タグ:ジャム ( 9 ) タグの人気記事


2015年 02月 15日

ジャム&チョコ絞り出しクッキー

c0114069_2115839.jpg

こちらもプレゼント分。

ネットで見つけた、くっきりエッジのきいた絞り出しのジャムクッキーに、
「ビビビッ!」とキタけど、(もしやこの言い回し・・・古い?)
絞り出しクッキーなら息子はバターたっぷりの薔薇のクッキーがことのほかお気に入りだった事を思い出した。
(息子メイン?)
薔薇クッキーはバターが多い分ダレやすく、そんなに綺麗にエッジは出ない。


プレゼントだからこそ!
ビジュアル重視って気持ちと、
プレゼントだからこそ!
できるだけリッチにして技の無さをカバーしたい気持ちがせめぎ合う。


とりあえずは、私の好き好き息子が好む、リッチタイプにしてみた。
(・・・こんなん言ってんのバレたら、「キモッ!」とか言われる〜うひょひょ〜)






ところが〜〜〜
こっちは簡単な計算ミスで水量を少なくしてしまい、
(またかよ!・・・まさかの水足りず製作が2度も続くなんて!!)
やたら固い生地になり絞り出しに四苦八苦。
ビジュアル的に悪化してしまった。




・・・まあ、いっか!




濃いうま♪







=ジャム&チョコクッキー=   36個分
・無塩発酵バター・・・135g
・粉糖・・・75g(55gでも副材料もあるせいか問題無し)
・塩・・・ひとつまみ
・バニラオイル・・・適宜
・水・・・22g(15gだと上手く絞れない)
・薄力粉・・・180g

ジャムタイプ/糖度80%で毎年アホほど作る自家製あんずジャム
チョコタイプ/ミルクチョコ、カシューナッツ
ホワイトチョコタイプ/ホワイトチョコ、乾燥ラズベリー

バターを柔らかくして粉糖、塩を入れてふわっとなるまですり混ぜる。
バニラオイルと、水も加えてよ〜く混ぜる。
ふるった薄力粉を加え、必要最小限に混ぜる。
星形の口金(6切#8)をつけた絞り出汁袋に生地を入れ絞り出す。
真ん中に入れるタイプは細いめん棒(直系2.2cm)の先に粉糖をまぶして真ん中にくぼみをつける。
170℃−8分ほど焼いて、くぼみタイプの生地がふくれて上がっていたらめん棒の先で押さえ、
ジャムタイプはジャムを入れ、160℃−8分ほど、各タイプ様子を見ながら加減して焼く。
よく冷まして、
チョコタイプは湯煎で溶かしたチョコをスプーンで穴に入れてカシューナッツぱらっ。
ホワイトチョコタイプは溶かしたチョコにひたして表面にくっつけて乾燥ラズベリーぱらっ。
よく乾いてからラッピングする。
[PR]

by tigerbutter | 2015-02-15 01:04 | あまいもの | Comments(2)
2012年 05月 16日

少量苺ジャム&苺ミルク

c0114069_14444155.jpg

ついつい大掛かりな方向へ持っていってしまい、
結果として手にあまらせてしまう事の多い私。




もうこれ以上本増やしたらダメダメ!
って、思いながら・・・
結局パン関係の本を4冊注文した・・・







だから、
おいしいジャムも欲しくなった。







そして、
スーパーでおしまいの苺がジャム用として1パック200円だった。





いつもの私なら、
「どうせなら農協市にいって、新鮮なジャム用苺を2、3キロゲットしてこよ!!」
と、鼻息あらく山ほど瓶詰め作る。


しかし、
苺の季節は確かに一年に一回しかこないけど、
いろんな果物が季節ごとに実るので、
実際にはそんなに自分ちでは消費出来ない。


つい最近そのことに気づいた私。(おそい!)


なので、
大掛かりにせず、
保存目的でなく、
今食べたい分を食べたいだけ作ればいいんじゃん?
・・・開拓時代じゃないわけだし。
と、新しい考えが生まれた。

・・・初挑戦かもしれない。
なんと苺1パックだけをジャムにしてみた!!!
(それフツーじゃん?・・・)







=苺1パックジャム=     レシピ覚書
出来上がり200ccくらい?

