知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ

タグ:スペインのおいしい ( 28 ) タグの人気記事


2013年 02月 24日

タルタルソース添え牡蠣フライ&くるりん海老のアヒージョ、他

c0114069_17505969.jpg

牡蠣フライ
今期お初の牡蠣フライ♪

なぜなら、それは牡蠣の味がのってくるこの時期まで、
浜名湖牡蠣のキロ買いを我慢してみたからであ〜る。




タルタルソースをたっぷり添えて、がぶり!

う〜ん、我慢したかいあったわ〜


 
タルタルソース
レシピ
茹で卵4個を卵切り器で縦に切って90℃ずらして縦に切って、横にずらして切って、
自家製玉ねぎピクルスとつけ汁、塩、胡椒、マヨネーズと合わせる。
c0114069_175021100.jpg


1キロ買いしようと思ってはり切って出かけたら、
浜名湖牡蠣に500g入りがあること、初めて知った。


入手先は舞阪丸小水産 大粒1600円/500g(ちなみに中粒は1300円)

約20粒入りだと聞いた。

c0114069_17495914.jpg

今まで1kg入りの数を数えた事は多分無いけど、そう言われると気になって数えてみた。

21粒だった!


  むっちゃぷりっぷり







今期の牡蠣の終わりまで、これから牡蠣三昧じゃっ♪







c0114069_17492660.jpg

くるりん海老のアヒージョ

まただよアヒージョ。

さすがにオリーブオイルは控えめにしてみた・・・

海老は半割にすると可愛くらせんに丸まって、ニンニクオイルもからみやすいので吉。
半割にんにくたっぷり。


最後に残る煮汁オイルは、にんにくと海老の強い甘みと香りで、
これをパンで拭き取って食べるのは、
本当に理にかなってるなあと感心する事しきり。








c0114069_17484530.jpg

牛肩ロース焼き肉たれ炒め
普通サイズのスキレット(直径23.8cm)活用メニュー


焼き肉のタレは気分でテキトウに混ぜて煮立てて作る。
今回のはまたごっつ美味しいので、そのままごはんにかけたいくらい。

焼き肉のタレ
醤油、味噌、酒、みりん、玉ねぎ、りんご、生姜、にんにく、はちみつ、コチュジャン、胡麻、


焼いた肉にタレをからめ焼きして、
しゃきっと炒めた玉ねぎのせて熱々スキレットのままサーブする。








c0114069_17481818.jpg

パプリカのマリネ
パプリカを強火で網焼きして黒く焦がし、皮をむいて食べやすい大きさに切り、
ワインビネガー少々とオリーブオイルをかけて塩パラッ。








焼パプリカはめっちゃフルーティー♪









c0114069_17473744.jpg

羽根つき餃子

餃子を並べるバットに敷く片栗粉を多めにしたら、
普通に焼いても羽根つき餃子になる事発見!







餃子+ビール=ええよね〜♪













今、家肴がアツイ!・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-02-24 20:26 |
2013年 02月 13日

金目鯛の煮付け&アヒージョ2種類、他

c0114069_14311012.jpg

金目鯛の煮付け
一度まるごとで煮付けたいと思いつつ、やっと実現出来た。
それはその日店にあった、大きい金目の鮮度がもう一つに見えたから・・・
(大きいのゲットしたら、やっぱりお造り分をとってからの、アラの煮付けになるわね〜)

ちょっと小ちゃい金目780円ゲット。





初めての金目丸ごと煮付けには、ちょっと緊張した私。
皮がはがれないようにアルミホイルをしいたり、こまめに煮汁をかけたり、
普段の魚料理の何倍も気を使った。
生姜無し、濃い口醤油使用。


・・・結果、なんかちょっと濃過ぎる出来だったが、
おかずにはまあいいか。

珍しく気を張った白髪葱も作ってみた。
ああ〜これって煮付けに合うわあ。白髪葱ってすごいのね〜


ただ、小さめの金目はそんなにも脂はのってないので、
大きい金目のあら煮のほうが濃厚。

次、もっと気を大きくして、大きい金目の丸煮に挑戦したい。




金目鯛ってステキ♪




c0114069_14301997.jpg

東坡肉

レシピ
細長く切り分けた豚バラ肉を、中華鍋で脂を落としながらじっくりこんがりと焼き付けてから、
中国風に、たまり醤油と八角と老酒と氷砂糖で風味漬けしてやわやわに煮た。

