人気ブログランキング |

知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 13日

ドーサ その6

c0114069_22294859.jpg

性懲りも無くドーサ朝食。
「明日は和食がたべたいなあ」と控えめに息子は言う。

今日は銅の卵焼き鍋で焼く実験。
他のことまでちょっと手が回らなかったので、
ココナッツチャツネ、ポテトのポリアルは昨日の残り物。
ヨーグルトは新しくどっさり仕込んで、
後は冷蔵庫で真っ黒になってた悲しいバナナを焦がし気味に煮詰めてバターと混ぜてみた。
これは何?・・・ええと、バナナバター?

卵焼き鍋は、たいした厚みは無いけどさすがは銅、卵焼きのようにふっくらと均一に、そして焦げ付かずに上手く焼けた。
ただ、サイズは小さく、お玉の裏で四角く伸ばすのは難しい。
でも、具を巻き込むのなら四角は中身がこぼれにくくていい。

バナナバター・ドーサはネッチリ甘くて乳製品風味が洋風のクレープ的で、
互いに良く馴染み、息子は喜んでおかわりしていた。


 朝ごはん/ドーサ、ポテトポリアル、ココナッツチャトニ、バナナバター、
      自家製ヨーグルト


こんなに続けざまに実験できるお題はなかなか無い。
いくら実験好きでも、実験だけして食べ物を捨てると言う選択はあり得ないので、
健康を損なうほどカロリーが高すぎても駄目だし、
飽き易い味でも駄目だし、手間がかかりすぎても駄目。
あと、極少量だけ作るって好きじゃないので、やっぱり家族に嫌われても駄目。
(一人で大量消費するのはちょっと・・・)

そういう訳で、比較的これらをクリアし易い伝統食を選ぶ傾向が強い。
普段摂取しにくい豆が多く含まれていたり、自然発酵生地だったり、
ドーサには素敵な要素がたくさん含まれている。
今後も、洋風パンケーキぐらいうちに馴染ませられたらいいなと思う。


う・す・や・き!大好き〜・・・ポチッ!→◆人気blogランキングへ◆
       もひとつポチッ! →にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    
        さらにポチッ! →ファイブ ブログランキング
おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m

by tigerbutter | 2007-08-13 23:01 | 粉もの


<< 金針菜もどき その2      ドーサ その5 >>