人気ブログランキング |

知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 11日

カレンツとコーングリッツのビスケット oishii

c0114069_12594647.jpg


朝ごはんに猛烈にビスケットが食べたくなって、
目星を付けていたコーングリッツの袋裏レシピを参考に作ってみた。

  卵+牛乳→カテージチーズ作りの産物、ホエー使用に変更

とうもろこし粉入りのビスケットはバターがすごく効くので、
お得感いっぱいで好き♪
表面のガリガリがたまらん。







=カレンツとコーングリッツのビスケット=
[レシピ] 12個
粉類
  薄力粉・・・180g
  コーングリッツ・・・70g
  砂糖・・・60g
  塩・・・3つまみ
  ベーキンングパウダー・・・小さじ1
無塩バター・・・50g
ホエー・・・120g
ラム酒漬けカレンツ・・・70g

粉類をバットに入れ、冷えたバターをスケッパーであずき粒くらいに切り込みつつ全体を混ぜる。
カレンツを加えて混ぜ、ホエーを加え手水分をなじませる。
手の平で押しつけてスケッパーで半分に切って重ねるを4回程くり返して、
粉っぽさを無くし、四角くまとめ分量外のコーングリッツをまぶす。
2cm程の厚みにのばして3×4=12個に四角く切り分ける。
グラスシートを敷いた天板に並べて、
熱したガスオーブン200℃−13分程、綺麗な焼き色が付くまで焼く。



c0114069_1301097.jpg



気に入っていつも作ってたのはとうもろこし粉2割。これは3割近く。
バターを減らせた上、ガリガリ度が増して、思いがけずもっと好みになった。

そしてカレンツ入りは大正解。
(レシピには漠然と「ドライフルーツ」とあった。)
とうもろこし粉とカレンツがこんなに仲良しとは知らなかった。

「とうもろこし粉&カレンツ」珠玉のコンビに認定。




朝ごはんはビスケットとハムサラダ。

=ハムサラダ=
    カールレタス
    塩ゆでブロッコリー
    人参シュレッド
    アボカド
    自家製ロースハム
    野菜ドレッシング






朝ごはんの満足は、その日の頑張りの原動力!

良かったらポチしてね♪     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村





by tigerbutter | 2013-12-11 14:06 | 粉もの
2013年 12月 10日

ハチャプリ:グルジアの白チーズ入り薄焼きパン

c0114069_12383286.jpg

グルジアがいったいどこにあるのか、先ず地図で調べてみた・・・

お初のグルジアの薄焼きパンを
1人分に小さく作ってみた。
レシピはユーラシア料理研究家、萩野恭子さんの本を参考。
これは入ってないけど、生地にヨーグルト入りもポピュラーらしい。

今また萩野さんは私的大ブーム!
どの本も読み応えあるわ〜
とにかく発酵好きにはたまらない系統。

おすすめの乳酸発酵したキャベツの塩漬けも添えてみた。
なるほど、むっちゃ合う。

生地は前日にこねて、朝ごはんに。
ハチミツつけて甘くしたのもかなり好み♪


ハチャプリはまたワインの肴にもいいらしく、
グルジア産のワインは名高いらしい。

へ〜グルジアワイン、
今まで気に留めた事も無かったけど、どんなだろな〜?


c0114069_12425755.jpg



=ハチャプリ=
[レシピ]  小8枚(大2枚)
中力粉・・・300g
塩・・・小さじ1弱
ドライイースト・・・ひとつまみ
水・・・180g
自家製カテージチーズ・・・100g
ピザ用チーズ・・・100g
オリーブ油・・・適宜

粉〜水までの材料を合わせて軽く捏ねる。
乾かないようにして暖かい所で2倍くらいになるまで発酵させる。
生地を8等分して、カテージチーズとピザチーズを混ぜて8等分したのを包む。
平たくのばして、油を引いたフライパンでほどよく両面焼く。




=自家製カテージチーズ=
[レシピ]    330gできた
牛乳・・・1l
ヨーグルト・・・400g

鍋に入れて混ぜ、ゆるゆる加熱する。
分離したらザルにペーパータオルを敷いた上にあけて、水切りする。
途中軽く重しをするとはやく水切り出来る。




c0114069_12384821.jpg

=塩漬けキャベツ=
[レシピ]1l瓶
マリネ液
  熱湯・・・500cc
  塩・・・大さじ1.5杯
  砂糖・酢・・・各大さじ半分
キャベツ千切り・・・小半分(400gくらい)
人参千切り・・・小半分(50gくらい)

