知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 23日

祝蕾とブラウンマッシュルームのNYスタイルピザ

c0114069_19534641.jpg
c0114069_1954937.jpg


その日突然焼く事にした行き当たりばったりピザの覚書。

ピザ生地レシピはカリフォルニアのばあさんブログさんからお借りして、生地だけなのに厚かましく「NYスタイル」と名のる。
庫内温度低かったのか、変化が遅いので5日冷蔵した。
(フランスパンにも良い生地だとあったので、最終何になるかな?って思ってたらピザになった。)


伸ばした生地には、
トマトの水煮をただただ味噌位の固さに煮詰めたトマトペースト(トルコピザ、ラフマジュンに使った残り)をぬりぬりして、塩ぱらっつ。

お初の中国野菜の・・・たぶん「祝蕾(しゅくらい)」?
売り場には書いてあったのに、袋には名前が無いから調べた感じではきっとこれじゃないかと・・・
芽キャベツ的に芽が芯にびっしり並んでいる形状だった。
少し苦みがあって、なんて言うか「こぶになってる芽」の食感。香りは平凡。
悪くは無いけど、ピザにどっさりのせてベストマッチというほどでもない。
どうせ芽をのせるなら、タラの芽の方がのせがいありそう。

おっきなブラウンマッシュルーム3個も刻んでのせた。これはナイス。ピザにきのこってのはだいぶ好き。

考え無しに1個あったモッツァレラチーズをのせてから、チーズぜんぜん足りない〜と行き詰まって、
そう言えばゴーダチーズの1/4カット塊を持ってる事を思い出した。


c0114069_19542749.jpg



ゴーダチーズ、私お初の大き目塊。
かつて福生にあったお好み焼き屋に見えた小さなピザ屋カプリでは、
ホールのゴーダチーズが冷蔵庫にいくつも入っていて、
それを見た私は「うおっ本物志向っぽい!かっこいい!!」と、ずっとアコガレを抱いていた。
それをついに!ついに!真似る日が来た!!
(業務用スーパーで半額だったから買っただけとも言える・・・)

スデにモッツァレラチーズをのっけた事を軽く後悔したけど、
まあ、いいか・・・

具沢山の上にゴーダをもさもさのせて、
オリーブ油と塩胡椒して、
230℃−12分焼いた。


パセリをつんだ事を思い出し、カットしてからのっけてみた。
c0114069_19545079.jpg


この生地の特徴である所の、切り口の気泡が撮れてないのは残念としかいいようがない。
(薄くしすぎた感もあり・・・)

しかしこの生地はかくべつにすんばらしい!!
香ばしく焼いた肉みたいにばりっとしたミミの食感。
なんだ?なんだ?ってくらい、これはおいしー。ちょっとびっくりした美味しさだった。


チーズはゴーダのとこがゴーダ味♪まあ、あたりまえだけども、いいね!いいね!
あれからうん十年・・・やっとカプリに近づけてうれしい。



なかなかに満足度の高いピザだった。




いつ焼けるか分からないから、また生地をこねておこう。ゴーダもたんまり持ってるし♪






・・・ゴーダ、ゴーダって連呼してて

・・・なんかこう・・・思い起こすコトが・・・ん〜なんだっけ?

ゴーダマシッダールタ?

・・・いやいや、違う。そう言うんじゃなくて・・・

ゴーダ、ゴーダ、ゴーダ・・・

あ!郷田猛(ごうだたけし=ジャイアン)だ!!!


スッキリした〜
[PR]

by tigerbutter | 2015-02-23 15:52 | 粉もの


<< 作りおきおかず      ふろふき大根の落花生味噌のせ >>