<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 30日

とうもろこしビスケット

c0114069_1261170.jpg

細かいコーンフラワー使用のシンプル焼き菓子。
少しとんがりコーン味。

自分で適当に配合を決めたお菓子はネーミングが難しい。
材料を長々言い連ねてもかえってなんだか分からないし、
形と配合的にはショートブレッドが一番近いような、
でも、スコットランドの伝統にとうもろこし粉菓子はあったかな?あそこ寒そうだし・・・
偽ショートブレッド?う~ん・・・
では、とうもろこしクッキー?とうもろこしビスケット?どっち??
・・結局、今読んでる本がイギリス菓子の本なので、
今日はビスケットと呼ぶことにした。


 材料/小麦粉、コーンフラワー、醗酵バター、砂糖、塩


・・・とうもろこしと言えば、何年か前に見つけた絵本、
 アメリカ・インディアン民話「とうもろこしおばあさん」 福音館書店
この話はスゴイ。

まだアメリカインディアンが狩りをして暮らしていた頃、
どこに行っても断られていた旅の老婆を親切に泊めてあげた若者の住む村で、
おばあさんが、村人にだれも知らないとてもおいしい食べ物を振舞うのだが、
それが実はとうもろこしパンで、
そんなおいしい食べ物どこで手に入れたかは聞いても教えてくれず、
ある日、若者はおばあさんが太腿をぼりぼり掻いて、
とうもろこし粒をとっていることをこっそり見てしまい、
もう食欲がうせてしまった若者に気付いたおばあさんは、
草原を焼いて作った畑に、おばあさんの毛を持って引きずりまわし、
最後におばあさんを火にくべるよう指示して、
若者が言うことを聞き、とうもろこしがインディアンに伝わったという話。

とにかく、おばあさんの腿を掻いてとうもろこし粒が出てくる場面が衝撃的だった。
畑を引きずられているおばあさんの様子も非常に怖い。
私も夢に見そうな気がした。
けれどこの絵本、怖いもの見たさに時々見てる。




 とうもろこしぽろぽろ
    ポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-06-30 12:51 | あまいもの | Comments(2)
2007年 06月 29日

きつね丼弁当

c0114069_8161629.jpg

今日は植物性のおかずだけ。
マクロビオティック弁当とか名のっていい?
一食だけマクロビオティックをかすっても何がどうなるわけではないが、
まあ、ヘルシー気分というのも楽しいもんだ♪

・・・というより、これは10分弁当。
昨日使い果たしたのか、今日はやる気がもうひとつ。


 今日のメニュー/きつね丼(ごはん、油揚げ、長ネギ、インゲン、昆布だし、米飴、醤油)
            オリーブかぼちゃ(かぼちゃ、オリーブ油、塩)
            ぬか漬け(きゅうり、にんじん)、梅干、しそ


~感想~
油揚げに染みたタレがじゅわっとしてとてもおいしかったと、意外に好評の様子。







 あぶらげ大好き!
    ポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-06-29 08:34 | おべんとう | Comments(0)
2007年 06月 28日

コーニッシュパスティ(Cornish pasties)弁当

c0114069_10291913.jpg

今日のお弁当はミートパイ?
ううん、ママの味、半分はスモモのフィリングが入った、
一個で二度おいしいデザート兼用パイ♪
って・・・

   欧米か!

いえ、一切関係ございません。

・・・それでも情報だけはどこからか漏れ聞こえてくる。
ぎりぎり入ってきた細い線でのつながりがかえって気になってしまう。
どこか普遍的な匂いがする、その線をぐいぐいたどり寄せることこそが至上の喜び。
(なんだろな?)

コーニッシュパスティーは、
ひと昔前のイギリス、コーンウォール地方、労働者や子供たち、庶民の機能的なランチ。
スパイスで味付けした肉や野菜がつまったパイ。
時には半分が果物入りでデザートも兼用する充実ぶり。
スパイスや具の加減を各人の好みに合わせて作ったパイを、
間違えないよう、パイの端にナイフで切り込んでイニシャルを入れたりもしたとか。
正に郷土料理ど真ん中!と、私が崇拝している料理のひとつ。

