<   2012年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 30日

新蓮根のおかず二種とささみとアスパラの炒め物

c0114069_22442941.jpg

農協市場で買った地場産のアスパラがとっても良いお品だった。
ささみとマッシュルームを合わせて塩生姜炒め。






これ、やけに美味しかった。






c0114069_2244109.jpg

待ってました!の新蓮根でおかず二種。


辣油雲呑
[材料] 4 人分

・豚ひき肉     150g
・蓮根(端っこ)  60g
・干し椎茸     1枚
・塩        小さじ半分
・醤油       小さじ1
・胡麻油      小さじ2
・酒        小さじ1
・生姜みじん切り  小さじ2
・雲呑皮      一袋(30枚)
・片栗粉      適宜
自家製辣油   適宜
・醤油       適宜
・酢        適宜
・刻み葱      適宜

[作り方]
れんこんと戻した干し椎茸をみじん切りにして、
豚ひき肉、塩、醤油、ごま油、生姜、酒を加えてよく混ぜる。
雲呑に水と来片栗粉を塗り、タネをのせて半分に折ってくっつける。
ほどよく茹でてお皿に取り、刻み葱、醤油、酢、辣油をお好みでかける。



たっぷり辣油味の雲呑♪
・・・ただ、この分の蓮根の皮は剥いた方が良かった。
どうもガシガシしすぎた。


c0114069_9315578.jpg

焼き新蓮根の味醤油かけ
[材料]

・蓮根     真ん中のとこ一節
・片栗粉    適宜
・胡麻油    適宜
・鰹節     適宜
・味醤油    適宜

[作り方]
蓮根を皮付きで2.5cm程の厚みに切り、片栗粉をまぶす。
たっぷりの胡麻油で途中ひっくり返してフタをしてじっくり色よく焼く。
鰹節と味醤油をかける。



味醤油
醤油とみりんと砂糖と混合削り節と昆布を煮立てて濾したもの。
まとめて冷蔵庫に入れとけば、タレ、めんつゆに至極便利。焼き茄子にもべりぐ〜!










厚切り、もっちりサクッと蓮根たまらん♪
















わすれちゃいやん・・・ぽちっ!     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2012-09-30 09:55 | 料理 | Comments(0)
2012年 09月 26日

トンテキ大と丸パン

c0114069_1255366.jpg

若者よろこべ〜!

ガッツリ!ガッツリ!お〜に〜く〜♪








四日市名物らしいトンテキは、
バナナみたいな切り込みがチャーミング。

分厚くてもスグに焼ける工夫?すんばらしいっ!・・・と思ったら、

焼いてから切り込み入れたり、
焼く前から細かく切ってあったり、
まあいろいろなのね〜

そのようにテキトーにリサーチした結果、
砂糖醤油とウスターソースとケチャップと胡椒を煮詰めてソースにしてみた。






ニンニクがパウダー使用だったり
付け合わせがキャベツではないあたり正当派じゃないようだけど、

およそ一枚250g超えの豚肩ロース使用。







どだ!

こんがりジュージュー!うまいぞ〜♪













トンテキはもちろん山盛りご飯とペア。

パンは別の日。
c0114069_1254074.jpg

たびたび焼くので、かえってあまり写真の無い丸パン。




丸パンレシピ





今回の成形、まんまるに丸めて米粉をまぶし、カミソリで切り込み一本。
霧吹き。
二段焼成 200℃ー12分










娘は焼きたてパンにたれをたっぷりつけたはちみつ入りの煮豚をはさんで食べてた。
四つあったのに一つもくれんかった・・・















ぽっぽっぽー♪はとぽっ・・・ぽちっ!     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2012-09-26 19:15 | 料理 | Comments(11)
2012年 09月 26日

香りラー油とブニブニ焼売スープ

c0114069_1037647.jpg

ほ〜ら、ほ〜ら、ふくれておるわ♪





これをいつ発見したのかちょっともう覚えてないけど、
野菜と春雨入りの生姜スープに、
やっすいチルド焼売を加えて煮立て、
注意深く見張って頃合いのブニブニ加減にふやかしていただくとそれは至福!