お肉はやたら縮んで少なくなった分、ラードがいっぱいできた。



あ〜こりゃおいしいなあ。



c0114069_15174218.jpg

こんがり焼いた豚バラ肉

角煮前のこんがり焼いた(または揚げた)肉を切り分ける時、
ちょっと取り分けて醤油ちらっとかけていただくお楽しみ♪

肉の中程はジューシーで、表面のがりがりは香ばしく、
これ、もう角煮にする必要ないんじゃん?って必ず思う程おいしい。

しかし、角煮のときはいつも前宣伝してしまうので、
角煮にしないわけにはいかない、いつものジレンマ・・・





c0114069_14255897.jpg

ブロッコリーサラダ

塩、コンソメ、にんにく入りのお湯でゆでたブロッコリーに、
玉ねぎピクルスとつけ汁、マヨネーズを合わせた玉ねぎソースをつけていただく。




プチトマト「アイコ」豊橋産。
冬も変わらぬご機嫌なおいしさ〜♪

一応、季節外れの物はあんまり食べないって思っているけど、
技術革新のせいなんだか、思うようにはいかない。

特にトマト!・・・いまや君ら年中美味しいやないの?!

身体が喜ぶ美味しさがあるなら、
当然身体に悪いはずも無い気する〜
旬って何だろうなあ?と思う今日この頃・・・







しか〜し、大根、白菜、法蓮草、ブロッコリーは断然冬が良いと思う!


c0114069_1424681.jpg

牡蠣のアヒージョ


Amazonで手っ取り早くゲットした新アイテム、

   LODGE(ロッジ) ロジック 6.5インチ (16.5cm)スキレット



かつて100円スキレットの流行った時には特に価値を感じずにのれなかった私。
今ごろ激しく欲しくなっても後の祭り。
そんなものとっくに売り切れダヨ〜ン!
(あの時山積みで売ってるの見てたから、今もあるような気がして探してみたが・・・)


「でも、こっちの方がデザインいいもんね〜!」
と、くやしまぎれに小声で言ってみる。





またまたニンニクごろごろ。ビニールチューブ入りの広島産牡蠣使用。
かなり水分が出て牡蠣が縮む。

イメージ通りの深さと大きさ。満足♪

c0114069_14233471.jpg

蒸しベビーホタテのアヒージョ

蒸してあるので加熱してもほとんど縮まない。

ニンニクオイルを浸して、美味しく無い素材ってあるんだろうか?と思うくらい、
最強調理法「アヒージョ」。



・・・天敵は肥満。




ぎゃ〜!

















もっとアヒージョしたいのに!・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-02-13 14:32 | 料理
2013年 02月 06日

メダイの薄造りとナマコ酢、他

c0114069_11454794.jpg

メダイの薄造り

先週の休日もまた遠くまでお魚行脚に出かけた私、
今回はピカピカの真鯖ゲットならず・・・



このところの私は連日、さばさばさばさば・・・鯖の事ばかり考えていて、
いっそネットで6〜8匹入り1箱とか買ってしまおうか?


多分、いや絶対困るから〜



しょうがない。
じゃあとりあえず薄造りにチャレンジしたい。
その為に自家製ポン酢も作ったし。


着いたのが遅かったせいだか、
あまりお魚を選べる状況じゃない中、
サクになってた「めだい」っての、
真鯛に似た善良な雰囲気の色合いで、好都合な大きさだったのでそれにした。


多分、地魚料理のお店で寿司とか刺身で食べた気がするけど、
実家の漁師町でも見た事無いので全形は知らず、イメージは金目鯛の黒いヤツ。
後で調べたらエボダイの仲間らしくて黒でっかいエボダイって感じだった。


でも、薄造りにしている途中、ちょっと身が割れてきた。
・・・食べてみたら案の定、柔らか過ぎだった。
平造りだったらまあまあだったと思うけど、薄造りに出来る鮮度じゃなかったのね。






    ああ〜また、めきき めきき めきき・・・





小魚じゃないし、あの店で買いさえすれば安全だと思ったのに。

そういえばサクの角が丸くなってた・・・
後で調べたら角が立ってる柵を選ぶのが得策だったらしい。



とりあえずひとつお利口になった。
また次回だっ!









c0114069_11451217.jpg

ナマコ酢

私が魚熱に浮かされてから足しげく通っている筋肉料理人さんのブログにあったけど、
赤ナマコが300円ってのは「スグ買い!」ってくらいにとってもお買い得らしいが、
幸か不幸か私もそれを見つけてしまったので、
自信無かったけどしかたなくチャレンジする事になった。








あのナマコ酢をまさか!調理初チャレンジ!

