<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 22日

鳴門うどん

鳴門うどん(的なもの)其の3
c0114069_14343758.jpg

鳴門うどん(的なもの)其の2
c0114069_14345556.jpg

c0114069_14351377.jpg



急にうどんな風が吹いてきた。
今回のお題は「鳴門うどん」
初めて食べたときには衝撃的だった!
やわらかい麺がさらさらっとかきこめるお茶漬け感覚のやさしい口当たりなおうどん。


  鳴門うどんの特徴    (私調べ)


麺 不ぞろいに細く短い
  腰がない
  塩気は薄い
  加水率がかなり高い
  茹でおきして暖めなおして出すのでさらに腰がない

汁 醤油より塩が勝った小魚の濃い出汁

具 斜めに薄く刻んだちくわ
  刻み油揚げ  
  刻み青ねぎ
  
  バリエーションはさほどない。




再現するとしたら、つまりはぞんざいな作り方をすればよいだけでは?
って雰囲気が、なんか私とってもなじめそうな気がする。



さあお急ぎでチャレンジして、
やっぱり思ったとおり気に入った!
ただいまテイク4。
うどんな毎日が過ぎていく・・・


 鳴門うどん(的なもの)三人分覚書

  麺 
  薄力粉  300g
  塩水    (塩9g+水147g)


  汁
  水どんぶり三杯
  鯖、にぼしけずりぶし 大きくひとつかみ
  昆布一切れ
  塩、醤油、酒、みりん

  具
  ちくわ3本
  油揚げ 一枚半
  青ねぎ
  半熟卵

 

 まず小麦粉をこねてまとめたら、麺用の湯もわかしつつ汁を作る。
 麺は粉たっぷり目にしてのばして細めに切り、ゆでる。(7分)

 冷やし過ぎないようにさっと洗ってどんぶりに盛り、具をのせて熱々の汁をはる。



こんなに毎日食べてもちっとも飽きない超普段着のパスタ。
お出汁がしみじみおいしいわあ♪


鳴門うどん(的なもの)其の4  九州福岡周辺とのコラボ「ごぼ天のせ」
c0114069_19103857.jpg

ごぼうの香りと甘味、歯ごたえ♪これは合う!合いすぎだろう!!
[PR]

by tigerbutter | 2010-10-22 18:47 | 粉もの | Comments(2)
2010年 10月 19日

ローストポーク二種

c0114069_225889.jpg

おめかしまえのとりあえずスライスした肉二キロ分。おんなじのもう一皿あるから。

先週土曜の17人のパーティー料理の一部を任されて肉。
え?4キロいるのん?!
土日私お仕事なんで朝焼いての作り置きになっちゃいますが・・・

当初は2キロの肉塊をただオーブンに放りこんでローストポークだと簡単でいいんじゃん?
って思ってたけど、
4キロなら半分は冷めても手堅い甘い広東風焼き豚にしてみた。


・ローストポーク
 豚肩ロース2キロ
 塩 30g
 黒胡椒6g
 おろしにんにく 20g
 おろしレモン皮 一個分
 オリーブオイル 大匙2

・りんごソース
   りんご、水、クエン酸、砂糖、バター
・グレイビーソース
・マッシュポテト

230度25分
170度65分焼く

少しハムっぽくしたかったので三日ほど漬け込んでみたけど、
結果さほどしみこみもせず、
冷めたローストポークはさほどうまいもんじゃないということがよくわかった。
焼き立てだったらりんごソースもよかったんだろうになあ。

おっかしいなあ、じゃあ試作はなんだったんだあ?
・・・なんせやたら気が変わる為、同じ条件の試作にならないのが敗因。



・広東風焼き豚

 豚肩ロース2キロ
 砂糖300g
 塩30g
 醤油大匙2
 甜麺醤大匙2
 高粱酒大匙2
 五香粉

白髪ねぎ3本分

細長く四分割してたれに三日漬け込み
230度20分
180度5分
焼く


焼き立てでも冷めても、これはいつでもおいしい。



ちなみに、パーティーってか呑み助の会は、
持ち込みOKの場末のカラオケ屋にて19時スタートお開き4時の9時間耐久飲み会となった。
めっちゃ楽しかったけど、
はい私日曜もお仕事~・・・
[PR]

by tigerbutter | 2010-10-19 23:39 | 料理 | Comments(0)
2010年 10月 02日

オイキムチ 其の二 其の三

c0114069_1723568.jpg

奥、ちびきゅうりで作った其の二。
手前、長々きゅうりで作った其の三。
c0114069_17362571.jpg

其の三、はさみ終わったところ。

結局しょっぱすぎた其の一よりも、其の二のキムチは塩加減もうまくいき、
小さいきゅうり特有のカリッカリにくちくだけのよいところは非常によかったが、
あれ?正しい使用唐辛子は実は細引きではない!!!ということにやっと気づいて、
あ~しまった!しまった!島倉千代子・・・


