知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ

タグ:焼き菓子 ( 53 ) タグの人気記事


2017年 03月 24日

レモンメレンゲパイ





c0114069_20155030.jpeg

これも、食べたい!食べたい!と思いながら、年に1回も実現しないお題のひとつ。
パイ皮、クリーム、メレンゲの三層にとりかかるのが、私のような者にはあまりにもおっくうで・・・
しかし、いざ作るとそう面倒でもない。

そしてバターの風味がきいたパイ皮と、
酸っぱいレモンクリームに甘いメレンゲは三位一体となり、家族も大絶賛!!

とてもやり甲斐を感じる春色のお菓子。

これは行事等にからめて、
やらざるをえない状況をつくると良いのかもしれん。



c0114069_20163343.jpeg


レモンメレンゲパイ
25cmパイ皿1台分

◎パイ皮
薄力粉 160g
無塩バター 100g
塩 小さじ1/4
砂糖 大さじ1
冷水 大さじ3〜4
◎レモンクリーム
水 300cc
片栗粉 50g
砂糖 100g
M玉卵黄 3個分
国産レモン果汁1個分(中35cc〜特大70cc)
そのレモン皮おろしたの1個分
◎メレンゲ
M玉卵白 3個分
砂糖 100g



①小麦粉、よく冷やした無塩バター、砂糖、塩、パイブレンダーで切り込んでいく。バターが米粒大になったら、冷水を加えてさっと混ぜてボールの中で二つ折りして押しつぶしを3〜5回ほど繰り返すしまとめる。
丸く厚さ2センチぐらいに型作り、ラップして、一時間以上寝かせる。
(できたら一晩)

②生地をラップで挟んで、25センチのパイ皿より一回り大きく伸ばし、余裕を持たせながら敷き込み、余分をナイフでカットする。型ごとラップして冷蔵庫で30分以上休ませる。

③内側にオーブンペーパーを敷き、パイ用重しか、豆を入れてふくらみ止めをして、予熱しておいた200度のオーブンで約10分、ペーパーと重石を取って、170°Cで約10分程、カラッときつね色になるまで焼く。


④水、砂糖、コーンスターチをなべに入れて混ぜながら、透き通るまで加熱する。熱いうちに素早くバターと卵黄を良く混ぜる。次に、レモン汁とレモン皮のすりおろしも加える。


⑤卵白に砂糖を3回ぐらいに分け入れて角が立つまで泡立てる。

⑥パイ皮にレモンクリームを詰めて、卵白をこんもり盛り上げて170°Cでこんがりするまで13分程焼く。












[PR]

by tigerbutter | 2017-03-24 19:13
2016年 11月 29日

ミニアップルパイ

c0114069_22282683.jpg

スデに季節が一つ前の事だけど・・・

秋、林檎が出始めると、
バター生地の紅玉ギッシリなアップルパイが食べたくてたまらんよね。






=ミニアップルパイレシピ=
8個
◆パイ生地19cm角4枚分レシピ
youtubeパイ生地動画
ベラミーズの冷凍パイ生地144層を多少意識して、
折りたたみ回数控えめ…3つ折り×5にしてみた。243層。
2枚使用。
各4等分して、正方形8枚に切る。


◆りんごは紅玉4個をシン抜きで抜いて皮むいて半分に切ったのを砂糖でマリネしてから薄切りにして、
バターとレーズンを足して焼く、


◆カスタードクリーム
卵黄4個分
砂糖65g
片栗粉大さじ1
小麦粉大さじ1
牛乳200cc
ダマにならないよう作って冷まし、半分〜2/3使う。

c0114069_22282715.jpg


パイ生地に、カスタードクリーム大さじ2くらいとリンゴ半個分をのせ、パイ生地を寄せて包み込み、
アルミホイルで作った3センチ幅のリボンの端をキュッとねじって囲む。
(焼いた時にパイ生地が広がらないように)

200度ー20分程焼く。
途中10分程で、リボンを外して周りもこんがりさせる。






パイ生地は油脂少なめのサッパリ系。さすがのバター100%生地は風味がたまらん。
卵黄たっぷりカスタード。
程よい酸味がパイとベストマッチの紅玉ギッシリ。

思ったより、はるかにちゃんとしたものが出来てしまって驚いた!