両端を切り落とし、腹を開いて内臓を出し、
塩をふって揉んだら、ぬめりと表皮の汚れ?っぽいものがどんどんとれて、
ちょうどアワビのごとく丸平べったく硬く縮まった。

ああなるほど!そりゃ貝っぽいこりこりした歯ごたえはそういうわけか!
と、変に納得した私。

できるかぎり薄切りにして、これまた自家製ポン酢をかけて紅葉おろしを添え、
お葱をパラッとした。

わあ、こりゃ簡単!
ナマコの鮮度は確認しやすいし、(生きてうねうねしてたから)
魚よりよっぽど楽チンだ。気に入った。日本酒、日本酒♪







今後、うねうねしたナマコをハッピープライスで見つけた場合は、躊躇無く連れ帰る事とする。






c0114069_11462172.jpg

海老とにんにくのアヒージョ

アヒージョ。
アヒージョ、アヒージョ、アヒージョ・・・ドロンジョ。

この料理名を聞くたびに無意識に脳内変換をくり返す私。
もういい加減、疲れるんですけど。(何の苦情?)



その疲れを癒さねばならないので、
ここはガッツリにんにく粒ごろごろアヒージョ。

海老のお出汁が混ざったオイルをパンにくっつけて二度美味しい!

でもこの大きさのフライパンで、
海老たぷたぷにオイルを注ぐと恐ろしいカロリーになってしまう為、
干上がった量の様はちょっと不細工。


じゃあタパス用の陶器皿をゲットするかどうか?
う〜〜〜ん・・・熟孝を重ねた末、小さいスキレットゲット!!


愛くるしい大きさが超ラブリー♪
今後ますますアヒージョな日々がやってくるのだっ!
(また太る?)







c0114069_11465045.jpg

冬法蓮草
この時期しか食べられないやわらか甘い法蓮草は、
悔いを残さぬように毎週必ず食べている。


毎回こんな感じでちっとも飽きないわあ。

でももうすぐお別れなのかなあ。

ああ名残惜しい・・・















c0114069_11475257.jpg

白葱炒飯

白葱いっぱ〜い♪

いつでも人気。













眠いわあ・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-02-06 16:00 |
2012年 09月 21日

ミックスパエリャ(PAELLA DE MARISCOS) 其の2

c0114069_23221913.jpg

毎日パエリャ。

だって私今日はお休みだし、
次の構想を練ってたら居ても立ってもいられなかったから。
具が違えば許されるんじゃん?とか、思って・・・












はい!忘れぬうちに覚書〜
c0114069_23273081.jpg

ミックスパエリャ(PAELLA DE MARISCOS) 其の2
[材料]    直径31cmフライパン  4〜6人分

・米           2・5カップ(500cc)
・オリーブオイル     大さじ3
・ニンニク        2片
・玉ねぎ         大半分
・ブラウンマッシュルーム 130g
・赤パプリカ       半分
・甘長          6本
・プチトマト       10個
・黒オリーブ       10個
・豚肩ロース       250g
・ベーコン        100g
・ゆで蛸         150g
・アサリ         一袋(400g)
・赤足エビ        150g
・水           400cc
・サフランひとつまみ入れた水50cc
・トマトチャンク缶    半分(200cc)
・塩         適宜
・胡椒        適宜

・くしぎりレモン   適宜

[作り方]
にんにく、玉ねぎはみじん切り。
パプリカは6個に細切り。マッシュルームは半分切り。
蛸は薄切り。ベーコンは千切り。肩ロースは16個切り塩胡椒する。
フライパンを熱してオリーブオイルを熱し、ニンニクで香り出しして、
玉ねぎを炒め、ベーコンを加え、マッシュルームを加え、肩ロースも加えてこんがり炒める。
甘長とパプリカ、あさり半分強と蛸とエビを加えて炒め、
白ワイン大さじ2をふりかけ、水とトマトチャンクとサフラン水を加えて沸かす。
アサリの口が開いたら殻だけ取り除く。エビ半分程とパプリカと甘長をとりわけておく。
具入りスープを塩こしょうで味を整えておく。