パイ・・・まだ陶磁器の皿が高価だった頃、
庶民は粉を捏ねた物を焼いてお皿代わりにシチューや焼けた肉をのせて、
最終的にはコネ物も食べてしまったのがはじまり、とかなんとか。(合ってる?)
幼稚園のときに読んだ絵本で、
パイ好きの王様が家来に命じても難しかった理想のパイを自分で作って、
最終的にパイコンテストで優勝してパイの王様にもなった話の、
すばらしくおいしそうなパイの描写に、もう食べたくて仕方なかったけど、
パイと言えばサンリツ製菓の源氏パイぐらいしか入手できなかった幼少時代。
恵まれなかった分、パイには深い思い入れがある。

私の中では、パイはなんか格別にカッコイイんだな。



 今日のメニュー/コーニッシュパスティー(ライ麦粉25%入りショートクラストペストリー、
           じゃがいも、たまねぎ、牛赤身肉、塩、黒胡椒、ナツメグ、
           ウスターソース、スモモ、砂糖、小麦粉)
           アメリカンチェリー、パン

           
c0114069_88529.jpg


ピクニックでもないのに、日本の中学生の通学弁当がパイ。
でも多少の変にはちっとも驚かない息子。
一体どの程度でダメだしされるのか、興味がないでもない。

久々に作ったパイ、おいしかった。
本当はチェリーパイと合体させたかったのに、
用意したアメリカンチェリーが思いのほかおいしすぎて、
味見でほとんど食べられてしまったので、
急遽、初出演のスモモが代役に。
少し砂糖が控えめだったけど、スモモパイってのもなかなかいける。



 ・・・たら、ぎっちょんちょんの、パイのパイのパ~イ♪
     ポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-06-28 10:44 | おべんとう | Comments(7)
2007年 06月 26日

チュロス(Churros) その6

c0114069_2132161.jpg

はいはい、またちゅろ~す。
シナモンシュガーと、チョコの二種類♪
と言っても、コレは日曜日に作った分。
夜にたくさん揚げ物を食べると、それはそれはキケンだから、
宵越すと見せかけて、結局三日連続チュロった私。

    確かに、そこはいけてない

しかし、今度は新アイテムフランス製のチョコレートソースを入手!
チョコを溶かす手間なしに、こんな濃い本格チョコ味が楽しめるスグレモノ!!
c0114069_21365979.jpg
                 モナン ダークチョコレートソース
              (ラベルは逆さ・・・搾り出しの状態で正面なの)
浜松市中区池町の山吉商店さんにて入手。ど~んと500ml入り、1000円ちょっと。
その他は、もう一種類置いてあるキャラメールソースも激うま。


 今回のレシピ

 =二色チュロス=

 鍋に200ccの水と塩三分の一と、
 エキストラバージンオリーブオイル小さじ2を煮立てた中に、
 中力粉を100gを一気に入れて、へらでよくこねる。
 卵1個を加えてさらになめらかになるまで良く混ぜる。
 星の口金をつけた絞り出し袋にいれ、
 絞り出しながら200℃の油で狐色にこんがり揚げる。
 (高温油に直絞りのキケンを回避したい場合は、クッキングシートに搾り出すとよい)
 適当な長さにちぎって半分にシナモンシュガーをまぶし、
 半分にチョコソースをかける。
c0114069_2314188.jpg← 「油に漂うチュロス」

 ~感想~
シナモンシュガーも気軽でおいしいけど、やっぱりチュロスのチョコがけはイイ!
チョコソースがかなり濃厚なので、
チョコソースの場合はチュロス生地の塩はもう少し控えたほうが品のよい味になりそう。


今日は生地を火にかけて練る時間が短かったようで、
少しゆるい生地になったら、テキメンに油っぽさが増した。
やはり生地は硬めに、硬めに。

ついに年間6回使用の壁(マイルールのお道具所有資格)を越えた今。
そろそろチュロスメーカーの購入を考えてもいい頃かもしれない。
それさえあれば、硬い生地も思うがままに絞れるに違いない。




 冷めた味も確かめたいのに、必ず誰かが邪魔をする・・・
     ポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-06-26 22:21 | 粉もの | Comments(8)
2007年 06月 26日

細巻き寿司弁当

c0114069_16364316.jpg

お急ぎで作って、落ち着かせる間もなく切っていきなり詰めると、
やけにだらだらした感じに仕上がってしまった。

大体からしてこんな忙しい朝に、
心頭滅却して海苔巻きを巻くのは至難の業。
正直、最初の二本はパンクした。
ブザマな上に食べにくい海苔巻きを、
自分でつまむ屈辱に朝から耐えるハメになっちゃったじゃないの。

