タグ:豆 ( 28 ) タグの人気記事


2016年 10月 23日

フムス


c0114069_19044997.jpg


◆フムス 4〜6人分

ひよこ豆 1カップ (150g)
にんにく 1片
塩 小さじ2/3〜1
炒り胡麻(又はねり胡麻 )40g
オリーブ油 大さじ1
レモン汁(又はすだち酢 )大さじ1〜2
ゆで汁適宜

◇盛り付けてかける
オリーブ油、パセリ、唐辛子


一晩水戻ししたひよこ豆をカップ1の水を加えて活力鍋で柔らかく茹でる。(加圧2分)
炒りごまをペースト状にする。うちはミルサー、無ければねり胡麻を使用する。
フードプロセッサーにすだち酢までの材料を入れて、ゆで汁で硬さを調節しつつペースト状にする。



c0114069_19045036.jpg
家の冷凍庫に常時入れてあるオートミール入りのプチパン(酒粕ぬき)、霧吹いてトースターでパリッと焼き直したのに、フムスを塗り塗り。
むっさ合う。しあわせ。





ゆでたての豆はことさらにおいしいが、
乾燥ヒヨコ豆からゆでヒヨコ豆になる重量変化は2.2倍なので、便利な缶詰め等のゆでヒヨコ豆を使用するなら330gに相当する。
うちのクイジナートのフードプロセッサーでは胡麻を細かいペースト状には出来ないのでミルサーを使用してる。
胡麻ペースト作り、面倒ならねり胡麻を使用すればよし。
ゆでたヒヨコ豆の皮をむいて、さらに皮むき胡麻(又は皮むきタイプの細かい練り胡麻)を使用すると、マヨネーズ状にかなり滑らかなペーストにも出来る。
甲乙つけがたいが今はホクホクした皮つき気分。それだと皮剥き作業が免除されるし、当然繊維質が多く摂取出来る。
皮剥き嫌だけど滑らかタイプにしたい場合はインド食材店で皮むき半割タイプのヒヨコ豆を買えばズルできると思った。
健康とのせめぎ合いも含めてお好みで。

実はクミン入りのレシピでずっと作って来たが、私はクミン無しが圧倒的に好きだってことが判明。クミン入りだとここまで食いつかない。
カレーに入れるクミンは粒もパウダーも熱烈歓迎なのに、不思議〜

3日以内に食べきれない分はジップロック等に入れて取り出しやすいように一食分づつスジをつけて冷凍。


c0114069_21374868.jpg
食べたい時、割って取り出したら電子レンジで1分程チンすれば素早い供給が可能!

c0114069_21374910.jpg
トースターでカラッと良く焼いた冷凍チャパティもグッド。
・・・うっかり焼きすぎてクリースピーになったわけだけど、サクサクして口溶けの良くなったチャパティ!コレ大当たり!!
すごい発見をした気持ち♪









[PR]

by tigerbutter | 2016-10-23 17:45 | 保存食・常備菜 | Comments(5)
2016年 10月 10日

サモサ

c0114069_09345161.jpg



c0114069_09345200.jpg
サモサ

放置ブログを久々に更新してみる。

今回は、去年秋からサワーブレッド製作にガッツリはまって、
数ヶ月かおうち軟禁状態になってた間の記録等、
ちゃんとまとめてアップしようと思ったのが運のツキ。
自分というモノを何度も読み違えるわたし・・・


今日は美味しく出来たサモサに酔いしれてるうちに、
さっさと更新するぜ!



=サモサ= 12個分       参考レシピ  
◆中身
ジャガ芋 小4個(正味220g)
(父作メークイン)
茹でヒヨコ豆 100g
たまねぎ   1/6個(70g)
甘長とうがらし 大3個(50g)
オリーブ油  15g
クミンシード 小さじ半分
生姜     1片
ターメリック 小さじ半分
コリアンダー 小さじ半分
ガラムマサラ 小さじ半分
カエンペッパー 小さじ1/8
塩      小さじ1.5
青唐辛子   2本
地元産ピーナツ 40g
◆皮
薄力粉    150g
塩      小さじ1/4
オリーブ油  20g
水      53g

