タグ:珠玉のレシピ発見! ( 10 ) タグの人気記事


2016年 10月 29日

鬼おろし/鬼おろし器

c0114069_17042502.jpg


透明感ある美しい鬼おろし♪

今回のは身のみ。
皮は厚く剥いて塩麹漬けにした。



ずーーーっと前から気になっていた鬼おろし器は、
時々物色してはいたが、
初夏の丸子の市で自作の竹細工を商っていたおじさんから衝動買いした。

いかにも手仕事なお品に、ものすごくホクホクして帰ったが、
いざおろすとなったら大根を上下に動かしても上手く削れていかず、

???

と、思ったら、
歯の溝が縦にピッタリ揃っちゃってる…
仕方なく、斜め方向に移動させて削った。力は入りにくい…
c0114069_17042609.jpg


歯が揃っちゃってる✖️




しかし、
初めての鬼おろしの美味しさに開眼!
初夏の大根で作っても衝撃を受けた。
ミラクルお道具「鬼おろし器」。

普通の大根おろしとはかなり違って、
大根をザクザクと欠いだだけ。
圧倒的に素早く出来る。
細切りほどは噛まなくて良く、それでいて程よくしゃくしゃくして食べやすい。
味付けは醤油をチラッとかけただけでも完璧に美味しいってとこは大根おろしと同じ。
あまり水も出ないので大根の栄養を損なうことも無い優れた食べ方だと思った。

片手で持てる、ほどほどの大きさの大根なら、そのままおろすと重みでさらにスピーディ。


ヘビーローテで鬼おろしを楽しんでいたが、
本気の大根シーズンを目前にして今後の事を考え、
やはり正しい鬼おろし器を、今度は間違いの無いように合羽橋道具街でゲットしてみた。

c0114069_17042607.jpg


歯は互い違いが正解◎



鬼おろしを知らなかったコレまでの人生分を取り返したい。冬大根が楽しみ〜

そして、未体験な方には是非ともこの鬼おろしをお試しいただきたい。
ただし、鬼おろし器の歯の並びには要注意!






[PR]

by tigerbutter | 2016-10-29 15:32 | 料理 | Comments(6)
2016年 01月 13日

2016 おせち料理

c0114069_18111339.jpg






2016おせち覚書〜

評価   ×駄目  △イマイチ  ◯普通  ◎良い  ◎◎かなり良い


さあいってみよ〜!!


c0114069_18111390.jpg



◆いくら醤油漬け ◎◎ ・・・去年の失敗をふまえて、大粒の腹子を酒と薄口醤油と昆布で漬けて冷凍しといたもの。ナイスぷちぷち!いくらの醤油漬け

◆かずのこ ×・・・去年は大きめ塩かずの子の塩抜きも不十分だった上に、薄口醤油と鰹節の塩っぱそーな汁に漬けたらまんま塩っぱ過ぎた。
今回は小さめ塩数の子を二日塩抜きして出汁で作った調味液に漬けてみたら、今度は薄かったみたいで残念無念なふぬけ味。
スグ回収して濃い調味液に漬け直したら美味しく出来た!◎◎・・・が!それじゃあ遅い。遅いんだよおお〜次は本番前要味見!(←つーか、なんで味見しないの?)

◆紅白なます ◯・・・他の甘い物とバランスをとって砂糖無し塩酢のあっさり薄味。このお題を感動的に仕上げるのはなかなか難しい。
改善するとしたらフレッシュのかんきつ酢を使うとか、切り方をもっと丁寧にするとかそんなあたりだろうか??

