タグ:パンとスープ ( 8 ) タグの人気記事


2015年 12月 29日

酒粕カンパーニュと長持ボルシチ

c0114069_10474213.jpg

やっと見た目おおむねオッケー?って思うカンパーニュが出来たかも。

ただ焼きすぎた。粉量勘違いしてた。
ちっさいパンには短い焼き時間。もう忘れるまい。
c0114069_10474268.jpg


c0114069_10474230.jpg

覚書

アタ100g
強力粉200g
中種30g
酒粕30g
砂糖5g
塩6g
ぬるま湯240g(加水80%)
(こねてから中種50gとりわけ)

ガスオーブン予熱5分
天板ボール予熱無し
ボール被せ250度10分+210度20分


なんか変だと思いながら焼いたけど、全体焼き時間はたぶん23分程度で良かったみたい。
また次回。


ボルシチってかビーツ入りミネストローネっていうか、
こういった類いはあれもこれもどんどん材料を追加したくなって、最終的にスゴイ量が出来上がるが、
出来上がり熱々を清潔な保存容器になみなみと入れて蓋して、
冷めてから冷蔵庫に入れとくと恐ろしく長く保つ。1ヶ月は余裕。
(わ!これ7週間だ!)
でも途中で一回でも蓋を開けた分は普通にアウト。
もっとキチンとするなら瓶詰めにして、茹でて滅菌して…等、しかるべき手間をかければ常温保存も可能だけど、
ものぐさものにちょうどいい方法を発見した気持ちであーる。
やっほう♬

(この方法、1ヶ月はセーフだって経験上分かってた。でもさらに日にちだけが悪戯に過ぎて行き年も押し迫り、もういい加減処分するはずだったスープが、案外美味しい匂いするから食べてみたら全然オッケーだった的実験からだけど、これ最終どこまでいけるんだろうか?)



*注意! 良い子はマネするとキケン!…かもしれないので自己責任で〜






[PR]

by tigerbutter | 2015-12-29 10:21 | 粉もの | Comments(6)
2015年 11月 24日

ベーグル&鹹豆漿朝食

c0114069_14332872.jpg


ものすごく気に入った鹹豆漿はここんとこ10回は食べたと思う。
最近は、水につけた大豆50gほどに適当に水を足してミルサーでガーッと粉砕して、
サラシで絞り、ノンスティックフライパンで加熱した豆乳を使ってみたり、
ぜんぜん飽きない美味しさ。


干し海老類から充分出汁も出るので
スープの素はやめ。

たまたまそういう巡り合わせになり、
ベーグル添えにしたら、
ベーグルの表面のバリッと感やら、中身のほの甘さがものすごく合うこと発見!!




=鹹豆漿=

・熱くした豆乳・・・300cc
・桜エビか干しアミ・・・大さじ1山
・細くした葱類・・・大さじ1山
・黒酢・・・大さじ半分
・塩・・・小さじ1/6〜1/4
・油条とか花巻とかベーグル、
・仕上げ用香り辣油


エビから塩までを器に入れた中に熱々豆乳を注いで、香り辣油タラッ。




酢の作用で固まってフルフルした豆乳と具材が絡まった熱々のスープを
なにかしら粉ものと一緒にいただくと大変充実した朝ごはんになる。





=プレーンベーグル=
・強力粉・・・450g
・塩・・・8g
・砂糖・・・大さじ1・5
・ドライイースト・・・小さじ1
・人肌湯・・・250g
・茹で用砂糖大さじ2

湯までをよく捏ねる。
30分ほど休ませてちょっと膨らんで、菌が全体にまわってる感じになったら6分割して細長に伸ばし、三つ折りしてからもう半分にたたんでとじめをとめてころころころごし、片側だけつぶしてくるっとまるめて端っこを包み込んで止める。
30分ほど置いて少しふくらんだら、
フライパンで水を沸かして砂糖を加えた湯で、片面30秒づつくらい茹でて、ザルで水切りし、
200度のオーブンで15〜18分ほど焼く。









[PR]

by tigerbutter | 2015-11-24 12:54 | 粉もの | Comments(4)
2014年 07月 08日

とうもろこしと南瓜のスープ

c0114069_911507.jpg


またまたパンとスープのお食事。

鶏がラスープは2〜4羽分くらいまとめて圧力鍋でとって、
脂をすくい切ったのを小分け保存するとすぐ使えて重宝している。

・・・スープの素も別に悪くは無いけど、
このプリプリに固まったコラーゲ〜〜〜ンなところが非常に感じが良い。
関節、美容等にやさしげな食物を摂取したい、今日この頃・・