①じゃがいもを蒸して皮をむいて賽の目に切る。
②玉葱大きいさいの目切り。甘長とうがらしもそんな感じ。
③生姜荒みじん切り。
④フライパンにオリーブ油を入れ、クミンシードを加えて火にかけゆるゆる香りを出す。
⑤生姜と玉葱をなじませて炒め、じゃがいも、ヒヨコ豆、甘長とうがらし、塩、スパイスを加え混ぜ、蓋をして蒸し煮。
⑥良い具合に加熱出来たら程良く輪切りにした青唐辛子とロースとして砕いたピーナツを加えて冷ます。
⑦皮の材料をざざっと混ぜて、ムラの残った層のある感じにまとめて30分以上寝かす。
⑧6等分して丸め、打ち粉をして楕円に薄く伸ばし半分に切る。
切ったところに水をつけて2cm程重なるようにしておさえジョウゴ型にしてしっかり止める。
具を詰めて生地をあわせてフォークでしっかり押さえる。
⑨きつね色になるよう油で揚げる。



こ!これは!!生涯で最高の出来?!

・・・って思ったのは、
ちょっと前の事なんも覚えてないせいもあるだろうけど、
具がやたら美味い。つまみぐいとまらん。こんなこと初めて!
とりあえずわたしが今まで作ってた芋サブジは遥か下のレベルだった。
過去何度も取り組んだお題の一つなのに。(あれは目分量でレシピ不明)
青唐辛子のさわやかな辛みとか、ピーナツのコクと、芋、豆のほこほこした甘み、玉葱のジューシーな甘み、それらがスパイスとあいまった力強い一体感♪
(・・・盛り過ぎ?)
美味過ぎる具も問題で、冷めるまでわたしが数回ちょっかい出した後、
目を離したスキに、サモサ用とは知らずに旦那も美味いサブジとしてつまんだらしい。
なので完成品の中身は多分レシピ量より推定3割減・・・

皮、油層を混ぜ切らない製法にしてみた。大当たり。
ちょっと中華パイ的にサクサク。いままでのパン的なやわ生地より、もさっとした口当たりの芋サブジとコントラストがついて断然合う。


リピ決定!
とりあえずは早急に青唐辛子を探して冷凍ストックしとこうと思った。


 

あと、サモサと言えば定番のグリーンチャツネとかそう言う系のミントソースも添えたが・・・


=微妙なミントソース=
庭ミントの葉、ヨーグルト、青唐辛子、しょうが、塩、ガラムマサラをミルサーでガーッツ。


庭のミント、夏あれだけシブトく生えて来てたのに、
やっと使うとなった今日はなぜかちょっぴりしか無かったので、
全体量が少なくてヨーグルトを増やしたらしゃびしゃびになった。
グリーン味が薄い。もっと青臭さが欲しかった。要改善。


・・・粉はアタを使えばさらに良かったように思う。







[PR]

by tigerbutter | 2016-10-10 09:34 | 粉もの | Comments(0)
2015年 11月 27日

豆沙馅包子


c0114069_18025674.jpg

コッテリ甘い餡のまんじゅうにしたかった。

こしあんを使うかどうするか、どのように餡を作るのかだいぶ温めていたが、
結局、小豆餡と胡麻餡のイメージが混ざって、
自家製小豆粒餡に炒り胡麻をペーストにしたのと胡麻油と砂糖を足して火練りした、
胡麻入り小豆餡を包んでみた。


ああ、これ大好き。

上手く見つけられなかったけど、
胡麻入り小豆あんは中国語でどう表記するのが正しいのだろう?




皮は牛乳捏ねで老麺(中だね)を使って一晩低温発酵させたのに、さらにベーキンングパウダーを混ぜてみた。
ベーキングパウダーを混ぜてからの寝かせが足りなかったのか、何なのか?
生地を虐めた系っていうか、
同じ生地で作った花巻がは特にかなり不細工に出来た。
そして仕上りはもっとふっくらかなと思ったのにそうでもなかった。
美味しい生地ではあるんだけど、まだ改善の余地アリ。




=胡麻小豆まんじゅう=16個分

・粉400gの包子生地   花巻生地アレンジ
・乾燥小豆に対して砂糖8割の粒あん・・・580g
・炒り胡麻・・・66g
・胡麻油・・・20g
・砂糖・・・100g






[PR]

by tigerbutter | 2015-11-27 19:01 | 粉もの | Comments(5)
2015年 11月 24日

ベーグル&鹹豆漿朝食

c0114069_14332872.jpg


ものすごく気に入った鹹豆漿はここんとこ10回は食べたと思う。
最近は、水につけた大豆50gほどに適当に水を足してミルサーでガーッと粉砕して、
サラシで絞り、ノンスティックフライパンで加熱した豆乳を使ってみたり、
ぜんぜん飽きない美味しさ。


干し海老類から充分出汁も出るので
スープの素はやめ。

たまたまそういう巡り合わせになり、
ベーグル添えにしたら、
ベーグルの表面のバリッと感やら、中身のほの甘さがものすごく合うこと発見!!




