タグ:プレゼント ( 13 ) タグの人気記事


2016年 11月 29日

ミニアップルパイ

c0114069_22282683.jpg

スデに季節が一つ前の事だけど・・・

秋、林檎が出始めると、
バター生地の紅玉ギッシリなアップルパイが食べたくてたまらんよね。






=ミニアップルパイレシピ=
8個
◆パイ生地19cm角4枚分レシピ
youtubeパイ生地動画
ベラミーズの冷凍パイ生地144層を多少意識して、
折りたたみ回数控えめ…3つ折り×5にしてみた。243層。
2枚使用。
各4等分して、正方形8枚に切る。


◆りんごは紅玉4個をシン抜きで抜いて皮むいて半分に切ったのを砂糖でマリネしてから薄切りにして、
バターとレーズンを足して焼く、


◆カスタードクリーム
卵黄4個分
砂糖65g
片栗粉大さじ1
小麦粉大さじ1
牛乳200cc
ダマにならないよう作って冷まし、半分〜2/3使う。

c0114069_22282715.jpg


パイ生地に、カスタードクリーム大さじ2くらいとリンゴ半個分をのせ、パイ生地を寄せて包み込み、
アルミホイルで作った3センチ幅のリボンの端をキュッとねじって囲む。
(焼いた時にパイ生地が広がらないように)

200度ー20分程焼く。
途中10分程で、リボンを外して周りもこんがりさせる。






パイ生地は油脂少なめのサッパリ系。さすがのバター100%生地は風味がたまらん。
卵黄たっぷりカスタード。
程よい酸味がパイとベストマッチの紅玉ギッシリ。

思ったより、はるかにちゃんとしたものが出来てしまって驚いた!

かなり好み。
リピ決定!!
このレシピは記録しておかねばねば。


味見の残りは冷凍して大事に食べようと思ったら、
娘に根こそぎ持って行かれてしまった〜

ウヒョー!









[PR]

by tigerbutter | 2016-11-29 12:42 | あまいもの | Comments(0)
2014年 02月 20日

2014クランベリーチーズマーブルブラウニー

c0114069_1223568.jpg


・・・なんか、名前が長い!バレンタインの覚書レシピ。


◆クランベリーチーズマーブルブラウニー
   21cm角型1台分(4×4=16個分)

①薄力粉・・・60g
①ココア・・・20g
①ブラックココア・・・5g
②クーベルチュールスイートチョコレート・・・150g
②無塩バター・・・75g
③きび砂糖・・・120g
③卵Lサイズ・・・2個
ドライクランベリー・・40g
④クリームチーズ・・・130g
④上白糖・・・30g
④牛乳・・・13g

1、①を合わせてふるう。
2、②をチンして溶かす。
2に③を加えて良く混ぜる。①も加えてむらなく混ぜ、ドライクランベリーを加える。
4、クリームチーズをチンして柔らかくし、残りの④を加えてなめらかに良く混ぜる。
5、オーブンペーパーをしいた型にチョコレート生地を流し入れて平らに整え、
  チーズ生地を所々において箸でぐるぐるっとマーブル模様にする。
6、予熱したガスオーブン、170℃ー18分+160℃ー5分焼く。
7、良く冷ましてから、端を切り落とし、さらに16分割する。



c0114069_2341874.jpg
c0114069_234402.jpg
c0114069_2335643.jpg



今年のバレンタインはね、トリュフのね、ケースを前もって用意するのも面倒だったって言うか・・・
あ〜ものぐさ度がドンドン上がっていく〜

ブラウニー製作は今回で人生3回目くらいのチャレンジではないかと思う。
(お初に近いようなもんを、人様に差し上げたら駄目じゃん?・・・)

・・・あ、そう言えば私、
アメリカンブラウニーのレシピ本持ってた。
なんせ250種ものってて、写真が少ないのでなかなかイメージがわかず、
オンスをグラムに換算したりするのが面倒で、考察はやけに長かった上に、
結局いまいちな物が出来上がってしまってから、すっかり興味を失ってた・・・


c0114069_9533581.jpg



今回のはとくにアメリカンは意識せずに、あの本も見てない。(持ってる事すら忘れてた・・・)
ネットで探したレシピをいくつか複合して、手持ちの材料と相談してアレンジしてみた。
塩も入れないでみたら、フツーに「濃いうま」仕上がり。
これは濃い珈琲と合わせて、ちびちびいただくのが吉かと。