時々思い出しては私の気が済むまで続くスープ・・・




このブニブニ焼売は、
ちょっとまるちゃんのカップワンタンのワンタン的でもあり、
どうにもB級な魅力が私をとらえてはなさない。



中にはふやけにくい困った焼売もあるが、
チルドの「大粒焼売」と名づいてる物の多くはいい具合に柔らかくなるようである。




今回はなんとゴーカ海鮮入り!
(半額だったアサリのことね)



毎回テキトーなこのスープの作り方、今回の分を一応記録しておく。


ブニブニ焼売スープ

[材料]

・生姜                   30gくらい
・胡麻油                  大さじ2くらい
・白菜                   1/8株
・もやし                  2袋
・もがりいんげん(細長〜いいんげんの仲間 )1袋
・えのきだけ                1袋
・しいたけ                 1袋
・ウエイパー                適宜
・塩、胡椒                 適宜
・緑豆春雨                 1袋(50g)
・豆腐                   1丁
・あさり                  1袋
・チルド焼売                1〜2パック

・香りラー油                お好みで適宜

[作り方]
千切り生姜をごま油で炒めて香り出しし、
ざく切り白菜、もやし、4cm程に切ったもがり、
ほぐして半分に切ったえのきだけ、薄切りしいたけを加えちょっと炒めて、
ひたひたより多い水を加え、ウエイパー、塩、胡椒、春雨を加えて煮る。
煮えたらアサリと食べ切るだけの焼売、豆腐を入れて加熱。
焼売がいい感じにふやけた所で器に取り、ラー油をかけていただく。






スープは鍋いっぱいの量だけど、
焼売は煮くずれるのがとても早いので、
食べる分だけ一回分づつ入れた方が良い。









そして自家製ラー油!
c0114069_10364674.jpg

香りラー油
[材料]     500cc瓶1本

・サラダ油    250cc
・シナモン    2本
・八角      2個
・七味唐辛子   10g
・一味唐辛子   30g
・胡麻油     150cc

[作り方]
鍋にサラダ油とスパイスを入れ、じっくり温める。
3〜5分経ったら、胡麻油を加え唐辛子が焦げないように5分程良くかき混ぜて火を止める。
冷めたら容器に移しかえる。

                   後藤Winnie著「Winnieの台湾キッチン」レシピ参考





500cc瓶あふれんばかりにぴったりすぎ!
あ、オイルccじゃなくgで量っちゃった・・・






先日ゲットした本に載ってたこのお初のラー油は
一味のほかに七味とシナモンと八角も使うので、辛いだけではない香りラー油。
今の所フツーに買える市販品程辛くは無い様子。
(はて?置いとくともっと唐辛子成分でるのかな?)





さあ、じゃんじゃん使うぞ〜














先日、生唐辛子をさわった手でうっかり目をこすったら、
目が熱々の痛々っという恐ろしい事態になった。
もちろん洗ったけど充血は三日とれなかった。

・・・唐辛子がこんなすごいとは、本当びっくり!

みなさまお気をつけあそばせ〜














さあ!善意のお見舞いに、ぽ、ぽ、ぽちっ!     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2012-09-26 00:04 | 汁物 | Comments(4)
2012年 09月 23日

甘さ控えめきな粉おはぎ

c0114069_16454766.jpg

甘いもんの甘さを控えるとは何事かあああ!!!

・・・と、全国の甘党さんに怒られそうなんだけど、
(知らんし)







こってりした素材には、それに見合うきっちりした甘さが無いと嫌だけど、
おはぎはあまり甘く無いのが好き。

加えて、あんこもごはんもやわ目希望!






そうするとそこらで買えるヤツにはなかなかうまくみつからん・・・

面倒だけどやっぱ作るしかない。

行事食だもんね。当然お彼岸には自家製おはぎ!!
(嘘です。結構サボってます・・・)







c0114069_16432111.jpg


甘さ控えめきな粉おはぎ
[材料]     20個分

◆つぶあん
・小豆    2カップ
・砂糖    適宜
・塩     ひとつまみ


・つぶあん  上記の半分使用
・餅米    1合
・米     1合
・水     炊飯器の2合のメモリまで
・塩     ひとつまみ

・きな粉   適宜
・砂糖    大さじ1くらい
・塩     ふたつまみ

[作り方]
前日
小豆であんこを作る。
小豆1カップを洗って、
一回茹でこぼしてから活力鍋でやわやわに煮た豆の水気を切り、
上白糖と塩ひとつまみを加えて好みの甘さにし、煮詰める。
それから餅米1合と米1合を洗って水に一晩つけて置く。

次の日
米を普通に水加減して炊く。
蒸らし終わったらすりこぎで半潰しにする。
あんこをディッシャーで20等分して丸める。
ごはんがあたたかいうちにディッシャーでご飯をはかり、
手に取り広げた上にあんこを乗せて包む。
砂糖と塩を混ぜたきな粉のなかにころがしてたっぷりまぶす。













自分好みに作る、うちのおはぎはおいしーなー♪
お茶が合うわ〜

・・・今現在4個食べたところ。








お彼岸には当然・・・とかいいつつ・・・

お彼岸って、秋分の日をはさんで前後三日の合計七日を指すって知ってたあ?
そんなん常識中の常識?!