かなり好み。
リピ決定!!
このレシピは記録しておかねばねば。


味見の残りは冷凍して大事に食べようと思ったら、
娘に根こそぎ持って行かれてしまった〜

ウヒョー!









[PR]

by tigerbutter | 2016-11-29 12:42 | あまいもの
2016年 10月 22日

スイートポテトエクスプレス

c0114069_18225778.jpg

また少し肌寒いスイートポテトな季節がやってきた。

焼きいもにしても抜群に美味しい紅はるかを使って、
今スグ!スイートポテトを所望。




◆スイートポテトエキスプレス 22個分

紅はるか 大1個(正味600g)
砂糖 140g
生クリーム 80g
塩 ひとつまみ
卵黄 90g

サツマイモの皮をむいて3センチ幅くらいに切って水にさらす。
蒸すか電子レンジで柔らかく加熱する。
フードプロセッサーに全部入れて混ぜ合わせる。
35ccディッシャーですくって天板にならべる。
オーブン200°Cー14分ほど焼く。



スイートポテトはスグ食べたいので、いつだってさほど手間をかけない方式で作ってるが、
16ccディッシャーで分量を決めて小さいお灸型にこんもりと手で丸めるよりは、
35ccディッシャーのすくい落としっぱなしは断然早い。
どちらにしてもディッシャーは便利お道具の筆頭だと思う。


今回の配合は、たくさんあったので卵黄はいつもよりだいぶ多め。
たまたま持ってたおいしい生クリーム使用で油脂量はいつも通りの少なめ。
気分で甘め。ラム酒入れ忘れ!




冷めたらスグ食べない分はすみやかに冷凍する。
c0114069_18225837.jpg

たまたまこんな風に保存容器にピッタリ入った。かなり気持ちいい。







[PR]

by tigerbutter | 2016-10-22 17:56 | あまいもの
2016年 10月 16日

ザクザクメイプルクッキー

c0114069_18571410.jpg


ザクザクメイプルクッキー
24個
粗挽き高知県産全粒粉60g
うるち米粉60g
砕いたローストアーモンド30g
無塩バター30g
塩ひとつまみ
メイプルシロップ40g
上白糖10g

塩までの材料をボールに入れて、
バターがなじむまで揉み込む。
メイプルシロップと上白糖を加えてまとめる。
ビニール袋に入れて伸ばし、冷蔵庫で冷やす。
4×6個に切り分けて天板に並べ竹串でつつく。

150℃ー20分ほど焼く

マクロビオティック系ババグーリのお菓子レシピアレンジ。
それは菜種油よりバターの菓子が好きだから。
べつに普段から大量に食べるわけでもないので、
わざわざ作るなら断然バター派。バターのクッキーは美味しいよなぁ。








[PR]

by tigerbutter | 2016-10-16 18:30 | あまいもの
2015年 02月 15日

ジャム&チョコ絞り出しクッキー

c0114069_2115839.jpg

こちらもプレゼント分。

ネットで見つけた、くっきりエッジのきいた絞り出しのジャムクッキーに、
「ビビビッ!」とキタけど、(もしやこの言い回し・・・古い?)
絞り出しクッキーなら息子はバターたっぷりの薔薇のクッキーがことのほかお気に入りだった事を思い出した。
(息子メイン?)
薔薇クッキーはバターが多い分ダレやすく、そんなに綺麗にエッジは出ない。


プレゼントだからこそ!
ビジュアル重視って気持ちと、
プレゼントだからこそ!
できるだけリッチにして技の無さをカバーしたい気持ちがせめぎ合う。


とりあえずは、私の好き好き息子が好む、リッチタイプにしてみた。
(・・・こんなん言ってんのバレたら、「キモッ!」とか言われる〜うひょひょ〜)






ところが〜〜〜
こっちは簡単な計算ミスで水量を少なくしてしまい、
(またかよ!・・・まさかの水足りず製作が2度も続くなんて!!)
やたら固い生地になり絞り出しに四苦八苦。
ビジュアル的に悪化してしまった。




・・・まあ、いっか!