◆子持ち鮎の甘露煮(長野産)△・・・長野の名物スーパーのすんごい美味しそうな自家製をゲットして(一匹500円)、
正月を楽しみに冷凍しておいた。
自然解凍してそのまま詰めたら、あれ?こんなもん???・・・多分、もう一度加熱の必要があったと思う。
鯉の煮付けも解凍してからレンチンするよう聞いたんだった・・・あほかあああ(怒泣き)
・・・後日煮直したらすっごい美味しかった◎◎。

◆流れ子煮付け(徳島産缶詰 )△・・・そう言えば実家から貰ったのがあったこと急に思い出して詰めてみた。
地元産おなじみの缶詰は貝殻もついてて見栄えは良いけど、意外にいい値段のくせに貝の魅力が感じられないふぬけ味。
元旦、案の定の味を確かめて、さあ残りどうする?と考えた所、
「あれ?味つけ気に入らなきゃ煮直せばいいんじゃん!!」と、突然、神の声が・・・
おいしい日本酒と味醂と醤油を足して煮たら、ごく簡単に思うような貝の煮付け出来た◎◎・・・マジか!!
何年もに渡り、何缶も不本意に消費して本当にもったいない事をした。
実際本格的に生の貝を調達するとこから始めるとずいぶん手間になるところを補ってくれる素材缶として、
これからは崇めて行こうと思った。



c0114069_18111301.jpg
◆伊達巻 △・・・念願の鬼すだれ使用!!・・・情熱期間とすだれ入手時期がずれたためリハーサル無し。
今回は前より断然スゴイっぽくしたかったので (概ねそう言うセンスの人間性・・・)海老をミルサーですり身にして使ってみた。
しかし一応海老味はするけど、特に旨海老味♪って感じでもなく凡庸。多分はんぺん使用の方がまだ上手くバランスとれてた。
冷凍バナメイエビでは駄目?生海老じゃなければ!いやせめてブラックタイガー?海老のグレード問題なのか?それかとも量の問題か?
ビジュアル的には、オーブン焼きしようと思いながら生地量と型の計算が面倒でまた卵焼き器で焼いてみたら、
やはりこの寸法では思ったようなくるくる巻きにならない事を思い知る。何故2度やる前に気付けない?致命的には焦がし気味。
唯一周りがギザギザな事だけが思惑通り・・・鬼まきすで巻いたんだから当り前・・・
要考察。自家製伊達巻きがおせちの華になれる日は来るのだろうか。

◆栗きんとん ◎◎・・・栗は断然渋皮煮派であり、おせちは他に甘いものいっぱいなんで、甘露煮入りの栗きんとんにまるで重要性を感じてなかったけど、友人のお宅では「あまりにも人気でコレだけは必ず大量に作ってる!と言う、栗きんとんへの熱い想いを聞き、私はとんでもなく損をしている気がして作ってみた。
久々に使ったクチナシはとても感じの良い黄色に染める事が出来て満足。裏ごしも省いて砂糖と水飴で煮詰めた。
置いとくと一体化してきて、どこからが芋でどこからが栗なのかよくわからない物になり、日に日になじんでもっと美味しくなってきた。
これは大好きになった。本当に良い事を聞いた♪来年はさらに栗の季節に甘露煮を自作しておくといいよなあ。

◆花百合根 ◯・・・あっという間に蒸しすぎた。要考察。

◆黒豆 ◎・・・格調高いふっく〜ら、しっと〜りな仕上り♡

友人に教わった方法調味液で豆を戻して、7〜8時間ストーブ上でじっくり煮る方法・・・「土井勝流」にするつもりだったが、
全くケロッと忘れていて、レシピ!レシピ!と思った時にはスデに豆は水戻ししてたのもあり、(だってもうしょうがないじゃん)
土屋敦さんの本「このレシピがすごい!)」で、奥園流を絶賛してあるのに興味がわき、
 それは、洗った豆と水(豆250gに水6カップ)を土鍋に入れて火にかけ、
 沸騰したら弱火にして5分たったら火を止めて3時間そのまま予熱調理。もう一度火にかけて、かため好みなら20分。柔らか好みなら40分〜1時間程煮る。
 豆はいつも顔を出さない水加減で。火を止めてから同量の砂糖のみを加えてそのまましみ込ませる。(塩、醤油無し)
 古釘は体に悪い成分が溶け出す恐れアリで使っちゃ駄目だって。自然の黒さでいいでしょって・・・
ふむふむ。
しかし私は長々と豆を好みの固さに煮るとこは端折って、
一晩水に漬けて戻した豆を活力なべで30秒(1分では柔らか過ぎ)加圧して、あっという間に炊いたヤツを使用。
熱々のままジプロックコンテナに入れて冷めてから冷蔵庫で保存。仕込み26日。
豆を煮詰めないので水っぽいイメージがあり、こんな簡単なんだから駄目で元々・・・と思っていたら、
それは驚きの仕上り!土屋さんの言う事は本当だった。(いや、豆の煮方違うから、それと違ってる可能性も高いけども・・・)
珠玉のレシピ認定♪
・・・今年も友人にいただいた自家製黒豆瓶詰は、す、すごい!上達しまくってる!
先ず豆がものすごく大粒。破れ豆の気配全く無し。去年よりもっとふっくら。
むしろぱつんぱつんで非の打ち所の無い艶やかさ。ビジュアル最高点間違い無し。
味は醤油もきかせた甘濃い江戸風。こんな濃くてもシワにはならないのね〜
(奥園流の残りを後日傷み防止の為加熱するついでに煮詰めたらすぐシワ来た〜〜)
土井勝法+手間のなせる技か?また今度製法について良く聞いてみようっと。