私知らんかった〜!
すべて「なんとなく」ですすめてた〜













さあ!連打して指のリハビリ!     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2012-09-23 17:57 | あまいもの | Comments(4)
2012年 09月 22日

老舗風柴漬けいなり寿司

c0114069_18122729.jpg

あ〜やっちゃった〜

もうタイトルにも「老舗」いれちゃった〜
あつかましさ120%
ぷぷぷ。








こないだからずっと自家製のおいなりさんが食べたかった。

イメージ的には回転寿しのより薄味でもっとジューシーなやつ。
東京風の濃いやつじゃないほうの。





油揚げだけ煮てから、
ひじき煮たのがあったらご飯に混ぜたいな〜とか、
ありもしないひじきの事を考えていたら、








そーだ!自家製柴漬けがあるじゃない!









ピンクが可愛い柴漬けいなりだよん♪

c0114069_18113741.jpg

老舗風柴漬けいなり寿司
[作り方]
一度茹でこぼし、半分に切った油揚げを水と薄口醤油と砂糖で甘辛く煮る。
ご飯に塩と柚子酢、刻み自家製柴漬け、炒りごまを適宜混ぜる。
油揚げを開いて軽く握ったご飯を詰めて形を整える。







炊きたてご飯でもない、ゆる〜い感じで作ったいなり。

中のご飯は近所の海苔巻き屋のすし飯みたいに砂糖抜きにしてみた。
そこにぽりぽり柴漬け、薄味ジューシーお揚げとのコントラストがなかなか。









これはいかん!つまめ過ぎる。

薄味の罠!











お帰りは〜お好きなだけ〜
はい、ぽちっ♪     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2012-09-22 20:53 | 料理 | Comments(0)
2012年 09月 21日

きざみ柴漬けの卵かけごはん

c0114069_13311756.jpg

スペインごはんが続いた後は、
日本の代表的国民食「卵かけごはん」。


先日うちの定番入りした老舗風の自家製柴漬け使用。

柴漬けを小分け容器に取り出す時、
ふと思いついて柴漬けにはおまじないのように昆布を一枚足しておいたら、
おおっ!なにやらもっともっと美味しくなっておるではないか!

c0114069_14151814.jpg


おまじない効いた!









きざみ柴漬けの卵かけごはん
[材料]
・炊きたてに近いごはん      軽く一膳
・初産み卵            1個
自家製柴漬け          適宜
・醤油              適宜

[作り方]
柴漬けを刻んでよそったご飯のはしにのせる。
卵を割り入れ、お好みで醤油ちらっ。








これがもう、えもいわれぬ美味さでございます!
小さい初産み卵に合う小盛りのごはんが憎い・・・


食べ終わった後にも心を揺さぶられた余韻が残る、そんな一品。
(上品すぎた盛りが食べ足りないっていうか・・)













早速柴漬けを増産しよう。
で、昆布は必ず入れよう。












卵かけごはんは心のふるさと

できたら押してくれんかの〜?     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



[PR]

by tigerbutter | 2012-09-21 14:11 | 料理 | Comments(8)
2012年 09月 21日

ミックスパエリャ(PAELLA DE MARISCOS) 其の2

c0114069_23221913.jpg

毎日パエリャ。

だって私今日はお休みだし、
次の構想を練ってたら居ても立ってもいられなかったから。
具が違えば許されるんじゃん?とか、思って・・・












はい!忘れぬうちに覚書〜
c0114069_23273081.jpg

ミックスパエリャ(PAELLA DE MARISCOS) 其の2
[材料]    直径31cmフライパン  4〜6人分

・米           2・5カップ(500cc)
・オリーブオイル     大さじ3
・ニンニク        2片
・玉ねぎ         大半分
・ブラウンマッシュルーム 130g
・赤パプリカ       半分
・甘長          6本
・プチトマト       10個
・黒オリーブ       10個
・豚肩ロース       250g
・ベーコン        100g
・ゆで蛸         150g
・アサリ         一袋(400g)
・赤足エビ        150g
・水           400cc
・サフランひとつまみ入れた水50cc
・トマトチャンク缶    半分(200cc)
・塩         適宜
・胡椒        適宜

