知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 25日

烏賊の二夜丸干し

c0114069_18431018.jpg

魚屋の三代目さんのとこで見た肝いりの烏賊の丸干しを作ろうと思って、
スルメイカを2杯干してみたら、5時間とか一昼夜じゃもったいないような気がして、(なにが?)
丸二日干してみたら当然だいぶ違ってきた。

1杯目はグリルで丸焼きしてみたけど、うっかり身は焦がし、
肝は流れ出してくる上によく焼けてなくて生臭く、???・・・失敗感満載だったけど、
さらに4日ほど冷蔵庫でねかせておいた(忘れてた)分は、
見た目さらにひにゃひにゃして情けない様子だったけど、
大事をとって肝はのぞいてフライパンでふた閉めて焼いてみたら
ものすごく小さいいかになった。
硬そうな気がして薄切りにしてみた。


  あ!これは、おつまみのいかじゃあないか!


ほ~意外にそんな感じ。
塩と熟れて、生いかとか一夜干しとはだいぶちがってる。
これはこれで、いいんじゃな~い?
干したい欲も満足できて一石二鳥。




烏賊の二夜丸干し


スルメイカ 2杯
塩  適宜

烏賊は足をはずさないようにいぼいぼの先のとげとげとくちばしと目玉と内臓と舟をはずして洗って、
(肝はホイル焼きにすれば間違いない!)
塩を薄く全体に(どうの内側にも)塗りつけ、
串に指して丸二日干す。
4日冷蔵庫で寝かす。
フライパンでふたを閉めて焼く。
足は1本ずつ切り離し胴は薄切りにする。



よい点は開いてないのでかさばらないこと。
輪切りがかわいいこと。・・・スティックも別に悪くはないんだけど。
いまいち乾燥してない時期はひらくべきなんだろうなあ。





烏賊ラブ~!!!
[PR]

by tigerbutter | 2011-01-25 19:27 | | Comments(2)
2011年 01月 22日

ほうれん草のおひたし

c0114069_16271371.jpg

ここ最近連続食いしてるもの其の2、ほうれん草のおひたし。

葉っぱが厚肉でぐわっと株の張ったやつがいい。
赤い根っこのところがまた甘~い。
冬って素敵!
この時期を逃さぬよう、
今のうちに悔いのないようにしっかり食べておかなくてはならないもののひとつ。



ほうれん草のおひたし 覚書

ほうれん草 2把
かつおぶし
いりごま
しょうゆ
マヨネーズ

ほうれん草を洗って根元に十文字に切込みを入れ、水につけて元気にさせる。
たっぷりのお湯を沸かして4回ぐらいに分けてゆで、茹で上がったのから冷水にとる。
束ねて水気を絞って切る。(もちろん根っこつきで!)

お皿に盛り付けて鰹節とごまをぱらっつ。しょうゆちらっつ。(写真はごまのせ前)

マヨネーズは各自のお皿脇にお好みでのっけてつけてたべる。
(県民ショーでやってた福島県風?だかを取り入れたらうちでも人気が出た。)




家族にも大人気。大絶賛めにゅー。
こんなにシンプルにおいしくって、なんだか申し訳ない気がするほどだわよ。
[PR]

by tigerbutter | 2011-01-22 16:40 | 料理 | Comments(2)
2011年 01月 19日

鯵のなめろう丼

c0114069_126443.jpg

最近よそで食べておいしかったもの再現シリーズ、なめろう丼。

それは金目鯛だのホタテだのいろいろミックスだったけど、今回は簡単に鯵のみ。



鯵のなめろう丼 三人分 覚書

鯵 3匹

煮切りみりん
しょうゆ
味噌
すりごま
わさび
長ネギみじん切り 1本分

きざみのり
ごはん 丼3杯


鯵は三枚におろして皮を剥いて、小骨を抜き取り1cmくらいに刻み、
調味料と長ネギを合わせたので和えてごはんにのせる。
きざみのりぱらっつ。




鯵は魚屋さんに三枚にしてもらったのでらくち~ん。

  はらっつ!

お店では骨せんべいもついてたんだった。
・・・横着失敗!