=鹹豆漿=

・熱くした豆乳・・・300cc
・桜エビか干しアミ・・・大さじ1山
・細くした葱類・・・大さじ1山
・黒酢・・・大さじ半分
・塩・・・小さじ1/6〜1/4
・油条とか花巻とかベーグル、
・仕上げ用香り辣油


エビから塩までを器に入れた中に熱々豆乳を注いで、香り辣油タラッ。




酢の作用で固まってフルフルした豆乳と具材が絡まった熱々のスープを
なにかしら粉ものと一緒にいただくと大変充実した朝ごはんになる。





=プレーンベーグル=
・強力粉・・・450g
・塩・・・8g
・砂糖・・・大さじ1・5
・ドライイースト・・・小さじ1
・人肌湯・・・250g
・茹で用砂糖大さじ2

湯までをよく捏ねる。
30分ほど休ませてちょっと膨らんで、菌が全体にまわってる感じになったら6分割して細長に伸ばし、三つ折りしてからもう半分にたたんでとじめをとめてころころころごし、片側だけつぶしてくるっとまるめて端っこを包み込んで止める。
30分ほど置いて少しふくらんだら、
フライパンで水を沸かして砂糖を加えた湯で、片面30秒づつくらい茹でて、ザルで水切りし、
200度のオーブンで15〜18分ほど焼く。









[PR]

by tigerbutter | 2015-11-24 12:54 | 粉もの | Comments(4)
2015年 11月 04日

油條(you tiao)修行(其の①〜其の④)

c0114069_22295922.jpg

台湾の朝食、蛋餅(卵薄焼き)の相棒は鹹豆漿(塩豆乳スープ)かな?と思いつき、
夜食にスープだけ試してみたらとってもおいしかったので、
あ、そしたら油條(スカスカの中華揚げパン)も添えたいなと言う事で、
思いがけず油條への挑戦は始まった・・・


=油條recipe其の①=
・強力粉・・・150g
・ベーキングパウダー・・・1g?
・重曹・・・1g?
・塩・・・2g
・水・・・100g
打ち粉、揚げ油

全部を良く捏ねて20分置き、もう一度捏ね、弛むまで待って、
1cm厚みの長四角に伸ばしてラップして冷蔵庫で一晩寝かせる。
朝、2cmくらいの幅に切って二枚重ねて真ん中を箸で押さえ、
はしっこもってひっぱって伸ばし、170℃くらいの油で色よく揚げる。



勘にたよって油温度でたらめ。多分希望より高いと思う。
g単位の量りで量ったので膨張剤を多分1gよりだいぶ多く入れてしまったと思う。
ところどころ大きく気泡は出てるけど、全体の膨らみが足りず固い。
致命的には重曹臭い変な味。
・・・それでも揚げてあるのでぜんぜん食べれてしまう。
うん。揚げ物っておいしーよね〜

取りあえず知ってる油條からかなり遠い。


=鹹豆漿(塩豆乳スープ=) 1杯分材料覚書

・葱小口切り・・・大さじ1くらい
・桜えび・・・大さじ1くらい
・米酢・・・大さじ半分くらい
・丸鶏ガラスープ(顆粒)・・・小さじ半分くらい
・塩・・・適宜
・豆乳(無調整固形分10%)・・・熱々に沸かして1カップくらい
超お気に入り自家製ラー油・・・適宜


スープ、すっごくおいしい。
酢の作用でもろもろと固まって来た豆乳最高!!
手間も豆乳温めてその他をまぜるだけって、これはいいものを見つけた♪












c0114069_22301814.jpg

さて連日のチャレンジ。
其の②と③レシピ同時進行。

先の重曹味にこりて、どちらも重曹はやめて、BPのみとBP+イーストで試す。
揚げ油は低い方をお勧めするレシピもあり、 前回をふまえて160度狙いの温度計無し神頼みにしてみた。
スーパー購入の中力粉使用で見事にダレた。
そういえばこの粉って、いつも薄力粉より水含みが悪く感じるのは気のせい?
タンパク質10%ならもっと水含んでも良さそなのになんでかな?


