知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ロシアのおいしい ( 9 ) タグの人気記事


2012年 02月 24日

ビーツとりんごのサラダ

c0114069_13135427.jpg

ビーツとリンゴのサラダ

私、ビーツが生で食べれるって知らなかった所を、
越後屋さんにおすすめいただきましたっ!






ずっとやってみたいと思いつつやっと実現!
シュレッドビーツ100gほどに大きいリンゴ1個程とレモン汁と塩胡椒を混ぜてみた。


う〜ん、甘いな〜。
ほぼリンゴだあ・・・


多分これ本家とかなり違う感じする・・・
だってここでは酸っぱいリンゴは入手出来ないんだもの〜〜(泣)
思い切ってカブとかで代用したほうが良かったかも。

おかずにするには難しい、なんだかよくわからない物になってしまった。







どんま〜い。








カレーに入れたら結構イケルかも・・・







追伸     後日あまった分をカレーに使用。仕上がりの色はほぼ普通だった。
       しかし玉ねぎを山ほど入れて炒めたカレーに匹敵するような甘さとコク。
       これはりんごもはいってるけど、ビーツカレーありだと思う!
       











はいクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-02-24 00:44 | 料理
2012年 02月 23日

シュレッドビーツのロシア漬け(?)

c0114069_2338301.jpg

シュレッドビーツのロシア漬け(?)
tuguki3964さんとこで見かけたビーツ漬けに感銘をウケる。



ちょうど持ってたビーツは予定通りボルシチに使ってしまったので、
またブラジルスーパーへ買いに行く。

3個袋に入ったいまいちな見た目のと、
バラになってた最後の1個をゲット!








さあ、作りましょう!
指削ったらやだな〜と思いながら、せっせとシュレッドしてみる。



あ!



このビーツ、種類が違う!
霜降りタイプと真っ赤っかタイプ。




・・・ここでやっとボルシチの色問題の謎が解けたのだった。

c0114069_23363694.jpg


シュレッドビーツは350g出来た。




250gを瓶に入れて塩と酢を混ぜてみた。
美と健康を願い、毎日スプーン1杯づつ食べるほか、
気がむいた日には真っ赤っかスープにしたら楽しそうだなあと思った。






そして残りのシュレッドビーツはロシア風のサラダに・・・

つづく









はいクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-02-23 23:50 | 保存食・常備菜
2012年 02月 23日

ボルシチ

c0114069_9554360.jpg

初の葉っぱ付きビーツを入手してものすごくノリノリな私は、

考えて考えて・・・やっぱボルシチ食べたいかも。
(葉っぱ関係ないじゃん・・・)



過去数回生ビーツを入手した時は皮付きで丸ごと下ゆでしてから使ったが、
今回ビーツが1個でも売ってる事を知り、
だったらもっと簡単に使いたいと思い、
生太線切りを塩で揉んで酢ちょっとだけからめて少し置いて、
(なんて言うか色が定着するといいなあって思って)
スープに投入してみた。



・・・ところが非常に不本意なことにビーツは白くなり、
スープは微妙な程度に赤くなった。





あれ???





そんな煮込んでもないのに、
スープが紅くならないのは私が至らないせい?
精進が足りないせいなの?

・・・もっと写経とかしたほうがいいかなあ・・・

と、非常に気にやんでいたところ、
またビーツを購入して使ってみたらば原因が分かった。


つまりは使ったビーツは色素が薄い。
いつも使うのはもっともっと黒い程に真っ赤っかのビーツ。

そうそう、これこれ!
私のせいじゃなかったのね〜良かった♪





 

   教訓  ボルシチには深紅のビーツを使うべし!








c0114069_95806.jpg
c0114069_9564989.jpg

こんな可愛いのに、ボルシチにはむいてない霜降り肉みたいにも見えるビーツ。





=でも味は十分すぎる程美味しかったボルシチ=  レシピ覚え書き

水         適宜
トマト角切り水煮缶 1缶
蒸したヒヨコ豆   ぐーひとつ分
にんじん      1本
玉ねぎ       2個
シメジ       1株
自家製サーラ      ふた切れ
鶏もも肉      1枚
塩         適宜
胡椒        適宜

霜降りビーツ    2個
塩         適宜
酢         適宜


ゆるいクリームチーズ 適宜





豆に合わせてみんなさいの目切りにして水で煮る。
(サーラは小さめ)
煮えてきたら塩こしょうで味を整えて、
ビーツの塩酢もみを合わせて煮えたら出来上がり。





ってか、ほぼこないだの豆スープに、
ビーツとサーラ入っただけでもう「ボルシチ」って呼んでいいのか?
って気もするけど、
そこはまあ、「なーなー」で・・・



このビーツ色は駄目だったけど
「ビーツって砂糖大根の仲間なんだ〜!」
って思う程に甘く深い味わい。
これはこれでは美味しい。

で、またサーラがものすごくいい味出してる。
今回の生食不可サーラも使い道はガッツリ確保できた!







