タグ:朝ごはん ( 82 ) タグの人気記事


2015年 11月 14日

花巻朝食

c0114069_22382208.jpg
朝ごはん

・牛乳花巻
・下栗芋蒸し/オリーブオイル塩
・柿とリンゴヨーグルト
・カフェオレ




今年は柿に夢中。おいしくてたまらん。







[PR]

by tigerbutter | 2015-11-14 22:36 | 朝ごはん | Comments(0)
2015年 11月 11日

ベーグル朝食



c0114069_23453087.jpg



朝ごはん

・目玉焼き
・トマト/玉葱ドレッシング
・ルッコラ
・焼きマッシュルーム
・プレーンベーグル
・フルーツヨーグルト(柿・いちじく)
・カフェオレ


ものすごく久々に作ったベーグルは、
あれ?と思いながら、テキトーに探したお急ぎレシピ通りにやってみたら、
全く膨れない、ずっしりした極めて団子的なものが出来た・・・
久々過ぎて成功のビジョンがよくわかんないけど、とりあえずこれは「違う」と、思った。

c0114069_00061635.jpg
むっさつまった内層。
・・・けど、それはそれで表面がカリッとしてホノ甘くて、 
あれ?美味しいかも♡団子なのに家族にも人気。

もしや花巻に飽きたのか?
徹底的に嫌われる前に・・・ベーグルもはさめばいいかも!

超かんたんちんだし。(失敗しとるやないか〜い)
ベーグルは絵面が良い。













[PR]

by tigerbutter | 2015-11-11 23:44 | 朝ごはん | Comments(0)
2015年 11月 09日

豆ボルシチと花巻朝食


c0114069_00225251.jpg
朝ごはん

・豆ボルシチ(蒸しヒヨコ豆、ビーツ、トマト缶、玉葱、パプリカ、斑入りインゲン、山芋、サツマイモ、にんにく、オリーブ油、塩、黒胡椒)

・ポポー入り自家製ヨーグルト

・花巻(ホシノ中種、薄力粉、牛乳、湯、ドライイースト、砂糖、サラダ油、塩)
&練乳





ミネストローネを作るはずだったが、ビーツを入れたら「ボルシチ」と呼ぶべきな雰囲気になった。
豆もインゲンも真っ赤に染まってうきうきする。ビーツの甘みもベリグッド。


ポーポーは最近知った果物。
南国系の香りの果物の中でダントツの魅惑の香りを放つ。
お味は、柿、マンゴー、バナナ、アイスクリーム的な要素を含んでかなり美味。


前日夜なべ製作した花巻。
油條に続きこちらも老麺(中種)使用。違いは一目瞭然、しなやかに良く膨らんで味が良い。
綺麗な仕上げ狙いで水分少なめ。扱い易い。
成形が楽し過ぎて、寝るときもあれやこれや次の分のイメトレしながら眠りについた。
花巻は、お安く、材料の調達も特に無い主食である為、
連続製作にも十分適応できるやさしいお題で、とっても助かる♪
c0114069_00230627.jpg
今回、ヒモ束をまとめたようなイメージ寄りにしたかった。それらしく出来てうれしい♪
・・・ものすごくしつこく動画を見ている。




















[PR]

by tigerbutter | 2015-11-09 01:12 | 粉もの | Comments(4)
2015年 10月 28日

スコーン朝食(よそいき)

c0114069_206032.jpg

こないだ、娘のお友達がいらした時の朝ごはんの巻

・高知産全粒粉2割入り焼きたてスコーン
・目玉焼き
・バナナと無花果ヨーグルト
・サラダ(フリルレタス、胡瓜、パプリカ、胡瓜、ブロッコリ、鶏胸肉ソテー、
                    ボロニアソーセージ、玉葱ドレッシング)
・ミルクティー


c0114069_2062570.jpg


サラダにはきらびやかな薔薇飾りのつもり・・・

・・・昔々、
人が来ると母があきらかにかっこしいな事に、軽く違和感を持っていたが、
その状況にそうしたい気持ちになるってこと、初めて分かった気がした。
見栄っ張りは遺伝するのか、私が大人になったのか・・・

起き立てでだいぶお急ぎなんで、
サラダの盛りつけ細部のバランスとか、
目玉焼きの美しさとか基本的なそういうとこ×だったりして、
総合的にたいしたものには出来なかったけど、
まあ一応頑張った記録。
[PR]

by tigerbutter | 2015-10-28 20:27 | 粉もの | Comments(4)
2015年 03月 07日

2/20朝ごはん

c0114069_15442828.jpg


・ホエーパンケーキ、バターと蕎麦はちみつ添え
・塩ゆでブロッコリー
・プチトマト
自家製カテージチーズ
・もも肉広東風焼豚
・ローストアーモンド



自家製カテージチーズのついでに出来たホエーをたっぷり使ってパンケーキを作ると、
ミルク風味のステキな酸味が加わり、とっても好都合。
まとめ焼きして冷凍してあると、瞬く間に朝ごはん準備が出来ちゃうわけよ。ナイス!


