人気ブログランキング |

知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 28日

かぼちゃの手打ちニョッキ

c0114069_1552123.jpg


今日は休日、粉もの三昧。
夕ご飯のために準備した『かぼちゃのニョッキ』。
待ちきれずにフライングしてお昼に食べてみたら、
それはもう目の覚めるような、おそろしいうまさ!!

 びびびっくり!

かぼちゃのニョッキってここまで美味しかったっけ?

老化防止効果のあるビタミンEたっぷりのかぼちゃが、
皮つきでどっさり入ったニョッキ。
楽しい粉遊びで、若さまでも思うがまま!?
おほほほほ。

c0114069_1516199.jpg=材料= (97個 4~5人分)
・かぼちゃ半分(皮付き種取り700g)
・地粉280g(かぼちゃの40%)

=生地の作り方=
かぼちゃを皮付きのままラップして、やわらかくなるまでチンする。
(うちの電子レンジでは12分ほど)
さわれるぐらいまで冷めたら、ボールに入れて粉と一緒にまとまるまでこねる。



c0114069_1517986.jpg=成形する=
扱い易い量をとりだし、
粉を打った台の上で細長く伸ばし、スケッパーやナイフで切る。
粉をまぶして両手で全体にころころ転がして丸くする。

c0114069_1519617.jpgフォークの背でつぶして模様をつける。


(フォークから生地がにゅうっと出る感触が楽しい)

c0114069_15195862.jpg両端を巻き込むようにフォークからはがして出来上がり。
今日は97個できた。

*余るようなら冷凍も可。



このニョッキはかなりおすすめ。
今、もしここにかぼちゃがあれば、もっともっと増産したい気分。
c0114069_15205768.jpg◆ニョッキのセイジバターソース◆(一人分)

たっぷりのお湯を沸かして塩を入れて一人分のニョッキ(200g:20個弱)をゆでる。
その間に、フライパンにバター大さじ1ほどで刻んだセイジ二枝分を炒めて香りを出す。
ニョッキが浮かんできて少ししたら引き上げる。
ゆでたニョッキとパルメザンチーズ、塩、黒胡椒をフライパンのセイジバターで和え、
暖めたお皿へ盛り付ける。

*もっちりニョッキがとにかく美味しいので、塩と黒胡椒とバターだけでも可。



人気blogランキングへ  ←もっちりついでにぽっちり押す。はい!

by tigerbutter | 2007-02-28 16:27 | 粉もの


<< ロースト・ビーフ(Alcat...      ポルボロン >>