知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 29日

鬼おろし/鬼おろし器

c0114069_17042502.jpg


透明感ある美しい鬼おろし♪

今回のは身のみ。
皮は厚く剥いて塩麹漬けにした。



ずーーーっと前から気になっていた鬼おろし器は、
時々物色してはいたが、
初夏の丸子の市で自作の竹細工を商っていたおじさんから衝動買いした。

いかにも手仕事なお品に、ものすごくホクホクして帰ったが、
いざおろすとなったら大根を上下に動かしても上手く削れていかず、

???

と、思ったら、
歯の溝が縦にピッタリ揃っちゃってる…
仕方なく、斜め方向に移動させて削った。力は入りにくい…
c0114069_17042609.jpg


歯が揃っちゃってる✖️




しかし、
初めての鬼おろしの美味しさに開眼!
初夏の大根で作っても衝撃を受けた。
ミラクルお道具「鬼おろし器」。

普通の大根おろしとはかなり違って、
大根をザクザクと欠いだだけ。
圧倒的に素早く出来る。
細切りほどは噛まなくて良く、それでいて程よくしゃくしゃくして食べやすい。
味付けは醤油をチラッとかけただけでも完璧に美味しいってとこは大根おろしと同じ。
あまり水も出ないので大根の栄養を損なうことも無い優れた食べ方だと思った。

片手で持てる、ほどほどの大きさの大根なら、そのままおろすと重みでさらにスピーディ。


ヘビーローテで鬼おろしを楽しんでいたが、
本気の大根シーズンを目前にして今後の事を考え、
やはり正しい鬼おろし器を、今度は間違いの無いように合羽橋道具街でゲットしてみた。

c0114069_17042607.jpg


歯は互い違いが正解◎



鬼おろしを知らなかったコレまでの人生分を取り返したい。冬大根が楽しみ〜

そして、未体験な方には是非ともこの鬼おろしをお試しいただきたい。
ただし、鬼おろし器の歯の並びには要注意!






[PR]

by tigerbutter | 2016-10-29 15:32 | 料理
2016年 10月 23日

フムス


c0114069_19044997.jpg


◆フムス 4〜6人分

ひよこ豆 1カップ (150g)
にんにく 1片
塩 小さじ2/3〜1
炒り胡麻(又はねり胡麻 )40g
オリーブ油 大さじ1
レモン汁(又はすだち酢 )大さじ1〜2
ゆで汁適宜

◇盛り付けてかける
オリーブ油、パセリ、唐辛子


一晩水戻ししたひよこ豆をカップ1の水を加えて活力鍋で柔らかく茹でる。(加圧2分)
炒りごまをペースト状にする。うちはミルサー、無ければねり胡麻を使用する。
フードプロセッサーにすだち酢までの材料を入れて、ゆで汁で硬さを調節しつつペースト状にする。



c0114069_19045036.jpg
家の冷凍庫に常時入れてあるオートミール入りのプチパン(酒粕ぬき)、霧吹いてトースターでパリッと焼き直したのに、フムスを塗り塗り。
むっさ合う。しあわせ。





ゆでたての豆はことさらにおいしいが、
乾燥ヒヨコ豆からゆでヒヨコ豆になる重量変化は2.2倍なので、便利な缶詰め等のゆでヒヨコ豆を使用するなら330gに相当する。
うちのクイジナートのフードプロセッサーでは胡麻を細かいペースト状には出来ないのでミルサーを使用してる。
胡麻ペースト作り、面倒ならねり胡麻を使用すればよし。
ゆでたヒヨコ豆の皮をむいて、さらに皮むき胡麻(又は皮むきタイプの細かい練り胡麻)を使用すると、マヨネーズ状にかなり滑らかなペーストにも出来る。
甲乙つけがたいが今はホクホクした皮つき気分。それだと皮剥き作業が免除されるし、当然繊維質が多く摂取出来る。
皮剥き嫌だけど滑らかタイプにしたい場合はインド食材店で皮むき半割タイプのヒヨコ豆を買えばズルできると思った。
健康とのせめぎ合いも含めてお好みで。

