タグ:チョコレート ( 21 ) タグの人気記事


2015年 02月 15日

ジャム&チョコ絞り出しクッキー

c0114069_2115839.jpg

こちらもプレゼント分。

ネットで見つけた、くっきりエッジのきいた絞り出しのジャムクッキーに、
「ビビビッ!」とキタけど、(もしやこの言い回し・・・古い?)
絞り出しクッキーなら息子はバターたっぷりの薔薇のクッキーがことのほかお気に入りだった事を思い出した。
(息子メイン?)
薔薇クッキーはバターが多い分ダレやすく、そんなに綺麗にエッジは出ない。


プレゼントだからこそ!
ビジュアル重視って気持ちと、
プレゼントだからこそ!
できるだけリッチにして技の無さをカバーしたい気持ちがせめぎ合う。


とりあえずは、私の好き好き息子が好む、リッチタイプにしてみた。
(・・・こんなん言ってんのバレたら、「キモッ!」とか言われる〜うひょひょ〜)






ところが〜〜〜
こっちは簡単な計算ミスで水量を少なくしてしまい、
(またかよ!・・・まさかの水足りず製作が2度も続くなんて!!)
やたら固い生地になり絞り出しに四苦八苦。
ビジュアル的に悪化してしまった。




・・・まあ、いっか!




濃いうま♪







=ジャム&チョコクッキー=   36個分
・無塩発酵バター・・・135g
・粉糖・・・75g(55gでも副材料もあるせいか問題無し)
・塩・・・ひとつまみ
・バニラオイル・・・適宜
・水・・・22g(15gだと上手く絞れない)
・薄力粉・・・180g

ジャムタイプ/糖度80%で毎年アホほど作る自家製あんずジャム
チョコタイプ/ミルクチョコ、カシューナッツ
ホワイトチョコタイプ/ホワイトチョコ、乾燥ラズベリー

バターを柔らかくして粉糖、塩を入れてふわっとなるまですり混ぜる。
バニラオイルと、水も加えてよ〜く混ぜる。
ふるった薄力粉を加え、必要最小限に混ぜる。
星形の口金(6切#8)をつけた絞り出汁袋に生地を入れ絞り出す。
真ん中に入れるタイプは細いめん棒(直系2.2cm)の先に粉糖をまぶして真ん中にくぼみをつける。
170℃−8分ほど焼いて、くぼみタイプの生地がふくれて上がっていたらめん棒の先で押さえ、
ジャムタイプはジャムを入れ、160℃−8分ほど、各タイプ様子を見ながら加減して焼く。
よく冷まして、
チョコタイプは湯煎で溶かしたチョコをスプーンで穴に入れてカシューナッツぱらっ。
ホワイトチョコタイプは溶かしたチョコにひたして表面にくっつけて乾燥ラズベリーぱらっ。
よく乾いてからラッピングする。
[PR]

by tigerbutter | 2015-02-15 01:04 | あまいもの | Comments(2)
2015年 02月 13日

甘夏チーズマーブルブラウニー

c0114069_2148182.jpg


明日はバレンタイン。
さて、今年もブラウニー。このお手軽さには味をしめた〜
チョコの半分をミルクチョコに代え、ラム酒と苦みの甘夏ピール入り、前回よりちょい甘み控えめにしてみた。
そんでもってチーズマーブル!ここは外せない。
前回分は一個が食べごたえアリ過ぎに思えたので2/3に小さくしてみた。



すんごいおいしー!
・・・私がつまんでるのは端っこだけど、前回のよりだいぶ好き!!
甘夏ピールとチョコはなんでこんなに合うのか?






c0114069_21483753.jpg
c0114069_21485737.jpg



=甘夏チーズマーブルブラウニー=
   21cm角型1台分(4×6=24個分)