少し甘めだったはずと思い、なのにみりんがドバッと入ってしまいちょい甘すぎ。残念。
でもごまみそからめの生魚はおいしいのでまたチャレンジだっ。
[PR]

by tigerbutter | 2011-01-19 14:57 | 料理 | Comments(4)
2011年 01月 18日

焼き烏賊決定版!

c0114069_16363770.jpg

私の「烏賊ラブ」のきっかけになった料理。
友人宅へぴかぴかの烏賊を持っていったら、サクサク作ってくれた肴を再現。

彼女がフライパンひとつで豪快に作るさまはまことに男前で、
あやうく惚れてしまうところだった。




c0114069_16365231.jpg
=焼き烏賊決定版!= レシピ覚書

大きいスルメイカ  1杯(390g)
しょうゆ  大匙1


烏賊は処理をして肝、胴、げそに分ける。
肝をアルミホイルの船にのせてしょうゆをかける。
フライパンを熱したところに全部並べふたをして加熱しすぎないよう様子を見ながら3~4分。
肝がぐつぐつしてなかったら他はとりだして肝だけもう少し加熱。
胴は輪切り、げそは1本ずつきりはなす。
お皿に一緒に盛り付ける。




香ばしい肝焼きに淡白な白焼きをからめながらいただく。
この大きい烏賊を2人がかりだとけっこう量もたっぷりあって、
でもちっとも食べ飽きない。
最後の船底の焦げたところなんかもうたまらんから。

そんな今日の一皿は158円ちょっとな~り~

調理法といい、1匹丸ごとが一皿になるところといい、
この無駄のなさが全くブラボーだよ。




烏賊万歳!!
[PR]

by tigerbutter | 2011-01-18 17:27 | | Comments(2)
2011年 01月 17日

フライドカラマリ

c0114069_11565330.jpg

「世界一の朝食」でおなじみらしいカリフォルニア系レストランのビルズでいただいた、
ズッキーニ入りのフライドカラマリがやけにおいしかったので、ゆる~く再現してみた。



フライドカラマリ 一皿分 覚書

やりいか  1パック(5はい、200g)
ガーリックパウダー、塩、白胡椒  適宜
小麦粉  適宜
卵 半分くらい
揚げ用オイル

ルッコラ、レモン、塩

アリオリ風ディップ
 マヨネーズ
 ガーリックパウダー


やりいかを洗いながら皮をむいてきれいに下ごしらえし、
胴は2cm、げそは半分に切り、ペーパータオルで余分な水分をとる。

ガーリックパウダー、塩、白胡椒を馴染ませ、小麦粉少々をざざっとまぶしたところに卵を入れて混ぜる。
ビニール袋に小麦粉を入れてまんべんなく粉をつけて揚げる。

ルッコラもついでに色よく素揚げする。

マヨネーズにガーリックパウダーを混ぜてアリオリ風なディップを作る。




世界のビルズとの違い批評
ズッキーニが無いこと。 ×あるほうが食感に変化がついて良かった。ただ、すぐシナッとなってたけど・・・
アリオリがお手軽であること。 △本格とはいかないけど手軽な割には悪くない。
ちりちりとおしゃれにちらしてあったイタリアンパセリの素揚げが、うちの庭ルッコラでボテッと色の悪い素揚げになってること。 × 残念。
時間を少し置いてもカラッとしたところを持続してほしかったので衣を厚めにしたこと。 ◎飲みながらだらだらつまむのにグッド♪

総合的にフライドカラマリは素敵なお料理。
ますます「烏賊ラブ」が加速した。


どこ料理に分類するのかよくわからなかったけど、どうもギリシャ系のお料理らしい。
つぐさんありがとう!!

そうか!!ウゾとカラマリは仲良しだっけ?

・・・たしかお土産にもらったウゾがあったはず!
是非ともあれをあわせてみなければいかんな。
[PR]

by tigerbutter | 2011-01-17 12:58 | | Comments(3)
2011年 01月 14日

素焼き烏賊のバター醤油かけ

c0114069_20482887.jpg

このところやけに気になるのは「烏賊」
お正月前後は漁が無いせいか生のぴかぴかが無くて困ったけど、
また売り場に帰ってきてとってもうれしい!