実はクミン入りのレシピでずっと作って来たが、私はクミン無しが圧倒的に好きだってことが判明。クミン入りだとここまで食いつかない。
カレーに入れるクミンは粒もパウダーも熱烈歓迎なのに、不思議〜

3日以内に食べきれない分はジップロック等に入れて取り出しやすいように一食分づつスジをつけて冷凍。


c0114069_21374868.jpg
食べたい時、割って取り出したら電子レンジで1分程チンすれば素早い供給が可能!

c0114069_21374910.jpg
トースターでカラッと良く焼いた冷凍チャパティもグッド。
・・・うっかり焼きすぎてクリースピーになったわけだけど、サクサクして口溶けの良くなったチャパティ!コレ大当たり!!
すごい発見をした気持ち♪









[PR]

by tigerbutter | 2016-10-23 17:45 | 保存食・常備菜
2016年 10月 22日

スイートポテトエクスプレス

c0114069_18225778.jpg

また少し肌寒いスイートポテトな季節がやってきた。

焼きいもにしても抜群に美味しい紅はるかを使って、
今スグ!スイートポテトを所望。




◆スイートポテトエキスプレス 22個分

紅はるか 大1個(正味600g)
砂糖 140g
生クリーム 80g
塩 ひとつまみ
卵黄 90g

サツマイモの皮をむいて3センチ幅くらいに切って水にさらす。
蒸すか電子レンジで柔らかく加熱する。
フードプロセッサーに全部入れて混ぜ合わせる。
35ccディッシャーですくって天板にならべる。
オーブン200°Cー14分ほど焼く。



スイートポテトはスグ食べたいので、いつだってさほど手間をかけない方式で作ってるが、
16ccディッシャーで分量を決めて小さいお灸型にこんもりと手で丸めるよりは、
35ccディッシャーのすくい落としっぱなしは断然早い。
どちらにしてもディッシャーは便利お道具の筆頭だと思う。


今回の配合は、たくさんあったので卵黄はいつもよりだいぶ多め。
たまたま持ってたおいしい生クリーム使用で油脂量はいつも通りの少なめ。
気分で甘め。ラム酒入れ忘れ!




冷めたらスグ食べない分はすみやかに冷凍する。
c0114069_18225837.jpg

たまたまこんな風に保存容器にピッタリ入った。かなり気持ちいい。







[PR]

by tigerbutter | 2016-10-22 17:56 | あまいもの
2016年 10月 20日

秋鮭チャパティロール

c0114069_10341420.jpg
普段、私のヘルシー系のメニューはやたらと敬遠する娘にも
「チャパティは常にストックしといて!」
との熱烈リクエストに応え 、
アタ1袋使い切りでチャパティを増産。




◆チャパティ大(直径21cm)20枚分
アタ(インド産チャッキ社製細かい全粒粉)・・・1kg
塩・・・小さじ1.5強(10g)
水・・・750g(チャッキ社推奨)
 
全部合わせてなめらかにこねたものをラップして30分に上寝かす。
10等分する。打ち粉をしてめん棒で出来るだけ薄くのばす。
中火であたためたフライパンで両面を焼いて、お好みでさらに網に移し直火であぶってプックリふくらます。



火加減と伸ばす速度を調整して、
一枚づつ伸ばしつつ焼いていくのが具合が良い。
毎回プーッと脹れるのを見るのはかなり楽しい。

そしてやはりつめて作ると伸ばすのが上達するわぁ。今回はサンドイッチにする前提で粉50g分の生地で前回より大きめにしてみた。
このサイズのほうがトースターにも過不足なく合う。


◆チャパティ小レシピ


c0114069_10341346.jpg


◆秋鮭チャパティロール 2個分

チャパティ大・・・2枚
◎鮭ソテー
  秋鮭・・・1切れ
  塩胡椒、強力粉、オリーブ油
ベーコンソテー・・・半分に切って1枚分
塩ゆでインゲン・・・10本
赤ピーマン細切り・・・1個分
プチトマト・・・5個
スライスチーズ・・・1枚
マヨネーズ・・・適宜