マリネ液の材料を煮立て、冷ます。
瓶にキャベツと人参を詰め、マリネ液を注ぐ。
軽く蓋をして、夏なら1〜2日。冬なら2〜3日常温で発酵させる。
その後しっかり蓋をして冷蔵庫で1〜2ヶ月もつ。


中国の泡菜でもなく、ドイツのザワークラウトでもない、スパイス無しの塩水漬け。
目からウロコな、癖の無さが使いやすいと思った。







まだまだ知らない食べ物が無数にあるしあわせ〜

よろしかったらポチしてね♪     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村





by tigerbutter | 2013-12-10 13:42 | 粉もの
2013年 12月 03日

りんご風味ローストポーク菊菜添え oishii

c0114069_13441112.jpg

りんご風味ローストポーク菊菜添え
[レシピ] 50枚弱+はしっこ
豚肩ロース・・・2.5kg
塩2%・・・50g
砂糖・・・15g
胡椒・・・適宜
ニンニク・・・4片
おろしりんご・・・小1個(正味230g)
ローズマリー・・・8枝

・仕上げ用
    ピンクペッパー 、ロースト松の実

・添え物
   春菊1束
   ヒヨコ豆1/3カップ
   オリーブ油、ワインビネガー、塩胡椒

   玉ねぎソース








作り方
前日、肉に串でぐさぐさ穴をあけ、塩と砂糖と胡椒をまぶしてすり込む。
細いナイフで所々に刺し、細く四つわりにしたニンニクを差し込む。
皮ごとすりおろしたりんごをまわりにくっつけ、
さらにローズマリーでまんべんなくおおい、ビニール袋に入れて空気を抜く。
冷蔵庫で一晩。

焼く2時間前には常温に出しておく。
りんごとローズマリーを外してオーブンで焼く。
230℃−15分+170℃−75分+ふたを開けたオーブンで30分程冷ます。
(焼き加減はもうちょい手前が好みだった・・・)
切り分ける。

洗って軸を外して良く水切りしたた春菊と、
一晩吸水させて茹で冷ましたヒヨコ豆に、
少量のオリーブオイルとワインビネガーをトスしてよくまぶし、軽く塩胡椒する。
肉の周りに盛りつける。



肉には塩気はきいてるのでそのままいただいてOK。
一応、玉ねぎソースを添える。

=玉ねぎソース=

玉ねぎみじん切り   半個分
らっきょう      6個
らっきょうのつけ汁  以下適宜
レモン汁
ガーリックパウダー
マヨネーズ
生クリーム

胡椒

作り置きの玉ねぎピクルスを使うともっと簡単。






大人数のパーティーに、
りんごの甘酸っぱさが肉にうつった香り高いローストポーク。

残ったのは是非サンドイッチにしたかったけど、叶わず。
近いうちにまたつくろう♪








パーティーは大忙し!オーブン料理は助かるわ〜


よろしかったらポチしてね♪     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村





by tigerbutter | 2013-12-03 14:54 | 料理
2013年 12月 02日

シナモンと生姜のライ麦パン

画像は後日・・・


[レシピ]    長細 4本分

サワー種・・・・・・・200g
40℃ぬるま湯・・・・180g
ドライイースト・・・・小さじ1
ライ麦全粒粉・・・・・100g
強力粉・・・・・・・・200g
ハチミツ・・・・・・・大さじ1.5
塩・・・・・・・・・・8g(小さじ1と1/3)
おろし生姜・・・・・・8g
シナモン・・・・・・・小さじ半分
バター・・・・・・・・15g(お好みで)

ロースト胡桃・・・・・60g
ローストアーモンド・・30g
カレンツ・・・・・・・120g
(洗って水切り・・・又はそれをさらに5〜10%のラム酒や焼酎に漬けたもの)
刻み甘夏ピール・・・・120g

仕上げ用まぶし材料   
     オートミール(米粉、胡麻、雑穀、ナッツ類、お好きな物)適宜


=作り方=
バターまでの材料をボールに入れて捏ねる。
コネ具合は小麦パンの半分くらいの感じ。
刻んだ甘夏ピールまでを加えて均等に混ぜる。
10分程置いて生地を落ち着かせる。
4分割して細長く成形。オートミールをまぶして天板に並べる。
暖かい所で4、50分発酵させる。
210℃ー22分くらい焼く。
(又はフルーツ焦げのリスクと戦って230℃ー10分+200℃10分くらい焼く)




   *このサワー種(ライ麦全粒粉1:水1)は、
     ライ麦全粒粉+水を自然発酵させてかけついで使っているもの使用。
 

      詳しくはドイツパンのみちえさんのHPから






似たようなライ麦パン  カレンツと甘夏ピールと胡桃のライ麦パン

by tigerbutter | 2013-12-02 17:45 | 粉もの