濃いうま♪







=ジャム&チョコクッキー=   36個分
・無塩発酵バター・・・135g
・粉糖・・・75g(55gでも副材料もあるせいか問題無し)
・塩・・・ひとつまみ
・バニラオイル・・・適宜
・水・・・22g(15gだと上手く絞れない)
・薄力粉・・・180g

ジャムタイプ/糖度80%で毎年アホほど作る自家製あんずジャム
チョコタイプ/ミルクチョコ、カシューナッツ
ホワイトチョコタイプ/ホワイトチョコ、乾燥ラズベリー

バターを柔らかくして粉糖、塩を入れてふわっとなるまですり混ぜる。
バニラオイルと、水も加えてよ〜く混ぜる。
ふるった薄力粉を加え、必要最小限に混ぜる。
星形の口金(6切#8)をつけた絞り出汁袋に生地を入れ絞り出す。
真ん中に入れるタイプは細いめん棒(直系2.2cm)の先に粉糖をまぶして真ん中にくぼみをつける。
170℃−8分ほど焼いて、くぼみタイプの生地がふくれて上がっていたらめん棒の先で押さえ、
ジャムタイプはジャムを入れ、160℃−8分ほど、各タイプ様子を見ながら加減して焼く。
よく冷まして、
チョコタイプは湯煎で溶かしたチョコをスプーンで穴に入れてカシューナッツぱらっ。
ホワイトチョコタイプは溶かしたチョコにひたして表面にくっつけて乾燥ラズベリーぱらっ。
よく乾いてからラッピングする。
[PR]

by tigerbutter | 2015-02-15 01:04 | あまいもの
2015年 02月 13日

甘夏チーズマーブルブラウニー

c0114069_2148182.jpg


明日はバレンタイン。
さて、今年もブラウニー。このお手軽さには味をしめた〜
チョコの半分をミルクチョコに代え、ラム酒と苦みの甘夏ピール入り、前回よりちょい甘み控えめにしてみた。
そんでもってチーズマーブル!ここは外せない。
前回分は一個が食べごたえアリ過ぎに思えたので2/3に小さくしてみた。



すんごいおいしー!
・・・私がつまんでるのは端っこだけど、前回のよりだいぶ好き!!
甘夏ピールとチョコはなんでこんなに合うのか?






c0114069_21483753.jpg
c0114069_21485737.jpg



=甘夏チーズマーブルブラウニー=
   21cm角型1台分(4×6=24個分)

①薄力粉・・・60g
①ココア・・・20g
①ブラックココア・・・5g
②クーベルチュールスイートチョコレート・・・75g
②ミルクチョコレート・・・75g
②無塩発酵バター・・・75g
③上白糖・・・90g
③卵Lサイズ・・・2個
③ラム酒・・・20g
甘夏ピール・・120g(100g+飾り用20g)
④クリームチーズ・・・130g
④上白糖・・・40g
④牛乳・・・13g(入れ忘れると、マーブルが不細工になる事ウケアイ)

1、①を合わせてふるう。
2、②をチンして溶かす。
3、2に③を加えて良く混ぜる。①も加えてむらなく混ぜ、甘夏ピールのみじん切りも加える。
4、クリームチーズをチンして柔らかくし、残りの④を加えてなめらかに良く混ぜる。
5、オーブンペーパーをしいた型にチョコレート生地を流し入れて平らに整え、
  チーズ生地を所々において飾り用甘夏ピールをちらし、箸でぐるぐるっとマーブル模様にする。
6、予熱したガスオーブン、170℃ー13分+160℃ー10分焼く。
7、良く冷ましてから、端を切り落とし24分割する。



それが・・
お急ぎ分、ゆうパック配送締め切り時間に気をとられ、
まさかの牛乳入れ忘れ・・・
「チーズ生地固いけど、それは寒いから?もっと温めた方が良かったんだっけ?」
とか思いながら確認しなかった〜

チョコ生地がラム酒で弛んでる分、チーズ生地はちょうど良く沈んだので、
牛乳さえ入れてたらいい感じに出来たに違いないのに、
全くもって残念無念〜


焼きたてを小さく切るのは無理なんで、4分割でラッピングして、
私はコートを着る間も惜しんで車に乗り込み、
いつもながら時間配分のマジシャンかと思うぎりぎり加減で間にあった。セ〜フ。
(・・・いや、普通にアウトも多い。一か八かってことか・・・)
[PR]

by tigerbutter | 2015-02-13 22:02 | あまいもの
2015年 01月 30日

チョコつきクッキー(軽いタイプ)

c0114069_14215612.jpg

珍しく、ベーキングパウダー多めの軽いプレーンなクッキーを食べたい気分になり、
砂古玉緒さんのレシピちょいアレンジで作ってみたら、思ったよりも軽過ぎになり・・・
こんなたくさん・・・さて困ったなあ・・・