◎とうもろこしと南瓜のスープ 6人分

・南瓜300g
・とうもろこし(ゴールドラッシュ)2本
・鶏がラスープ半羽分
・牛乳1カップ
・塩、胡椒

・仕上げ:生クリーム、イタリアンパセリ


鶏がラスープでざっくり切った南瓜、軸からナイフでこそげとったとうもろこしを煮る。
煮えたら半分程とうもろこしを別にとっておき、バーミックスとか、ミキサーで粉砕。
とっておいたとうもろこしと鍋に戻して牛乳を加え沸かし、塩こしょうで調味する。
仕上げに生クリーム小さじ1ほどとちぎったパセリを散らす。

熱いうちに1人分ずつ保存容器に小分けして、冷めたら速やかに冷凍又は冷蔵する。


◎アタコッペ胡桃ラムレーズン入り
 アタコッペレシピ
 +胡桃60gとラムレーズン60g
成型時に楕円に伸ばした生地に巻き込む。
[PR]

by tigerbutter | 2014-07-08 09:37 | 汁物 | Comments(6)
2014年 07月 07日

アタコッペ

c0114069_1257324.jpg

細かくてパンにも使いよい強力粉の全粒粉、アタ三割強入りのコッペパン。
サンドイッチにもグー。

とても気に入って連続焼きして、
スープとパンのお食事ってのにはまっている。



=アタコッペ=

・強力粉200g
・アタ100g
・ぬるま湯210g
・砂糖10g
・塩5g
・ドライイースト小さじ半分
・バター15g
仕上げ:上新粉

材料をざっと合わせて20分置き、むらなく捏ねる。
乾かないようにして30分置いて折りたたみ丸め直し×2。
常温に置いて2.5倍程になったら6(又は12)分割丸め直し。
20分置いて、細長に成形。
60分程置いて膨らみを確認し、上新粉を振り、切り込みを入れる。
温めたオーブン210℃ー10〜12分焼く。


 
c0114069_12362479.jpg


◎サーモンサンドイッチ
・アタコッペ大
・サーモンソテー半切れ
・千切り人参
・ちぎりパプリカ
・ちぎり胡瓜
・赤たまねぎ
・カシューナッツ
・ハニーマスタードマヨネーズ
・塩こしょう


◎ジャガ芋ポタージュ  バジルオリーブ油仕上げ



c0114069_12445778.jpg


◎朝穫れゴールドラッシュのクリームスープ

◎ヤングコーンサラダ

◎アタコッペ
[PR]

by tigerbutter | 2014-07-07 12:58 | 粉もの | Comments(2)
2014年 05月 27日

葱餅

c0114069_158132.jpg

=葱餅=
材料  二枚分
・小麦粉200g
・ぬるま湯110g
・長ネギ1本弱
・塩豚適宜
・塩、胡麻油、

c0114069_1584147.jpg


昔から大好き葱餅。
でもよそで食べた事が無い。
こんなもんでいいかな?ってあたりで一応満足してた。
味も別に悪く無いと思う。





が!

今回こちらを見て深く感動した。

これが台湾風?

うちの葱餅にもこんなロティチャナイのごとくなハラハラした内層が欲しい。
私独自の解釈では、
小麦料理としての格が数段上に見えてシビレた。



今後、こっち方面に是非チャレンジしたいと思う!!!
[PR]

by tigerbutter | 2014-05-27 15:40 | 粉もの | Comments(5)
2012年 02月 23日

ボルシチ

c0114069_9554360.jpg

初の葉っぱ付きビーツを入手してものすごくノリノリな私は、

考えて考えて・・・やっぱボルシチ食べたいかも。
(葉っぱ関係ないじゃん・・・)



過去数回生ビーツを入手した時は皮付きで丸ごと下ゆでしてから使ったが、
今回ビーツが1個でも売ってる事を知り、
だったらもっと簡単に使いたいと思い、
生太線切りを塩で揉んで酢ちょっとだけからめて少し置いて、
(なんて言うか色が定着するといいなあって思って)
スープに投入してみた。



・・・ところが非常に不本意なことにビーツは白くなり、
スープは微妙な程度に赤くなった。





あれ???