だいぶ甘い気もするけどチョコ好き娘にかなり大絶賛される。
チーズのミルキー感と、たまに出てくるクランベリーの酸味で、ありがたみ3倍増とのこと。


・・・また、そう言えば私、
マーブル模様がとても好きだってことを思い出した。
まだ実家にいた頃、マーブルバターケーキとマーブルクッキーはもう嫌という程に焼いた。
近年はマーブルシフォンケーキにかなりはまった。
マーブリングキットでマーブル模様の紙を染めるのもだいぶ楽しい。
感じの良いマーブル模様をめざすってのは非常にやりがいある作業なのだ。

c0114069_1213868.jpg



ブラウニーは材料さえそろえておけば手順は超簡単。
それでいて濃いー濃いーチョコ菓子がどっさり出来上がる喜び♪

これは確実にリピ決定〜・・・って、
私、端っこしか味見してないから、ちゃんと1個は食べたいわけよ!







いや〜、チョコレートって、ほんっとにいいもんですね!
良かったらポチしてね♪     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2014-02-20 00:49 | あまいもの | Comments(4)
2013年 02月 16日

チョコレート薔薇クッキー&いちご薔薇クッキー

c0114069_19304561.jpg

画像で見つけて一目惚れしてしまったいちごミルクのぐるぐるクッキー



乙女心ワシヅカミ〜



俄然やる気になって、すぐさまチャレンジだっ!
(構想三年とかザラな、ものぐさ者が動いた!)


c0114069_20445836.jpg

c0114069_20454852.jpg

いちご薔薇クッキー1回目

覚書レシピ
無塩発酵バター   180g
粉砂糖       100g
塩         ふたつまみ
卵白        30g

薄力粉       120g

薄力粉       110g
いちごパウダー   10g

FDいちごダイス   適宜


天板2枚同時
ガスオーブン170℃−7分+160℃ー3分+150℃−6分





素敵クッキーのレシピをお借りして生地を作り、
しかし口金は星形の6切りしかうちには無かったので、しかたなくそれで。

そしてイキナリのダメポイント、生地二倍量を全部絞り出し袋に詰めると作業しにくい。

だいたい絞り出しクッキーっての、何十年かぶりで、
案の定、形はバラバラ・・・薔薇だけに・・・(言うと思った?)

それは良いとして、いちごパウダーはお味はばっちりだったけど、
見本のような色が出てない。
焦がし気味なのも当然影響してるけど、生のときから色が薄い・・・
ふ〜ん、いちごパウダーは発色が色々なのね。


あと、焼いたらだれた。見本よりもずいぶんだれた。
確かにバターは多いが、何がいけなかったのか?
食感悪くなりそうだけどもっと混ぜても良いのかなあ?

・・・薔薇っぽさもだいぶチガウような・・・


とりあえず次回は色粉も使う。
で、あんなロマンチックな感じにする!



だって、このクッキーはかなりおいしい♪




c0114069_1930412.jpg

c0114069_20462331.jpg

チョコレート薔薇クッキー
そうだ!バレンタインじゃないかい。
なんかチョコレートものがいる!
エッジが綺麗に出てたレシピを参考にしてみた。

覚書レシピ

薄力粉     180g
ココア     25g
無塩発酵バター 150g
塩       ひとつまみ強
生クリーム   大さじ3
牛乳      大さじ2
上白糖     90g


天板2枚に絞り出し、ダレ防止の為一枚づつ焼いてみた。

170℃−7分+150℃−10分






バターのきいたミルクチョコ味、おいしいわあ♪






c0114069_20503499.jpg

c0114069_2342843.jpg

いちご薔薇クッキー2回目

覚書レシピ
無塩発酵バター   90g
上白糖       50g
塩         ひとつまみ
牛乳        15g

薄力粉       55g
片栗粉       5g

薄力粉       50g
片栗粉       5g
いちごパウダー   5g
食紅        少々

FDいちごダイス   適宜


天板2枚に絞り出し、一枚づつ焼く。


170℃−7分+150℃−10分


まだ焼き色つきすぎてる。
結局前回よりもっと混ぜが足りなかったので生地の滑らかさがもう一つで扱い辛かった。
粉砂糖を切らして(ああ、ばかばか!)上白糖と片栗粉にしたのもいけなかった?
焼いたらまたダレた。
食感も前のより若干粗い。


あれ?後退してる?


