知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ

タグ:魚修行 ( 13 ) タグの人気記事


2015年 01月 21日

金目鯛の煮付け

c0114069_1329367.jpg

金目鯛の煮付け、先週の分。
まだ去年の写真は山ほどあるけども、うろ覚えの分は書きすすめにくい。
だから覚えがフレッシュなのを先に。


年末、伊豆の稲取で食べた金目鯛の煮付け、
大型金目の切り身は脂ノリノリで、生姜も入らない鰻のタレみたいな煮汁がぴったりでスゴく美味しかった。
娘大絶賛だった。
でも近所のスーパーではなかなかおいしそーな金目鯛に行き当たらないので、
その後、脂ノリノリな大きい真鯖を同じ風に煮たら大成功であった。

つまりは、あの甘濃い〜タレは、
それに負けない程の脂を持った素材ならなんでもイケルのね。
私ったら今までこんな大事な事を見落としてた〜
今後大好きうなぎダレはもっと活用する!

・・・しかし、先週お店で食べた大型肉厚の鰻は圧倒的にタレが負けていて、
これはきっと板さんも想定外の脂のノリだったのでは?・・・と思った。 
冬の大型の魚はどえりゃー脂にノっている!ってことを再確認した。


今回の金目鯛は娘から姿煮のオーダーがあったので、
場外市場で買って、600g弱1000円ちょっと。
すごく脂がのってる大きさではないけど、量的に三人では十分で、
一緒に煮付けた新ごぼう、灰干しわかめ、白髪葱とか、
添えのたっぷり野菜が感動的に美味しかった。

でもわざわざ買いに行くのに、次は半身は皮付きで刺身にする大きさのを狙いたい。

やっぱり金目鯛ってステキ♪




〜今回の気付き〜
タレの濃さは季節とサイズで変わる魚の濃さとのバランス良く調整する事
[PR]

by tigerbutter | 2015-01-21 13:30 | 料理
2013年 09月 06日

鰻の蒲焼き挑戦!

c0114069_1247762.jpg


最近お気に入りの渥美半島に今週も行ってみた。

この日発見した魚屋さんは、その辺りの旅館や料理屋にお魚を卸しているところ。
その後プールに行ってから帰るので、
あまり手間のかからないものを買おうと思っていたけど、
うなぎの開いたのがあった。

あ、そう言えば!・・・今日は息子の誕生パーティーするんだったと思い出し、
・・・今年、いくら鰻の値が高沸していると言っても、
スーパーで見た国産鰻はあまりにも小振りで食指が動かずスルーしていた事も思い出し、
焼いたのは無かったので、それにしようと思ったら、

「良かったらこっちの生簀の生きのいいのをさばきますよ。今日のはどれも養殖なんですけど。」
と魚屋さんが言ってくれたので、

実は初めて鰻を生から扱うので、そんなに自信は無いんですけど・・・って思いつつ、
でも祝いの席だし、そうだ!やっぱりなんか盛り上がりが欲しい!と思い直し、
オススメのやけに丸々した大きな生きのイイのをさばいてもらった。



さて調理。
・・・と思ったら、
はて?どうするの?
串とか打つ?
魚焼グリルじゃ駄目?

結局指導はネットさまにおすがりする。



骨と肝と頭もついてたので、頭と骨はテキトウに混ぜた甘辛だれの出汁にした。

肝と本体で400gジャスト。やけにカサがあるわ〜








c0114069_12473263.jpg

初期:最初アミにしっぽまでのらなかったけど、ウマく縮んでくれてほっとした。



c0114069_12474956.jpg

中期:まだ知ってる白焼きとはだいぶチガウ。ウマく焼けてない焼き魚っぽい。


c0114069_12482131.jpg

皮目:だんだんコンガリしてふっくらしつつあるが、ムラがあるのでまんべんなくを心がける。


c0114069_12484671.jpg

後期:すでに45分焼いている。
        我慢のかいあってもう全体に脂がにじんでいるので、ついにタレをつける事にする。
         タレは4回くらいつけてはかわかした。
         味の付き具合はなかなか良かったが、最終もうちょっとコンガリ焦がせば迫力も出た気がする。



焼き上がり260gの堂々の鰻蒲焼き出来た!!!