=油條recipe其の②= ベーキングパウダーのみ:写真下

・中力粉(タンパク質10%)・・・135g
・ぬるま湯・・・100g
・塩・・・小さじ1/4
・ベーキングパウダー・・・小さじ1


BPのみは洗い気泡がところどころで、餅になって膨らんでない部分も多い。固い。




=油條recipe其の③= イースト+ベーキングパウダー:写真上

・中力粉(タンパク質10%)・・・135g
・ドライイースト・・・小さじ半分
・上白糖・・・小さじ半分
・ぬるま湯・・・100g
塩・・・小さじ1/4
ベーキングパウダー・・・小さじ1


ベーキングパウダーは重曹と違って、
水とあわせただけで反応が始まってしまうらしいので、後入れ法で試す。
ぬるま湯までを一緒に捏ねて発酵させた後、塩とBPを混ぜ込み、
20分程休ませてから成形して揚げた。

②の1.5倍程のカサになり、全体に気泡が出てる感じ。
大きな気泡が無い部分は揚げパンの風情。普通に柔らかな内層でだいぶおいしい。


②と③では③の圧勝。
しかしどちらも油條では無い。これっぱかしの膨らみでは小さ過ぎる。
あれはもっと・・・
大胆にピロ〜ンと伸ばしたヒモのような生地を油に放すと、
ブワーーッと信じられない倍率で膨らむ、
そういうスカスカした軽いものでならねばならない。



そういうわけで今更ながら勉強してみた。粉100gに対してBPは5g基準だって。
お!まだ増やせるじゃん。

油温もなあ。業務用みたいな大量の油でもないのでだいぶ揺らいでると思う。

c0114069_22303353.jpg

其の②左、其の③右。
甘い豆乳をお供にしてみた。

・・・たまたま使った豆乳がそれむきじゃないのか?
これ、あんまり私好みじゃないかも・・・
油条もどきとはまったくかみ合ってないように感じられた。
豆乳は好きなのに、あれれ?な感じ。それは気のせい?もどきのせい?

人が美味しくいただいてる物を、私だけ美味しくいただけないなんて、そんなのショック・・・
人生における残念な事ランキングではかなり上位の出来事に遭遇してしまう。
や、でもこれは何かの間違いかもしれぬ。
しかるべき油條をゲット出来たらまたチャレンジしてみよう。
そんでもって豆乳をもっと良さげなヤツにしてみる。


c0114069_22305480.jpg

内層。
一見悪く無いようにも見える角度もあるし、
刻んで豆乳やら粥やらに入れるなら、そう問題ないかもしれないが、
より良い可能性を、そうだ明日を信じてみよう!


 トゥモロー  トゥモロー アイ ラビュー トゥモロー 明日はシアワセ〜 


脳内にアニーの曲も流れて来たことだし。












c0114069_22311565.jpg

そして・・・

いやっほう〜〜!

其の③の2倍以上膨らんだと思う!!

=油條recipe其の④=   完成5本分

・ホシノ入りの中種(強力粉10:水7ぐらい?そしたら粉47g:水33g)・・・80g
・中力粉(タンパク質10%)・・・60g
・ぬるま湯・・・28g
・BP・・・3g(小さじ3/4)
・重曹・・・1g(小さじ1/4)
・塩・・・1g(小さじ1/6)

大きな膨らみの為には使いたい重曹。膨張剤全体の重曹割合を1/4にすることで、
生地に残らず膨らみのみに貢献出来るかも?の推測がビンゴ!?
この中力粉は非常にだれ易いので、水分57%くらいを目安にしてみた。扱い易くなった。
(中種割合不明なんだけど・・・あ、こっちは強力粉だった・・・)