まだまだ寒いさなか。
ロシアっぽい気分はとまらない。

朝ごはんに黒パンと昨夜の残りボルシチ♪







はいクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-02-23 10:57 | 汁物
2012年 02月 20日

サーラ(Сало)研究中

c0114069_15273066.jpg
Сало(サーラ/豚脂身塩漬)を作ったよ〜
越後屋さんとこで拝見!





「これはなんとしてもウオッカと食べたい!」
と思った私。







c0114069_15281790.jpg

皮付きの脂身・・・たしかブラジル食品スーパーで見た気がして、
行ってみたら、あった!!
なんか厚み薄いし冷凍だけど。
すぐ作ってみた。

で、とりあえず一個づつラップして冷凍してみた。









・・・ところが、
原料の出所は聞いてこなかったので定かではない。








生食・・・








現在の日本の豚はおおむね安全という説もあるらしいが、
多分これは日本産ではないような・・・









サーラ、すご〜くいい香りがしてる・・・
ウオッカと一緒にぐいっと流し込みたい所を、
・・・涙をのんで今回生食断念。

私、結構弱虫・・・






でも加熱調理にまわす事にして、
試しにボルシチに使ってみたら、
こりゃ激ウマ。
香り最高!コクでる〜!皮もとろっとして、
すごいアイテムをゲットした感あり。

良かった。
十分はけそう。










さてさてしかし、
ここで皮付きの安全な豚の入手は可能なのか?

この町の以前問い合わせた精肉店では、
「日本産で皮付きバラ肉って言うと、一頭の半身単位ならご注文受け付けます。」
って、聞いた。
私、家族の夕食に東波肉にしたかっただけなのに。






皮はうまい。
ぷるぷるコラーゲンの欲しいお年頃だし、
やっぱ皮付き希望!










そだ!
これ一度加熱してまた冷やして、
どんなもんだか試してみよう〜












・・・それにしても脂身って、それ自体がとっても危険なお題だわ〜











はいクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-02-20 15:30 | 保存食・常備菜
2009年 11月 26日

ピロシキ oishii

c0114069_2356770.jpg

急に、夏に食べたパルナスのピロシキを思い出して久々に作ってみたくなり、
シンプルな味付けでバターを塗った焼きピロシキにしてみた。


   「揚げたほうが良かった」


と、息子・・・

私だって揚げたかったさ!
でも、この上揚げパンはもうやばすぎるのではないかと、
少し理性が働いた結果がこんな感じ。
焼きピロシキのほうがお手軽でお味も悪くはないけど、
揚げたらどんなだったのかなあと、
すご~く気になるじゃないのおおお




皮の配合はそんな必要はないのにロティを意識してみた。


覚書レシピ  22個分

・皮
強力粉280g
薄力粉120g
卵LL1個(66g)
スキムミルク12g
無塩発酵バター40g
塩 6g
ドライイースト小さじ半分強
水190g

・中身
バター10g
たまねぎ大1個(300g)
豚ひき肉300g
はるさめ30g(戻して1.5cmに切る)
塩小さじ1と半分
ナツメッグ
胡椒
ゆで卵LL2個(みじん切り)

仕上げ用溶かしバター35g




中身は順番に炒めて味付けし、最後にゆで卵をさっくりあわせる。

前日HBで生地作り、こねたところまでで一晩置いておく。
翌日良い高さまで膨らんできたところをパンチダウンして、
35gづつに切り分けて丸める。
スプーン1杯づつ具を包んでしっかり閉じる。
天板に並べ、仕上げようバターを刷毛で塗り、
30分ほど発酵させる。

180度のオーブンで12分焼く。

c0114069_2356288.jpg

いっぱい並べるとオットセイの群れ・・・オウッ!オウッ!オウッ!・・・みたいな
[PR]

by tigerbutter | 2009-11-26 00:26 | 粉もの
2009年 02月 26日

ボルシチ弁当

c0114069_2214771.jpg

2月9日のメニュー
・ごはん
・ボルシチ(牛胸の辺りの肉、じゃがいも、生ビーツ、にんじん、たまねぎ、塩、胡椒、クリームチーズ)
・あんず煮豚(豚肩ロース、杏ジャム、しょうゆ)
・スティックセニョール塩ゆで
・焼きしいたけ

昨夜の残りよくビーツに染まったボルシチには、
サワークリームでなくクリームチーズを多めに入れといたら、
食べるころには全体が混ざってありえない感じの紫色になっていたそうで、
お昼時、またみんなが見に集まって来たらしい・・・

なんていうか・・・どうも食いつかれる部分が不本意。
[PR]

by tigerbutter | 2009-02-26 22:13 | おべんとう
2007年 10月 02日

ボルシチ

c0114069_21563028.jpg

c0114069_21564677.jpg

ブラジルショップでお初の生ビーツを見つけ(4個650g300円)大喜びで買って帰り、
まずゆでて見た。圧力鍋で加圧10分。
おお、皮が面白いようにするする剥ける!
その日はジャガイモとあわせてヨーグルトマヨネーズで和えたら、
うれしそうなピンクのサラダになった。
残りはゆで汁ごとビニール袋に密封して冷蔵庫へ。