お初にゲットしてきた星形5切りを使ってみた。
・・・う〜ん、ダレたらどれも一緒って気もするけど、
もっと花びらが内側に倒れた薔薇っぽさがやっぱり足りないような・・・




見つけた!ネットお取り寄せ!
ちょっとねじれたドイツ製口金の花形ってやつ。
これならあんな風になりそうな気がする〜

  早くコイコイ新口金〜♪










・・・5切りの口金をゲットするのに、
私めっちゃ久々にデパートに出かけた。

この町に前は3つあったデパート、今はもう1つしか無いのん。
そのせいなんだかどうだか、
ついでに寄ったリニューアルされてる魚売り場はものすごく品揃え豊富で、
丸のお魚もいい感じに選べるくらい量もあるわけ。
しかもお値段も買いやすいころあいで〜。

・・・でまた、丸の魚は「調理します」って書いてあるの。





     おーまいが〜〜〜〜〜〜!!!





ちょっとおおお!
こんな家からスグ近くにい、
(遠いと魚は細切れにする程鮮度は下がるとか理由はつけれるけど・・・)
便利過ぎるお造り調達ルートがあったらあ、
私のお魚修行は成立しないじゃん!

わざわざ自分でさばくからには、
そうしなければならない状況が要るでしょ〜が〜!





あ〜もう、ダレにもお魚をさわらせやしない為には自分で釣ってくる?
・・・雑魚ばっかでお造りできない〜






    困ったわ〜〜〜








・・・あれ・・・見なかった事にする?










それにしても、私の発想は完全に不便な場所で暮らす人のもの。
自分が骨の随まで田舎の人だってこと、今更になって分かったあ。

当たり前に便利な場所で育った人にこの発想は無いんだろなあ。













東京に、


5年も住めば、


田舎育ちも、


チャラになるかと思っていたら・・・


そうは問屋が卸さない!らしい・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村















教えて〜

アルムのもみの木よ〜♪
[PR]

by tigerbutter | 2013-02-16 23:43 | あまいもの | Comments(12)
2013年 01月 06日

正月おやつ

c0114069_2320422.jpg

2012シュトレン(Stollen)
20年近くも毎年作っていたシュトレンをここ3年ほどお休みしてたが、
今期は久しぶりに作る事が出来た。

でも準備は遅く、やっと仕上がったのは12月23日。
私だけの都合では大晦日あたりに間に合えば良いわけだけど、
プレゼントがクリスマス過ぎでは興ざめかと思い、なんとか間に合わせた。

出来上がってしまうと後の事考えてすっごく楽しいのがシュトレン。
とってもやりがいのあるお題。


大晦日の一人珈琲タイムの儀式に不可欠のお菓子。




              過去の儀式




ところが、大晦日に食べそびれる・・・

なぜなら、この大晦日、夕飯にワインを飲みはじめたら、
もうおせちの仕込みに入るきっかけがつかめず(あれ?)
一人珈琲タイム自体が成立しなかったのだ。
煮しめの材料やらをほったらかして、いつになく皆と特番を見ながらダラダラ過ごしてしまった。

・・・それはそれで楽しかったけど、
思えば、あれは大晦日も一人黙々と働いた者へのご褒美とも言える至福の時間だった・・・




そんなわけで年明けてみんなと珈琲タイムのお供に。

今期のシュトレンはライ麦種を使って酸味の発酵味を加え、
成形後すぐに焼いて仕上げ発酵無しのぎっしりした、
甘み多めリッチ生地の具沢山、よりお菓子寄り仕上げ。

手間をかけて砂糖煮した栗入りの分は私の手元には残らず、
これはみかんはちみつでこねた自家製マジパン入りの分。


生地とマジパンが良く合うので、これは十分にアリ♪
来期の分の栗にくじけたらマジパンでGO~!


