タグ:フィンランドのおいしい ( 4 ) タグの人気記事


2012年 11月 22日

おやつ会♪かもめ食堂風シナモンロール&ブラジル風プリン

c0114069_1233364.jpg

一度作りたいと思いながらもう何年もたって、やっと実現したシナモンロール。

グリーンカルダモンをむくトコロからスタート。
レシピの半分の大きさで作ってみた。

構想はあんなにも長かったのに、実際の製作は急な思いつきだったので、
あられ糖はざらめで代用。


フィンランド式のこの形は、花巻的でとっても気に入った上に、
渦巻きが上に向くアメリカ式シナモンロールより、天板が汚れにくくていいなと思った。


カモメ食堂風シナモンロール
[材料]     小さいの16個分

生地
・強力粉       300g
・牛乳        180cc
・卵         1個
・バター       40g
・砂糖        70g
・ドライイースト   小さじ1
・グリーンカルダモン 6個分(小さじ半分)

巻き込み用
・溶かしバター    20g
・グラニュー糖    30g
・シナモン      適宜

仕上げ用
・溶き卵       半分
・ザラメ       適宜


190℃ー9分焼く。





レシピはこちら参考。





c0114069_1233473.jpg

ブラジル風プリン
8〜10人分
ドーナツバケツ型に直火で砂糖大さじ5+水大さじ1を焦がし、
火から下ろして水大さじ1+ラム酒大さじ1を加えてカラメルを作る。
L卵4個(またはM卵5個)と、コンデンスミルク1缶、
コンデンスミルクの缶をゆすぎつつ牛乳1杯半をよくまぜまぜ。型に注ぎ入れる。
活力鍋にセットしてシュッシュしたら3分加熱で放置。


作るたびにこんな簡単なお菓子が他にある?って感じする。
コッテリ食べ応えアリの簡単手間無しスイーツ♪


 前のブラジル風プリンはコチラ


言ってみれば缶詰のプリン的。











おやつ会はあまり気張らず、
後はチョコレート系とか袋菓子とか簡単ディップ程度を用意して、
ファミレスで粘る要領で、だらだら喋りながら珈琲を延々とおかわりするのが楽しかった♪
たまにはノンアルコールってのもなかなかに良い。

さあ、ポチッとイってくださいまし〜     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2012-11-22 21:39 | 粉もの | Comments(12)
2012年 02月 02日

じゃがいも入りライ麦パン=ペルナリンプ(perunalimppu)その3

馬鈴薯入り黒パンスパイス入り
越後屋さんのところで、
いかにもうまそ〜な様を目の当たりにして再燃したお題、ペルナリンプ♪





さあ、これで三回目だっ!

c0114069_21513070.jpg
c0114069_21511154.jpg

二回目
初回



こんなにも続けて食べたいほどにすっばらしくおいしいパン、




    ペルナリンプってすばらしい!!!




と、私は声を大にして言いたい!
(今ワインで酔ってるのもちょっとある・・・案の定「すっばらしい」二回言ってる・・・)


事実、ふつーに私の周りの日本人にも結構気に入られる様子。
こんなライ麦率も高いのにかかわらず、
新規さん9人(家族含む)が全員すんなり受け入れてくれた。




自分の好きな物が支持されるってうれしいねえ〜〜〜(じ〜ン)




そんなわけで私は明日の活力を得るのです!

はい!調子こいて二倍仕込み、
いってみよ〜










=ペルナリンプ3= レシピ覚え書き
   2個分

サワー種   320g(ライ麦粉200g+水120g)
ライ麦粉   200g
強力粉    200g
じゃがいも大2個小2個(皮むいて400g)
じゃがいもゆで汁 15g(ゆでてじゃがいもごと計ったら415gだったから)
水      25g
モルトエキス  40g
モラセス    60g
ドライイースト小さじ1
塩      小さじ1.5
クミンシード 小さじ2

仕上げ用モラセス 35g





じゃがいもを小さく切って、ひたひたの水を加え柔らかくなるまで煮る。
クミンをすり鉢でつぶす。
(潰れにくかったので途中で思い出したけど、
インドのスパイス扱いではホールスパイスって炒ってからつぶすっけ?
でもいい、小さじ2程度をわしが力任せでやれいでかっ!)
じゃがいもを人肌まで冷まし、全部入れて10分程良くこねる。
まるめてボールに入れて乾かないようにして暖かい所で二倍ほどになるまで発酵させる。
丸め直して天板にのせ、乾かないようにして暖かい所で仕上げ発酵させる。
180℃ー50分焼く。
熱いうちにモラセス(糖蜜)を塗る。








じゃがいもの水気は少なめを心がけて、
やっとうまいことゆでられるようになってきた。

なんかじゃがいもがもっともっと好きになってきた!
(だから、このじゃがいもをゆでて、
調子出た後すぐさまポテトマカロニサラダ分もゆでたのさ!)