構想では全部混ぜて良く捏ねた後30分置いて成形して揚げるつもりだったけど、
作業の邪魔が入り、捏ねて3時間後に成形。
伸ばして三つ折り、長方形に整え、
長さ10cmの短冊に切って二枚重ねて箸で真ん中をほどほどにぎゅっと圧着。
(youtubeをしつこく何件も見た所、途中で二本が少し離れてしまうくらいのくっつき具合の方がよく膨れてるように見えた為)
温度計できっちり測って170℃ころがしながら揚げ。

これでやっとおおむね理想どおりってことで。

・・・コレだけ毎日油っこい粉もん製作を続けると、さすがに目方がこわくなって来て、
味見だけして後はすみやかに冷凍した。
早く決着出来てほんと良かった。




c0114069_22313720.jpg

内層。合格♡




c0114069_22315754.jpg

0.01g単位で計れる量り。1gも楽勝!
実はスデに持ってたんだった。携帯サイズでとっても便利なお道具。アマゾンさん購入。
あと、其の四だけ油温度計も使用。
これらは非常に真面目に優秀なお道具だと言える。
面倒くさがらずにはなっから使うべきだよね。



教訓  宝の持ち腐れをちゃんと自覚して次に活かす事






PC操作にも疎い私のオススメ〜
検索ワード「you tiao recipe」あたりで、youtubeとか画像とか検索すると、
いっぱいでてきて超楽しいので、もし、まだそれをやってみてない方いらしたら是非!
何も無い所からよりも、色んな例を参考に出来ると自分の方向が定め易いよね〜
[PR]

by tigerbutter | 2015-11-04 15:26 | 粉もの | Comments(2)
2015年 03月 22日

胡麻ぼたもち

c0114069_2146527.jpg


=胡麻ぼたもち= (10個分)  1個:150kcal

もち米・・・220g
水・・・?
うちの小豆あん・・・260g
すりごま・・・26g(この分量は少なめ)
上白糖・・・10g
塩・・・ひとつまみ

手水の塩水(おにぎり作る時の感じ)

一晩水につけたもち米を、ひたひたよりちょい上の水加減(正確にはさて?)でラップして電子レンジで加熱。
9分〜(正確にはさて?)
途中一回混ぜて、少し食べて芯が無かったらOK!ラップをしめて10分程蒸らす。
めん棒の先で半つぶしにする。
重さを計って手水をつけつつ10等分に丸める。同じく10等分に丸めたあんこを包む。
すりごまと砂糖と塩を混ぜたボールの中でひとつづつころがしてまぶしつける。






もち米の残りがあった事を思い出し、久々ぼたもち。
レシピがぞんざいなせいか(ええその通り・・・)理想のとろける感じのご飯には出来なかった。
水加減がなあ・・・
そしてもっとごまごまさせた方が良かったと思った。
でもまあ、お彼岸に手作りぼたもちがあるのはうれしい♪


お彼岸じゃなくてももっと気軽に作ろう!って、作った時はいっつも思う・・・




c0114069_8564756.jpg

置いたぼたもちが脱水して固くなるのが嫌なので、残りはすみやかに冷凍しておいた。
朝、1個80秒チン(2個:130秒)していただいたら、昨日よりしっとりなじんでもっともっと美味しかった。

夫には、コレまで食べたぼたもちの中で甘さ加減もぴったりで一番おいしいとのお言葉をいただく。

あんこは掛川産小豆使用、砂糖80%、塩1%、渋きり1回、活力鍋で炊いたもの。
もしや、普段のうちのあんこより塩加減0.66%→1%に変更したことを気付いての事なのか?
えええ!そんなスルドイ???
・・・それとも単に自家製ぼたもちが久々だったせいか・・・
胡麻はさらに久々だったせいか・・・

・・・まあ、ほめられてよしとしよう。






c0114069_1931889.jpg

黒ごまと青のりを増産した。

良い香り〜

ぼたもちはおいしいなあ♪
[PR]

by tigerbutter | 2015-03-22 21:50 | あまいもの | Comments(11)
2015年 01月 18日

今年のぜんざい

c0114069_19441998.jpg

1月11日  鏡開きのぜんざい

年末からあんこは砂糖8割で炊いてあり、
ホントはすぐ食べたかった所をずっと我慢してた。
そしたら案の定!倍美味しいわけよ。うほほ。
寒天用に作ったあった黒蜜も足してみた。グッドです!