例年の儀式に比べると感動薄い珈琲タイムだったけど、
シュトレンはいつ何時食べても心を癒す。






c0114069_2135130.jpg


庭に植えた柊が大きくなって葉っぱとり放題になった♪












c0114069_23255639.jpg

ドーナッツ(Doughnuts)

16個分
[材料]   
○卵     LL2個(M3個)
○砂糖    100g
○溶かし無塩バター  60g
○牛乳        80g
○塩         小さじ1/3
○バニラオイル    適宜
▲薄力粉       300g
▲ベーキングパウダー 小さじ2

粉糖、グラニュー糖   適宜


[作り方]
▲の材料をボールに入れて泡立器で良くまぜ、ダマを無くして均一にする。
○の材料を別のボールに入れ泡立器でよく混ぜる。
▲のボールに○を入れ、へらで粉気を無くし、
生地をラップに16cm×10cmくらいに四角くまとめて包み、冷凍庫に30分。
生地を1cm幅くらいに切り、ちょっと転がしてはしっこをしっかりとめて輪にする。
170℃くらいの中温の油で色よく揚げる。
しっかり油を切ってから、お好みで粉糖やグラニュー糖をまぶす。






c0114069_23243856.jpg


揚げ鍋に一度にたくさん入れすぎないこと。








c0114069_23253129.jpg


こ〜んが〜り〜♪







c0114069_23235628.jpg


出来立てサクサクに噛み付く。サクうま!

揚げたて山盛りドーナッツは、お子さま連れ親戚のおやつに大ヒット!!

















c0114069_23232846.jpg

プラリネチョコレート


頂き物。

中身のプラリネが香ばしくカリカリでやけに美味しかった。

素朴なパッケージが素敵♪










写真はとれてないけど、このお正月はやけにたくさん食べた気がする・・・

コンビニで娘と相談した結果、
「別冊エッセポケットシリーズ 糖質オフ満腹おつまみレシピ」
の本をとりあえず購入・・・
まだ飲むんかい!ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-01-06 00:42 | あまいもの | Comments(8)
2012年 02月 24日

アイスチョコレートトリュフ バレンタイン2012

c0114069_1291159.jpg

今年のバレンタインも準備に出遅れる。


着手は当日。

今回はチョコレートを刻む手間すらいらないので、
さらに楽勝!・・・のはずが、
ほぼいつものつもりで作ったがなんだか固まらず・・・
(比べたら水分多めで脂肪分低い!)

冷凍するとちょうどいい固さになるので、
もうここは愛すチョコってことで・・・
(殺意持たないでね〜)






=アイスチョコレートトリュフ= 50個分 レシピ覚書

 クーベルチュールチョコレート       180g
 (不二製油製 カカオ分58% チャンク)
 
 クーベルチュールミルクチョコレート    180g
 (カレボー社製  タブレット)  
 無塩バター                45g
 生クリーム(タカナシ47%)        200mml
 生クリーム(タカナシ38%)        200mml          
 ラムレーズン(マイヤーズラム使用)    120g
 ラムレーズン漬け汁            大匙2
 ココアパウダー(イル・プルー)        適宜

 

 チョコレートをバターと一緒にボールに入れ、
 沸騰直前まで温めた生クリームを注いで混ぜる。

 混ざったらラムレーズンと漬け汁も加えて、程扱いよい硬さになるまで冷やす。

 アイスクリームディッシャー16ccで、
 チョコレートをココアをまぶしたバットに落としていく。 
c0114069_1284364.jpg

 上からも茶漉しでココアをふりかけ、まだやわいので少し冷凍。
 そのままじゃ箱に詰め辛いので手のひらで丸めて容器に入れる。

 お好みにラッピングする。
c0114069_128949.jpg


     =アイストリュフ=
   冷凍庫で凍らせるのがおすすめです。
   お早めにお召し上がりください。




って、今年は丁寧にカードまでつけましたわよ。





良い点は
冷凍保存してあるので、なかなか会えない方の分も取っておける事。
・・・あんまり遅いと、何の事だか分かりにくく、驚かれるのが嫌だけど・・・







ビターじゃなく、ミルクチョコ入り。
これはこれでミルキーで美味しい。






3個入りの器なんだから
「味違いで詰めたらいいだろうなあ」という思いと、
でも比べる事になると
「一番美味しいのは一つしかないよなあ」とかいう思いがうずまく・・・