そしてやっとちゃんとクミン入り!
めっちゃ香るからすぐわかる〜
これか〜これだったのか〜越後屋さん〜


ピカピカコテコテ仕上げ。
で、切らずに我慢して待つ。


・・・切り口撮影は一日たってから。
ナイフの刃が動かし辛くかなり切りにくい。


そーだ!ムーミンカフェのやつこんな感じだった!(涙)






    わ〜!んまい〜!





すぐさま2個とも半分に切り、3個を大切に二重にラップしてジプロックして冷凍〜




うふふ。しばらくは安泰じゃっ♪





・・・でも一個難を言うと、ちょっと表面焼き過ぎ?
初回ほどではないけど、甘いからこげやすい。
しかし火の通りが悪い生地だから長時間焼く必要がある。
うちのオーブン180度じゃだめか?じゃ次170度ってことで・・・








終わらない旅
=世界の車窓から=




もう何言ってんだか分かんなくなってきた・・・寝よかな








あ、そだ!こちらおわすれなく〜!
クリックよろしく〜     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村





  
[PR]

by tigerbutter | 2012-02-02 22:56 | 粉もの | Comments(4)
2012年 01月 24日

じゃがいも入りライ麦パン=ペルナリンプ(perunalimppu)その2

c0114069_20445743.jpg

さあ二度目のチャレンジ!

前回


まず驚いたのは私お初のモラセス。
ふたを開けたとたん、こ、この匂いは・・・桃屋?
「ごはんですよ!」じゃ、あ〜りませんか。
(チャーリー浜ふうに読め!)
何故に海苔の佃煮と同じ匂い?????
原料にモラセスは入ってないだろうに、本当に不思議。
こんな珍しい目にあえるなんて、わざわざ買ってきたかいがあった♪
これぜったい塗るから!表面コッテコテに!
期待で胸が高鳴る。

前回の敗因をつぶすため、
水分を控えようとじゃがいも減らしてみたけど、あれ?ゆで汁むしろ増えちゃった・・・
栄養分が溶け出したと思われるゆで汁を使用するという点を高く評価している為、
捨てるのはやだったので全部加えた。
いいもんね、粉足すから。
注意深くこねたら+80gになった。
ライ麦比率変わっちゃったけど、もう今日はソコはいい事にする。

見た目もペルナリンプと名のれそうなものにするため、
仕上げ発酵はザルでなく天板に丸めて置いた。

焼く温度は下げた。180℃ー45分+5分。

すると、おお!ちゃんとネット画像でも確認した通り、
かさ高くごろっとした感じに出来た!

熱いうちにモラセスをまぶしてみた。
刷毛にめっちゃくっつきそうだったから指で塗った。熱かったけど気合いで。
わ!本当にコッテコテ!
やっぱ元は乾燥防止の為にぬったのかなあ?


・・・実は仕上げ発酵終わった段階で気づいたけど、
クミンシードも用意したのに、入れ忘れてた・・・
まただよ!しくしく・・・







=ペルナリンプ2= レシピ覚え書き

サワー種  160g(ライ麦粉100g+水60g)
ライ麦粉  100g
強力粉   180g
じゃがいも小3個(皮むいて190g)
じゃがいもゆで汁 100g(ゆでてじゃがいもごと計ったら290gだったから)
モルトエキス 20g
モラセス   30g
ドライイースト小さじ1
塩      小さじ1

仕上げ用モラセス 適宜

(入れ忘れクミンシード小さじ1)