◆蒸しかまぼこ(焼津カネサ製)◯・・・去年のより良いが、どうも求めてる物とは違った。一本850円ってあかんの?
そう言えば、美味しかった思い出のかまぼこは地元産の結婚式の引き出物。
多分特注品だし、きっとあの頃は冷凍すり身なんか流通してなかったと思うから高級種の生原料使用だったかも。
かまぼこを調べてみた所、今時では生原料使用のかまぼこ自体珍しい上に高級品らしいので、
よく調べた上でそれ相応の覚悟でお買い求めしなくてはイケナイようである。
そうだったか。次はお札を握りしめて由比町あたりへ探しに行くぜっ!


◆錦卵(焼津カネサ製) ◎・・・かまぼこと同じ焼津のメーカー製。前回よりさらに練り物寄りの錦卵だったけど熱烈錦卵ファンから文句はでなかった。


c0114069_18111472.jpg
◆煮しめ ◯・・・エビ芋、金時人参、蓮根、ごぼう、干し椎茸、こんにゃく。   詰め方白ごはん.comさんパクる

結局あれから一回も練習する事も無く、またこの季節が来ちゃった。正直、煮しめの鍛錬度めちゃくちゃ低いじゃん。
なのに素材に合わせて一種類づつ加減して煮含めるとか、知った風に上級者っぽい事をしようとするのがそもそも間違いだったと気付く。
何事も、現実に見合う対応をするってとこが重要なのだ!
・・・実力に見合う最善策として、
活力なべのHPレシピ、材料全部一緒に鍋に入れて少量の濃い調味出汁で1分加圧方法を採用。
素材は崩れずにちゃんと芯まで良く煮えている上にお出汁がきいて前回より飛躍的な進歩をとげる。
ただ、一日の早朝に煮たので味含みに偏りが大きかった(汁に浸ってない方は蒸しただけ素材味)。
全体が汁に浸ってなくても、浸った一部分から全体に浸透して行くのか、一日経つとはまんべんなく染みて美味しかったので、
味染み期間をもうけて早めに煮れば問題クリアと見た。この鍋、このレシピはまっこと素晴らしい♡
すぐさま息子んち分の活力鍋も注文した。Mサイズ本当はわたしも欲しい。(鍋屋のまわしものではありません)

◆海老のうま煮 ◎・・・去年に引き続きアルゼンチン赤海老使用。だって近所で頭つきの海老はそれしかゲットできなかったから。
身が柔らかくて甘エビ的味わいだけど、そこらで買えてお安い上にビジュアルOKなんでまあ良しとするか。
今年は樺太昆布200g使用のスペシャル昆布出汁も加わってむっさウマウマのあわせ出汁で作った濃いつけ汁を染み込ませて味良く出来た♪
・・・使いたかった伊勢エビは暮れの買い出しで遭遇するかと思ったけどチャンスは一回も来なかった。前もってのネット注文必須だったのね・・・

c0114069_13395625.jpg
◆広東風焼豚白葱添え ◎◎・・・またもや一番人気!
 元日焼き立ての暖かいのを出すし、普段にも何十回も作ってるので、これだけは鍛錬度申し分無いないもんね。五香粉入り。