①薄力粉・・・60g
①ココア・・・20g
①ブラックココア・・・5g
②クーベルチュールスイートチョコレート・・・75g
②ミルクチョコレート・・・75g
②無塩発酵バター・・・75g
③上白糖・・・90g
③卵Lサイズ・・・2個
③ラム酒・・・20g
甘夏ピール・・120g(100g+飾り用20g)
④クリームチーズ・・・130g
④上白糖・・・40g
④牛乳・・・13g(入れ忘れると、マーブルが不細工になる事ウケアイ)

1、①を合わせてふるう。
2、②をチンして溶かす。
3、2に③を加えて良く混ぜる。①も加えてむらなく混ぜ、甘夏ピールのみじん切りも加える。
4、クリームチーズをチンして柔らかくし、残りの④を加えてなめらかに良く混ぜる。
5、オーブンペーパーをしいた型にチョコレート生地を流し入れて平らに整え、
  チーズ生地を所々において飾り用甘夏ピールをちらし、箸でぐるぐるっとマーブル模様にする。
6、予熱したガスオーブン、170℃ー13分+160℃ー10分焼く。
7、良く冷ましてから、端を切り落とし24分割する。



それが・・
お急ぎ分、ゆうパック配送締め切り時間に気をとられ、
まさかの牛乳入れ忘れ・・・
「チーズ生地固いけど、それは寒いから?もっと温めた方が良かったんだっけ?」
とか思いながら確認しなかった〜

チョコ生地がラム酒で弛んでる分、チーズ生地はちょうど良く沈んだので、
牛乳さえ入れてたらいい感じに出来たに違いないのに、
全くもって残念無念〜


焼きたてを小さく切るのは無理なんで、4分割でラッピングして、
私はコートを着る間も惜しんで車に乗り込み、
いつもながら時間配分のマジシャンかと思うぎりぎり加減で間にあった。セ〜フ。
(・・・いや、普通にアウトも多い。一か八かってことか・・・)
[PR]

by tigerbutter | 2015-02-13 22:02 | あまいもの | Comments(6)
2015年 01月 30日

チョコつきクッキー(軽いタイプ)

c0114069_14215612.jpg

珍しく、ベーキングパウダー多めの軽いプレーンなクッキーを食べたい気分になり、
砂古玉緒さんのレシピちょいアレンジで作ってみたら、思ったよりも軽過ぎになり・・・
こんなたくさん・・・さて困ったなあ・・・



で、持ってた板チョコを溶かしてくっつける事にした。

割ったチョコを湯煎してスプーンでぬりぬり。
ローストアーモンドパラッ。
ありがた〜いチョコ菓子が出来た。

チョコの付いたクッキーは大好きだけど、
クッキーを焼いた上に、二度手間にチョコをかけるなんて、そんな面倒な事はとんでもないと思ってた。
しかし、やってみたらばべつに恐れる程の手間でもな〜んでもなかった。

案ずるより産むが易しきよし、メガネメガネ・・・





ゆる〜いチョコクッキー記録。

=チョコつきクッキー=   45個
・バター・・・80g
・粉砂糖・・・80g
・卵・・・70g
・牛乳・・・大さじ1
・塩・・・ひとつまみ
・バニラオイル・・・少々
・薄力粉・・・200g
・ベーキングパウダー・・・小さじ1

・ガーナ板チョコ・・・2枚くらい(これはブラックとミルク)
・ローストアーモンドダイス・・・適宜

柔らかくしたバタースタートの絞り出しクッキー生地を作る。
天板に好きに絞り出す。
170℃ー13分くらい良い焼き色が付くまで焼く。取り出して冷ます。
溶かしたチョコレートをスプーンで塗り、ナッツパラっ。


・・・近年、板チョコの目方がドンドン減って行くのはいかがなものかと思う。
薄くて湯煎しやすいし、ダイエットには好都合だけども、
でもレシピがズレるじゃ〜〜ん!
(コチラぜんぜん厳密レシピじゃございませんけども)


c0114069_19421061.jpg

べつに悪くは無いプレーン。
ムーンライトビスケット風でいて、もっとあっさりしてる。
[PR]

by tigerbutter | 2015-01-30 14:42 | あまいもの | Comments(0)
2014年 02月 20日

2014クランベリーチーズマーブルブラウニー

c0114069_1223568.jpg


・・・なんか、名前が長い!バレンタインの覚書レシピ。


◆クランベリーチーズマーブルブラウニー
   21cm角型1台分(4×4=16個分)