・くしぎりレモン   適宜

[作り方]
にんにく、玉ねぎはみじん切り。
パプリカは6個に細切り。マッシュルームは半分切り。
蛸は薄切り。ベーコンは千切り。肩ロースは16個切り塩胡椒する。
フライパンを熱してオリーブオイルを熱し、ニンニクで香り出しして、
玉ねぎを炒め、ベーコンを加え、マッシュルームを加え、肩ロースも加えてこんがり炒める。
甘長とパプリカ、あさり半分強と蛸とエビを加えて炒め、
白ワイン大さじ2をふりかけ、水とトマトチャンクとサフラン水を加えて沸かす。
アサリの口が開いたら殻だけ取り除く。エビ半分程とパプリカと甘長をとりわけておく。
具入りスープを塩こしょうで味を整えておく。

洗わず米を十文字に加えて、ちらっとまぜてなじませたら表面を平らにし、
パプリカ、甘長、エビ、残りのアサリの半分、プチトマト、黒オリーブを手早く並べ、
10分中火にかける。アルミ箔でフタをしてさらに10ふん弱火。
最後20秒ほど強火でお焦げを作る。
火から下ろして10分蒸らす。

お好みでレモンを絞って食べる。






今度は大きいフライパン使用でオーブンは使わなかった。
上から加熱がないせいかプチトマトの煮えだけがもうヒトツ。
丸ごとならもっと早くにうずめて入れるべきだった。


地のエビと甘長大ヒット!
マッシュルームとあさりの濃厚出汁グッド!
・・・蛸はもっと煮込まないと中途半端に固い。
ベーコンはさっさと使い切りたかったので入れたけど、
肩ロースだけで良かったかも。

パエリャ、もうちょっと慣れれば、冷蔵庫整理メニューにもなってもらえそう・・・



毎回同じ条件で比べてみたかったので米はまた2カップにしようと思ったけど、
どうも具が多いので急遽2・5カップに変更。
前回より脂肪分の多い材料も入ってるのでもっともっとこってりコク味♪



最後の気を聞かせたつもりのお焦げ作りのせいでむしろ焦げすぎた。残念・・・
水分全部引くまでと思ってよく見ながら強火にしてたのに、こげ臭って後から来るんだ(泣)
じゃあ、火を止めるタイミングはここじゃないのん?と思い、
YOUTUBEで本場パエリャっぽいのの水分の残し具合を何件も見て、
疑問は解決したので次は外さないわっ!・・・タイミングは思ってたより案外手前だった。



冷凍庫に見つけたサフランは古過ぎたか?特に良い効果は何も感じられない。
(好みの問題?品質の問題?たしか2年前も効果に疑問・・・)



具材の種類と量が増えてずいぶんゴージャスになった。
ご飯の中にもたくさん具はまざってるし、
鍋も大きくして表面積もずいぶん増やしたのにまだご飯が見えない。

本場っぽいレシピでは煮るときほぼフタは無しのようだけど、
実質的には具材がフタになってご飯を蒸らしてるいう説もあるらしいので、
も、これでいい?
野暮ったい気もするけど具はモリモリ路線で。
・・・どうも色々乗せたくなるし、ワイングイグイすすむし。





基本、酸味はワインに合わない事になってるらしいが、
うちで調達するのがやっすい水みたいなワインだからか、
私が味オンチなのか、
レモンを搾ったこのこってりパエリャとワインはめっちゃ合う!!

・・・ま、幸せな事だな。















まだ二日目なのに、娘にちょっと嫌な顔された・・・
できれば押してくれんかの〜?     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



[PR]

by tigerbutter | 2012-09-21 00:48 | 料理 | Comments(0)
2012年 09月 20日

ミックスパエリャ(PAELLA DE MARISCOS)

c0114069_22241367.jpg

2年程前だか、一時期おもてなしパエリャに凝っていたが、
記録が無いので、せっかく苦心したレシピはもうわからず・・・
うちの鍋に対する米の量すら・・・ハテ???