c0114069_13502283.jpg
◆お雑煮 ◎◎・・・今年は濃い昆布出汁入り。餅、白菜、金時人参、大根、里芋、青のり、おすまし仕立て。
実家からの餅は何故か明けて3日に届いた。母がこさえた丸餅3kg。今回も同級生のお父さんが作ったもち米使用だって。
うまい、うまい。ありがたや、ありがたや。
           


c0114069_13513248.jpg
◆まぐろ寿司 ◎・・・焼津で南マグロを買ってトロを刺身でいただいたら脂がキツいので残りを寿司にする事になった。
           超、久々に握ったら形ばらっばらになった。またYouTubeで復習しないといかん。


c0114069_13523376.jpg
◆角煮 ◎◎・・・これもまあ間違いの無い作りなれた一品。皮無し八角入り。肉無しのお雑煮と合う。



c0114069_14502211.jpg

◆ゆでズワイガニ ◎・・・とにかくなんらかのカニがあれば丸くおさまる。らくちんな魔法アイテム。



c0114069_14505213.jpg
 
◆2005シュトレン ◎◎・・・アーモンドを増やして、ふくらみをも押さえ、さらに宝物感を増してみたつもり。
私の恒例やっとおせちの支度も終ってからの一人コーヒータイム等、癒し菓子として成立するクオリティを目標に、
これは出来るかぎり贅沢に作るらねばならないのであ〜る。挽きたてスパイスが良い香り♪






・・・そしておせちオールスターズ外、初参加予定だった・・・
◆にしん昆布巻き ◯・・・味つけは良しとしても昆布多過ぎ。にしんとのバランスが悪い。
師走に1kg注文した立派な樺太昆布を200g使い、副産物として今まで遭遇した事の無い濃い濃い昆布出汁入手!
なんせ初めてで、30cmと言われれば30cm巻いて、太い昆布巻きだと思ったら、
元レシピ的には50gで良かったらしい。だったらcmで書くのは間違いだろうに〜(怒)
そしてその苦心した昆布巻きはをおせちに入れ忘れる・・・




c0114069_14475655.jpg
ぼう然自失する私、ショックから立ち直ってやっと昆布巻きを出したのは四日のこと。
でも来年の重箱詰めシュミレーションくらいには役立てたく一応重箱にも詰めてみた。木枯吹き抜けるさみしいボッチ詰め。(ボッチ=ひとりぼっち)
c0114069_14492522.jpg


さて来年はどうなるのかな?







今ごろのご挨拶になりますが、
皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします〜










[PR]

by tigerbutter | 2016-01-13 15:51 | 料理 | Comments(8)
2015年 11月 24日

ベーグル&鹹豆漿朝食

c0114069_14332872.jpg


ものすごく気に入った鹹豆漿はここんとこ10回は食べたと思う。
最近は、水につけた大豆50gほどに適当に水を足してミルサーでガーッと粉砕して、
サラシで絞り、ノンスティックフライパンで加熱した豆乳を使ってみたり、
ぜんぜん飽きない美味しさ。


干し海老類から充分出汁も出るので
スープの素はやめ。

たまたまそういう巡り合わせになり、
ベーグル添えにしたら、
ベーグルの表面のバリッと感やら、中身のほの甘さがものすごく合うこと発見!!




=鹹豆漿=

・熱くした豆乳・・・300cc
・桜エビか干しアミ・・・大さじ1山
・細くした葱類・・・大さじ1山
・黒酢・・・大さじ半分
・塩・・・小さじ1/6〜1/4
・油条とか花巻とかベーグル、
・仕上げ用香り辣油


エビから塩までを器に入れた中に熱々豆乳を注いで、香り辣油タラッ。




酢の作用で固まってフルフルした豆乳と具材が絡まった熱々のスープを
なにかしら粉ものと一緒にいただくと大変充実した朝ごはんになる。





=プレーンベーグル=
・強力粉・・・450g
・塩・・・8g
・砂糖・・・大さじ1・5
・ドライイースト・・・小さじ1
・人肌湯・・・250g
・茹で用砂糖大さじ2