買い足したサトウの切り餅使用。
スリット入りで4つに手で割れると書いてあったので割ってみた。
・・・細かくすると沢山に見えていいなあ。






c0114069_1853777.jpg

甘いオートミール

・・でも黒豆は待てなかったので、
年末に甘いオートミールに入れた。
蒸しヒヨコ豆も加えて、イメージはアジアのお汁粉。うまい!

私はコレ系統がものすごく好きだけど家族は誰も欲しがらない。






c0114069_18573083.jpg

黒蜜寒天


年末、伊豆でゲットして感動的に美味しかった天草を炊いて作った寒天。

再現したくて、でもちょうどお家にあった粉寒天は風味が無いので、
海風味欲しさに昆布も細切りにして加えてみた。
・・・う〜ん、なんか違うなあ。まあ、そりゃそうだろなあ・・・

写真の分は固さがイマイチ甘かったので、
粉寒天を加えてもう一度煮なおし、理想の食感には出来たが、
シンプルに寒天を楽しむ場合は、粉寒天では製精度が高過ぎだと思った。

多分・・・実家には、天草が山ほど眠ってるんじゃないかと思う。
それは亡き祖母が採集したヤツ・・・
はて?使えるかどうかは不明だけど・・・

台風の去った朝早くには必ず、祖母は嬉々として天草拾いに浜に出かけて行き、
そしてたいていは大量のエモノをゲットしてきてた。
それを見て私は思ってた。
ばあちゃんかっこええわ〜!!

未だ私が都会的なレジャーに馴染めないのは、
そういう教育が染み付いているせいでは無いかと思う。
なんかお土産つきじゃないと本気出せない。



=黒蜜=      黒砂糖の袋に書いてあったレシピ
・黒砂糖・・・500g
・水・・・400g
・レモン汁・・・小さじ1

削った黒砂糖を水で煮とかして、
トロミが付くまで煮詰め、レモン汁を加える。



風味は弱い黒蜜寒天だけど、
気が向いて小豆あんとアイスクリームといちごを加えたら、
なんかすごく立派になった。
[PR]

by tigerbutter | 2015-01-18 20:00 | あまいもの | Comments(6)
2015年 01月 16日

自家製大豆もやし

c0114069_16284289.jpg

11月、私がものすごくはまっていたのはYOUTUBEのマンチーさん(韓国系料理研究家?)
それはまあ検索してたら偶然行き当たったわけだけども。
「な・・・なぜに?」と感じる度肝をぬく変身度の高さにまず目が離せなくなり、
海外在住だけあって、私の好きな自家製度の高いお料理もまた、
とってもステキなのであ〜る。
もうどんだけしつこくマンチーさんの動画を観た事か・・・


自家製もやしは丸元淑生さんの本に傾倒して以来のチャレンジ。
でもあれは豆からちょこっと芽が出た所を収穫するので、もやしというよりフレッシュな豆だった。
How to grow Soybean Sprouts (Kongnamul: 콩나물)


〜豆もやしのチャレンジ記録〜
今回使用の大豆は地元産の少し小粒の新豆。(古い豆は発芽率が低い)
150gくらいを洗ってザルに入れて覆いをし、
日に2〜6回くらい水通しした。
10日程で収穫。
Soybean sprouts bibimbap (kongnamulbap: 콩나물밥)
このマンチーさんのビビンバにしたかったのに、
気が変わってわかめと煮干しでスープにした。

そこらに売ってる大豆としては小粒を選んだけど、市販の豆もやしよりだいぶ大粒になるようで、
(豆の粒が大きい程、発芽に時間がかかって失敗しやすいらしい・・・)
ものすごく豆感が楽しめる。

日々変化するもやしを育てるのは非常に楽しい。
それで無理なく大豆もたっぷり摂取出来るのはすごくお得に感じる。

でも、もう続けて4回も育てたのに、今だビビンバにはしてなかった・・・
そうだ、今から大豆洗っとこう♪
今度こそはビビンバだっ!
[PR]

by tigerbutter | 2015-01-16 18:48 | 食材 | Comments(2)
2014年 04月 14日

お急ぎ祝い膳:鶏唐揚げとお赤飯

c0114069_1435857.jpg
c0114069_14353791.jpg

上京する息子に作った、家での最後の晩ご飯。

その日、ゆっくり準備する間もなかったので、
おかずと言えば「唐揚げに始まり唐揚げに終る」と言われている通り、
*息子の味覚基準でもある所の鶏唐揚げにした。

今回の仕上げ粉は強力粉、片栗粉、コーンミール、細引きパン粉、塩適宜のミックス。
・・・じゅわじゅわのバリバリだぜ!!  