で、持ってた板チョコを溶かしてくっつける事にした。

割ったチョコを湯煎してスプーンでぬりぬり。
ローストアーモンドパラッ。
ありがた〜いチョコ菓子が出来た。

チョコの付いたクッキーは大好きだけど、
クッキーを焼いた上に、二度手間にチョコをかけるなんて、そんな面倒な事はとんでもないと思ってた。
しかし、やってみたらばべつに恐れる程の手間でもな〜んでもなかった。

案ずるより産むが易しきよし、メガネメガネ・・・





ゆる〜いチョコクッキー記録。

=チョコつきクッキー=   45個
・バター・・・80g
・粉砂糖・・・80g
・卵・・・70g
・牛乳・・・大さじ1
・塩・・・ひとつまみ
・バニラオイル・・・少々
・薄力粉・・・200g
・ベーキングパウダー・・・小さじ1

・ガーナ板チョコ・・・2枚くらい(これはブラックとミルク)
・ローストアーモンドダイス・・・適宜

柔らかくしたバタースタートの絞り出しクッキー生地を作る。
天板に好きに絞り出す。
170℃ー13分くらい良い焼き色が付くまで焼く。取り出して冷ます。
溶かしたチョコレートをスプーンで塗り、ナッツパラっ。


・・・近年、板チョコの目方がドンドン減って行くのはいかがなものかと思う。
薄くて湯煎しやすいし、ダイエットには好都合だけども、
でもレシピがズレるじゃ〜〜ん!
(コチラぜんぜん厳密レシピじゃございませんけども)


c0114069_19421061.jpg

べつに悪くは無いプレーン。
ムーンライトビスケット風でいて、もっとあっさりしてる。
[PR]

by tigerbutter | 2015-01-30 14:42 | あまいもの
2014年 02月 20日

2014クランベリーチーズマーブルブラウニー

c0114069_1223568.jpg


・・・なんか、名前が長い!バレンタインの覚書レシピ。


◆クランベリーチーズマーブルブラウニー
   21cm角型1台分(4×4=16個分)

①薄力粉・・・60g
①ココア・・・20g
①ブラックココア・・・5g
②クーベルチュールスイートチョコレート・・・150g
②無塩バター・・・75g
③きび砂糖・・・120g
③卵Lサイズ・・・2個
ドライクランベリー・・40g
④クリームチーズ・・・130g
④上白糖・・・30g
④牛乳・・・13g

1、①を合わせてふるう。
2、②をチンして溶かす。
2に③を加えて良く混ぜる。①も加えてむらなく混ぜ、ドライクランベリーを加える。
4、クリームチーズをチンして柔らかくし、残りの④を加えてなめらかに良く混ぜる。
5、オーブンペーパーをしいた型にチョコレート生地を流し入れて平らに整え、
  チーズ生地を所々において箸でぐるぐるっとマーブル模様にする。
6、予熱したガスオーブン、170℃ー18分+160℃ー5分焼く。
7、良く冷ましてから、端を切り落とし、さらに16分割する。



c0114069_2341874.jpg
c0114069_234402.jpg
c0114069_2335643.jpg



今年のバレンタインはね、トリュフのね、ケースを前もって用意するのも面倒だったって言うか・・・
あ〜ものぐさ度がドンドン上がっていく〜

ブラウニー製作は今回で人生3回目くらいのチャレンジではないかと思う。
(お初に近いようなもんを、人様に差し上げたら駄目じゃん?・・・)