鮭の皮を剥がして、厚みを半分にして身と皮に塩胡椒して強力粉をまぶす。
凍ったチャパティをフライパンで両面温め直す。
そのフライパンにオリーブ油をしいて鮭の皮と身、ベーコンをこんがりと焼く。
チャパティに具を並べてマヨネーズを一本絞りしてぐるっと巻きこむ。
ラップで包む。




鮭皮をはがして単独でパリッと焼くとこがミソ。
つけたまま焼くより絶対美味しい。
c0114069_10341238.jpg
野菜はきゅうりや、レタス入りもシャキシャキしてナイス。




おまけ
c0114069_19103971.jpg


フムス付き豆カリー定食
ここんとこ、豆を食べたい気分の日が多い。
フムスも増産せねば。














[PR]

by tigerbutter | 2016-10-20 10:11 | 粉もの
2016年 10月 20日

海老エスカルゴバター焼

c0114069_01033885.jpg

衝動買いした冷凍エスカルゴに付いてたココットが思いの外すんごい可愛いココットだった。

さすがはおフランスざますー

気を良くして、今日は海老で。
エスカルゴはインドネシア産缶詰がカルディーとか業務用食材店で買えるが、
こないだ数えたら1缶に40粒も入ってたので、余る分を小分けしたり、冷凍したり、然るべき期間内に食べ終えたり…とか考えると、気軽に開けられない。


玉ねぎ多目のエスカルゴバターを一つにつき12gくらいをのっけて、トースターで10分程焼いた。

海老を食べた後に残る海老味エスカルゴバターがむしろメイン。
パンでふき取る幸せ♪
粉40gのクッペをそえたら丁度の感じ。

くぼみ付きの器で調理する利点は最小限の油脂量で食材が浸るところ。
ココットやっほー!





c0114069_01034048.jpg

c0114069_01034185.jpg

冷凍エスカルゴ
多分1800円前後だったと思う。


[PR]

by tigerbutter | 2016-10-20 00:05 |
2016年 10月 16日

ザクザクメイプルクッキー

c0114069_18571410.jpg


ザクザクメイプルクッキー
24個
粗挽き高知県産全粒粉60g
うるち米粉60g
砕いたローストアーモンド30g
無塩バター30g
塩ひとつまみ
メイプルシロップ40g
上白糖10g

塩までの材料をボールに入れて、
バターがなじむまで揉み込む。
メイプルシロップと上白糖を加えてまとめる。
ビニール袋に入れて伸ばし、冷蔵庫で冷やす。
4×6個に切り分けて天板に並べ竹串でつつく。

150℃ー20分ほど焼く

マクロビオティック系ババグーリのお菓子レシピアレンジ。
それは菜種油よりバターの菓子が好きだから。
べつに普段から大量に食べるわけでもないので、
わざわざ作るなら断然バター派。バターのクッキーは美味しいよなぁ。








[PR]

by tigerbutter | 2016-10-16 18:30 | あまいもの
2016年 10月 11日

チーズチャパティ


c0114069_00221346.jpg

今朝も実感したのは、
アタ(インドの細かい全粒粉)で作った無発酵の薄焼きパン、チャパティを持ってると、やはりすんばらしく便利!

一枚づつ伸ばして、焼いて…は、
熱意のある時じゃないと無理だけど、
その後の手間は最小に確実に美味しい目に遇えるわけだから、非常に効率の高い愛すべきメニューと言える。

c0114069_14131991.jpg
今、私イチオシの食べ方は、
凍ったままのチャパティにミックスチーズのせ、トースターで4分焼いて、
そしてカエンペッパーをふる。

樋口正樹さんのナスピザレシピに使われてたのでゲットした、
お初だったカエンペッパーはシャープな辛みが旨いと思ったら、
一般的なチリペッパーの2倍の辛みがあるらしい。ほー。
辛みをシンプルに楽しむ事に開眼した気がした。

そしてチーズ量はビローンと糸引くようにたっぷりとのせたいところをグッとこらえ、アタの旨味と薄焼きの歯ごたえを損なわぬ少量が吉としている。







◆チャパティレシピ

思いついた!
…1kg入りの粉は鮮度のいいうちに一気に使って毎回冷凍ストックするってのもいいかもしれない。
うん、なんとナイスアイデア!!