足はたこ焼き風なものに使ってしまったので胴だけ。


クックパッド元レシピ

気分的にバターまみれの烏賊をまな板にのせて切りたくなかったので、
烏賊は素焼きにして、バター醤油は後からかけることにした。

お味の違いは未確認。
・・・ビールと日本酒が進むことは確認済み。




=素焼き烏賊のバター醤油かけ=   レシピ覚書

するめいか 1杯

バター  大匙2くらい
醤油  大匙2くらい


フライパンを熱して烏賊をいれふたをして時々ひっくり返して焼きすぎないよう火を通す。

烏賊を食べやすいように刻んでお皿へ。

烏賊を焼いたフライパンにバターと醤油を混ぜながら少し煮詰めてお皿の烏賊にかける。
ねぎぱらっつ。



とにかくものすごく烏賊気分。
さらに現在2杯も乾燥中。
[PR]

by tigerbutter | 2011-01-14 21:24 | | Comments(0)
2011年 01月 09日

干し豚

c0114069_17555456.jpg

11月に作った干し豚。

ラジオだかで「今が一年中で一番洗濯物が乾く季節です。」って言ってるのを聞き、

 
  とにかく何かを干さなきゃ!!


大急ぎで干してみた。
多分私干したい病。

元は平松洋子さんの本のレシピからだったけど、、
あれは多めに塩をした肉を三時間ほどおいて洗ってから干すので、


  それだと私の気持ち的に間に合わないので


塩もスパイスも一度にまぶして、とにかく干すべし!干すべし!
秋冬は干し肉作りの安全期間とみなしてる。



干し豚覚書  

豚ばら肉500g
塩5g
シナモン
八角
フェンネル
山椒
みかん皮
クローブ
黒胡椒

細長いばら肉を縦半分横半分の4本に切り分け、
香辛料類は粉にして全部で大匙1くらいと塩を肉にまぶす。

肉を串に通して端っこにひもをつけ、風通しのいい日陰に干す。
今回は外の物干し場に一日半干してみた。

230度のオーブンでこんがりするまで10分ほど焼く。

お好みで1cmくらいの厚みに切って薄切りの長ねぎと一緒にいただく。


香辛料類をわざわざ自家製粉するのはすぐ近所に五香粉が売ってなかったから。
でもよく考えたら材料全部持ってたんだった。
当然挽きたてが香りが良いのでこれからは自分でつくることにする。


生のバラ肉を焼いたのとは違って、表面がさくさくになり、
うまみもぎゅっと凝縮された感じで、ほどよい噛み応え♪
これはね、どーにもこーにもアルコール類がススむから。


肉をはずしたら急にもの干し場が寂しくなり、
続けて烏賊も一夜干しにして、とりあえず気が済んだ。


・・・でも、いくら干したくても、かつて時期をはずして蒸した夏に網なしで外に干したら、
はえが・・しかも数種類やって来たらしく、
身の毛もよだつそれはそれは恐ろしいことになったあああ・・・




c0114069_22232236.jpg

記事を書いたらものすごく食べたくなり、
冷蔵庫に残ってたばら肉を昨夜から干してみた。


今日の干し豚覚書  

ばら肉200g
塩3g(前回1%今回1.5%・・・1.5%のほうがいいかな?)
香辛料小さじ1くらい

200を三分割した小さい肉に塩と香辛料をまぶして一昼夜干した。

230度10分焼いて熱々をスライスして長ねぎをそえる。



焼いてるとまたおそろしくいい香りがする~


  わ~うまい~


せっかくの乾いた季節、
思い残しの無いようにまた気が済むまで干す!
[PR]

