知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 02日

じゃがいも入りライ麦パン=ペルナリンプ(perunalimppu)その3

馬鈴薯入り黒パンスパイス入り
越後屋さんのところで、
いかにもうまそ〜な様を目の当たりにして再燃したお題、ペルナリンプ♪





さあ、これで三回目だっ!

c0114069_21513070.jpg
c0114069_21511154.jpg

二回目
初回



こんなにも続けて食べたいほどにすっばらしくおいしいパン、




    ペルナリンプってすばらしい!!!




と、私は声を大にして言いたい!
(今ワインで酔ってるのもちょっとある・・・案の定「すっばらしい」二回言ってる・・・)


事実、ふつーに私の周りの日本人にも結構気に入られる様子。
こんなライ麦率も高いのにかかわらず、
新規さん9人(家族含む)が全員すんなり受け入れてくれた。




自分の好きな物が支持されるってうれしいねえ〜〜〜(じ〜ン)




そんなわけで私は明日の活力を得るのです!

はい!調子こいて二倍仕込み、
いってみよ〜










=ペルナリンプ3= レシピ覚え書き
   2個分

サワー種   320g(ライ麦粉200g+水120g)
ライ麦粉   200g
強力粉    200g
じゃがいも大2個小2個(皮むいて400g)
じゃがいもゆで汁 15g(ゆでてじゃがいもごと計ったら415gだったから)
水      25g
モルトエキス  40g
モラセス    60g
ドライイースト小さじ1
塩      小さじ1.5
クミンシード 小さじ2

仕上げ用モラセス 35g





じゃがいもを小さく切って、ひたひたの水を加え柔らかくなるまで煮る。
クミンをすり鉢でつぶす。
(潰れにくかったので途中で思い出したけど、
インドのスパイス扱いではホールスパイスって炒ってからつぶすっけ?
でもいい、小さじ2程度をわしが力任せでやれいでかっ!)
じゃがいもを人肌まで冷まし、全部入れて10分程良くこねる。
まるめてボールに入れて乾かないようにして暖かい所で二倍ほどになるまで発酵させる。
丸め直して天板にのせ、乾かないようにして暖かい所で仕上げ発酵させる。
180℃ー50分焼く。
熱いうちにモラセス(糖蜜)を塗る。








じゃがいもの水気は少なめを心がけて、
やっとうまいことゆでられるようになってきた。

なんかじゃがいもがもっともっと好きになってきた!
(だから、このじゃがいもをゆでて、
調子出た後すぐさまポテトマカロニサラダ分もゆでたのさ!)




そしてやっとちゃんとクミン入り!
めっちゃ香るからすぐわかる〜
これか〜これだったのか〜越後屋さん〜


ピカピカコテコテ仕上げ。
で、切らずに我慢して待つ。


・・・切り口撮影は一日たってから。
ナイフの刃が動かし辛くかなり切りにくい。


そーだ!ムーミンカフェのやつこんな感じだった!(涙)






    わ〜!んまい〜!





すぐさま2個とも半分に切り、3個を大切に二重にラップしてジプロックして冷凍〜




うふふ。しばらくは安泰じゃっ♪





・・・でも一個難を言うと、ちょっと表面焼き過ぎ?
初回ほどではないけど、甘いからこげやすい。
しかし火の通りが悪い生地だから長時間焼く必要がある。
うちのオーブン180度じゃだめか?じゃ次170度ってことで・・・








終わらない旅
=世界の車窓から=




もう何言ってんだか分かんなくなってきた・・・寝よかな








あ、そだ!こちらおわすれなく〜!
クリックよろしく〜     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村





  
[PR]

by tigerbutter | 2012-02-02 22:56 | 粉もの


<< 七福恵方巻き      ポテトマカロニサラダwithウ... >>