[PR]

by tigerbutter | 2016-10-11 11:41 | 粉もの
2016年 10月 10日

サモサ

c0114069_09345161.jpg



c0114069_09345200.jpg
サモサ

放置ブログを久々に更新してみる。

今回は、去年秋からサワーブレッド製作にガッツリはまって、
数ヶ月かおうち軟禁状態になってた間の記録等、
ちゃんとまとめてアップしようと思ったのが運のツキ。
自分というモノを何度も読み違えるわたし・・・


今日は美味しく出来たサモサに酔いしれてるうちに、
さっさと更新するぜ!



=サモサ= 12個分       参考レシピ  
◆中身
ジャガ芋 小4個(正味220g)
(父作メークイン)
茹でヒヨコ豆 100g
たまねぎ   1/6個(70g)
甘長とうがらし 大3個(50g)
オリーブ油  15g
クミンシード 小さじ半分
生姜     1片
ターメリック 小さじ半分
コリアンダー 小さじ半分
ガラムマサラ 小さじ半分
カエンペッパー 小さじ1/8
塩      小さじ1.5
青唐辛子   2本
地元産ピーナツ 40g
◆皮
薄力粉    150g
塩      小さじ1/4
オリーブ油  20g
水      53g

①じゃがいもを蒸して皮をむいて賽の目に切る。
②玉葱大きいさいの目切り。甘長とうがらしもそんな感じ。
③生姜荒みじん切り。
④フライパンにオリーブ油を入れ、クミンシードを加えて火にかけゆるゆる香りを出す。
⑤生姜と玉葱をなじませて炒め、じゃがいも、ヒヨコ豆、甘長とうがらし、塩、スパイスを加え混ぜ、蓋をして蒸し煮。
⑥良い具合に加熱出来たら程良く輪切りにした青唐辛子とロースとして砕いたピーナツを加えて冷ます。
⑦皮の材料をざざっと混ぜて、ムラの残った層のある感じにまとめて30分以上寝かす。
⑧6等分して丸め、打ち粉をして楕円に薄く伸ばし半分に切る。
切ったところに水をつけて2cm程重なるようにしておさえジョウゴ型にしてしっかり止める。
具を詰めて生地をあわせてフォークでしっかり押さえる。
⑨きつね色になるよう油で揚げる。



こ!これは!!生涯で最高の出来?!

・・・って思ったのは、
ちょっと前の事なんも覚えてないせいもあるだろうけど、
具がやたら美味い。つまみぐいとまらん。こんなこと初めて!
とりあえずわたしが今まで作ってた芋サブジは遥か下のレベルだった。
過去何度も取り組んだお題の一つなのに。(あれは目分量でレシピ不明)
青唐辛子のさわやかな辛みとか、ピーナツのコクと、芋、豆のほこほこした甘み、玉葱のジューシーな甘み、それらがスパイスとあいまった力強い一体感♪
(・・・盛り過ぎ?)
美味過ぎる具も問題で、冷めるまでわたしが数回ちょっかい出した後、
目を離したスキに、サモサ用とは知らずに旦那も美味いサブジとしてつまんだらしい。
なので完成品の中身は多分レシピ量より推定3割減・・・

皮、油層を混ぜ切らない製法にしてみた。大当たり。
ちょっと中華パイ的にサクサク。いままでのパン的なやわ生地より、もさっとした口当たりの芋サブジとコントラストがついて断然合う。


リピ決定!
とりあえずは早急に青唐辛子を探して冷凍ストックしとこうと思った。


 

あと、サモサと言えば定番のグリーンチャツネとかそう言う系のミントソースも添えたが・・・


=微妙なミントソース=
庭ミントの葉、ヨーグルト、青唐辛子、しょうが、塩、ガラムマサラをミルサーでガーッツ。


庭のミント、夏あれだけシブトく生えて来てたのに、
やっと使うとなった今日はなぜかちょっぴりしか無かったので、
全体量が少なくてヨーグルトを増やしたらしゃびしゃびになった。
グリーン味が薄い。もっと青臭さが欲しかった。要改善。


・・・粉はアタを使えばさらに良かったように思う。







[PR]

by tigerbutter | 2016-10-10 09:34 | 粉もの