洗わず米を十文字に加えて、ちらっとまぜてなじませたら表面を平らにし、
パプリカ、甘長、エビ、残りのアサリの半分、プチトマト、黒オリーブを手早く並べ、
10分中火にかける。アルミ箔でフタをしてさらに10ふん弱火。
最後20秒ほど強火でお焦げを作る。
火から下ろして10分蒸らす。

お好みでレモンを絞って食べる。






今度は大きいフライパン使用でオーブンは使わなかった。
上から加熱がないせいかプチトマトの煮えだけがもうヒトツ。
丸ごとならもっと早くにうずめて入れるべきだった。


地のエビと甘長大ヒット!
マッシュルームとあさりの濃厚出汁グッド!
・・・蛸はもっと煮込まないと中途半端に固い。
ベーコンはさっさと使い切りたかったので入れたけど、
肩ロースだけで良かったかも。

パエリャ、もうちょっと慣れれば、冷蔵庫整理メニューにもなってもらえそう・・・



毎回同じ条件で比べてみたかったので米はまた2カップにしようと思ったけど、
どうも具が多いので急遽2・5カップに変更。
前回より脂肪分の多い材料も入ってるのでもっともっとこってりコク味♪



最後の気を聞かせたつもりのお焦げ作りのせいでむしろ焦げすぎた。残念・・・
水分全部引くまでと思ってよく見ながら強火にしてたのに、こげ臭って後から来るんだ(泣)
じゃあ、火を止めるタイミングはここじゃないのん?と思い、
YOUTUBEで本場パエリャっぽいのの水分の残し具合を何件も見て、
疑問は解決したので次は外さないわっ!・・・タイミングは思ってたより案外手前だった。



冷凍庫に見つけたサフランは古過ぎたか?特に良い効果は何も感じられない。
(好みの問題?品質の問題?たしか2年前も効果に疑問・・・)



具材の種類と量が増えてずいぶんゴージャスになった。
ご飯の中にもたくさん具はまざってるし、
鍋も大きくして表面積もずいぶん増やしたのにまだご飯が見えない。

本場っぽいレシピでは煮るときほぼフタは無しのようだけど、
実質的には具材がフタになってご飯を蒸らしてるいう説もあるらしいので、
も、これでいい?
野暮ったい気もするけど具はモリモリ路線で。
・・・どうも色々乗せたくなるし、ワイングイグイすすむし。





基本、酸味はワインに合わない事になってるらしいが、
うちで調達するのがやっすい水みたいなワインだからか、
私が味オンチなのか、
レモンを搾ったこのこってりパエリャとワインはめっちゃ合う!!

・・・ま、幸せな事だな。















まだ二日目なのに、娘にちょっと嫌な顔された・・・
できれば押してくれんかの〜?     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



[PR]

by tigerbutter | 2012-09-21 00:48 | 料理
2012年 09月 20日

ミックスパエリャ(PAELLA DE MARISCOS)

c0114069_22241367.jpg

2年程前だか、一時期おもてなしパエリャに凝っていたが、
記録が無いので、せっかく苦心したレシピはもうわからず・・・
うちの鍋に対する米の量すら・・・ハテ???


思い当たる理由はないが、
このごろの私にはとにかくスペインがアツい。
スキがあったらスペイン料理でワインしたい。


しかし忘れたもんは仕方ないので、
(ほんとこればっかで嫌んなる!)
真新しいキモチで再度チャレンジ!