①薄力粉・・・60g
①ココア・・・20g
①ブラックココア・・・5g
②クーベルチュールスイートチョコレート・・・150g
②無塩バター・・・75g
③きび砂糖・・・120g
③卵Lサイズ・・・2個
ドライクランベリー・・40g
④クリームチーズ・・・130g
④上白糖・・・30g
④牛乳・・・13g

1、①を合わせてふるう。
2、②をチンして溶かす。
2に③を加えて良く混ぜる。①も加えてむらなく混ぜ、ドライクランベリーを加える。
4、クリームチーズをチンして柔らかくし、残りの④を加えてなめらかに良く混ぜる。
5、オーブンペーパーをしいた型にチョコレート生地を流し入れて平らに整え、
  チーズ生地を所々において箸でぐるぐるっとマーブル模様にする。
6、予熱したガスオーブン、170℃ー18分+160℃ー5分焼く。
7、良く冷ましてから、端を切り落とし、さらに16分割する。



c0114069_2341874.jpg
c0114069_234402.jpg
c0114069_2335643.jpg



今年のバレンタインはね、トリュフのね、ケースを前もって用意するのも面倒だったって言うか・・・
あ〜ものぐさ度がドンドン上がっていく〜

ブラウニー製作は今回で人生3回目くらいのチャレンジではないかと思う。
(お初に近いようなもんを、人様に差し上げたら駄目じゃん?・・・)

・・・あ、そう言えば私、
アメリカンブラウニーのレシピ本持ってた。
なんせ250種ものってて、写真が少ないのでなかなかイメージがわかず、
オンスをグラムに換算したりするのが面倒で、考察はやけに長かった上に、
結局いまいちな物が出来上がってしまってから、すっかり興味を失ってた・・・


c0114069_9533581.jpg



今回のはとくにアメリカンは意識せずに、あの本も見てない。(持ってる事すら忘れてた・・・)
ネットで探したレシピをいくつか複合して、手持ちの材料と相談してアレンジしてみた。
塩も入れないでみたら、フツーに「濃いうま」仕上がり。
これは濃い珈琲と合わせて、ちびちびいただくのが吉かと。

だいぶ甘い気もするけどチョコ好き娘にかなり大絶賛される。
チーズのミルキー感と、たまに出てくるクランベリーの酸味で、ありがたみ3倍増とのこと。


・・・また、そう言えば私、
マーブル模様がとても好きだってことを思い出した。
まだ実家にいた頃、マーブルバターケーキとマーブルクッキーはもう嫌という程に焼いた。
近年はマーブルシフォンケーキにかなりはまった。
マーブリングキットでマーブル模様の紙を染めるのもだいぶ楽しい。
感じの良いマーブル模様をめざすってのは非常にやりがいある作業なのだ。

c0114069_1213868.jpg



ブラウニーは材料さえそろえておけば手順は超簡単。
それでいて濃いー濃いーチョコ菓子がどっさり出来上がる喜び♪

これは確実にリピ決定〜・・・って、
私、端っこしか味見してないから、ちゃんと1個は食べたいわけよ!







いや〜、チョコレートって、ほんっとにいいもんですね!
良かったらポチしてね♪     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2014-02-20 00:49 | あまいもの | Comments(4)
2013年 07月 26日

コーヒー風味ブラックチョコレートタルト

c0114069_14261517.jpg

=コーヒー風味ブラックチョコレートタルト= 
 (直径21cmタルト型使用)


・タルト生地
卵膜に竹串でぶつぶつ穴を開けてから40秒チンした卵黄1個  
薄力粉 150g
ラカント大匙2
バター 70g
塩   ひとつまみ
水   大さじ2