しょうがないなあ。まだぜんぜん食べきってもないのに。
だから其の三は中挽き間唐辛子粉をゲットしてのチャレンジ。
三回目ともなるとさすがに欲も出て、
塩を一部アミの塩辛(塩分20%と仮定して)におきかえる。
梨を使用する。
松の実、ゴマも使用する・・・
ちょっとリッチバージョン♪

ついでにやわらかいけどやけに長いきゅうりだったので四分割。
計算では分量はミオクさんのレシピの4分の3で、

塩15g→塩5g+アミの塩辛50g
+梨4分の1を千切りにしたの(80g)
+松の実ひとにぎり
+炒りゴマ15g


梨のさわやかな甘みが加わり、塩味マイルド。
これは驚きの効果♪


   うまいぞっ!!
[PR]

by tigerbutter | 2010-10-02 17:21 | 保存食・常備菜 | Comments(4)
2010年 10月 01日

食べやすい名古屋風手羽先 

c0114069_21165935.jpg

先日、「世界のやまちゃん」の手羽先をよそんちでいただいて、

   いや~、このぴりっと白コショウのきいた名古屋風手羽先はなんてビールに合うんだろう!
   (発泡酒にもね♪)

と、ものすごく大切なことを思い出し、

いつもはなんとなくでテキトーにやっちゃうけど、
なんかいいのあるかな?って、ちらっとネットでレシピを調べて作ってみたらば、


   わ、このタレ激旨!!

完成度、簡単度、共に衝撃を受けました。
それはずぼら料理家の奥園さんレシピのたれ。
ずぼらって素敵。
でも手羽中のみを使用してた。

やまちゃんの手羽先はくの字に先までついていて、
私は手羽先の先っぽがこれまた好きなので、
しかし山ちゃんみたいな小さいサイズの手羽先は入手困難。
でっかいくの字の手羽先って、正直つまみにくい。
だってだらだら酒の肴にしたいんだもん。

ここ、実は長年の悩みのひとつだった。



・・・そうだ・・・ばらそう。
手羽先一個を三等分に。


  ぶらぼー私!!

コロンブスの卵!ってか、手羽先。



  ・食べやすい名古屋風手羽先
 
 本体
  中くらいの手羽先    10本を三等分する
  下味の塩         適宜
  とき卵           二分の一個分
  片栗粉と小麦粉半々  適宜

 奥園さん比率のすばらしいたれ
  蜂蜜            大匙2
  しょうゆ          大匙2
  おろしにんにく      2片分

 トッピング
  炒りゴマ         適宜
  白コショウ        たっぷり!


  下味をつけてとき卵をもみこんだ手羽先全部(先っぽ大事!)を
  片栗粉と小麦粉を入れた袋にいれ、じゃかじゃかふって粉をまぶす。
  じっくりこんがりするまでよく揚げて油をきる。

  混ぜておいたたれにざざっとくぐらせてお皿にとり、
  なるべく広げて炒りゴマと白コショウたっぷりをまんべんなくかける。
  

肉に卵をまぶすので、素揚げっぽい名古屋風よりもっとしつこいがっつり衣つき。
だって私今日はでぶりんこな気分。(気分だけかっ?)
名古屋風からあんまり離れたくないなら、卵なしで小麦粉だけうすくまぶすとOK!





・・・みんなが手羽中に夢中なスキに、
私は先っぽいただいちゃうもんね。ひひひ。
[PR]

by tigerbutter | 2010-10-01 22:14 | | Comments(0)
2010年 10月 01日

いくらのしょうゆ漬け 其の三

c0114069_17512331.jpg

二度目に仕込んだ前回のいくらは生臭みはないけど今度は卵膜がちょっと硬かった。

箸の先につまんで、座ったまま腕を高く差し上げ、
食卓に落とした場合の跳ね返りは約7cm(とらばた調べ)
お口の中で常に圧力をかけないとうまくつぶれず、
ともするとただ飲み込んでしまうことになるのでこれは油断できない!!
しかし食べ続ければ顔が引き締まって小顔効果はあるかもしれない・・・とか、なんとか・・・

それでも冷蔵庫にいくらのしょうゆ漬けが入ってると思うだけでなんだか非常に心強く、
ほんの一すくいプラスしただけで、
最近私が凝ってる地味どんぶり、
・・・ただの豆腐おんたま丼やシラス丼がやけに御馳走になる気がするわけで、

   

   もうこの子なしではいられないかも?!



そんなわけで生筋子一キロまた買いました。
市場でkg2400円(+税)な~り~




   ・いくらのしょうゆ漬け覚書

     生筋子  1kg
     みりん  200g
     薄口しょうゆ 160g

洗って水切りしたらいくらを4分割したら一つ240gだった。
それぞれ保存容器に入れて調味料をそそぎ、ぐるっとまぜて、
一日なじませ三つは冷凍庫へ♪




これで私の丼ライフもしばらくは安泰。
[PR]

by tigerbutter | 2010-10-01 18:15 | 保存食・常備菜 | Comments(0)