まず、見た事無い級に厚肉、それでいて皮がゴムみたいに硬いとか一切無い。
ふわっとサクサクジューシー。
これ1匹2500円はお安いざます〜


このレベルの蒲焼きが自分で焼けるとは思いもよらなかったけど、今回のでかなり自信がついた!!!
これからは鰻は活け締めを買う方向で、自分好みの加減に焼こうと決めた。









お魚おいし〜・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-09-06 14:33 |
2013年 08月 23日

栄螺のお造り

c0114069_2121585.jpg


youtubeの調理シリーズはすんばらしいのが多い。

見てると、馴染みの無い食材も、
自分も簡単に扱えそうな気がしてくる。

    さざえのさばき方



今回、ちょうど良さげなサザエをゲット!

お初に自分でさばいたサザエのお造り。
巻貝のお造りがこんなに簡単に出来るとは思いもしなかった。


岩牡蠣開けるより全然楽勝!
磯の香りのコリコリ甘味のサザエ。かなり気に入った。
[PR]

by tigerbutter | 2013-08-23 21:38 |
2013年 08月 04日

岩牡蠣のお造り

c0114069_1631648.jpg

漁師さんが持ってきたばっかりのとれとれの岩牡蠣を伊良湖岬でゲットした。
約800gのが1個600円だった。

岩牡蠣のむき身は何度か牡蠣フライにしたけど、
今回お初の巨大な殻つき。
聞いた通り、蝶番を下にして、右側から崩して貝ナイフを差し込んだけど、
あれ?あれ?って、なかなか開かず・・・
まさか、真ん中近くまであのようなでっかい貝柱があったとは思いもよらず。

や〜苦労したわ〜
うちの貝ナイフはこのサイズには短過ぎると思う。

けど、中身もでっかい。
一個80gほど。

真牡蠣みたいにつるっと食べれる大きさじゃないから、お造りにした。
癖の強い黒っぽい苦い部分は真牡蠣より少なくてやたらとクリーミー。
まるで白子の様でもある。

苦労して開けたかいがあった。
これはまた是非ゲットしに行こう♪




c0114069_1633595.jpg
c0114069_1625918.jpg



伊良湖岬はとっても良いところ♪







私のドライブは食材探しと必ずセット・・・
なぜだろう?
なんか持って帰らないと気が済まない!・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-08-04 16:28 |
2013年 07月 13日

赤いかのお造りと炊き合わせ

c0114069_0324373.jpg

今夜の肴



・赤いかのお造り
・炊き合わせ






イカのお造りはユーチューブで散々予習したのでもうばっちりよん。
コウイカだって楽勝!!







梅雨前にネットで最高級羅臼昆布を1キロ買った・・・

幅広過ぎて、どう切れば良いのやら・・・高級過ぎて使えない。
だからまだ開けてない。
結局、お試しのつもりでついでに買った、
サハリン産の厚肉カット昆布の方を使っている。

それでも前に使ってたのとは雲泥の差!
もう、うちなんかコレで十分なんですけど・・・

かなりの身の程知らずが、うっかりクリックしてしまった気がする。ネットってコワい。
サハリン産が無くなったらあれを開ける事になるんだろうか?
恐れ多いわあ。ぶるぶる。

それでも、良い昆布(サハリン産)があると煮物が格段においしい。
このごろはやけに煮物づいている♪



c0114069_030493.jpg










も〜!ビンボーだわ、
貧乏症だわ、
二重苦!!