秋に入手した北海道産の蕎麦はちみつは、コクがあってスパイシー。
くせの強い香りで万人向けではないらしい蕎麦はちみつだけど、私はかなり好き。
このパンケーキにまたものすごく良いと思う。
[PR]

by tigerbutter | 2015-03-07 17:05 | 朝ごはん | Comments(2)
2015年 03月 07日

自家製カテージチーズ

c0114069_16335735.jpg

ここ最近作るカテージチーズはヨーグルトで分離させる萩野恭子さん風。
それは無駄にすっぱいとか無く、牛乳の魅力があふれるウマウマのカテージチーズ。
食感は違うけどフレッシュモッツァレラチーズ風味だなあ♪
と、思っていたら・・・

ほ〜!フレッシュモッツァレラチーズ作りにもヨーグルトを使うみたい!
さすがあああ!!!
・・・屈折ウン十年、こつこつ育てた私のグルメ舌♪さえてるぜっ!


(え?そんなん誰でも分かる?・・ちっ!・・・マジ一瞬有頂天になったの巻・・・)



調べたついでに見つけたフレッシュモッツァレラチーズ作り用のレンネットもゲット!
いつものアマゾンさんで、こんな簡単に入手出来るとは夢にも思わなんだ。
子供時代から憧れの、あのチーズ作りがまさかうちで出来るとは〜

・・・レンネット入手には、
先ず子牛をゲットして・・・それを手にかけた後・・・解体も出来ないと無理だと思ってた。
そんな高い障害を三つも、とても越せるわけが無いと思ってた。
現代人で良かった。も〜も〜も〜(牛原料だけに)なんたるラッキー!
またしかるべき日にチェレンジしてみよう♪





=自家製カテージチーズ=    (・カテージチーズ150g  ・ホエー600g弱)
・牛乳500g
・ヨーグルト250g

鍋にいれよく混ぜて火にかけ中火で温める。

c0114069_16342610.jpg

もろもろと分離して来たら、容器にザルをセットしてペーパータオルをしいた上にうつす。
c0114069_16345461.jpg

おおむね水が切れたら、
c0114069_16351459.jpg

ペーパータオルの端っこを中心にたたんでひっくり返してまた少し水切りする。
c0114069_16355496.jpg



=ヨーグルトが足りないバージョン=   
そういうピンチはよくやってくる・・・ええ、ピンチこそチャンスですからあ!!

・牛乳・・・500g
・ヨーグルト・・・100g
・リンゴ酢・・・小さじ1〜
ヨーグルトと牛乳を合わせて温めて、
様子を見ながらりんご酢等を少しづつ足して分離させる。(出来るだけ少なめに)
リンゴとヨーグルトは仲良しだけに、リンゴ酢とも相性ぴったんこ。




おまけのホエーはパンケーキ作りに使うと調子イイ。
傷みやすいので、余りそうならすぐ冷凍が吉。











   
[PR]

by tigerbutter | 2015-03-07 17:03 | 保存食・常備菜 | Comments(4)
2015年 02月 01日

2/1朝ごはん

c0114069_1381818.jpg

・ティラミス米粉パン(市販)
大吟醸酒粕オートミールパン
・天然酵母食パン(市販)
自家製ゆでハム
・ゆで法蓮草
・プチトマト
玉ねぎピクルス入り卵ポテトサラダ
・ネーブル
・きのこミネストローネ
[PR]

by tigerbutter | 2015-02-01 01:33 | 朝ごはん | Comments(0)
2015年 01月 28日

大吟醸酒粕とオートミールのパン

c0114069_13212788.jpg

先日、入手困難な日本酒「獺祭」の大吟醸酒粕を思いがけずいただいて、
早速、パンに仕立ててみた所、
製作途中も、華やかかつ心地よい酒香が部屋いっぱいに漂い、
「酒粕の違いで・・・こ、ココまで違うのかっ!」
と、驚愕。

獺祭大吟醸酒粕さまにひれ伏した。




ここしばらく、酒粕とオートミール入りのパンが私のイチオシ。
オートミールが作り出す独特の皮の食感にはヤミツキ。
そしておいしい酒粕を加える事により、ますます芳醇なパンになり、
焼きたてを冷凍保存して、日々私は満足している。



=大吟醸酒粕とオートミールのパン=   大6個+小8個
・酒粕・・・30〜60g
・オートミール・・・120g
・砂糖・・・大さじ2
・塩・・・小さじ2
・ドライイースト・・・小さじ1
・40℃ぬるま湯・・・440g
・強力粉・・・540g
・バター・・・大さじ2