でも、頭付きの知的なエビとか、おしゃれムール貝とか、
そーゆーかっこいいアイテムはここですぐには揃わないの。

はい、いいっす。

材料は一番近いスーパーで入手出来る範囲で。
サフランも無しのトマト風味ってことで〜






c0114069_22271766.jpg

さあ!またここから発展させるぞよ!!
今日のパエリャレシピ覚書

ミックスパエリャ(PAELLA DE MARISCOS)
[材料]    内径24cmスキレット 3〜4人分

・米         2カップ
・オリーブオイル   大さじ2
・ニンニク      2片
・玉ねぎ       大半分
・赤パプリカ     半分
・プチトマト     6個
・鶏手羽元      6本
・ヤリイカ      2杯
・アサリ一袋     300g
・鶏ブイヨン     300cc
・トマトチャンク缶  200cc
・塩         適宜
・胡椒        適宜

・くしぎりレモン   適宜

[作り方]
にんにく、玉ねぎはみじん切り。
パプリカは6個に細切り。プチトマト半分切り。
イカは下ごしらえして輪切り。
スキレットで鶏手羽元に塩こしょうしてこんがり焼き目をつけて他にとっておく。
鶏ブイヨンとトマト缶を混ぜて沸かし塩こしょうで味を整えておく。
さっきのスキレットにオリーブオイルを熱し、ニンニクで香り出しして、玉ねぎを炒め、
洗わず米を加えて透き通るまで油をなじませたら熱々のトマトブイヨンを注ぐ。
ちらっとまぜて表面を平らにし、手羽元、パプリカ、イカ、アサリの半分、を手早く並べてフタをして10分中火にかける。
その間にオーブンを220度に熱しておく。
時間になったら蓋を取って素早くアサリの殻を外し、
残りのアサリを並べてフタをしてオーブンに入れて10分。

お好みでレモンを絞って食べる。









c0114069_22181873.jpg

アサリは浜名湖産






思ってたのより油っぽく無いし、
(確か、前のはごってりした生ソーセージを入れたはず・・・)
おこげもできていろんな具の出汁がしみたごはんはサイコー!!



主食と野菜とタンパク質を一度に調理!かつ一度に摂取!



これはものぐさ者にこそ最適な楽々めにゅーじゃないかい!!
(多分前回もそう思ったんだろな・・・)







でもこれはまだまだお試しなんで、
今後もっといい感じにつめて行きたいと思う。
今度はちゃんと記録して。

改善点としてはこのサイズのスキレットには全体量が多過ぎる。

お米層はもっと薄く鍋に寄り添い、具はゆったりと配置した方がいいと思う。
薄べったいほうが貴重なお焦げ面積広いし、炊きムラ防げそうだし。




・・・だいたい写真撮ってて思ったのは、
ご飯見えないほど具がてんこ盛りって、だいぶかっこ悪い。
本場っぽいと感じる画像からはかけ離れてる。


あ、それ、具を全部上に並べるからイケナイ?
どうもわざとらし、みみっち感がでるのは、そういういじりすぎのいやらしさか?
具の何割かはご飯の中ってのもアリ?

次は煮立ったスープと具にお米十文字にサラサラって方法でやってみよ!
儀式っぽくてステキ。













そして素敵な具材を集めに行こう〜
それが御馳走〜♪










やっぱ米ってたまら〜ん♪
できれば押してくれんかの〜?     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



[PR]

by tigerbutter | 2012-09-20 00:51 | 料理
2012年 09月 14日

ピンクじゃがいものトルティージャ(TORTILLA)

c0114069_13275425.jpg

1個だけ残ってたピンクじゃがいもに男爵芋を足して、
やっと色を生かす一皿に出来た。











ここんとこ私的にスペイン料理がアツい!












ピンクじゃがいものトルティージャ
[材料]      直径20cmフライパン1個分 6~8人分

・ピンクじゃがいも     1個
・男爵芋          特大2個
・玉ねぎ          中1個
・卵            L4個
・にんにく         1片
・塩            適宜
・胡椒           適宜
・オリーブオイル      大さじ3

・上にのせたバジル     適宜
・マヨネーズ+ガーリックパウダー+レモン汁+塩の簡易アリオリソース   適宜


[作り方]
オリーブオイル大さじ2を熱し叩いて粗みじんに切ったにんにくを入れて香り出しして、
薄切りにした玉ねぎとじゃがいもを炒め、
時々あおりながら上下を入れ替えてフタをしてじっくりと蒸し煮する。
塩こしょうで味を整える。
卵をといて塩で味を整え、熱々の具をさっくり混ぜ合わせ、
熱してオリーブオイル大さじ1をしいた20cmフライパンに流し入れ、
3回程混ぜて表面を整え、フタをして火を通す。途中フタを使って一度ひっくり返す。






