知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ

タグ:スコーン類 ( 10 ) タグの人気記事


2015年 10月 28日

スコーン朝食(よそいき)

c0114069_206032.jpg

こないだ、娘のお友達がいらした時の朝ごはんの巻

・高知産全粒粉2割入り焼きたてスコーン
・目玉焼き
・バナナと無花果ヨーグルト
・サラダ(フリルレタス、胡瓜、パプリカ、胡瓜、ブロッコリ、鶏胸肉ソテー、
                    ボロニアソーセージ、玉葱ドレッシング)
・ミルクティー


c0114069_2062570.jpg


サラダにはきらびやかな薔薇飾りのつもり・・・

・・・昔々、
人が来ると母があきらかにかっこしいな事に、軽く違和感を持っていたが、
その状況にそうしたい気持ちになるってこと、初めて分かった気がした。
見栄っ張りは遺伝するのか、私が大人になったのか・・・

起き立てでだいぶお急ぎなんで、
サラダの盛りつけ細部のバランスとか、
目玉焼きの美しさとか基本的なそういうとこ×だったりして、
総合的にたいしたものには出来なかったけど、
まあ一応頑張った記録。
[PR]

by tigerbutter | 2015-10-28 20:27 | 粉もの
2013年 12月 11日

カレンツとコーングリッツのビスケット oishii

c0114069_12594647.jpg


朝ごはんに猛烈にビスケットが食べたくなって、
目星を付けていたコーングリッツの袋裏レシピを参考に作ってみた。

  卵+牛乳→カテージチーズ作りの産物、ホエー使用に変更

とうもろこし粉入りのビスケットはバターがすごく効くので、
お得感いっぱいで好き♪
表面のガリガリがたまらん。







=カレンツとコーングリッツのビスケット=
[レシピ] 12個
粉類
  薄力粉・・・180g
  コーングリッツ・・・70g
  砂糖・・・60g
  塩・・・3つまみ
  ベーキンングパウダー・・・小さじ1
無塩バター・・・50g
ホエー・・・120g
ラム酒漬けカレンツ・・・70g

粉類をバットに入れ、冷えたバターをスケッパーであずき粒くらいに切り込みつつ全体を混ぜる。
カレンツを加えて混ぜ、ホエーを加え手水分をなじませる。
手の平で押しつけてスケッパーで半分に切って重ねるを4回程くり返して、
粉っぽさを無くし、四角くまとめ分量外のコーングリッツをまぶす。
2cm程の厚みにのばして3×4=12個に四角く切り分ける。
グラスシートを敷いた天板に並べて、
熱したガスオーブン200℃−13分程、綺麗な焼き色が付くまで焼く。



c0114069_1301097.jpg



気に入っていつも作ってたのはとうもろこし粉2割。これは3割近く。
バターを減らせた上、ガリガリ度が増して、思いがけずもっと好みになった。

そしてカレンツ入りは大正解。
(レシピには漠然と「ドライフルーツ」とあった。)
とうもろこし粉とカレンツがこんなに仲良しとは知らなかった。

「とうもろこし粉&カレンツ」珠玉のコンビに認定。




朝ごはんはビスケットとハムサラダ。

=ハムサラダ=
    カールレタス
    塩ゆでブロッコリー
    人参シュレッド
    アボカド
    自家製ロースハム
    野菜ドレッシング






朝ごはんの満足は、その日の頑張りの原動力!

良かったらポチしてね♪     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-12-11 14:06 | 粉もの
2012年 08月 08日

ココナッツビスケット oishii

c0114069_15385731.jpg

暑いとやけにおいしいココナッツ味。

パンケーキに気を良くした、
次はビスケットだっ!










ココナッツビスケット
[材料]   12個分

・中力粉         200g
・ベーキングパウダー   小さじ1弱
・重層          小さじ1/3
・グラニュー糖      大さじ2
・塩           小さじ半分
・ココナッツシュレッド  30g
・無塩バター       80g
・ヨーグルト       140g

[作り方]
無塩バターまでをバットに入れて粉をまぶしながらスケッパーでバターを切る。
バター粒が小豆大くらいまで細かくしたらヨーグルトを加えて、
半分にたたみながら粉っぽさを無くしてまとめて行く。
最終的に2cmくらいの厚みの長方形にまとめ、
3×4個に切り分け天板に並べ、
熱したオーブンで200℃−12分焼く。











底と表面の香ばしいサクサク。
中身のほわほわ。
ざっくりした甘い香りのココナッツ。

そのまんまで、

     ま〜い〜う〜












よろしクリ〜ック!     
     