・・・あ、そう言えば私、
アメリカンブラウニーのレシピ本持ってた。
なんせ250種ものってて、写真が少ないのでなかなかイメージがわかず、
オンスをグラムに換算したりするのが面倒で、考察はやけに長かった上に、
結局いまいちな物が出来上がってしまってから、すっかり興味を失ってた・・・


c0114069_9533581.jpg



今回のはとくにアメリカンは意識せずに、あの本も見てない。(持ってる事すら忘れてた・・・)
ネットで探したレシピをいくつか複合して、手持ちの材料と相談してアレンジしてみた。
塩も入れないでみたら、フツーに「濃いうま」仕上がり。
これは濃い珈琲と合わせて、ちびちびいただくのが吉かと。

だいぶ甘い気もするけどチョコ好き娘にかなり大絶賛される。
チーズのミルキー感と、たまに出てくるクランベリーの酸味で、ありがたみ3倍増とのこと。


・・・また、そう言えば私、
マーブル模様がとても好きだってことを思い出した。
まだ実家にいた頃、マーブルバターケーキとマーブルクッキーはもう嫌という程に焼いた。
近年はマーブルシフォンケーキにかなりはまった。
マーブリングキットでマーブル模様の紙を染めるのもだいぶ楽しい。
感じの良いマーブル模様をめざすってのは非常にやりがいある作業なのだ。

c0114069_1213868.jpg



ブラウニーは材料さえそろえておけば手順は超簡単。
それでいて濃いー濃いーチョコ菓子がどっさり出来上がる喜び♪

これは確実にリピ決定〜・・・って、
私、端っこしか味見してないから、ちゃんと1個は食べたいわけよ!







いや〜、チョコレートって、ほんっとにいいもんですね!
良かったらポチしてね♪     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2014-02-20 00:49 | あまいもの
2014年 01月 03日

2014おせち料理

c0114069_21464732.jpg

c0114069_2147462.jpg

c0114069_22132948.jpg

皆様あけましておめでとうござります。
本年もドゾよろしくお願いいたします〜



さて、今年もほとんどやっつけ仕事のおせち料理をさらしてみる。

やっと休みに入った30日31日にお出かけしたら、
お家仕事がもっと見事にな〜んも進まなかった。
(なんと、年賀状とか、コンロ回り掃除が元旦に・・・)

・・・と、思いながら、
すっかり忘れてた去年の記事を見てみたら、
今年はあれよりはすごくマシになってて驚いた!
覚えてなくても、反省はちゃんと無意識の中に生きている???



元日、朝8時起床。
寒くて身体固まって動かず、カフェオレ飲みながらだらだらやって2時間半仕上げ。


去年の反省後に見つけて感動した記憶の中の「白ごはん.com」さんのおせち参考。








 

    〜 2014おせち料理の記録と反省〜           




◆人参と蓮根煮しめ      
せめて冷めるまでの味含ませ時間はほしかった。
熱々で詰めると蓮根の切り口がかなり痩せる事が分かった。  おまけに色が悪い。
でも雑煮と同じお出汁で煮たのでお味はグッド。普段と違った御馳走味に出来てびっくり。◎

◆蒟蒻            
切り込みを入れて切り分け、茹でこぼして、胡麻油で炒めて醤油を煎り付けた。
いままでやってた手綱を出汁でで煮るより味しみが良いし、簡単。◎

◆かずのこ       
これはちゃんと二日塩抜きしてかつおぶしたっぷりの調味液漬けにしておいた。◯

◆柚子なます   
塩揉みしたにんじんと大根を絞った柚子酢と蜂蜜で仕上げ。
最近お気に入りの干し柿も入れてみた。クコはよけいだった。◎

◆海老甘露煮
初めて海老に着目。さっと煮ただけなのに、簡単で見栄えよく美味しく出来てびっくり。◎

◇ハム             
大晦日に買ったおいしいハム。◎

◇かまぼこ       
ヤマサ製。◯

◇錦卵             
市販品。材料が単純で手作り品と大差ない。◯

◇黒豆と栗       
頂き物の市販品瓶詰め。美味しく出来てるけど、 この品目の自家製好きの私にはちょっと不本意。
直前が無理なら、前もって自作の瓶詰めにしとけばよかった事に気付く。
お正月の為に手間をかけとく感じとか超好み。◯


◆角煮            
皮付き豚バラ肉八角風味。お酒だーだー使いで2.2kgを28日から仕込んでおいた。
むっちゃ、こらーげ〜〜〜ん♪な一品。タレの染み込んだゆで卵も肴にグッド。
これは非常に合理的なので、今後定番化の予感!◎◎

