・・
アレンジなんか関係なく、本体がばさばさしてまずいのでもうどうしようもない。
長く置いた粉ガッツり系チュロスの末路って感じ。
よって評価は「捨てるべきレベル」。 
(食べきったやん・・)

こんなものでカロリーをとってしまったことが全く腹立たしい・・・


とにかく商品の回転が悪い店舗は避けよう・・・ポチッ!→◆人気blogランキングへ◆

                       もひとつポチッ! →にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    
                        さらにポチッ! →


おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m

by tigerbutter | 2007-07-21 19:55 | 粉もの
2007年 07月 11日

チュロス(ブラジルショップ製)

c0114069_16411684.jpg
c0114069_16413335.jpg
c0114069_16421249.jpg

私の行き付けのブラジルショップ(キオスケ浜松佐鳴台店)で、
ずっと気にはなっていたけれど、
稼働しているのを見たことが無かった大仰なチュロスマシーン。
日曜の昼なら見られるかと思って一昨昨日に行ったけど、
やっぱり動いている様子が無く、・・・
あるのか無いのかわからないけど、
でもとりあえずチュロスのポスターも貼ってあるので注文してみた。

 注文できた!一個250円。

お金を払って調理場の奥を見つめていたら、
さりげなく冷凍庫から何かを取り出して油の中に放り込んだ様子。

 ち、作り置きか・・・

待つこと5分ほど、
仕上げごろにまた見に行ったら、
大仰なチュロスマシーンのノズルが出てるところでおばちゃんがチュロスを持ってた。

 なんで?

でも、さあ、出来上がり~。
思ったより太短く、若干ちくわ状のチュロスに何かついてる?
ク、クリームだ!ならばチョコクリームかと思いきや、キャラメルクリーム!
太めに揚げたチュロスの意真ん中に穴を開けてクリーム入になってる。
おばちゃんはチュロスマシーンで、キャラメルクリームを注入していたのだ。
う~ん、びっくり!
がんこにシナモンシュガーもまぶした上にさらにキャラメルクリームとは恐れ入った。
お味は卵なしのガッツリ捏ね粉系、ギザギザは12本。

 しつこいです。おいしいですう。でもカロリーはいかほど・・・

と、思ったのが日曜日で、今日また買いに行ってしまった。
ああ、すでに術にはまってしまった・・・
でも是非いつか、あのマシーンが動いているところが見たい。



これがブラジル風なのか?
ちくわ風チュロスに驚きをかくせない
    ポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もひとつポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらにポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m

by tigerbutter | 2007-07-11 16:46 | 粉もの
2007年 06月 26日

チュロス(Churros) その6

c0114069_2132161.jpg

はいはい、またちゅろ~す。
シナモンシュガーと、チョコの二種類♪
と言っても、コレは日曜日に作った分。
夜にたくさん揚げ物を食べると、それはそれはキケンだから、
宵越すと見せかけて、結局三日連続チュロった私。

    確かに、そこはいけてない

しかし、今度は新アイテムフランス製のチョコレートソースを入手!
チョコを溶かす手間なしに、こんな濃い本格チョコ味が楽しめるスグレモノ!!
c0114069_21365979.jpg
                 モナン ダークチョコレートソース
              (ラベルは逆さ・・・搾り出しの状態で正面なの)
浜松市中区池町の山吉商店さんにて入手。ど~んと500ml入り、1000円ちょっと。
その他は、もう一種類置いてあるキャラメールソースも激うま。


 今回のレシピ

 =二色チュロス=

 鍋に200ccの水と塩三分の一と、
 エキストラバージンオリーブオイル小さじ2を煮立てた中に、
 中力粉を100gを一気に入れて、へらでよくこねる。
 卵1個を加えてさらになめらかになるまで良く混ぜる。
 星の口金をつけた絞り出し袋にいれ、
 絞り出しながら200℃の油で狐色にこんがり揚げる。
 (高温油に直絞りのキケンを回避したい場合は、クッキングシートに搾り出すとよい)
 適当な長さにちぎって半分にシナモンシュガーをまぶし、
 半分にチョコソースをかける。
c0114069_2314188.jpg← 「油に漂うチュロス」

 ~感想~
シナモンシュガーも気軽でおいしいけど、やっぱりチュロスのチョコがけはイイ!
チョコソースがかなり濃厚なので、
チョコソースの場合はチュロス生地の塩はもう少し控えたほうが品のよい味になりそう。


今日は生地を火にかけて練る時間が短かったようで、
少しゆるい生地になったら、テキメンに油っぽさが増した。
やはり生地は硬めに、硬めに。

ついに年間6回使用の壁(マイルールのお道具所有資格)を越えた今。
そろそろチュロスメーカーの購入を考えてもいい頃かもしれない。
それさえあれば、硬い生地も思うがままに絞れるに違いない。