思い当たる理由はないが、
このごろの私にはとにかくスペインがアツい。
スキがあったらスペイン料理でワインしたい。


しかし忘れたもんは仕方ないので、
(ほんとこればっかで嫌んなる!)
真新しいキモチで再度チャレンジ!







でも、頭付きの知的なエビとか、おしゃれムール貝とか、
そーゆーかっこいいアイテムはここですぐには揃わないの。

はい、いいっす。

材料は一番近いスーパーで入手出来る範囲で。
サフランも無しのトマト風味ってことで〜






c0114069_22271766.jpg

さあ!またここから発展させるぞよ!!
今日のパエリャレシピ覚書

ミックスパエリャ(PAELLA DE MARISCOS)
[材料]    内径24cmスキレット 3〜4人分

・米         2カップ
・オリーブオイル   大さじ2
・ニンニク      2片
・玉ねぎ       大半分
・赤パプリカ     半分
・プチトマト     6個
・鶏手羽元      6本
・ヤリイカ      2杯
・アサリ一袋     300g
・鶏ブイヨン     300cc
・トマトチャンク缶  200cc
・塩         適宜
・胡椒        適宜

・くしぎりレモン   適宜

[作り方]
にんにく、玉ねぎはみじん切り。
パプリカは6個に細切り。プチトマト半分切り。
イカは下ごしらえして輪切り。
スキレットで鶏手羽元に塩こしょうしてこんがり焼き目をつけて他にとっておく。
鶏ブイヨンとトマト缶を混ぜて沸かし塩こしょうで味を整えておく。
さっきのスキレットにオリーブオイルを熱し、ニンニクで香り出しして、玉ねぎを炒め、
洗わず米を加えて透き通るまで油をなじませたら熱々のトマトブイヨンを注ぐ。
ちらっとまぜて表面を平らにし、手羽元、パプリカ、イカ、アサリの半分、を手早く並べてフタをして10分中火にかける。
その間にオーブンを220度に熱しておく。
時間になったら蓋を取って素早くアサリの殻を外し、
残りのアサリを並べてフタをしてオーブンに入れて10分。

お好みでレモンを絞って食べる。









c0114069_22181873.jpg

アサリは浜名湖産






思ってたのより油っぽく無いし、
(確か、前のはごってりした生ソーセージを入れたはず・・・)
おこげもできていろんな具の出汁がしみたごはんはサイコー!!



主食と野菜とタンパク質を一度に調理!かつ一度に摂取!



これはものぐさ者にこそ最適な楽々めにゅーじゃないかい!!
(多分前回もそう思ったんだろな・・・)







でもこれはまだまだお試しなんで、
今後もっといい感じにつめて行きたいと思う。
今度はちゃんと記録して。

改善点としてはこのサイズのスキレットには全体量が多過ぎる。

お米層はもっと薄く鍋に寄り添い、具はゆったりと配置した方がいいと思う。
薄べったいほうが貴重なお焦げ面積広いし、炊きムラ防げそうだし。




・・・だいたい写真撮ってて思ったのは、
ご飯見えないほど具がてんこ盛りって、だいぶかっこ悪い。
本場っぽいと感じる画像からはかけ離れてる。


あ、それ、具を全部上に並べるからイケナイ?
どうもわざとらし、みみっち感がでるのは、そういういじりすぎのいやらしさか?
具の何割かはご飯の中ってのもアリ?

次は煮立ったスープと具にお米十文字にサラサラって方法でやってみよ!
儀式っぽくてステキ。













そして素敵な具材を集めに行こう〜
それが御馳走〜♪










やっぱ米ってたまら〜ん♪
できれば押してくれんかの〜?     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



[PR]

by tigerbutter | 2012-09-20 00:51 | 料理 | Comments(2)
2012年 09月 19日

灰干しわかめ肉蕎麦

c0114069_13364079.jpg

遠い親戚経由で毎年家にやって来てた、
私のお気に入り、生産者の自宅用鳴門灰干しわかめが途絶えて、
私はとても困っていた・・・











地元に帰るとすぐみつかる「鳴門灰干し糸わかめ」として売られているのは、
灰は落とされてきれいに糸状に裂かれて乾燥させた上品なやつ。
使いやすいけど、
なんーつーか・・・弱いんだなあ。
洗い残った灰なんかついてていいから、
私はもっと荒々しいわかめをざっくんざっくん使いたいのよ。
手間かけて糸になんかしないで欲しいの。








ああ違う、違う、と思い続けて3年ほど不自由してたけど、


   やった!この春やっと見つけた!!