羅臼昆布さん・・・元気にしてるかな?・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-07-13 23:43 |
2013年 05月 19日

蛸とアボカドのお造り

c0114069_21562954.jpg


スーパーでフツーに買った茹で(蒸し?)蛸だけど、
蛸ってのはおいしーねー。

家にはやっかいな「魚生臭がりや」がいるので、
魚は厳密に生臭く無い鮮度の確保がなかなか難しく、

でも、蛸ならいつだって楽々クリア。









・・・それとは別に、
太刀魚のお造りが食べたいと、私はここず〜っと思っているけど、
この地では太刀魚の生食はウケてないらしく、それ用の太刀魚が入手出来ない。
生食用太刀魚は徳島では酢で〆て寿司ししたり、ものすごくおなじみの食材で、
金時煮豆とセットで、大根とにんじんのなますに太刀魚を入れたのは桜祭りの肴の定番だった。
(その年の当番のお母さんがたが作って町民にくばる)
春になるとそれが鮮明に思い出されて、私の太刀魚熱は高まる。



・・・かわりといっちゃあなんだけど、
ここ浜松人は鰹の鮮度には深い関心があるようで、
夕方食べる鰹を昼に捕ってきて、お急ぎで流通させるルートがあり、
死後硬直が始まる前のもちもちした歯ごたえの鰹は「もち鰹」と呼ばれて大変珍重されている。

もちもちあっさりして臭みは全くない、初夏の味覚。
義父がとても好きだった。



その種類がいるかいないかの問題だけじゃなく、
土地、土地で魚って好みがあるらしい。










蛸とアボカドのお造り
レシピ
蛸    4分の1匹
アボカド  1個
胡瓜  1本
若布  適宜
大葉  適宜

わさび 適宜
醤油  適宜


スライスして盛りつける。(・・・レシピって言うな?)

















里心というのかしら?
故郷の物がやけに食べたい今日この頃・・・

・・・はい!「ポチ」よろしく〜     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村












ただ、私の大好きな蛸には徳島人はいまいち関心が薄いみたい。
あそこはほとんどが岩礁だから、多分、どっさりいるにちがいないのに・・・
[PR]

by tigerbutter | 2013-05-19 22:37 |
2013年 02月 23日

魚介三種*蛸・鰤・秋刀魚

c0114069_12561448.jpg

地蛸のお造り

その日よらっせでゲットしたのは、茹で蛸1000円/390g舞阪産
茹でてあったの初めて。

非常に歯切れ良く上手にゆだってた!ラッキ〜!!


後は切るだけ♪


c0114069_12554534.jpg


半分弱は灰干しワカメをけんにしてみた。
で、この後アボカドスライスも足した。

蛸とワカメと大葉とアボカドとわさびと醤油。
これはめちゃくちゃ合う。

今後これらはセットで活躍させる事を忘れないようにしようと思った。







c0114069_1255160.jpg

鰤大根
やけにうまくいった。

いつもと違う点は、醤油をだいぶ後に入れた事。


   さしすせそ


大事なんだなあ。






日本酒ススム〜〜〜












c0114069_12542622.jpg

秋刀魚の米酢煮
レシピ
秋刀魚     3匹
水       1カップ
米酢      60cc
醤油      60cc
砂糖      大さじ2


秋刀魚の頭をとり、わたを抜いて、10切れくらい筒切りする。
塩水に30分ほどつけてから良く洗う。

水と調味料を活力鍋で煮立て、秋刀魚を入れて蓋をし、加圧13分。
ピンが下がって蓋を開けて汁気を飛ばす。




骨までやわやわ。
特にお粥のお供にお気に入り。

















なんでかな?
ある日を境に突然魚をいっぱい食べるようになった。
ある日がいつだか覚えてないけど・・・

さかなはなかなかさ・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-02-23 17:24 |
2013年 02月 16日

チョコレート薔薇クッキー&いちご薔薇クッキー

c0114069_19304561.jpg

画像で見つけて一目惚れしてしまったいちごミルクのぐるぐるクッキー



乙女心ワシヅカミ〜



俄然やる気になって、すぐさまチャレンジだっ!
(構想三年とかザラな、ものぐさ者が動いた!)


c0114069_20445836.jpg

c0114069_20454852.jpg

いちご薔薇クッキー1回目

覚書レシピ
無塩発酵バター   180g
粉砂糖       100g
塩         ふたつまみ
卵白        30g

薄力粉       120g

薄力粉       110g
いちごパウダー   10g

FDいちごダイス   適宜


天板2枚同時
ガスオーブン170℃−7分+160℃ー3分+150℃−6分





素敵クッキーのレシピをお借りして生地を作り、
しかし口金は星形の6切りしかうちには無かったので、しかたなくそれで。

そしてイキナリのダメポイント、生地二倍量を全部絞り出し袋に詰めると作業しにくい。

だいたい絞り出しクッキーっての、何十年かぶりで、
案の定、形はバラバラ・・・薔薇だけに・・・(言うと思った?)