じゃがいもを小さく切って、ひたひたの水を加え柔らかくなるまで煮る。
人肌まで冷まし、全部入れて良くこねる。様子を見て強力粉を足す。
(最初100gだったけど、どうもゆるいので足して行ったら最終的に180gになった。)
まるめてボールに入れて乾かないようにして暖かい所で二倍ほどになるまで発酵させる。
丸め直して天板にのせ、乾かないようにして暖かい所で仕上げ発酵させる。
180℃ー50分焼く。
暑いうちにモラセス(糖蜜)を塗る。




切ってみたら中身はちゃんとパンとして成立する感じに膨らんだ様子。
強力粉増えたし、前回よりはキモチ真面目にこねてみた。
焼きたてで食べる系じゃ無いと思いながら食べてみると、
もちっとして酸っぱい黒糖パンな感じ。
ほのあたたかいせいか酸味強め。
表面にもモラセス塗ったけど、思ったより甘く感じられ無かった。
ちょい肩すかし・・・
クミンシードも一緒に口に入れてみた。
うん、さわやか風味。
なるほど!なるほど!本当はこうなのね。





落ち着いた明日のお味がまた楽しみ。










クリックよろしく〜     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-01-24 21:41 | 粉もの | Comments(2)
2012年 01月 16日

じゃがいも入りライ麦パン=ペルナリンプ(perunalimppu)

c0114069_18225528.jpg

c0114069_2204368.jpg

ライ麦パン熱が冷めず「次はロシアの黒パンってどう?」って思いつき、
探索してたらフィンランドのじゃがいも入りライ麦パンに行き当たる。

お初の越後屋さんブログで発見!!

ペルナリンプ?ってどこかで聞いたような???
と思って調べたら、
2005年にムーミンカフェ製を確かにいただいた!
真っ黒でべたべたした見ため、
ナイフの刃がなかなか入って行かないムチムチ加減。
おそるおそる食べてみたらこれが、うまっ!!
確かそのときすぐに再現してみたはず。
・・・しかし、記録からもれてる。
多分同時期に凝ってたモルトローフの記録も合わせて無いから、
それらは一緒にどこかに眠ってるはず。

ちぇ〜〜〜
また一からの出発だよん。

ムーミンカフェのHPによるとあれはライ麦率が65%だったらしい。
ふむふむそうだったのか。
越後屋さんのレシピと合わせ技にしてみようっ!






=ペルナリンプ= レシピ覚え書き

サワー種  160g(ライ麦粉100g+水60g)
ライ麦粉  100g
強力粉   100g
じゃがいも小4個(皮むいて250g)
じゃがいもゆで汁 70g(ゆでてじゃがいもごと計ったら320gだった)
モルトエキス 30g
黒砂糖    30g(モラセスケチった・・・)
ドライイースト小さじ1
塩      小さじ半分
キャラウェイシード小さじ1(クミン切らしてるから・・・)


じゃがいもを小さく切って、ひたひたの水を加え柔らかくなるまで煮る。
人肌まで冷まし、全部入れて少しこねる。
10分ほど置いて丸め直して粉をうったかごにいれて暖かい所で発酵させる。
天板にひっくり返して温めたオーブンで焼く。
230℃ー10分+200℃−25分+180度ー10分、合計45分。
かごにとって冷ます。







頭に叩き込んだはずだったのにうろおぼえすぎて途中手順が分からなくなり、
(何を叩き込んだというんだ?)
しかし確認してる間が無くて、
仕方なく最新に作ったドイツ100%ライ麦パンの手順を参考にしてみた。
後で確認したらこんな高温焼成でもないらしい。ずいぶんドイツ寄りになってしまった・・・
故にキモチとウラハラ、クラストだいぶ厚め。

カサが低いのは水分が多過ぎ?過発酵?

モラセスをけちったせいか思ったより黒くない。




それでもこのパン、焼き果物を思わせる甘酸っぱい味わい。
バターつきにしたらまたまたするする入って行っちゃうわあ。
明日のお味がまた楽しみ♪



次回のチャレンジは

もっと低温焼成でモチモチ感重視。
水分減らし〜の、発酵しっかり見極め〜の。
仕上げ、モラセスどばっと塗り込め〜の、真っ黒コテコテ〜のベタベタ〜の。
(も〜古い?)

モラセス買いに行かねば〜♪







投稿三回失敗して山ほど書き直した・・・
もうこれなんなの?なんなの?なんなの?
クリックよろしく〜     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



 
[PR]

by tigerbutter | 2012-01-16 18:25 | 粉もの | Comments(6)