有名人だかどなたかの推奨品としてなんかで見たの。
(まるで分からんやないか!)

でもこれにまちがいない!と思い、どっさり一年分を注文した先はなぜか淡路島。
しかも鳴門産より破格にお安いざます。
鳴門わかめはブランド品なのね〜
しかしどちらも鳴門と淡路の間の海で収穫するわかめじゃん?
私のとって大切なポイントはすべて押さえてある上にお安いのならなお結構。
私の求めてた物は淡路島にあった!









新しい入手先が見つかって本当にうれしい。
蒸し蒸しの夏を超してなお、色よくはりはりした歯ごたえも健在な灰干しわかめは、
この先もずっと死ぬまで入手し続けたいと思う。











で、そのわかめを使いつつ、気合いの入ってない一品。
一人分残ったの乾麺消費の為・・・


灰干しわかめ肉蕎麦
[材料]     一人分

・蕎麦乾麺    一人分
・戻したわかめ  適宜
・甘辛く煮た豚肉 適宜
・葱小口切り   適宜
・麺つゆ     適宜

・わさび     適宜
[作り方]
茹でて冷水でしめた蕎麦に具をのせて麺つゆをかけ、わさびを添える。







なにげに美味しかったんだけど、
ここは世界に誇るパスタ!「半田の手延べ素麺」を使えば完璧だったよな〜

(年とると、どんどん地元びいきがすすむなあと思う今日この頃・・・)













・・・お国が恋しい地元びいきさんは

できれば押してくれんかの〜?     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



[PR]

by tigerbutter | 2012-09-19 15:26 | 料理 | Comments(6)
2012年 09月 17日

カレイの唐揚げ&甘酢あんかけ

c0114069_23542064.jpg

ほんとはこの1週間奥歯が痛いわけで、
調子のって蛸2匹ゲットした時もずっと痛いわけ。




良く噛むと痛いから半飲み状態。
やっぱり蛸はのどごし!・・・ちがうし(泣)


   教訓    蛸は良く噛まないと味がしない。








なのに、蛸を仕入れた地魚のお店が気になる。

あさりなら噛めるかも?
と、ドライブついでに寄ってみたらば、あさりは売り切れで、
目についたのは、小さい鰈が袋にいっぱい入ったのが500円だった。





お初のちびカレイゲットだぜ!(サトシ風に!)







カレイの唐揚げ
[材料]      1人分
・カレイ     小さいの2匹(手をパーにして親指と小指の間くらいの大きさ)
・塩       適宜
・片栗粉     適宜
・レモン     適宜
・揚げ油     適宜

[作り方]
ちょっと切り込みを入れて包丁の先で内臓を引っ張り出して、
塩をまぶしてボールを揺すってぬめり等もとる。
汚れが取れたら洗い流す。
表裏の真ん中に背骨にそって切り込みを入れる。
塩をふって片栗粉をまぶす。
中温でサクサクなるまで揚げる。
塩ぱらっ、レモンぎゅっとしていただく。




切り込みを一本入れたけど、中骨は思った程上手くサクサクにならなかった。
・・・たぶん片栗粉で溝が埋まって油がしみ込まなかったせいだと思う。
もうちょっと左右に深く切り込めば良かった。残念。




でも、そこ以外があまりにも美味し過ぎ。

大きめカレイの骨まで食べられるように良く揚げたのみたいなガリガリじゃなくて、
繊細なサクサク。身の所ふんわり。








                                                                                           
しかも25匹はいってたから1匹あたり20円ですわよ。

あまりにも多かったので、残りは一夜干しにしてから冷凍した。

串に刺す時、えらから入れて口から出すのを連続させると、
とスゴく本格っぽい干し物みたいになった。

これでまたいつでも唐揚げが楽しめる♪










c0114069_23532797.jpg

いっぱい揚げて余った分、(考え無しに13匹揚げてしまった・・・)
次の日トースターでカラッと焼き直して、ごま油風味の甘酢あんかけにしたのもグッド!



さらにそれが1匹余って冷蔵庫で冷えたのも、これがなかなか♪













で、歯は痛く無くなった!













できれば押してくれんかの〜?     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



[PR]

by tigerbutter | 2012-09-17 17:22 | 料理 | Comments(4)