それは良いとして、いちごパウダーはお味はばっちりだったけど、
見本のような色が出てない。
焦がし気味なのも当然影響してるけど、生のときから色が薄い・・・
ふ〜ん、いちごパウダーは発色が色々なのね。


あと、焼いたらだれた。見本よりもずいぶんだれた。
確かにバターは多いが、何がいけなかったのか?
食感悪くなりそうだけどもっと混ぜても良いのかなあ?

・・・薔薇っぽさもだいぶチガウような・・・


とりあえず次回は色粉も使う。
で、あんなロマンチックな感じにする!



だって、このクッキーはかなりおいしい♪




c0114069_1930412.jpg

c0114069_20462331.jpg

チョコレート薔薇クッキー
そうだ!バレンタインじゃないかい。
なんかチョコレートものがいる!
エッジが綺麗に出てたレシピを参考にしてみた。

覚書レシピ

薄力粉     180g
ココア     25g
無塩発酵バター 150g
塩       ひとつまみ強
生クリーム   大さじ3
牛乳      大さじ2
上白糖     90g


天板2枚に絞り出し、ダレ防止の為一枚づつ焼いてみた。

170℃−7分+150℃−10分






バターのきいたミルクチョコ味、おいしいわあ♪






c0114069_20503499.jpg

c0114069_2342843.jpg

いちご薔薇クッキー2回目

覚書レシピ
無塩発酵バター   90g
上白糖       50g
塩         ひとつまみ
牛乳        15g

薄力粉       55g
片栗粉       5g

薄力粉       50g
片栗粉       5g
いちごパウダー   5g
食紅        少々

FDいちごダイス   適宜


天板2枚に絞り出し、一枚づつ焼く。


170℃−7分+150℃−10分


まだ焼き色つきすぎてる。
結局前回よりもっと混ぜが足りなかったので生地の滑らかさがもう一つで扱い辛かった。
粉砂糖を切らして(ああ、ばかばか!)上白糖と片栗粉にしたのもいけなかった?
焼いたらまたダレた。
食感も前のより若干粗い。


あれ?後退してる?


お初にゲットしてきた星形5切りを使ってみた。
・・・う〜ん、ダレたらどれも一緒って気もするけど、
もっと花びらが内側に倒れた薔薇っぽさがやっぱり足りないような・・・




見つけた!ネットお取り寄せ!
ちょっとねじれたドイツ製口金の花形ってやつ。
これならあんな風になりそうな気がする〜

  早くコイコイ新口金〜♪










・・・5切りの口金をゲットするのに、
私めっちゃ久々にデパートに出かけた。

この町に前は3つあったデパート、今はもう1つしか無いのん。
そのせいなんだかどうだか、
ついでに寄ったリニューアルされてる魚売り場はものすごく品揃え豊富で、
丸のお魚もいい感じに選べるくらい量もあるわけ。
しかもお値段も買いやすいころあいで〜。

・・・でまた、丸の魚は「調理します」って書いてあるの。





     おーまいが〜〜〜〜〜〜!!!





ちょっとおおお!
こんな家からスグ近くにい、
(遠いと魚は細切れにする程鮮度は下がるとか理由はつけれるけど・・・)
便利過ぎるお造り調達ルートがあったらあ、
私のお魚修行は成立しないじゃん!

わざわざ自分でさばくからには、
そうしなければならない状況が要るでしょ〜が〜!





あ〜もう、ダレにもお魚をさわらせやしない為には自分で釣ってくる?
・・・雑魚ばっかでお造りできない〜






    困ったわ〜〜〜








・・・あれ・・・見なかった事にする?