FPに加熱した卵黄を入れてぽろぽろにしてから、
水以外をいれてさらにぽろぽろにし、
水を加えてまとまる程度にガッガッ。
生地を円くまとめてラップして、蔵庫で30分以上寝かす。
ラップにはさんでのばした生地を型にしきこんで冷やす。
たくさん生地に穴を開けて熱したオーブンで空焼き。
ガスオーブン:200度-12分。


・フィリング
生クリーム135g
牛乳125g
インスタントコーヒー 小さじ2
明治ブラックチョコレート 3枚(165g)
卵  M1個


クリームと牛乳を沸騰直前まで温めてコーヒーとチョコをいれて溶かす。
卵も良く混ぜてタルト生地に流し込んで焼く。
180度-17分。

冷ましてから冷蔵庫でさらに冷やす。


・トッピング用クリーム
生クリーム100g
ラカント大さじ1弱


クリームをゆるめに泡立てて冷えたタルトにのせる
次の日がなじんで美味しい。





この誕生日で15歳の娘はダイエット中。

先日キルフェボンのタルトのカロリーを調べたら、
(散々食べて、今ごろ・・・)
チョコタルトは1ピースが600kcalを越していたのでびっくり仰天した。
フルーツタルト系は300kcalちょっとですってよ。



    ま、まさか!
    そうだったのかああああ



無知って怖いわあ。

そんなわけで、急に今回は低カロリーに仕上げてみた。

トッピング、フィリング共に生クリームはちょっと少なめ、ダイエット甘味料使用。
1/8ホール400kcalぴったり。
カカオマス使用にしてチョコレートの糖分もゼロカロリーのラカントに置き換えれば、
さらにカロリーダウンできるだろうに、カカオマスはすぐに入手出来なかった。
でも、1ピース600kcal→400kcalなら、御の字だろう。


普通に買えるブラックの板チョコを使用したら、
やっと、クリームをのせてちょうどの仕上がりだった。
大好きチョコタルト、結局一年に一回くらいしか作らないので、
ココまで来るのにやたら遠かったよなあ。









無意識に・・・

私の選ぶもんはたいがい高カロリー。
娘は物心ついた時から、どっちのお菓子が大きいのか瞬時に判断出来た。
系統一緒。
飽食日本では、むしろマイナスな能力・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-07-26 14:29 | あまいもの | Comments(2)
2013年 02月 16日

チョコレート薔薇クッキー&いちご薔薇クッキー

c0114069_19304561.jpg

画像で見つけて一目惚れしてしまったいちごミルクのぐるぐるクッキー



乙女心ワシヅカミ〜



俄然やる気になって、すぐさまチャレンジだっ!
(構想三年とかザラな、ものぐさ者が動いた!)


c0114069_20445836.jpg

c0114069_20454852.jpg

いちご薔薇クッキー1回目

覚書レシピ
無塩発酵バター   180g
粉砂糖       100g
塩         ふたつまみ
卵白        30g

薄力粉       120g

薄力粉       110g
いちごパウダー   10g

FDいちごダイス   適宜


天板2枚同時
ガスオーブン170℃−7分+160℃ー3分+150℃−6分





素敵クッキーのレシピをお借りして生地を作り、
しかし口金は星形の6切りしかうちには無かったので、しかたなくそれで。

そしてイキナリのダメポイント、生地二倍量を全部絞り出し袋に詰めると作業しにくい。

だいたい絞り出しクッキーっての、何十年かぶりで、
案の定、形はバラバラ・・・薔薇だけに・・・(言うと思った?)

それは良いとして、いちごパウダーはお味はばっちりだったけど、
見本のような色が出てない。
焦がし気味なのも当然影響してるけど、生のときから色が薄い・・・
ふ〜ん、いちごパウダーは発色が色々なのね。


あと、焼いたらだれた。見本よりもずいぶんだれた。
確かにバターは多いが、何がいけなかったのか?
食感悪くなりそうだけどもっと混ぜても良いのかなあ?

・・・薔薇っぽさもだいぶチガウような・・・


とりあえず次回は色粉も使う。
で、あんなロマンチックな感じにする!