  *息子の味覚基準・・・未知の食べ物に対し、どのくらい美味しいかを表す比較対象として、
             身近な最高峰のひとつである唐揚げを用いる。

             例:これ!唐揚げぐらい美味しいよ!!
                                 

                                


◆鶏唐揚げレシピ







お赤飯はお急ぎ電子レンジ仕上げ。

ふと思いついてニトリの耐熱容器を使ってみたら、

調理と盛りつけを両方こなして、サイズもピッタリのスグレモノであった。
洗い物も1つ減って得した感じで、かなり気分がいい。
(べつにニトリの回し者ではないです・・・)

この祝い膳の重要ポイントとしては、とにかく南天の葉を添える!
(祝い要素が極めて少ないため、ここ要注意!)
これで幸先はかなりいいはず。




◆レンジ赤飯
 (少なめの3~4人分)
・餅米・・・2カップ
・小豆・・・1/4カップくらい
・塩
・ごま
・南天の葉

餅米は洗って30分以上水につける。
小豆は洗って2カップくらいの水で硬めに煮る。
(余裕があれば一回くらいゆでこぼししてアクをぬくと、よりグッド♪)
耐熱容器に煮た小豆と水切りした餅米を加え、
表面をならして水を加え、注意深くひたひたの加減にして、
(キモチ少なめのひたひたっていうか・・・)
ふんわりラップする。
強7分加熱して全体を混ぜ、またラップして5分加熱。
10分置いて蒸らし、全体を混ぜてきれいに盛りつける。
南天を飾り、お好みでごま塩パラッ。





・・・20年近くの思いを一食に込めるというのはなかなかに難しいが、
まあまあ自分らしくやれたと思う。
[PR]

by tigerbutter | 2014-04-14 16:32 | 料理 | Comments(2)
2013年 12月 03日

りんご風味ローストポーク菊菜添え

c0114069_13441112.jpg

りんご風味ローストポーク菊菜添え
[レシピ] 50枚弱+はしっこ
豚肩ロース・・・2.5kg
塩2%・・・50g
砂糖・・・15g
胡椒・・・適宜
ニンニク・・・4片
おろしりんご・・・小1個(正味230g)
ローズマリー・・・8枝

・仕上げ用
    ピンクペッパー 、ロースト松の実

・添え物
   春菊1束
   ヒヨコ豆1/3カップ
   オリーブ油、ワインビネガー、塩胡椒

   玉ねぎソース








作り方
前日、肉に串でぐさぐさ穴をあけ、塩と砂糖と胡椒をまぶしてすり込む。
細いナイフで所々に刺し、細く四つわりにしたニンニクを差し込む。
皮ごとすりおろしたりんごをまわりにくっつけ、
さらにローズマリーでまんべんなくおおい、ビニール袋に入れて空気を抜く。
冷蔵庫で一晩。

焼く2時間前には常温に出しておく。
りんごとローズマリーを外してオーブンで焼く。
230℃−15分+170℃−75分+ふたを開けたオーブンで30分程冷ます。
(焼き加減はもうちょい手前が好みだった・・・)
切り分ける。

洗って軸を外して良く水切りしたた春菊と、
一晩吸水させて茹で冷ましたヒヨコ豆に、
少量のオリーブオイルとワインビネガーをトスしてよくまぶし、軽く塩胡椒する。
肉の周りに盛りつける。



肉には塩気はきいてるのでそのままいただいてOK。
一応、玉ねぎソースを添える。

=玉ねぎソース=

玉ねぎみじん切り   半個分
らっきょう      6個
らっきょうのつけ汁  以下適宜
レモン汁
ガーリックパウダー
マヨネーズ
生クリーム

胡椒

作り置きの玉ねぎピクルスを使うともっと簡単。






大人数のパーティーに、
りんごの甘酸っぱさが肉にうつった香り高いローストポーク。

残ったのは是非サンドイッチにしたかったけど、叶わず。
近いうちにまたつくろう♪








パーティーは大忙し!オーブン料理は助かるわ〜


よろしかったらポチしてね♪     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-12-03 14:54 | 料理 | Comments(8)