考えるのは勝手だけど、
実際は着手が遅すぎる・・・







はいクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-02-24 13:00 | あまいもの | Comments(0)
2011年 11月 25日

おばあちゃんのピーナツバタークッキー

c0114069_10205129.jpg

と言っても、私のおばあちゃんじゃないの。

うちのおばあちゃんが作った甘いものは、ぼたもちと寒天とホットケーキ。
ぼたもちはキングサイズ。
寒天は早朝浜に出かけてテングサを拾ってくる所からはじめて、
お酢入りで煮て(溶けやすいらしい)、微妙に違う海藻とか溶け残りとか入ってた。
ホットケーキは卵1パックぐらい入れちゃって、限りなく卵焼きに近い贅沢焼き。
なんて言うか、迫力系だった。





わんこミルクティーのお供に、
(カップからミルクティーを切らさないようどんどんどんどんそそいで延々と続くお茶会!)
ひさびさにクッキーをどっさり焼こうとしたら
くっついて四角になった、、、



レシピはこちらでみつけたの参考にしつつ、ちょっと違っちゃった。



材料 40枚分
 バター180g、砂糖140g、黒砂糖20g、卵m1個、ピーナッツバター170g、
 バニラオイル小さじ1、小麦粉210g、重層小さじ半分、塩小さじ半分、

バターと2種類の砂糖をボウルに入れて泡だて器で混ぜ合わせる。
卵とピーナッツバター、バニラオイルを入れて混ぜる。
全て混ざったら、粉系(小麦粉と塩、ベイキングソーダ)を、
ふるいにかけながら入れてヘラで混ぜる。
冷蔵庫に生地を30分寝かせる。
ベイキングシートを敷いたオーブントレイにクッキーの生地を大さじ1ほど丸めて並べる。
(私は16ccアイスクリームディッシャー使用)
180℃ー4分焼いてフォークでつぶす。 
さらに180℃ー8分焼く。

c0114069_032551.jpg

二日後残った生地を焼いた分。







重層風味強め、さくさく甘じょっぱいアメリカンクッキー

、、、あれ?むしろコーヒーの方が合うような、、、
そうだ!ピーナッツバタークッキーって最初からコーヒーのお供だった!!



どうも選択ミスらしい、四角いし、、、



    あらら



そのほか、お供は生地で寝かせておいた昨日のスコーンと、塩豚トースト




クリックよろしく〜     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2011-11-25 10:50 | あまいもの | Comments(2)
2011年 11月 20日

結婚祝いデコレーションカステラ

c0114069_0531124.jpg

毎年恒例、
友人主催ワイン会のボジョレーヌーボーを樽で楽しむ宴が今年も催され、
そこでのお祝いケーキを依頼されて娘と制作。

直前には時間が取れないので生ケーキは無理なので、
質実剛健どっしりカステラ台使用。

娘はおむつがやっととれた頃からワイン会に参加して、
いつもお兄さんお姉さんにうんと遊んでもらってた。
感謝のキモチを込めてクッキーデコ娘担当。
何かでみた訳じゃないらしいクッキー生地で作る立体薔薇の花って、
スゴイ思いつきだと思うの。
前回私のバースデーケーキ制作でおなじみ。




でも、楽しそうだったので、バラをちょっと手伝わせてもらったら、
思いがけず、私ってばすっごく上手なの!




  ごめんね!母さん上手すぎてちょっとイヤミかしら、、、




そういえば私、
少女漫画のバラ描写でも、
ペーパーフラワーでも、
布で作るコサージュでも、
やたらしつこくしつこくはまってたので、
バラ歴だいぶ長いんだった、、、



まあ、バラと言えば池田理代子か?とらばたか?って、よく言うもんね〜
(言わないし、、、)





今回、娘が使用したクックパッドのクッキーレシピ

お味は、、、だけど、粘土みたいに扱いやすくて良かった。
娘の前回のクッキーは味も良かったけどレシピ忘れちゃったんだって、、、



ガッツり赤の食紅使用。
娘が調合してたの、最初淡〜い可愛い桃色だったのに、
焼くと色くすむよ〜とそそのかしてしまったようで、
次に見た時にはちょっとびっくり色に、、、ごめんよ、ごめんよ、、、



バラは分厚いのでガスオーブン180度ー5分+160度ー7分+150度ー7分焼いて、
文字は180度ー5分+150度ー7分焼いた。




総じて思ったよりうまく行った気がする。

そして新婚さん初々しかった〜
喜んでもらって良かった♪





その後、4×12の48個に切りわけた!
クリックよろしく〜     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2011-11-20 01:37 | あまいもの | Comments(2)
2011年 02月 16日

チョコレート・トリュフ

c0114069_1252944.jpgc0114069_12523526.jpg



















ふふふ、これ、結構土まみれのトリュフっぽく見える?