湯までをよく捏ねる。
30分ほど休ませてちょっと膨らんで、菌が全体にまわってる感じになったら6分割して細長に伸ばし、三つ折りしてからもう半分にたたんでとじめをとめてころころころごし、片側だけつぶしてくるっとまるめて端っこを包み込んで止める。
30分ほど置いて少しふくらんだら、
フライパンで水を沸かして砂糖を加えた湯で、片面30秒づつくらい茹でて、ザルで水切りし、
200度のオーブンで15〜18分ほど焼く。









[PR]

by tigerbutter | 2015-11-24 12:54 | 粉もの | Comments(4)
2015年 11月 06日

田楽味噌(八丁味噌)

c0114069_13353732.jpg




だいぶ前の事、岡崎市のまるや八丁味噌さんに味噌を買いに行き、ついでに蔵見学もして来た。
八丁味噌の歴史、文化の継承、巧みの技、味噌の栄養価解説、
信じられないくらい古い木桶が現役で使われてるとか、
なんか色々すばらしくって、とにかくひれ伏した。

そう言えば別からの豆知識では、
出世した戦国武将は豆味噌圏の出身者が圧倒的に多いとかなんとかも聞いたような・・・



  八丁味噌ばんざい!



味噌蔵の休憩所では、
ちょうどオカザえもん(ゆるキャラ)が味噌アイスクリームを片手に雑誌の撮影中だった。

初めてリアルで見た真っ白なオカザえもんは・・・
でも、なんか手のとこがだいぶ汚れていたのが私的には不本意だった。
(携帯とかいじってたし、白は汚れるさね・・・)

そしてひょろ高く頭だけでっぱったオカザえもんの背中はあまりにも無防備で、
「襲ってくれ」といわんばかりに、スキだらけ。

私は走って勢いをつけて体当たりしたい衝動にかられたが、
一応大人なのでグッと我慢した。(傷害罪セーフ)
この上は・・・
あの茶色いアイスを白いお腹の上にでも落とせばいいのに。
との、私の黒い願いもむなしく特に何も起こらなかった・・・


  オカザえもん大好き!



c0114069_1335586.jpg


味噌のことはケロッと忘れてしまいっぱなしだったところ、
ついでがあったのでやっと今ごろ出して来て、
先日食べた朴葉焼きの豆味噌だれがおいしかったので、
うち恒例のエンドレスおでんの味噌だれに使ってみた。


箱についてた田楽味噌のレシピ通りに作ったら、
あの時の朴葉焼きのタレをガーッとぶっちぎって、思いがけず、
「ああ〜この他には無い渋みがたまらんな♡」
珠玉の味噌だれになった。





他の八丁味噌で同じに作って比較してないので、
まるや八丁味噌さんの味噌が別格にすばらしいせいなのか、
レシピの比率がすばらしいのかは未確認だけど、
このすばらしいレシピは忘れないように記録しておく。



=田楽味噌=    ( 500cc瓶ちょうど1本分)  まるや八丁味噌レシピより

・まるや八丁味噌・・・200g
・白みそ・・・40g
     (又は赤出し味噌240g)
・砂糖・・・160g
・みりん・・・小さじ2
・酒・・・小さじ2

材料を良く混ぜ合わせ中火で10分程焦がさないように気を付けて練り上げる。

*おでん・カツ味噌として、またマヨネーズと4:1で混ぜれば味噌マヨネーズと、さまざまに活用できます。







こんにゃくおでん、味噌だれのトッピング比べ。
私の判定では胡麻とクルミでは圧倒的に胡麻の勝利。
そんな大差がつくのはちょっと意外だった。
クルミは豆味噌と苦みがダブルになってバランスが悪い。
[PR]

by tigerbutter | 2015-11-06 16:50 | 保存食・常備菜 | Comments(2)
2013年 05月 17日

マッコリのお供*枝豆の釜炒り&チーズ烏賊チジミ、他 oishii

c0114069_22343565.jpg

久々にダンチュウ購入。
「日本一のレシピ」


コレにのってたレシピの「枝豆の釜炒り」はすごいっす!!