そんな煮込んでもないのに、
スープが紅くならないのは私が至らないせい?
精進が足りないせいなの?

・・・もっと写経とかしたほうがいいかなあ・・・

と、非常に気にやんでいたところ、
またビーツを購入して使ってみたらば原因が分かった。


つまりは使ったビーツは色素が薄い。
いつも使うのはもっともっと黒い程に真っ赤っかのビーツ。

そうそう、これこれ!
私のせいじゃなかったのね〜良かった♪





 

   教訓  ボルシチには深紅のビーツを使うべし!








c0114069_95806.jpg
c0114069_9564989.jpg

こんな可愛いのに、ボルシチにはむいてない霜降り肉みたいにも見えるビーツ。





=でも味は十分すぎる程美味しかったボルシチ=  レシピ覚え書き

水         適宜
トマト角切り水煮缶 1缶
蒸したヒヨコ豆   ぐーひとつ分
にんじん      1本
玉ねぎ       2個
シメジ       1株
自家製サーラ      ふた切れ
鶏もも肉      1枚
塩         適宜
胡椒        適宜

霜降りビーツ    2個
塩         適宜
酢         適宜


ゆるいクリームチーズ 適宜





豆に合わせてみんなさいの目切りにして水で煮る。
(サーラは小さめ)
煮えてきたら塩こしょうで味を整えて、
ビーツの塩酢もみを合わせて煮えたら出来上がり。





ってか、ほぼこないだの豆スープに、
ビーツとサーラ入っただけでもう「ボルシチ」って呼んでいいのか?
って気もするけど、
そこはまあ、「なーなー」で・・・



このビーツ色は駄目だったけど
「ビーツって砂糖大根の仲間なんだ〜!」
って思う程に甘く深い味わい。
これはこれでは美味しい。

で、またサーラがものすごくいい味出してる。
今回の生食不可サーラも使い道はガッツリ確保できた!







まだまだ寒いさなか。
ロシアっぽい気分はとまらない。

朝ごはんに黒パンと昨夜の残りボルシチ♪







はいクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-02-23 10:57 | 汁物 | Comments(5)
2012年 02月 07日

黒パンと豆スープ朝食

c0114069_14464375.jpg

「豆スープ」と呼んだ方が黒パンに合う気がしたので、
ミネストローネの手順で作ってもそう呼んでみる。







=豆スープ= レシピ覚え書き


オリーブオイル 大さじ2
にんにく    1片
玉ねぎ     大1個
にんじん    中1本
セロリ     1本
パストラミ   5枚
蒸しヒヨコ豆  握りこぶし一つ分
トマト缶    1缶
塩 胡椒 水


材料の大きさをそろえて、
鍋に油でにんにくの香り出しをしてから、
みんな入れていいにおいがするまで煮込む。




思ったよりとっても甘みのあるスープになった。
これ主にはにんじんと蒸しヒヨコ豆のせい?




コーヒーとペルナリンプのクリームチーズのせと一緒に私の朝ご飯。







なんか充実!







クリックよろしく〜     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-02-07 15:11 | 汁物 | Comments(4)
2007年 03月 25日

豆スープ

c0114069_9411888.jpg

朝ごはんに、コーンミールスコーンと豆スープ。

ブラジルショップ購入のカリオカ豆と塩漬け干し牛肉を使って、
キャベツいっしょにフェジョンもどきのスープにした。
カリオカ豆は煮るととろけるようにやわらかく、やわやわのキャベツ、
干し肉の出汁と良く合う。
豆は上質の物ほど煮え易いので、煮加減に注意する。
塩気は干し肉だけでちょうどだった。
仕上げに炒めたにんにくオイルはを入れてもおいしいけど、今日は無し。 

 =豆スープ=  一鍋分800kcal

 材料/キャベツ半分、カリオカ豆1カップ(前日洗って水に漬けておく)、干し肉40g、水

 作り方/圧力鍋に水を入れて火にかけている間に、
      大きな塩粒をざっと洗い流した干し肉を細かく刻んで、沸いたところに入れる。
      キャベツを2cm角ぐらいに切り、豆と鍋に入れる。沸いたら加圧50秒。(活力鍋)
      圧力が下がったら蓋を開けてくずさないようにひとまぜする。
      お好みの塩加減にととのえる。
      

 
 
[PR]

by tigerbutter | 2007-03-25 10:03 | 汁物 | Comments(0)