◆雑煮             
・実家製丸餅
・水菜
・人参
・大根
・かまぼこ
・冷凍自家製塩いくら
・柚子皮
・汁
  羅臼昆布
  鰹節
  醤油
  味醂
  塩

当日一気に仕上げ。                      
羅臼昆布の水だし(昆布だしは前もって準備)を使ったせいもあるのか、
香りといい、コクといい今までとひと味違う。多分、過去最高の出来。◎◎◎

         *  ◆自家製  ◇市販品


まあ、あまり頑張れなかった割には、おおむね満足。
次は長期保存できる準備をしっかりしよう。





今年の私の目標・・・背伸びせずに等身大で無駄を省いて動く事!

能力以上にキチンとしようと気だけアセっても、
結局なんの役にも立ってないことに、やっと気付いた私・・・
謀らずしも、おせち料理で初回達成!ってことで、幸先いいぞう♪







〜おまけ〜
正月(大晦日)菓子。言わずと知れたうちのシュトレン。2013年バージョン。
またまた遅くてやっと出来たのが12月20日・・・早め準備が出来たら良いのになあ。
面倒なんでなかなか取りかかれないけど、このお菓子作りは非常に達成感が大きい。

見た目では分かんないマイナーチェンジあり。
今期はいつもよりカルダモンをきかせてみた♪
今年は菓子作りをもっと頑張る予定。

c0114069_23555521.jpg







良かったらポチしてね♪     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2014-01-03 00:43 | 料理
2013年 07月 26日

コーヒー風味ブラックチョコレートタルト

c0114069_14261517.jpg

=コーヒー風味ブラックチョコレートタルト= 
 (直径21cmタルト型使用)


・タルト生地
卵膜に竹串でぶつぶつ穴を開けてから40秒チンした卵黄1個  
薄力粉 150g
ラカント大匙2
バター 70g
塩   ひとつまみ
水   大さじ2

FPに加熱した卵黄を入れてぽろぽろにしてから、
水以外をいれてさらにぽろぽろにし、
水を加えてまとまる程度にガッガッ。
生地を円くまとめてラップして、蔵庫で30分以上寝かす。
ラップにはさんでのばした生地を型にしきこんで冷やす。
たくさん生地に穴を開けて熱したオーブンで空焼き。
ガスオーブン:200度-12分。


・フィリング
生クリーム135g
牛乳125g
インスタントコーヒー 小さじ2
明治ブラックチョコレート 3枚(165g)
卵  M1個


クリームと牛乳を沸騰直前まで温めてコーヒーとチョコをいれて溶かす。
卵も良く混ぜてタルト生地に流し込んで焼く。
180度-17分。

冷ましてから冷蔵庫でさらに冷やす。


・トッピング用クリーム
生クリーム100g
ラカント大さじ1弱


クリームをゆるめに泡立てて冷えたタルトにのせる
次の日がなじんで美味しい。





この誕生日で15歳の娘はダイエット中。

先日キルフェボンのタルトのカロリーを調べたら、
(散々食べて、今ごろ・・・)
チョコタルトは1ピースが600kcalを越していたのでびっくり仰天した。
フルーツタルト系は300kcalちょっとですってよ。



    ま、まさか!
    そうだったのかああああ



無知って怖いわあ。

そんなわけで、急に今回は低カロリーに仕上げてみた。

トッピング、フィリング共に生クリームはちょっと少なめ、ダイエット甘味料使用。
1/8ホール400kcalぴったり。
カカオマス使用にしてチョコレートの糖分もゼロカロリーのラカントに置き換えれば、
さらにカロリーダウンできるだろうに、カカオマスはすぐに入手出来なかった。
でも、1ピース600kcal→400kcalなら、御の字だろう。


普通に買えるブラックの板チョコを使用したら、
やっと、クリームをのせてちょうどの仕上がりだった。
大好きチョコタルト、結局一年に一回くらいしか作らないので、
ココまで来るのにやたら遠かったよなあ。









無意識に・・・

私の選ぶもんはたいがい高カロリー。
娘は物心ついた時から、どっちのお菓子が大きいのか瞬時に判断出来た。
系統一緒。
飽食日本では、むしろマイナスな能力・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-07-26 14:29 | あまいもの