塩蒸し焼きにした枝豆は所々香ばしく、豆味濃厚。
日本一ってのは単なるうたい文句じゃないことを実感。



この夏、うちがいったいどんだけの枝豆を消費するかと思うとおそろしいわ。






枝豆の釜炒り
レシピ

枝豆の枝についてる方をはさみで切り落とす。
洗って水切りし、塩で揉む。
塩が付いたまま鉄鍋(スキレット)に入れて蓋をし強めの火加減で蒸し焼きにする。
割れてきたら出来上がり、好みでさらに塩を足す。


・・・例によってうろ覚えだった為、間違ってさやの両方を切り落としたのもあるが片側だけで良かったらしい。
面倒だがこうする事で湯気の逃げ道が出来てさやの中で均一に火が通るらしい。










永久保存版のお宝レシピに認定!!




c0114069_22345421.jpg

チーズ烏賊チジミ
レシピ
小麦粉 水 塩 細葱 烏賊 チーズ 胡麻油

つみれにする勢いで烏賊多め。 
パリッと薄焼きにする。



トマトナムル
レシピ
濃い味のトマトを薄切りにしてちらっとごま油をかけ、お塩ぱらっ。

・・・オリーブオイルでおなじみのイタリアントマトサラダを胡麻油に換えて「ナムル」と呼んだだけ・・・






マッコリと簡単肴、ものすご〜〜〜く楽しい。










楽してうまいもんにありつけたら言う事ないね!

・・・はい!「ポチ」よろしく〜     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-05-17 23:01 | | Comments(3)
2013年 02月 06日

珠玉の鶏ハム的薄切り肉&サンドイッチ

c0114069_235844100.jpg

縮めて・・・
鶏ハム

まあ、確かに製法はハムとは違うよ。(豚のもしかり)
ええ、それは認めます。
ただね、用途は極めてハム的であるという意味で、
私は・・・私は鶏ハムって呼ぶから〜!!

(すでに糾弾されたかのように疑心暗鬼。ぷぷぷ)





塩こしょうしてほどよく焼いた鶏胸肉をスライスしてストックしておくと、
やけに使い出がある〜♪





その鍵になる、珠玉の焼き方はしつこく言うけどsobuさん法(ごめん、勝手に名付けた)



            その時の、発見!感動!秘話はコチラ





つまりは今回の場合は、
鶏胸肉に塩こしょうして皮目を5分焼いて、ひっくり返して塩こしょうして1分焼いて、
日本酒とかワインをジャッとかけて蓋して火を止め10分放置。

「上級者」は鶏肉の大きさで多少の時間の加減をするとイイと思う。

・・・その加減に失敗した場合は、
己の力量を思い知れ!ってことで・・・人生はとってもキビシイ。

(あれから何度もやってんのに、力量不足により失敗する事、数度・・・)





c0114069_23574331.jpg

ハムはすかさずサンドイッチ!

[材料] 食パン、鶏ハム、*福立菜の塩ゆで、トマト、マヨネーズ、和芥子

    
    *福立菜は菜の花っぽい、多分、新品種の野菜?






無添加ヘルシー!

手間無し!

安いっ!







執拗にオススメ!!!
(自己責任でね〜)











真夜中に更新するとテンション上がるわあ・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村








それ、次の朝見たら恥ずかしいパターンやな。
[PR]

by tigerbutter | 2013-02-06 01:09 | 保存食・常備菜 | Comments(4)
2013年 01月 29日

最近のおかず*トゥブキムチ他

c0114069_2257112.jpg

アーモンドツナ白菜サラダ
レシピ
ザルに干しておいた六つ割白菜がまだあまりしなしなにならない頃に、
刻んで、ツナ小1缶と塩とスダチの絞り汁で和えて、
ローストして刻んだアーモンドをたっぷりかける。






思いつきの割に、白菜とカリカリアーモンドの甘みが絶妙な一品。
これ気に入った。








c0114069_2303713.jpg

しぞーか(静岡)おでん
本当は濃い口醤油う〜な真っ黒い汁で煮るんだと思うけど、
いつも通りのうちの薄口醤油仕立てではあるが、
(わ!黒はんぺんも入ってないし・・・)
削り粉と青のりの混じったしぞーかおでんの専用粉をかけてあるから、(そーゆーの売ってる)
それはもう「しぞーかおでん」と名のります。
(はあ?)