だって、このクッキーはかなりおいしい♪




c0114069_1930412.jpg

c0114069_20462331.jpg

チョコレート薔薇クッキー
そうだ!バレンタインじゃないかい。
なんかチョコレートものがいる!
エッジが綺麗に出てたレシピを参考にしてみた。

覚書レシピ

薄力粉     180g
ココア     25g
無塩発酵バター 150g
塩       ひとつまみ強
生クリーム   大さじ3
牛乳      大さじ2
上白糖     90g


天板2枚に絞り出し、ダレ防止の為一枚づつ焼いてみた。

170℃−7分+150℃−10分






バターのきいたミルクチョコ味、おいしいわあ♪






c0114069_20503499.jpg

c0114069_2342843.jpg

いちご薔薇クッキー2回目

覚書レシピ
無塩発酵バター   90g
上白糖       50g
塩         ひとつまみ
牛乳        15g

薄力粉       55g
片栗粉       5g

薄力粉       50g
片栗粉       5g
いちごパウダー   5g
食紅        少々

FDいちごダイス   適宜


天板2枚に絞り出し、一枚づつ焼く。


170℃−7分+150℃−10分


まだ焼き色つきすぎてる。
結局前回よりもっと混ぜが足りなかったので生地の滑らかさがもう一つで扱い辛かった。
粉砂糖を切らして(ああ、ばかばか!)上白糖と片栗粉にしたのもいけなかった?
焼いたらまたダレた。
食感も前のより若干粗い。


あれ?後退してる?


お初にゲットしてきた星形5切りを使ってみた。
・・・う〜ん、ダレたらどれも一緒って気もするけど、
もっと花びらが内側に倒れた薔薇っぽさがやっぱり足りないような・・・




見つけた!ネットお取り寄せ!
ちょっとねじれたドイツ製口金の花形ってやつ。
これならあんな風になりそうな気がする〜

  早くコイコイ新口金〜♪










・・・5切りの口金をゲットするのに、
私めっちゃ久々にデパートに出かけた。

この町に前は3つあったデパート、今はもう1つしか無いのん。
そのせいなんだかどうだか、
ついでに寄ったリニューアルされてる魚売り場はものすごく品揃え豊富で、
丸のお魚もいい感じに選べるくらい量もあるわけ。
しかもお値段も買いやすいころあいで〜。

・・・でまた、丸の魚は「調理します」って書いてあるの。





     おーまいが〜〜〜〜〜〜!!!





ちょっとおおお!
こんな家からスグ近くにい、
(遠いと魚は細切れにする程鮮度は下がるとか理由はつけれるけど・・・)
便利過ぎるお造り調達ルートがあったらあ、
私のお魚修行は成立しないじゃん!

わざわざ自分でさばくからには、
そうしなければならない状況が要るでしょ〜が〜!





あ〜もう、ダレにもお魚をさわらせやしない為には自分で釣ってくる?
・・・雑魚ばっかでお造りできない〜






    困ったわ〜〜〜








・・・あれ・・・見なかった事にする?










それにしても、私の発想は完全に不便な場所で暮らす人のもの。
自分が骨の随まで田舎の人だってこと、今更になって分かったあ。

当たり前に便利な場所で育った人にこの発想は無いんだろなあ。













東京に、


5年も住めば、


田舎育ちも、


チャラになるかと思っていたら・・・


そうは問屋が卸さない!らしい・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村















教えて〜

アルムのもみの木よ〜♪
[PR]

by tigerbutter | 2013-02-16 23:43 | あまいもの | Comments(12)
2012年 02月 24日

アイスチョコレートトリュフ バレンタイン2012

c0114069_1291159.jpg

今年のバレンタインも準備に出遅れる。


着手は当日。

今回はチョコレートを刻む手間すらいらないので、
さらに楽勝!・・・のはずが、
ほぼいつものつもりで作ったがなんだか固まらず・・・
(比べたら水分多めで脂肪分低い!)