ジャム用苺    1パック(300g)
グラニュー糖   100g



砂糖をまぶして苺をパレットナイフで半分くらいに切りつつちょっと置き、
中火で素早く煮詰める。
アク取りはかなりぞんざい。
できたて熱々を清潔な瓶に詰める。


=おまけの苺ミルク=
鍋についた分とか、パレットナイフについた分とか、すくいとったアクを牛乳に溶かす。
グラスに注ぐ。



まさか廃物利用とは思えない感じの、
いちごの香り高い高級苺ミルク。
おいしい・・・
ジャムになった分も苺ミルクにしたいかも。









・・・ところが1パック苺ジャム。
私初めてじゃなかった!
・・・ッて言うか、ブログに記事あったし・・・

   全部全部、忘却の彼方〜〜〜

彼方には、さぞかしいろいろが溜ってるんだろな。



よろしクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-05-16 15:20 | 保存食・常備菜 | Comments(15)
2011年 10月 04日

りんごジャム

c0114069_17493426.jpg

りんご箱買い。
だって瓶詰め大好き!!

あらら、りんごの品種・・・なんだっけ?

・・判明!サンつがるだった。
紅玉とゴールデンデリシャスのかけあわせらしいけど、酸味はかなり控えめ。
クエン酸+して、あっさりしたりんごジャムにしてみた。



・りんごジャム覚書 450cc瓶7本分

りんご(皮芯除いた正味)4キロ
砂糖          400g
クエン酸        小さじ3
水           カップ半分くらい


とろみが付くまで鍋で煮る。

すぐ瓶詰めして、沸いてから20分煮沸する。



その残りのりんご9個はアップルパイ用に煮崩さずにレーズンとシナモン入りにしてみた。
こちらは瓶詰めしてないので、はようパイ皮も用意せねば・・・

アップルパイ楽しみ!
[PR]

by tigerbutter | 2011-10-04 18:15 | 保存食・常備菜 | Comments(2)
2007年 07月 19日

あんずジャムタルト

c0114069_2210565.jpg

タルト型使ってないけど、タルトと呼んだほうがおいしそうな気がするので、
私はそう呼ぶ。(小さいタルト型使うの、ちょっと面倒だし・・・)

ジャム入りのクッキーは作るのが非常に楽しい。
スプーンで穴にジャムを流し込むとこなんてもう最高!

かみついたら、あんずジャムが甘酸っぱくて、
バターの効いた生地がジャムでふやけているところと、カリッと焼けてる端のところの、
食感の違いがまたいい。
c0114069_22265641.jpg


 ジャムタルトはおいしいね~ポチッ!→◆人気blogランキングへ◆

            もひとつポチッ! →にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    
             さらにポチッ! →


おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-07-19 22:30 | あまいもの | Comments(4)
2007年 06月 11日

あんずジャム

c0114069_23545685.jpg

待った無し!怒涛のあんず加工週間、最後はあんずジャム。
コレで終わり。やっと終わり。全く、やれやれ・・・
(あ、あんず梅干はまだ写真撮ってなかった・・・)
それでも収穫量はほんの去年の三分の二程度の20kg弱だった。
なんせ去年も熱出そうだったもの。
(あまり慣れないおととしは加工の無理がたたって具合悪くした・・・「あんず熱」と命名)
ずっと、このあんずをドイツ菓子のタルトに仕立てたいと思っているのに、
とても手が回らず、いつも残念な思いで最終日を迎える。
そこまで行きつけるのはいったいいつのことだろう?