粉がかかると不思議に美味しさアップ!






・・・地元ホテルの朝食バイキングにて、
よその親子が「このあたりはおでんにきな粉かけるんだ!」
って驚いてたのを小耳に挟んだけど、
見ず知らずの者がズイズイ割り込んで口はさむのもどうかと思い・・・スルーしちゃった。
帰って土産話になってしまったかもしれないのに。

ごめんね!似てたけど、それは削り粉だったのよ〜〜!!!
(彼らに届け〜!)








c0114069_2259272.jpg

鶏蕪塩麹炒め
レシピ
胡麻油で鶏ひき肉100g程を炒めて、
色がかわったら、良く洗って刻んだ一束分の蕪の葉っぱを加え、
油をなじませたら塩麹大さじ1〜2くらいで味つけしていい具合に炒める。




とくにやる気なかった思いつきだったけど、
意外にちゃんとした感じのおかずになってびっくりした。

結構人気。これはリピート決定。








c0114069_22582792.jpg

ゆでアスパラ菜


農協市で買ったのを、置いといたら花が咲いてきたので慌ててゆでた。

マヨ醤油でうまうま。

茎がほんとにアスパラの食感に似てるのよね〜
うまいこと名付けたもんだな〜











c0114069_22574455.jpg

トゥブキムチ
レシピ
豚キムチに温めた豆腐を添える。




すると、そういう名前の韓国料理になるらしい。




これまで豚キムチに豆腐を加えて炒めたりしてボリュームを出したりした事もあったが、
見た目もぐじゃぐじゃしやすいし、わざわざ硬い豆腐にするのが一手間だった。

それを濃い味なままの豚キムチと淡白ふわふわな豆腐を並べただけの赤白のコンビネーション。
こんなお料理あったんだ!ってちょっと感動した。


・・・やたら濃い味にできてしまってなかなかはけない、
今のうちのキムチ事情にもぴったり!


気に入った。これは私一生もののレシピとするわ。










c0114069_22564013.jpg

甘辛牛こんにゃく
レシピ
細切れ牛肉をさらに刻んで、
ゆでこぼして食べやすく切った大袋の糸こんにゃくとすき焼き味に甘辛く煮て水分を飛ばす。
炒りごまとピンクペッパーぱらっ。


・・・ピンクペッパー余計だった・・・妙にあほっぽくて恥ずかしい・・・


でも、すき焼き味はとにかく人気。
若者はもりもりごはん進んでた。
(若者でもない人も・・・)














たまった画像がなかなかはけない・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-01-29 00:18 | 料理 | Comments(2)
2012年 09月 05日

しっとり胸肉のハニーマスタードソース

レシピはこちら♪鶏ハムよりジューシー
c0114069_13552071.jpg

本当だ!

この焼き方、めっちゃジューシー!!

知ってる範囲の焼き方の中ではダントツにしっとり!
微妙に加熱されたレア部分が多いのがうれし〜♪






ハニーマスタードソースも特に息子に大ウケ!









・・・ただ、

三つしか使わないソースの材料をもう間違えていた事実に、
後で気づいて結構ショック。

具体的にはマヨネーズ入れてない。
本当はもっとこってりしてたんだろうになあ。
作る直前に確認したはずなのに何故???

なんかもう怖いくらい記憶装置ぽんこつ。



ヤバいわ〜
ヤバいわ〜




・・・って思ったことも、
そのうち忘れてしまうのかな・・・

c0114069_13572510.jpg



そしてこのすんばらしいレア加減に味をしめて、
さあ!横着したい作り置き!!

おんなじ焼き方で焼いた胸肉をビニール袋でみりん醤油につけ込んで、
しっとり鶏胸肉チャーシューと、
そのまま焼き汁とビニール袋でなじませ塩ハムにもした。




どちちらも馬鹿ウマ!





c0114069_1533568.jpg

しっとり鶏ハムバジル
[作り方]
上記の塩ハムを薄切りにして焼き汁をかけバジルをむしってのせただけ。





それからサンドイッチにもはさんで〜





鶏胸2キロ入り袋(6枚入りだった)はあっというまに使い切った。










よろしクリ〜ック!     
     