冷凍するとちょうどいい固さになるので、
もうここは愛すチョコってことで・・・
(殺意持たないでね〜)






=アイスチョコレートトリュフ= 50個分 レシピ覚書

 クーベルチュールチョコレート       180g
 (不二製油製 カカオ分58% チャンク)
 
 クーベルチュールミルクチョコレート    180g
 (カレボー社製  タブレット)  
 無塩バター                45g
 生クリーム(タカナシ47%)        200mml
 生クリーム(タカナシ38%)        200mml          
 ラムレーズン(マイヤーズラム使用)    120g
 ラムレーズン漬け汁            大匙2
 ココアパウダー(イル・プルー)        適宜

 

 チョコレートをバターと一緒にボールに入れ、
 沸騰直前まで温めた生クリームを注いで混ぜる。

 混ざったらラムレーズンと漬け汁も加えて、程扱いよい硬さになるまで冷やす。

 アイスクリームディッシャー16ccで、
 チョコレートをココアをまぶしたバットに落としていく。 
c0114069_1284364.jpg

 上からも茶漉しでココアをふりかけ、まだやわいので少し冷凍。
 そのままじゃ箱に詰め辛いので手のひらで丸めて容器に入れる。

 お好みにラッピングする。
c0114069_128949.jpg


     =アイストリュフ=
   冷凍庫で凍らせるのがおすすめです。
   お早めにお召し上がりください。




って、今年は丁寧にカードまでつけましたわよ。





良い点は
冷凍保存してあるので、なかなか会えない方の分も取っておける事。
・・・あんまり遅いと、何の事だか分かりにくく、驚かれるのが嫌だけど・・・







ビターじゃなく、ミルクチョコ入り。
これはこれでミルキーで美味しい。






3個入りの器なんだから
「味違いで詰めたらいいだろうなあ」という思いと、
でも比べる事になると
「一番美味しいのは一つしかないよなあ」とかいう思いがうずまく・・・

考えるのは勝手だけど、
実際は着手が遅すぎる・・・







はいクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-02-24 13:00 | あまいもの | Comments(0)
2012年 01月 20日

柿の種チョコレート

c0114069_14303259.jpg

いただきもの。
メリーチョコレートカムパニーの柿の種チョコレート。






さて試食!


チョコ層厚め。
ミルクチョコの旨ミルクな感じの後に、
柿の種のピリッと醤油香ばしい感じ。



   う〜ん、これはいい!




知ってた柿の種チョコレートとはひと味違う。

そういえば、くれた方はしばらくはまってたって聞いた。なるほど!








ワインにも合う♪








クリックよろしく〜     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-01-20 14:49 | あまいもの | Comments(0)
2011年 12月 26日

コーヒー風味ガーナミルクチョコレートタルト

c0114069_885158.jpg

クリスマスのデザートにコーヒー風味のチョコレートタルト。

クリスマスっぽい感じはまるで無く、
超地味・・・せめてヒイラギでものせれば良かった。





=コーヒー風味チョコレートタルト= レシピ覚書 (直径21cmタルト型使用)


・タルト生地

穴を開けてから40秒チンした卵黄1個  
薄力粉 150g
グラニュー糖 大匙2
バター 70g
塩   ひとつまみ
水   大さじ2

FP水以外をいれてぽろぽろにしてから、水を加えてまとまる程度にガッガッ。
生地を冷蔵庫で30分以上寝かす。
型にラップにはさんでのばした生地をしきこんで、たくさん穴を開けて空焼き。
200度-13分。


・フィリング

生クリーム1カップ
牛乳75cc
インスタントコーヒー 小さじ2
ガーナミルクチョコレート 3枚(180g)
卵  M1個


・トッピング用ココア


クリームと牛乳を沸騰直前まで温めてコーヒーとチョコをいれて溶かす。
卵も良く混ぜてタルト生地に流し込んで焼く。
180度-17分。

冷ましてから冷蔵庫でさらに冷やす。


(by行正り香さん「タルトとパイ」参考) 




このタルトは焼いた日よりも次の日のほうがフィリングがなじんで断然美味しい。

今回お初に本のおすすめ通りにミルクの板チョコを使用してみたら、
クーベルチュールチョコレート使用バージョン前回前々回と、
まるで別物になった。
前二回ともはちょっと濃すぎ感があり。
今回焼く前にフィリングの味見したら思いの外甘くてアセった。
苦みがほとんど無くてかなりミルキー。
コンビニのチョコレートデザートに似てると娘。

悪くはないけど求めてるものとは違う。
これだとチョコレート好きにはどうにも物足りなさが残る。

次はトッピングに生クリームちょっとのせたいあたりのぴったり配合をねらえっ!