連日とにかく忙しかったので、バレンタイン当日何の用意もしてなくて、


   あ~今年はそういうのなかったことにする??


という思いもちらつきながら、
でもなあ・・・

さあ、エンジンかかりました。午後3時半。
チョコレートを刻み始め、
混ぜたチョコレート液が固まるまでに
パッケージの手配だ。急げ!!

考える間なんかない。
とにかく夜の営業までに仕上げなくては。
帰っていい具合に冷えたチョコレート液を丸める。

5時半、ラッピングまで全部完了。3×12箱あまり1個。


    おお!やればできるじゃん。すばらしい!!





 ラムレーズンのチョコレート・トリュフ 37個分 覚書

 クーベルチュールチョコレート       280g
 (フランス カカオバリー社 ミ・アメール カカオ分58%)  
 無塩バター                    34g
 生クリーム(タカナシ47%)          270g
 ラムレーズン(マイヤーズラム使用)    90g
 ココアパウダー(イル・プルー)        適宜

 チョコレートを刻んでバターと一緒にボールに入れ、
 沸騰直前まで温めた生クリームを注いで混ぜる。

 混ざったらラムレーズンも加えて、程扱いよい硬さになるまで冷やす。

 スプーン2本使ってチョコレートをなんとなく丸め、ココアをまぶしたバットに落としていく。
 その間にもう少し固まってくるので上からも茶漉しでココアをふりかけ、
 そのままじゃ箱に詰めづらいので微妙に角を取るくらいに手のひらで転がして丸める。

 お好みにラッピングする。
 
 

ポイントとしては、豚が探すあの「トリュフはまん丸ではない!」って、
パトリスジュリアンも言ってるので、
お言葉に甘えて丸めはぞんざいナチュラルを心がける。

今年のトリュフは季節限定ロッテのラミーを軽くイメージしたぷくぷくのラムレーズンいり。

本当簡単中の簡単なんだけど、チョコレートってそれ自体がおいしく作られてると、つくづく思う。
チョコレートラブ♪
コーヒー&お酒のお供に~






 
[PR]

by tigerbutter | 2011-02-16 18:38 | あまいもの | Comments(2)
2009年 12月 08日

バースデーケーキ♪

c0114069_9353514.jpg

数日前に「ケーキ作って~♪」と、五年生の娘にダメ元で甘えてみたら、
11月28日の私の誕生日、本当にバースデーケーキを作ってくれた。



ところがこのケーキ、



      私が焼いたやつより美味しいじゃないかいいいい!!!



クッキーは前日に焼いて二日がかりの娘お初のデコレーションケーキ。
クッキーとクリームとスポンジケーキの取り合わせもべりーぐー。

前から私のスポンジケーキってどうもいまいちだとは思ってた・・・
もうこれからはずっと彼女にデコレーションケーキは担当してもらうことにする。
[PR]

by tigerbutter | 2009-12-08 09:47 | あまいもの | Comments(7)
2009年 02月 26日

バレンタイン2009

c0114069_2243050.jpg


   ♪バレンタインデイ キ~ッス!  (by国生さゆり)

・・・って口ずさんでいたのはついこないだみたいに感じられるのに・・・・



毎年一種類だけど今年はちょっとがんばって三種類作ってみた。

・いつもの定番ラム酒のトリュフ
・ミルクチョコレートを配合したココナッツはちみつトリュフ
・お初のアーモンドプラリネ

やっぱり私が一番すきなのはラム酒のトリュフだけど、どれもなかなか美味しい。
全くチョコレートは素敵な食べ物♪
[PR]

by tigerbutter | 2009-02-26 22:52 | あまいもの | Comments(0)