具を蒸し煮するときは弱火でよ〜く加熱したほうが野菜の甘みがでておいしい。

使ったじゃがいもが特大だったのでとっても分厚いのが出来た。
卵の量を変えなかったけど別に問題なかった。

焼き色が黄金に近づいてちょっとうれしい♪





こないだかぼちゃのトルティージャの時も思ったのに、
添えるなら、マヨ系より、やっぱトマト系ソースがいいと思う。



ああ、わたくしのあほんだら・・・
これ・・・いい加減忘れないようにしなくっちゃ。









前のトルティージャ記録

じゃがいものトルティージャ
南瓜のトルティージャ










さあクリ〜ックしておくれ!     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



[PR]

by tigerbutter | 2012-09-14 14:18 |
2012年 09月 14日

マドリード風オリーブと浜名湖産蛸

c0114069_1083997.jpg

オリーブをオリーブオイルとにんにくでマリネしたのは、
作り置けてすぐ出せるし、
かぎりなくワインにぴったりだと思っていた。







さらに玉ねぎとパプリカとワインビネガー入りってのが、
おおつきちひろさんの本に載ってたので、
参考にしてお初にチャレンジ。










マドリード風オリーブ
[材料]      8人分くらい

・黒オリーブ    1缶(400g)
・玉ねぎ      小1個
・にんにく     1片
・オリーブ油    50ccくらい
・ワインビネガー  30ccくらい(バルサミコ使用)
・スモークパプリカ 適宜

・仕上げのピンクペッパー  適宜

[作り方]
玉ねぎは1cm角に切って、汁気を切ったオリーブと叩いたにんにくと、
その他の材料を混ぜて一晩冷蔵庫で冷やす。





本で使われてたバジリコが無かったので今回は未使用。

甘酸っぱいスモーク味の玉ねぎとまろやかになったオリーブはぴったり。
オリーブだけのマリネより変化がついて良いな!






塩サラダと一緒にお皿にとって食べると、味が混じってなかなか良い感じ。




おまけ
こちらも塩サラダと一緒におすすめ
c0114069_2143507.jpg

茹でたて、湯気、湯気。
ここんとこの私、どんだけ蛸たべてんだか・・・

今度のは元気いっぱいの活ダコ。2匹で950gほど1560円なり〜
帰り道にて、また蛸にぎゅーぎゅー言われる・・・

洗ってお掃除したら400gと430gになり、
茹で時間はお湯たっぷり2匹同時で4分半にしてみた。ゆであがり760g






全く飽きない蛸のガリシア風。





前のはこんなのとかこんなの











さあクリ〜ックしておくれ!     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



[PR]

by tigerbutter | 2012-09-14 10:39 |
2012年 08月 29日

じゃがいものトルティージャ

c0114069_12542621.jpg

さあ、またおかずに困った。











材料・・・何がある?












そんな時の心強い味方は、じゃがいもと玉ねぎ!











じゃがいものトルティージャ
    
[材料] 直径20cmフライパン1個分 4〜6人分

・じゃがいも      大3個
・玉ねぎ        中1個
・卵          L玉4個
・ガーリックパウダー  適宜
・塩          適宜
・胡椒         適宜
・オリーブオイル    大さじ4くらい

[作り方]
じゃがいも、玉ねぎの皮をむいて薄切りにする。
オリーブオイル大さじ3ほどで炒め、フタをして弱火でじっくり蒸し焼きにする。
塩、胡椒、ガーリックパウダーを加えて味つけする。
卵を溶いたボールに熱々のじゃが玉を加え、ざっくりあわせる。
温めてオリーブオイル大さじ2ほどを入れた20cmのフライパンにタネを流し込み、
2、3回かき混ぜて、フタをして火を通す(具も熱々なので比較的すぐに火が通る)。
途中フラットな蓋かお皿を使ってひっくり返す。






参考レシピセニョーラ・あ〜の 気ままな食卓

コチラのレシピは気になる物がまだまだいっぱい♪






やけにこんがりな気もするが・・・

先日からずっとずっと気になってたじゃがいものトルティージャをやっと食べられた♪
じっくり炒め蒸し煮したじゃがいもと玉ねぎの甘みが卵と合わさってしみじみおいしい。

横着してにんにくを油に香り出しせず、直接ガーリックパウダー入れちゃったので、
ガーリックの香り強め。
冷めると胡椒味が前に出てくる。





私まだお仕事あるけど、
お昼からちょっとワインなんかいただいた上お昼寝もしたいような・・・
そんなおおらかな風が吹いてくる一皿。







お休みにまた作ろっと!