完熟あんずと砂糖だけで作ったジャムは、市販品と違ってかなり赤っぽい色合い。
いかにもあんず成分がギュウッと凝縮された感じ。
ジュースにするのに水で薄めると、市販品に見慣れた黄色っぽいあんずジャム色になる。

他のフルーツと違って、かなり酸味の強いあんずは、
酸味に負けないよう砂糖もたくさん使うので、
濃い味わいの少量でもビシッと主張のあるジャムになる。
そして、それでいて何にでも合う柔軟さ。
菓子に使いやすいあたり、他のフルーツとはまたちょっと別格な扱い。

 あんず植えて良かった♪



 まるっとくだもの
   さあポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-06-11 23:53 | 保存食・常備菜 | Comments(2)
2007年 06月 04日

あんずソース

c0114069_23202518.jpg

庭の完熟あんずのソース。
ケーキに添えてもおいしいけど、
氷水で割ると、酸味さわやかあんずジュース。

ここ数年どっさりとれるようになったあんず。
まだまだ山ほどなってる。加工本番はこれから。

木の下にいたら、おやくそく・・・見事に頭の上にボコッと落ちてきた。
う~ん、だれも見てなくて残念。



 うちのあんずは大粒、1個80gはある。
   さあポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-06-04 23:28 | 保存食・常備菜 | Comments(2)
2007年 04月 12日

金柑マーマレード

c0114069_728029.jpg

農協市でゲットした、季節も終わりの金柑。
お菓子に焼きこむ用に、シロップ煮も毎年作るけど、
今回、初のマーマレードにしてみた。
ちょうど市で見た金柑のマーマレードはブロークンタイプだったけど、
ここはひとつまた粒ジャムの方向で。

丁寧に種を取り出して、種から煮出すペクチン抽出用に、
前日から種を水に漬けておいたら、
それだけで水がプリプリに固まった。
おお、煮出さなくても出るんだ!すごいなあ種・・・
なんか感動した。こんなステキな現象に立ち会えてかなり得した気分。

とろみが若干弱い仕上がりになった。
粒だし、煮詰め足りなかったか。うーん、加減が難しい。
しかし金柑はやわやわで香りがいいので、まあよしとする。
上品な苦味と酸味のバランスは金柑ならでは。
金柑は、ちまちま種を取り出す価値が十分にあると思う好きなかんきつ類のひとつ。
[PR]

by tigerbutter | 2007-04-12 07:58 | 保存食・常備菜 | Comments(0)
2007年 04月 08日

苺の粒ジャム

c0114069_1023050.jpg

苺の粒ジャムの話を人から聞いたら、
またとたんに食べたくなって、昨夜炊いた苺ジャム。
粒がそのままのジャムは、
ゼリー部分と苺部分の異なった味わいで、2回楽しめて確かにお得感アリ。


=苺の粒ジャム= (できあがり220g)

材料/洗ってヘタを取った苺300g(1パック)、喜界島の洗双糖120g(40%)

 ステンレスの広口の鍋に材料を入れて、
 粒を残して焦げ付かせないようにしながら短時間に炊き上げる。
 冷めると硬くなるので煮すぎに注意。


香りを損なわないよう、なるべく短時間で炊き上げるのが、
甘ったるいだけのジャムにしないコツ。この量なら20分以内で煮詰めてしまう。
ピンクのふわふわがかわいいので、自家用には私はアクをすくわない。
(面倒なだけという説も・・・)




      ◇只今、二つのランキングに参加しています。
      ◇1日1回づつの2クリックをどうぞお願いします。
          ◆人気blogランキングへ
          ◆レシピブログランキングへ
[PR]

by tigerbutter | 2007-04-08 10:24 | 保存食・常備菜 | Comments(0)
2007年 02月 23日

オレンジピール

c0114069_1646502.jpg

いよかん、レモン、ネーブル、だいだい等のかんきつ類の皮はこの時期オレンジピールにするために、皮が出るたび大切にためておく。

今回、特に気分がいいのは、
正月飾りのダイダイまで無駄にせず、果汁は恵方巻き、皮はオレンジピールにと徹底的に使いまわせたこと。
何の疑問も持たずにどんど焼きで処分した、あの知恵の無い頃から比べると、
私もずいぶんと主婦業に年季が入ってきたものよのう。(しばし悦に入る)

作り方は、
一度ゆでこぼしてザルに上げた皮の半分量の砂糖で作ったシロップに皮を加え、
何日かかけて、だんだん煮詰めてほぼ汁気を無くす。
グラニュー糖をまぶして乾かす。

いろいろの種類のオレンジピール、細切りにしてお茶請けにグッド。
チョコがけしてもまたグッド。
[PR]

by tigerbutter | 2007-02-23 17:07 | 保存食・常備菜 | Comments(0)