それにしても、私の発想は完全に不便な場所で暮らす人のもの。
自分が骨の随まで田舎の人だってこと、今更になって分かったあ。

当たり前に便利な場所で育った人にこの発想は無いんだろなあ。













東京に、


5年も住めば、


田舎育ちも、


チャラになるかと思っていたら・・・


そうは問屋が卸さない!らしい・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村















教えて〜

アルムのもみの木よ〜♪
[PR]

by tigerbutter | 2013-02-16 23:43 | あまいもの
2013年 02月 13日

金目鯛の煮付け&アヒージョ2種類、他

c0114069_14311012.jpg

金目鯛の煮付け
一度まるごとで煮付けたいと思いつつ、やっと実現出来た。
それはその日店にあった、大きい金目の鮮度がもう一つに見えたから・・・
(大きいのゲットしたら、やっぱりお造り分をとってからの、アラの煮付けになるわね〜)

ちょっと小ちゃい金目780円ゲット。





初めての金目丸ごと煮付けには、ちょっと緊張した私。
皮がはがれないようにアルミホイルをしいたり、こまめに煮汁をかけたり、
普段の魚料理の何倍も気を使った。
生姜無し、濃い口醤油使用。


・・・結果、なんかちょっと濃過ぎる出来だったが、
おかずにはまあいいか。

珍しく気を張った白髪葱も作ってみた。
ああ〜これって煮付けに合うわあ。白髪葱ってすごいのね〜


ただ、小さめの金目はそんなにも脂はのってないので、
大きい金目のあら煮のほうが濃厚。

次、もっと気を大きくして、大きい金目の丸煮に挑戦したい。




金目鯛ってステキ♪




c0114069_14301997.jpg

東坡肉

レシピ
細長く切り分けた豚バラ肉を、中華鍋で脂を落としながらじっくりこんがりと焼き付けてから、
中国風に、たまり醤油と八角と老酒と氷砂糖で風味漬けしてやわやわに煮た。

お肉はやたら縮んで少なくなった分、ラードがいっぱいできた。



あ〜こりゃおいしいなあ。



c0114069_15174218.jpg

こんがり焼いた豚バラ肉

角煮前のこんがり焼いた(または揚げた)肉を切り分ける時、
ちょっと取り分けて醤油ちらっとかけていただくお楽しみ♪

肉の中程はジューシーで、表面のがりがりは香ばしく、
これ、もう角煮にする必要ないんじゃん?って必ず思う程おいしい。

しかし、角煮のときはいつも前宣伝してしまうので、
角煮にしないわけにはいかない、いつものジレンマ・・・





c0114069_14255897.jpg

ブロッコリーサラダ

塩、コンソメ、にんにく入りのお湯でゆでたブロッコリーに、
玉ねぎピクルスとつけ汁、マヨネーズを合わせた玉ねぎソースをつけていただく。




プチトマト「アイコ」豊橋産。
冬も変わらぬご機嫌なおいしさ〜♪

一応、季節外れの物はあんまり食べないって思っているけど、
技術革新のせいなんだか、思うようにはいかない。

特にトマト!・・・いまや君ら年中美味しいやないの?!

身体が喜ぶ美味しさがあるなら、
当然身体に悪いはずも無い気する〜
旬って何だろうなあ?と思う今日この頃・・・







しか〜し、大根、白菜、法蓮草、ブロッコリーは断然冬が良いと思う!


c0114069_1424681.jpg

牡蠣のアヒージョ


Amazonで手っ取り早くゲットした新アイテム、

   LODGE(ロッジ) ロジック 6.5インチ (16.5cm)スキレット



かつて100円スキレットの流行った時には特に価値を感じずにのれなかった私。
今ごろ激しく欲しくなっても後の祭り。
そんなものとっくに売り切れダヨ〜ン!
(あの時山積みで売ってるの見てたから、今もあるような気がして探してみたが・・・)


「でも、こっちの方がデザインいいもんね〜!」
と、くやしまぎれに小声で言ってみる。





またまたニンニクごろごろ。ビニールチューブ入りの広島産牡蠣使用。
かなり水分が出て牡蠣が縮む。

イメージ通りの深さと大きさ。満足♪

c0114069_14233471.jpg

蒸しベビーホタテのアヒージョ

蒸してあるので加熱してもほとんど縮まない。

ニンニクオイルを浸して、美味しく無い素材ってあるんだろうか?と思うくらい、
最強調理法「アヒージョ」。



・・・天敵は肥満。




ぎゃ〜!

