by tigerbutter | 2011-01-09 21:04 | 保存食・常備菜 | Comments(5)
2011年 01月 08日

生姜豚つけめん

c0114069_1830569.jpg

友人宅でごちそうになり、感激したつけめん。
そもそもは友人もよそで感激して教わったレシピらしい。


生姜がきいたつけ汁は、豚ばら肉の脂もさっぱりとめんにからんで、
必要最小限の材料が生きてて、なんだかすご~くいいあんばいなの。




生姜豚つけめん覚書 2人分

中華麺
乾麺 80g×2

つけ汁
豚ばら肉塊 100g(5mmくらいに切る。)
生姜 細切り 20g
しょうゆ  大匙2 
日本酒  大匙2
味の素  4ふり
水     150cc

薬味



めんをゆでる間に、汁はさっと沸かして豚が煮えたらOK。

茹で上がっためんはよく冷やすと汁の脂が冷え固まるのでぬるい感じに仕上げる。

薬味は長ねぎのさらしたのもしゃきしゃきして良し。



2月7日 お昼ごはんに作ったので詳しい分量を記載してみました。
      これは軽~い量なので、これだけをがっつりいきたい場合は1.5倍ぐらいにするとよいかも。
[PR]

by tigerbutter | 2011-01-08 18:56 | 料理 | Comments(2)
2011年 01月 08日

白菜キムチ

c0114069_13503233.jpg

2011年の初キムチはお手軽な切漬け。
水曜に漬けて3日目。

キムチはちょうど食べごろのももちろんいいけど、
すっかり忘れてて漬かり過ぎた白菜キムチも鍋だのチジミだのと利用価値は非常に高く、
余らせても安心の作りおき素敵アイテムとしてせっせとキムチを作っている。



今回のはコウケンテツさんレシピを参考にしてみたけど、
例によってかなり違っちゃってる。




ざく切白菜キムチ覚書

下漬け
白菜 半分 1.1kg  切付け用 白い部分は4cm角ぐらいに切る。
塩   5% 55g    白菜にまんべんなくまぶして重石をして三時間置いてから、
               洗ってざるに上げて1時間水切りする。

薬念(ヤンニョム)
韓国産唐辛子中挽き粉 51g
アミの塩辛         82g
にんにくおろしたの    12g
しょうがのおろしたの   12g
りんごおろしたの 半分 160g(大きいりんごだった)
蜂蜜             25g
いりゴマ           10g
大根千切り         260g
細ねぎ4cmカット     80g  
にら4cmカット  一束  100g (半分でもいいかな・・)




本には漬けたすぐに食べられて10日大丈夫って書いてあったけど・・・そんなの気にしな~い。
りんごと蜂蜜で甘めなので、パックの市販品っぽい甘辛バランスで親しみやすいお味。

もし白菜の塩漬けがあったらそれにこの薬念を挟み込む、またはざく切りにして和えてもいいと思うのよね。


これはとりあえず豆腐にのせたい。 
・・・それ、ごま油もたらすとおいしいって、確かどこかで見た~  
 
[PR]

by tigerbutter | 2011-01-08 15:56 | 保存食・常備菜 | Comments(2)
2011年 01月 07日

ホットク その2

c0114069_15185100.jpg
c0114069_15182663.jpgc0114069_15184662.jpg



















  ホットクとコーヒーの朝ごはんができたらいいのにな

ここ数日、思い描いていたけど、
やっと重い腰を上げた今日、冷凍ストックを作ることができた。


       明朝からはバッチリさ!




今日のホットク 8枚分 覚書


強力粉 170g
薄力粉 130g
ドライイースト 小さじ1
塩 小さじ1弱
砂糖 小さじ2
牛乳 180g 
湯  100g

あん
黒砂糖粉 大匙6(68g)
刻みくるみ 30g
いりゴマ 10g
シナモン 5g
片栗粉 小さじ1

サラダオイル 適宜


皮材料を耐熱ガラス容器に入れてはしでぐるぐる。
ラップして電子レンジ弱30秒チン。
もう一度はしでぐるぐるして、まあまあに膨らむまで温かいところおいとく。

手に油をつけて生地を掴み取り、混ぜ合わしたあんを大匙1強包み込む。

油をつけてラップにはさんでぺったんこにする。

そのまま冷凍するか、油を多めに引いたフライパンで押さえながら焼く。




前回分、甘すぎるとの意見もあったので黒砂糖を減らして、
それから流れ出ないように片栗粉を加えてみた。
当然、前回よりあん少なめになり、甘みあっさり。

とりあえず今日は服べたべたは免れた。
[PR]

by tigerbutter | 2011-01-07 15:39 | 粉もの | Comments(0)