今日、ボルシチにしてみた。

寮生活時代、メニューによくボルシチが登場した。
本当に赤いビーツが入っていて「やっぱり都会は違うなあ」と思ったもんだった。
極めて家庭的なシチューにあの洒落た赤さがとっても好きだった。
・・・あと、寮のメニューで不思議だったのは、
箸が刺さらない(冷えていた)かと思うほど、
硬くしまったコンビーフ団子的なお味の分厚いハンバーグ。
多分、野菜少な目でオーブンで大量に焼いて仕上げたものと思われるが、
どうしてもあの再現が出来ない・・・


 =今日のボルシチレシピ=

材料/ゆでビーツ2個とゆで汁、ジャガイモ(きたあかり)5個、たまねぎ1個、
    干しシメジ1袋分、ゆで牛すね肉(生肉300g分)、水、胡椒、塩、サワークリーム

作り方:材料の胡椒までを圧力鍋で煮る。
     塩で味を調えて、盛り付けてサワークリームを落とす。

     

崩れかけのジャガイモに牛肉とビーツ他の味がしみこんで、これはちょっと大人気。
・・・ただ、煮すぎたようでビーツの赤が飛んでしまった。これは非常に残念!
後入れするべきだったと反省。
またビーツを買いに行かねば。ねば、ねば。



やっとシチューを食べたい気温に~・・・ポチッ!→◆人気blogランキングへ◆
       もひとつポチッ! →にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    
        さらにポチッ! →ファイブ ブログランキング

おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m





    
[PR]

by tigerbutter | 2007-10-02 22:28 | 汁物
2007年 07月 30日

ブリニ(Blinis)

c0114069_22254014.jpg

ロシアのそば粉パンケーキ、ブリニ。
今朝はサワークリームと炒った松の実とみかんはちみつのせ。
ふくらし粉じゃなくて酵母で膨らませたので焼き上がりがしなやか。

朝起きてから、ちょいちょいと種を混ぜておけばもう膨らむ、
この気温の有効活用メニュー。
さらに昨日、生クリームにちょいとヨーグルトを混ぜて、6時間ぐらい放置したのち、
冷蔵庫で冷やしたサワークリームも作っておいた。
そば粉が入ると山芋みたいに生地がねろんねろんになり、
スキレットでちょっと伸ばしにくいけど、久々に食べたブリニは非常においしかった。
また何度でも食べたいおいしさだった。

・・・私が初めて実物のブリニに出会ったのは、
陶芸の師匠が連れて行ってくれた新宿のロシア料理店。
(玉村豊男著書「パーティークッキング」にて、その存在だけ知ってはいた・・・)
同期の弟子と三人だった。
彼女はブリニに均一に丁寧にサワークリームを塗り、
私はやっぱり確信を持って大雑把にサワークリームを散らした。
同じ皿の上なのに、仕上がりがずいぶん違うもんだなあと無言で感じてた。
師匠のする通りに、そこにスモークサーモンとキャビアをのせていただいたら、
それは奇跡のおいしさだと思った。師匠を心の底から尊敬した。

そのときのブリニはそば粉少なめでクリームがたっぷりの超リッチタイプだった。
うちでキャビアを用意するのはちょっと非現実的なので、
旨いスモークサーモンを用意したときにまたやってみたいと思う。

スモークサーモンと言えば、
なかなか行く機会がなくてたまにしか食べられないから、
私には更にありがたみいっぱいだけど、実は通販もやってる、
とっておきのおいしいスモークサーモンは、(前置き長!)
神戸トアロードデリカテッセン製。天皇家への献上品だとも聞く。
とってもスモーキーでうまみが凝縮された一品。
この出来でこの値段は全くお買い得だと思う。
(べつにお店のまわし者じゃないのよ・・・)


粒が数えられるくらいのキャビアより、
サーモンをいっぱいのせたい庶民・・・ポチッ!→◆人気blogランキングへ◆
       もひとつポチッ! →にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    
        さらにポチッ! →ファイブ ブログランキング
おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-07-30 12:32 | 粉もの
2007年 04月 01日

チーズパンケーキ(Sirniki)

c0114069_9584318.jpg

朝ごはんにロシアのチーズパンケーキ「シルニキ」。
フレッシュチーズ主体で粉はちょっぴり。しっとりふんわり。
レーズンがまたなんとも合う。
そして低脂肪、タンパク質豊富なメニュー。

=チーズパンケーキ= 
(2枚分/341kcal/タンパク質18.4g/脂質11.4g/炭水化物41.8g)

材料/カテージチーズ100g、卵半分、薄力粉大さじ2(15g)、レーズン大さじ3(30g)、
    砂糖大さじ半分、ふくらし粉小さじ四分の一、塩一つまみ

ぐるぐるっと材料を全部混ぜて、熱したスキレットにバター5gをしいて焼く。

 
      ◇只今、二つのランキングに参加しています。
      ◇1日1回づつの2クリックをどうぞお願いします。
          ◆人気blogランキングへ
          ◆レシピブログランキングへ
[PR]

by tigerbutter | 2007-04-01 10:20 | 粉もの