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村












 
[PR]

by tigerbutter | 2012-08-08 16:05 | 粉もの
2012年 03月 03日

チーズクリームとうもろこしビスケット

c0114069_20454916.jpg

砂糖を入れ忘れ、愛想の無い味になってしまった、
ミニミニのとうもろこしビスケット
(も一度本見たらスコーンじゃなくてビスケットだってよ!
ま、ドッチでもいいけど・・・)



バターたっぷり目の配合なのに、
小さいので乾きやすいのもアリ、
どこかもっさりしてそんなにどんどんつまみたくならない困った感じ。
c0114069_20463677.jpg





まだいっぱいあるのに・・・





なんか塗ったらマシになるかな?
こういうもっさりした物にはクリームチーズ?
そいでもってちょっと甘くしてみよう!







おおおおおおおっ!



これはっ!



これはチーズケーキじゃないかっ!!!




それもただのチーズケーキではなく、上等のチーズケーキ!

もっさりがさっくりな印象に変わり、
とうもろこし粉のざらつきがキュートにさえ思える。
バター塩味と甘いクリームチーズのコントラストが絶妙!





打って変わって突然大人気になり、
飛ぶように手が伸びてすぐ無くなった。

良かった♪













=チーズクリームとうもろこしビスケット=  レシピ覚書
(元レシピ「ニューヨークスタイルの人気のパン」参考)



・ビスケット 32個
薄力粉           200g
とうもろこし粉(細びき)  40g
BP             小さじ1弱
重層            小さじ三分の一
塩             小さじ半分
無塩バター         80g
ヨーグルト         150g

表面にまぶすとうもろこし粉 適宜
表面にまぶす塩       適宜

無塩バターまでをFPでガーッツ。
バター粒小豆大くらいまでかけてボールにとる。
(今回バター粒が小さくなり過ぎ!)
ヨーグルトを混ぜて、半分にたたみながらまとめて行く。
ポロポロが無くなってさらに4枚にたたんで正方形にまとめ、
とうもろこし粉と塩をパラッとをまぶし、
2cm弱の厚みにのばしてラップして30分程冷やす。

4×4の四角に切り16個、さらに三角に半分に切り32個にする。
200℃ー8分くらい。


・チーズクリーム
クリームチーズ  200g
砂糖       50g

柔らかくしたクリームチーズに砂糖を良く混ぜる。



スコーン一個(約11g)につき、チーズクリーム7gほどをのっける。
















混ぜただけのチーズクリームも非常に美味しいが、
ビスケットが相乗効果をもたらした。
思いがけず大好きな上等チーズケーキに会えた♪





おすすめ!









はいクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-03-03 22:31 | 粉もの
2012年 02月 29日

酒粕スコーン oishii

c0114069_17123077.jpg

発酵生地のスコーン食べたいなあと思ったら、
そうだ酒粕いっぱい持ってるんだった!

コレさえ入れればなんでもが発酵味。


酒粕他、コーンミールとドライフルーツとナッツも入れたい気持ちだったけど、
ぐっと我慢してとりあえず酒粕味を試してみる事にした。



=酒粕スコーン= レシピ覚書

20個ぐらい

薄力粉     200g
強力粉     200g
BP       小さじ2
冷やした無塩バター100g
塩       小さじ半分
きび砂糖    大さじ4

卵(LL 1個) 70g
ヨーグルト   100g
豆乳      20g
酒粕(ゆるい) 150g




①きび砂糖までをフードプロセッサーでガーッ。

②卵から酒粕までをボールでよく混ぜて①に加えてまとまるまで軽くガッガッガッ。
こねすぎないよう気をつける。

③四角にしてラップして冷蔵庫1時間。途中8層にたたむ。

④2cm厚みにのばし、型で抜いて、天板に並べ、200℃ー12分焼く。
c0114069_17131943.jpg








焼きたて酒味。
絞りの甘い酒粕をたんまりいれただけのことはある。

「こんなの飲んべえしか喜ばないじゃん。困った!」と思ったが、
冷めたらアルコール味は落ち着いて、
コクのある表面サクサクのスコーンになった。

次の日もカサカサにはならず、劣化の進みが遅い。
いろんなもの入りスコーンも酒粕を目立たない程度に使えば、
邪魔も無くコクは出てふんわりも長持ちしそうでいいかも。






それにしても酒粕味はおいしいな♪







はいクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村







はいクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-02-29 18:05 | 粉もの
2011年 11月 24日

カシューナッツとレーズンの三角スコーン

c0114069_1129265.jpg


=昨日のScones= 20個分レシピ

中力粉   400g
BP     小さじ4
砂糖    大さじ5
塩     6g
無塩バター 150g
カシューナッツ80g
レーズン  140g
卵     m1個
ヨーグルト 150g