 冷めた味も確かめたいのに、必ず誰かが邪魔をする・・・
     ポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m

by tigerbutter | 2007-06-26 22:21 | 粉もの
2007年 06月 22日

チュロス(Churros) その5

c0114069_2013957.jpg
                      『理性の宵越しチュロス』

c0114069_215984.jpg卵の量を1.5倍に増やしてみた。
中身のトロトロ感アップ!また一歩お菓子に近づく。
でもフレンチクル○ラーにもまだまだ遠いようなので、
チュロスと呼んで差し支えないと思う。

連日揚げ物をして気付いたには、
チュロスもフライの衣と同じく、
小麦粉使用だと表面バリバリ、質実剛健な食べ応え、
溶き卵だと薄皮パリッの中身とろとろ、やさしい口あたり。
材料の特性が良く出て大変面白い。




         『晩に揚げた分』

 今回のレシピ

=シナモンシュガー・チュロス=

鍋に300ccの水と塩小さじ半分強と、
エキストラバージンオリーブオイル大さじ1を煮立てた中に、
中力粉を150gを一気に入れて、へらでよくこねる。
卵1.5個を加えてさらになめらかになるまで良く混ぜる。
星の口金をつけた絞り出し袋にいれ、
絞り出しながら200℃の油で狐色にこんがり揚げる。
適当な長さにちぎってシナモンシュガーをまぶす。


いろいろの理由で製作が夜になり、
それは大変にキケンなので(メタボ警報発令!メタボ警報発令!)、
なけなしの理性をかろうじて働かせ、生地の半分は明日に持ち越すことにした。
明日も楽しみ♪(うまく揚がったので一番上に写真アップ!)



 チュロスは、
なんでこん~なにうま~いのかぁよ~♪(古くても「孫」の節で・・・)
     ポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m

by tigerbutter | 2007-06-22 22:19 | 粉もの
2007年 03月 16日

チュロス(Churros) その4

c0114069_2083642.jpg

またまたまたチュロス。(しつこい?)

今日はたくさん遊びに来た子供たちのおやつに、
シナモンシュガーまぶしを念頭において、ためしたかった生地がおいしいであろう卵入り。

生地は前回よりはやわらかめだけど、まだまだ絞りにくい範囲。
鍋いっぱい分はニュウウッとひと息にいけない・・・
かたさ的にはシュー生地にはダイブ遠い。
シュー生地の固さまで卵を加えたら、多分フレンチクルーラー的になることが予想される。

卵効果で、揚げると今までの中で一番ふわっと膨らんで、一番美味しそうな狐色になった。
外側がもろくサクッ、中はとろっと少しクリームな感じ。
膨らんだせいもあり、食べ応えは減ったが、お菓子的な美味しさは格段に増した。

前回からオリーブオイルを生地に入れたのは、
本物のチュロスはオリーブオイル100%で揚げるという情報を得たが、
オリーブ畑のそばに住んでるわけじゃなし、非現実的に感じたので、
香りの強いエキストラバージンオリーブオイル生地に練りこむことにした。
これは、中華の揚げ物の衣をサクッとさせるために、
生地に油を入れるという手法もかけたつもり。

チュロスは、
いつも家にある、ありふれた安い材料で、
細くてスグに揚がる形状、
ドーナツほど油を劣化もさせず、
油の上でいきなり成形できる省作業スペース性、
短時間に大量生産可能な、
おそろしく合理的なお菓子だと感心する。
受け継がれてしかるべき、これこそが伝統。スペイン人の英知に脱帽!
まったくすばらしい菓子を見つけてしまった。
これからも、もっともっとこのような食べ物にめぐり合えますように。
だって私はものぐさ、合理化が好き。

・・・その上、おやつは皆に大うけ、私のカブ急上昇。おほほほほ。

今日のレシピ

=シナモンシュガー・チュロス=
(中華なべでぐるぐる渦巻きを3回揚げる分)

鍋に300ccの水と塩小さじ半分強と、
エキストラバージンオリーブオイル大さじ1を煮立てた中に、
中力粉を150gを一気に入れて、へらでよくこねる。
卵一個を加えてさらになめらかになるまで良く混ぜる。
星の口金をつけた絞り出し袋にいれ、
絞り出しながら200℃の油で狐色にこんがり揚げる。
適当な長さにちぎってシナモンシュガーをまぶす。


*ただひとつ残念点は、一気に食べちゃったので、
 冷めてからの味の変化が見届けられなかったこと。



 一日一押し、お願いします→ 人気blogランキングへ

by tigerbutter | 2007-03-16 21:04 | 粉もの
2007年 03月 06日

チョコラテ・コン・チュロス(Chocolate con Churros) その3

c0114069_1873487.jpg
引き続き、スペインの朝ごはん。

今日のレシピ
=チュロス=
鍋に1カップの水と塩小さじ半分と、
エキストラバージンオリーブオイル小さじ2を煮立てた中に、
全粒粉を125gを入れて、へらでよくこね、
星の口金をつけた絞り出し袋にいれ、しぼりだして200℃の油でこんがり揚げる。