チョコレートタルト。
朝起きた時ちょっとだけ切ってカフェオレのお供にするとか、
すご〜くいい。
やぱりすご〜く好き。











クリックよろしく〜     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村





 
[PR]

by tigerbutter | 2011-12-26 08:55 | あまいもの | Comments(4)
2011年 12月 08日

チョコチャンククッキー

c0114069_17545563.jpg

私がアメリカ〜ンなチョコチャンククッキーをはじめて食べたのは17歳。
横浜元町にあったDavid's Cookies製。(現在本家アメリカHP
今となっては遠い遠〜いむかし、修学旅行自由行動の日のこと。



惜しげも無く使われてるフレッシュバターのとろける味わい。

無造作にちりばめられたチョコレート塊の大きさ。





    クッキーをこんなにしてもいいんだ!!!


  


当時あまりのリッチさに度肝を抜かれた私。
あの衝撃は今でも覚えてる。

それからしばらく結構はまって作ってたチョコチャンククッキー。
懐かしい遠い日の思い出の味。







今回、画像がとっても美味しそうだったクックパッドレシピにて、
気軽にレッツ!チャレ〜ンジ!




それが・・・思ったより、
もっともっと広がって隣とくっつきまくり。


アメリカンクッキーここんとこ2度目。
前回ピーナツバタークッキーは四角型になったのに、
今回はずらして生地を置いてみたので六角型になった・・・
ちょっと亀の背中風?





    横に広がる性質の重層生地、おそるべし!




・・・ってか、学習しようよ・・・




砂糖たっぷりで粉の少ない配合は、ネチネチとってもチューウィー食感。
結構広がって膨らむせいか、思ったほど激甘って印象でもない。
ちらっと入ったインスタントコーヒーがまたいい味出してる。
溶け切ってないので、ところどころ苦いのもご愛嬌。



ただ、見本よりずいぶんと薄目に・・・
むしろ水小さじ1をはしょって入れなかったのになぜ?
私なんかまちがったか?
次回作るならもうちょっと厚めを目指そう!
・・・って、も一度元のレシピを良く見たら、
結構材料変更しちゃってるから、
仕上がり違って文句いってんじゃないよ!

ぱきぱき割ったチョコは一応1/2カップになったけど、
細かいチョコチップ1/2カップよりずいぶん少なそう。
チョコは二枚に増量した方がよいな。






=とりあえず今日のチョコチャンククッキー= レシピ覚え書き

無塩バター 100g
上白糖   150g
塩     ふたつまみ
卵m    1個
インスタントコーヒー 小さじ1

薄力粉   150g
重層    小さじ1/4

ガーナチョコレート 1枚


①薄力粉と重層をボールに入れて泡立器でよ〜く混ぜてダマをなくす。
②バターをチンで溶かして、コーヒーまで順番にどんどん良く混ぜていく。
(コーヒーは溶け残るけど、気にしない・・・)
③①に②をさっくり混ぜる。
 途中、銀紙をはがさず出来るだけボキボキに割ったチョコレートも加える。
 (大きい塊があったら速やかに細かくする)

④大さじ1ずつ十分に間隔を空けて天板にこんもりのせる。
⑤予熱したガスオーブンで170℃ー10分焼く。

そのまま冷ましてカリカリ&チューウィー♪





でもこれはこれで結構気に入った。


チョコチャンククッキーとミルクは最強だと娘は言う

クリックよろしく〜     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2011-12-08 19:17 | あまいもの | Comments(8)