よろしクリ〜ック!     
     



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



[PR]

by tigerbutter | 2012-08-29 14:12 | 料理
2012年 08月 19日

浜名湖産ちび生鮹ゲット!小鮹のガリシア風+小鮹のアボカド入りマリネ

c0114069_2317950.jpg

今度の鮹は4分茹でたら2杯で360gに縮んだちび鮹。
またまたらくちん下ごしらえ済みゲット。
780円な〜り〜




大きい鮹より若干味が薄い気がするが、
茹で加減が良かったんだか、このほどのいい噛みごたえがたまらん。



先日のタコ料理浜名湖産蛸のガリシア風蛸のマリネ醤油風味は、
どちらも甲乙つけがたい感じだったので、
思いの外少なかった蛸を分けて2品にしてみた。





小鮹のガリシア風
[作り方]  小一皿
茹でた蛸100gを食べやすく切ってお皿に並べ、
オリーブオイル、塩、スモークパプリカ、タバスコをお好みにかける。






前回の浜名湖産蛸のガリシア風と違うのはチリパウダーじゃなくてタバスコを使った所。
辛みだけじゃなく、少し酸味もあるタバスコはとっても蛸に合う。



それにしてもこの蛸、小さいと皮の割合が多いせいだか、
噛んだ時のクニクニ度がハンパ無い。
これはちょっとヤミツキになる感じ。



これ、我先にと家族で争って食べた。

c0114069_23155464.jpg

いわずと知れた蛸マリネ。

毎回中身が違うわよん。
(あるもん使うとそーなるね〜)






小蛸のアボカド入りマリネ

[材料]  四人分

・オリーブ油   大さじ2
・にんにく    2片
・玉ねぎ     大1個
・塩、胡椒    適宜
・米酢      適宜
・薄口醤油    適宜
・茹でた小蛸   260g
・フルーツトマト 2個
・セロリ     1本
・アボカド    1個

・仕上げのオリーブオイル、黒胡椒適宜

[作り方]
フライパンにオリーブオイルとスライスしたにんにくを入れて弱火でゆるゆる香り出しする。
玉ねぎを加え火が通るまで炒めて塩、こしょう、米酢、薄口醤油を加えて冷ます。
さいの目に切って水気を切ったトマト、薄切りのセロリ、角切りのアボカド、
食べやすく切った蛸を加えて味を整え、器に盛って仕上げのオリーブオイルと黒胡椒パラッ。




この、にんにく風味の甘い炒め玉ねぎ入りのマリネはもうたまらなくお気に入り。

スグ食べ切る予定のアボカド入りコク系マリネ、これいい♪
(酢は入ってるけど作り置くとアボカドは黒くなるよね・・・)
あ、馴染ませたいならアボカドだけ後入れすればいいのかも?






これもおかわり続出の大人気!








しかし蛸がどうも食べ足りん・・・
家族で360gってそんなんじゃあかん。







ああ、クニクニした蛸♪







蛸熱、多分続く・・・








よろしクリ〜ック!     
     



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



[PR]

by tigerbutter | 2012-08-19 00:31 |
2012年 08月 02日

南瓜のトルティージャ

c0114069_15504030.jpg


じゃがいものトルティージャが食べたいとずっと思いながら、
なぜか南瓜で作る。

それはスゴくちょうどいいレシピを見つけた気がしたので♪



セニョーラ・あ〜の 気ままな食卓




すべては結構上手い事いったのに、
肝心な南瓜が甘くも無く水っぽかった・・・



マヨネーズにガーリックパウダーをくるくる混ぜた、
簡易アイオリソースもなんかいまいち合ってないような・・・
これなら多分トマト系のソースの方が合うかな〜
う〜ん残念。


南瓜はたっぷり入るので、確実においしい南瓜を使うのが多分吉。

これ、切り口も綺麗だし手軽ですごくいいお料理だと思うのん。
またリベンジしよっと。










よろしクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村






[PR]

by tigerbutter | 2012-08-02 16:20 | 料理