200℃ー8焼く





さくさくほろほろ。
小さい三角は食べやすい

しかし思ったほどリッチな出来ではなかった。
甘さと脂肪分をもっと入れれば良かった。
小さく完結した感じにしたかったのにちょい残念。




差し入れに持ってった。







焼きたて、さくさくうま〜い、スコ〜ン♪
クリックよろしく〜     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2011-11-24 11:41 | 粉もの
2010年 09月 26日

スコーン2種

c0114069_23182091.jpg

プレーンとレーズン胡桃のスコーン。
リクエストいただいたので、前日に生地を作って寝かせておいた。
なかなかお行儀の良い仕上がり。
さすがのリッチ配合はバターがきいてさくさくのほろほろ。

  う~ま~い~

多分時間がたってもそれなりにおいしいんだろうなあ。

スモークサーモンときゅうりの一口サンドイッチも作って、
イギリス帰りのかなちゃんとアフタヌーンティー。
ミルクティーを何杯もおかわりする。

・・・でもこれ実はめっちゃ忙しい仕事の合間。
「意欲を持って食べる!」って元気出るわあ♪


プレーンスコーン(直径5cmの小さ目9個)

薄力粉   175g
ライ麦粉  25g
ベーキングパウダー  8g
砂糖   30g
塩    ふたつまみ
無塩発酵バター 60g
(くるみレーズン入りは各60g)

卵黄 1個
牛乳 35g
生クリーム 35g

180度―15分
[PR]

by tigerbutter | 2010-09-26 23:45 | 粉もの
2010年 09月 09日

レーズンスコーン

c0114069_203860.jpg
c0114069_2032388.jpg

林望とか、イギリスについての本を読んだ翌朝、

そりゃ

スコーンだろ!

スコーンだろ!

スコーンだろ!


イギリス的な気分で素早くぞんざいに、しかも目分量で作ってみたらこんな感じ・・・

ま、いっか。素早くはできた・・・

ジャムはマルベリーとあんずミックス。
[PR]

by tigerbutter | 2010-09-09 20:21 | 粉もの
2007年 07月 08日

スコーン(scones)

c0114069_8374537.jpg
朝からyou tobeのスコーン作りの動画を見て創作意欲が高まり、
アイリッシュ気分でスコーン製作。

 =今朝のスコーンレシピ= (大きめ6個)   *配合は動画と同じでない
 材料/中力粉250g、BP小さじ2、塩小さじ1/2、無塩バター60g、砂糖20g、
     干しぶどう80g、牛乳100g+卵1個

   
 動画のように手で粉類とバターをこすり合わせ、砂糖と干しぶどうを入れる。
 卵と牛乳を混ぜた液を少し残して箸で大胆に混ぜ合わせて、大胆に型で抜く。
 抜いた生地を残したボールの卵液に大胆につけて天板に乗せる。
 よく暖めた200℃のオーブンで10分焼いて、向きを変えもう3分焼く。


出来上がりまで、30分かからず、焼きたてスコーンはさくさくふんわり、うまいうまい。




スコーンのある朝っていい♪
    ポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-07-08 08:39 | 粉もの
2007年 03月 25日

スコーン(scone:コーンミール)

c0114069_913155.jpg

昨日一日、炭水化物を絞ったら、今朝は粉ものが食べたくて仕方ない。
う~ん、少量で納得いく粉もの・・・

 コーンミールスコーンだ!

かつて作ったことが無い少量単位で作ってみる。
すると、意外に、インスタントみそ汁を作る熱意程度で
(いくつか袋を開けて、おわんに移したり、湯を沸かさねばならない・・・)
出来上がってしまうことを発見。

焼き上がりの香りはすばらしく、
コーンミールが入ると小麦粉100%よりもバターが良く効く。
ぷつぷつ、ほろほろ、さくさくした焼きたてのおいしさはまた格別。

黄金色の食べ物・・・私はいつもとてもハッピーなありがたい気持ちで食べる。
コーンミールびいきなのはそのせいもある。


 =コーンミールスコーン=  小4個分 1個80kcal 

 材料/小麦粉30g、コーンミール30g、バター8g、グラニュー糖小さじ1、
     BP小さじ三分の一、塩ひとつまみ、牛乳30g

 作り方/1、牛乳以外をボールに入れてバターを指でつぶしながら揉みこみ、
         (手の熱で溶かしすぎないこと)牛乳を加えて、ささっと生地をまとめる。
       2、粉をうった台の上で丸めた生地を手のひらでのし、ナイフで4分割。
       3、220度に熱したオーブンでいいにおいがするまで焼く。
         (この厚み、うちのオーブンで10分程)



 一日一押し、お願いします→ 人気blogランキングへ
[PR]

by tigerbutter | 2007-03-25 09:42 | 粉もの