もっとアヒージョしたいのに!・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-02-13 14:32 | 料理
2013年 02月 10日

カタクチイワシ一箱*天麩羅、マリネ、アンチョビ他

c0114069_1014049.jpg

小イワシの梅紫蘇天麩羅

一箱分のいわしを良く洗って、頭を切って腹もちょっと斜めに切り落とし、
内臓を出して骨の側の血合いをぎゅっと爪でなぞり取り、
水が綺麗になるまで何度か塩水をかえてつけておく。
やりきれなかった分は塩水漬けで冷蔵庫。

イワシを開いて一時間程塩水にさらしておいて水気を切り、
大葉の半分切り梅肉をはさんで天麩羅にする。


c0114069_1011126.jpg


構想3年。やっとかなった。イワシに梅紫蘇は合う♪


小さいマイワシはやっぱり入手出来ず、
カタクチイワシが箱で夕方の投げ売り399円だったのでうっかり買ってしまった。

こういうの本当は朝ゲットして、お昼にやればちょうど良いと思う。

ねむくて寒い夜の作業は辛かったがなんとかやり果せた・・・





c0114069_102586.jpg

小イワシのマリネ
塩水漬けのいわしを開いて骨を取り、酢につけて置いたのに、
オリーブオイルをかけてケッパーをちらす。


c0114069_100812.jpg

小イワシのやわらか黒酢煮
活力鍋に水、黒酢、醤油、酒、砂糖、みりん、生姜を煮立たせ、
(*注意!鍋規定の水分量を満たすように)
水気を切った塩水漬けイワシを入れてフタをして加圧15分。
ふたを開けて味を調整しながら汁気を煮詰める。

煮詰めるときの揺すり方が乱暴だったのか、見た目ぼろぼろ。
けど、朝粥にのっけていただくとこれがまた美味しいのよ。


c0114069_9594952.jpg

アンチョビ
塩水漬けイワシを三枚にして骨を取り20%の塩をまぶして瓶に詰めたら、
やたら水が出たので、いったん水を捨てて、
さらに10%の塩を上から追加した。
冷蔵保存にした。様子によってはまた塩追加しようと思う。

もう一瓶は5日ほど塩水にさらしたままだったのを(嫌になってた)
骨付きのままで後は同じように処理した。
写真とって無いけど瓶に入った様はこちらの方が美しい。




玉ねぎピクルス
タルタルソース的な物を作るたびに玉ねぎ刻むのが面倒なので、
先に刻んであって味もついてりゃなお結構じゃんってことで・・・

玉ねぎ2個を刻んで塩小さじ1強をふりかけて瓶に詰める。
叩いたニンニク1片分、鷹の爪、ローリエ1枚、ハチミツ50g、米酢ひたひた(150g)を加えフタをしてシェイク。
ローズマリーチキンのフリット等の玉ねぎソースやタルタルソースにつけ汁ごと使う。

すぐなくなりそうだし、寒いので常温で出しっぱなしにしてある。




なんで今までやらなかったんだろ?すっごい便利!
ただ、何となく大きめにしてみたけど玉ねぎは普通サイズのみじん切りで良かったと思う。
この大きさは妙に容器にくっついてスプーンにのってこないのでいらつく。







ポン酢
初めて量って作ってみたけど、量るとよくわからなくなっちゃったので、
覚書ってことで、

酒60gみりん120gを煮切る。
薄口醤油400g、柚子酢60g、米酢150g、鰹節30g、昆布10cmくらい三枚を瓶に入れる。
冷蔵保存。

上澄みを使う。濁りがいやな場合は茶こしを使う。

またおいおい調整しよう。










正直、寝る前山盛りイワシとの戦いはキツい・・・生臭いお手てで寝るのもイヤン。
しかしそういう時にこそ、
正しい手抜きの策が生まれてくるんじゃなかろうか?


今回編み出されたのは「大量のイワシは頭と内臓とってとりあえず塩水漬けとけ」。

追いつめられて強くなれ!・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-02-10 11:30 | 保存食・常備菜