強力粉までを合わせてザッと混ぜ合わせ、バターを加えて混ざるまで軽く捏ね、
乾かないようにして低めの暖かい所(冬の保温ジャーの上・・・)に30分置く。
パンチを入れる。取り出して、無理しない程度に引っ張って細長くした生地をぐるぐる巻きにし、
垂直方向にまた細長くしてぐるぐる巻きにして、生地をパンパンに張らせて容器に戻す。
30分程低めの暖かい所に置き、もう一度パンチ。
60分程低めの暖かい所に置き、かさが元の2.5倍程になったら丸め直して、冷蔵庫で一晩置く。
10等分して、4個をさらにに分割して丸め、暖かい場所(オーブン35℃)ーベンチタイム20分。
整形して天板に並べ、最後手の平で押してきもち平たくし(解凍時に薄い方が上手く焼ける)、
35度ー50分程発酵させて取り出し、切り込みを入れて霧をたっぷり吹く。
に予熱したガスオーブンで220℃ー10分+200℃ー4分、小を取り出し、大はさらに200℃−4分焼く。
保存分は冷めたらすぐ冷凍する。


c0114069_13232031.jpg

ある日の朝ごはん
自家製ハムのサラダ
・ハムのエキスのミネストローネ
・大吟醸酒粕オートミールパン
・カフェオレ
・バナナ

冷凍パンにはたっぷり霧を吹いて、トースターで4分ほど焼く。(大は3分+ひっくり返して2分)
するとね、皮がバリッとなって皮好きにサイコー!
プチパンのいいところ、全面が皮って嬉し過ぎ!







c0114069_14443774.jpg



その後、ここ毎年おなじみの関谷酒造の大吟醸酒粕も入手したので食べ比べてみた。



左 獺祭大吟醸酒粕         300g/432円  (蔵本価格)   100gあたり144円

     ◎圧倒的にふくよかな香り、甘みがあってまろやか。




右 ほうらいせん大吟醸酒粕  1kg/540円 (蔵本価格)  100gあたり54円
  
     ◎比べると、アルコール臭がキツく感じられ、香り、味ともに薄目。




c0114069_14445920.jpg

獺祭大吟醸酒粕アップ




c0114069_14451543.jpg

ほうらいせん大吟醸酒粕アップ





・・・ほうらいせんの関谷酒造も、
これまた入手困難なおいしい純米大吟醸酒を作っている人気酒造ではあるけども、
酔うため 売るための酒ではなく 味わう酒を求めて・・・が、コンセプトの、
旭酒造の贅沢きわまりないラインナップとは米の磨き度合いも違うため、
酒粕の品質はまずその違いなんだろうなあと思った。
日本酒を作るのに、わざわざお米を磨いて小さくするのは、伊達じゃないんだなあと・・・



個人的には、地元に近い方の酒粕の負けがすごく残念。
でも、値段が3倍近くも違うものをそのまま比べるのもフェアじゃないように思ったり、
・・・豊川稲荷に初詣に行ったついでに参道の酒屋で新酒粕を入手する一連の運びが、
かなり好みだったのになあ。とか、
結構くよくよ思うのであった。


知る素晴らしさと抱き合わせで、知る怖さってのは、確かに存在する。
[PR]

by tigerbutter | 2015-01-28 09:28 | 粉もの | Comments(6)
2015年 01月 23日

1/23朝ごはん

c0114069_1252693.jpg


・自家製カレンツオートミールパン
・ベーコンエッグ
・アボカド
・トマト
・千切りキャベツ
・ランチドレッシング(市販)
[PR]

by tigerbutter | 2015-01-23 01:22 | 朝ごはん | Comments(0)
2014年 09月 23日

朝冷やし中華

c0114069_1041299.jpg

つまりは、朝から娘に冷やし中華を強要されたわけ。



寝ぼけた頭に、量るだけできっちり出来るタレレシピはありがたや〜

   検索いの一番にでた 参考レシピ


お急ぎなんで、はしょってタレを煮立てなかったせいか、お酢風味がきつめ。
蒸し鶏の蒸し汁とかの天然コク系を加えるとか、胡麻油を増量したらもっと好みかも。
しかし、簡単で低脂肪なとこは捨てがたいよな〜

タレはあまったけど、それでちょうどくらいの塩梅だったので、
タレ分量は4/5くらいで良いと思う。


=冷やし中華=   4人分

中華麺 4玉  (冷やし用にゆでて冷水でしめてよく水切り)
パプリカ 1個  (細切り)
おくら 1袋  (がく取って塩ゆで、半分切り)
焼豚 4枚  (細切り)
薄焼き卵  (細切り)
  卵 L4個
  砂糖 大さじ1
  塩 適宜
  焼き用 胡麻油
紅ショウガ、炒り胡麻

たれ 
  醤油 100cc
  米酢 120cc
  砂糖 40g
  水 140cc
  塩 ふたつまみ
 旨味調味料 4ふり
 胡麻油 小さじ2





胡瓜が無かったのは残念だったが、
なにげに良い朝が迎えられた。

さあ、今日も一日はりきって行こう!
[PR]

by tigerbutter | 2014-09-23 10:51 | 料理 | Comments(0)