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



[PR]

by tigerbutter | 2012-09-05 15:52 | 料理 | Comments(8)
2012年 06月 29日

あぶら味噌(埼玉)

c0114069_11493425.jpg

先日、はなまるカフェで紹介されてたお料理。
埼玉県吉見町の郷土食「あぶら味噌」。




油味噌って沖縄の豚味噌?
ってイメージしたけどだいぶ違った。
鍋しぎの豚肉入り、いろいろ野菜使用バージョンって感じ。




冷めても美味しい作り置き推奨おかずってところにシビレた。




だってうちはこのごろ夕飯の時間がバラバラで、
手間いらずの野菜たっぷり系メニューと出会えて本当にうれしい!





=ある日のあぶら味噌=  覚書レシピ

豚肩ロース
にんじん
玉ねぎ
ズッキーニ
大根
しめじ
生姜
米味噌  
砂糖   
だしの素

コショウ

生姜は千切り、後はすべて食べやすい大きさに切る。

豚肉を炒めて、さらに野菜を加えて炒め、塩こしょうだしの素を加える。

フライパンを火からおろし鍋の端を空けて、味噌と砂糖をくるくる混ぜ、
また火にかけて全体にからめる。

元レシピ=味噌と砂糖は体積で3:2





はなまるレシピ





すごく気に入って、すぐさまうちの常備菜の仲間入り。
今、冷蔵庫に入ってるのは肩ロースと玉ねぎとズッキーニとモロッコインゲンのあぶら味噌♪





よろしクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-06-29 13:14 | 保存食・常備菜 | Comments(10)
2011年 10月 30日

茄子トマトのバター醤油

c0114069_18251589.jpg

この夏私がまたはまり食いしたメニュー。

参考レシピはこちら

なすとトマトだけどイタリアンじゃなくて、和風常備菜。
冷やしたのを熱々ご飯にのせて食べるよう推奨してるあたりにびびびときた。
土屋さんナイスセ〜ンス!!!
とにかくものすごく気に入ってる。8回?いや10回くらい作ったかも。


ただ、私はとってもトマト好き。
あればあっただけ生食しちゃうので、イタリアン納豆ごはん
なかなかちょうど良くなすとトマトの二つはそろわないのでずっとトマト缶使用。



例によってうろ覚えをつみ重ねたレシピは、
いつの間にか名前まで変わってるようだけど、
味付けがどうだったのかを名前だけで判断出来るって、記憶力末期の人には便利。
にんにくと胡椒も入れたい所はぐっと我慢して押しとどめている。




=なすトマトのバター醤油= 6人分くらい? 覚え書き

大きいなす   4個
ホールトマト缶 1缶
ししとう    6個(そこにあったから、、、)
バター     大さじ2強
砂糖      小さじ1
醤油      適宜
塩(なすの水だし用) 


なすを5mm厚さくらいの輪切りにして、
軽く塩をまぶして水が出るまでしばらく置いて、
水であらってあくをとり、水気を切っておく。

フライパンにバターを溶かしてなすを加え、
美味しそうな色になるまでじっくり炒める。
トマトと醤油砂糖を加えて、水分が跳ぶまで炒め煮する。



トマト缶は良く煮込まないと酸っぱいので緩和のために砂糖入り。
完熟の甘いトマトならいらないと思う。

今回なすが大きくてたくさん入ってるので、いつもよりトマト缶の割合が減ってる。
バターなすが際立って、こっちの方が良いと息子。

塩をして水だししたなすは、
少量のバターでも短時間で甘くこっくり炒め上がるところがすごくいいと思うの。
そこにトマトの甘酸っぱさが加わり、
和風醤油味もプラス、
まさにごはんにぴったりこ!





なすと買い置きトマト缶で野菜のボリュームおかず
さらに作り置きもきいちゃうのよ!
秋なすの美味しいうちに作りたい方
はいクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2011-10-30 19:30 | 保存食・常備菜 | Comments(2)