=チョコラテ=
ちいさいカップ一人分。クーベルチュールチョコレートを40gを牛乳80ccで溶かす。
 *熱々より、ぬるめがねっとり絡んで吉。


c0114069_1832949.jpg今日のは油っぽくなく、
さくさくふわっとして中がもっちり、
全粒粉のざっくり感もなかなかいい。

うふふふ。やっと合格。

ただ、搾り出すときに生地が硬い。
ものすごく硬い。
煮立てすぎたか、いったい水分の蒸発分はいかほどだろうか?

学校一の握力を誇る、
(女子の中でだよ)
腕自慢の私が挑んでも、
それはあまりにも硬い。

むいきに力を込めたものだから、
新しい口金も曲がった。
ああ、曲がったさ。

こうなってくるとますますチュロスメーカーが欲しい。
きっと、この硬さにあのテコの原理が生きてくるに違いないのに。
年間6回以上使用の壁(マイルール)が越えられるのか?

でも、チョコラテなしで食べる場合には、
このリーンな生地では少し物足りなさが、なきにしもあらずなので、
これに卵1個加えるとちょうどいいかも。
(え?古典と違うけど・・・)

またそれは次回。


  やっとチュロスがうまくいった記念に、
  口金が曲がっちゃった記念に、
  ココをクリック!→ 人気blogランキングへ

by tigerbutter | 2007-03-06 14:28 | 粉もの
2007年 02月 21日

チョコラテ・コン・チュロス(Chocolate con Churros ) その2

c0114069_1617511.jpg

カロリー云々言いながら、また今日もチュロスの罠にはまってしまった。

今日は前回のレシピの小麦粉を半分フバ(とうもろこし粉)にしてみた。塩湯こね。
前回より生地がゆるい。
でもまあ新しい口金で搾り出し易く、
揚げてみると(今回は鍋に油たっぷりで200度ジャスト)、

 『さらに油っこい』

という結果。

あ~だめか・・・ゆるい生地は吸うね。吸うよね。
天かすぐらいまで油吸ったチュロス、
条件付、少量ならちょっとだけはうまい・・・?
ま、改良するつもりの後退はいつものこと。
でもね、あ~あ。非常に残念。





(写真は、食べる前に期待に胸躍らせて撮ったもの・・・)

by tigerbutter | 2007-02-21 16:39 | 粉もの
2007年 02月 21日

Churros(チュロス) よその・・・

c0114069_131404.jpg

これは昨日のおやつ。

「で、チュロスって、どんなだっけ?」と思い、スグ入手できる場所・・・
スペインとゆかりの深いブラジルショップにも確かあったように思ったけど、
とりあえずミスドのを確認してきた。

ミスドにはホットココアもホットチョコも無かったのでお供はカフェオレ。
形状は、ご存知8つ割れの搾り出し、端っこ止めたネックレス型。
ここのはさくさくして、無駄に油を吸い込んでないところがいいね。

 ・・・もう恐いもの知らずの昔と違い、
 今やアキレス腱やひざの痛みをかばって、細々と日々をやり過ごすお年頃・・・
 「むやみなカロリーがこわい・・・」と、すっかり堕落したうまい物ハンター。
 「けっ、カロリーが何だ!」と、はっきり言い切った時代が懐かしい・・・


熱々ではないけど比較的出来立てで、おいしいよ。
薄がけでかりっとしたハニーアイシングのバランスもべりぐ。
控えめでおとなしい印象で、とっても日本人好みな一品に仕上がってると思う。
いつも思うけど、大手の商品開発って全くすごいな。
それはわざわざ自分で作る必要ないくらい・・・

・・・いやいや、熱々を濃いチョコラーテにつけて食べなきゃ!
そうだ!スペインだ!スペインだ!(別に私と関係はないけど・・・)

と、気持ちを奮い立たせて口金購入。
前回の搾り出し口金はは生クリームのおまけでついてたプラスティック製、
だからあんな硬い生地にちゃんと対応できるわけも無く、
しかし、もうこれさえあれば百人力!

・・・でも本当は、ずいぶん前にブラジルショップで見た、
両手でぎゅうっと握るタイプの、ポテトマッシャーと同じ方式で搾り出す、
いかにもかさばるタイプの『チュロスメーカー』が、とても気になってる。
あの時はそれを見て「どんだけチュロス食べるんじゃ!」
と、商品に無言つっこみ入れたけど、(いや、まさか朝食だとは知らなかったから・・・)
今は、年間6回以上使うのであれば、購入してもいいとさえ思ってる・・・

・・・でもやっぱ、それはないな・・・

by tigerbutter | 2007-02-21 13:19 | 粉もの