どうも幅の狭い海苔とは気が合わない。
細巻きだけど卵焼きたくさん入れたいし・・・ハッ!
・・・次回は太巻きで、思う存分卵焼きいれたいと思う。


 今日のメニュー/シラスいり酢飯の細巻き寿司(梅紫蘇きゅうり、卵焼き)、
            いかポッポ焼き(前回生を冷凍しといた物使用)



どうしても詰めすぎてしまう派
     ポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-06-26 17:03 | おべんとう | Comments(2)
2007年 06月 25日

手羽先の黒糖煮弁当

c0114069_7355213.jpg

黒糖と酒と醤油でこっくり煮込んだつやつや手羽先がうま~い。

ついでにピーマンも丸煮してみた。ししとうが欲しかったけど、菜園に採り頃のがなかったので。
ピーマンと言えば、種も丸ごと食べると糖尿病に効くという、聞きかじりの話を思い出す。
なんとなく種も食べるようにしている。(いや、まだ糖尿病ではないけど・・・)
ものにもよるけど、普通においしい。なんで捨てていたんだろう?

また今朝生まれたパルミジャーノエリンギ。パルミジャーノズッキーニのお友達。
つまり作り方は一緒だけど、エリンギはズッキーニよりさらにご飯に合う感じ。


 今日のメニュー/ご飯、黒胡麻、あんず干し、手羽先の黒糖煮、ピーマン丸煮、
            いんげんベーコン巻き、パルミジャーノエリンギ、プチトマト




うちはかなり手羽先好き
     ポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-06-25 07:51 | おべんとう | Comments(4)
2007年 06月 24日

ぬか漬け

c0114069_2015066.jpg

また性懲りも無く、今年もはじめたぬか漬け。
長期にわたりぬか床を管理できる能力がどうも私には無いのだ。
そういうことが出来る人に心底あこがれる。
残念ながら、うちはホウロウ容器だけが20年もの・・・

なんとなく思いついて、今年は最初に麹系のパン酵母を混ぜてみたら、
はじめ、変な風に麹風味の甘い漬物になった。
おお!三五八漬けもどき?
・・といっても元々のぬか味部門はおいしくても、醗酵味部門がノーサンキューな感じ。

なぜに私はそんないらんことをしてしまう?

今は少し慣れてきたのか、最初のぶっちぎりに思い切った変さが薄れた様子。
ほっとしている・・・

写真のきゅうりは「四葉ながみどり」と言う品種。
長さが40cmあったので三つに切った。
大きくなっても種が気にならないというたい文句らしい。
まあ、種のあたりはOkだとしても、
やっぱりきゅうりはもう少しサクッと歯切れのよい普通サイズが好きかも。



それでも毎夏ぬか漬けが食べたい
     ポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-06-24 20:43 | 保存食・常備菜 | Comments(0)
2007年 06月 22日

ビーフハンバーグサンドイッチ弁当

c0114069_2315485.jpg

朝からノリノリで料理する息子作。
さらに写真も彼。

お味は良かったそうで、
反省点はレタスもはさむべきだったことらしい。

実にうまく容器にぴたっと詰めてあるところを評価したい。
パンの向きをそろえない自由な発想がコロンブスの卵的かと・・・



うんちくたれ中学生の料理道
     ポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-06-22 23:38 | おべんとう | Comments(8)
2007年 06月 22日

チュロス(Churros) その5

c0114069_2013957.jpg
                      『理性の宵越しチュロス』

c0114069_215984.jpg卵の量を1.5倍に増やしてみた。
中身のトロトロ感アップ!また一歩お菓子に近づく。
でもフレンチクル○ラーにもまだまだ遠いようなので、
チュロスと呼んで差し支えないと思う。

連日揚げ物をして気付いたには、
チュロスもフライの衣と同じく、
小麦粉使用だと表面バリバリ、質実剛健な食べ応え、
溶き卵だと薄皮パリッの中身とろとろ、やさしい口あたり。
材料の特性が良く出て大変面白い。




         『晩に揚げた分』

 今回のレシピ

=シナモンシュガー・チュロス=

鍋に300ccの水と塩小さじ半分強と、
エキストラバージンオリーブオイル大さじ1を煮立てた中に、
中力粉を150gを一気に入れて、へらでよくこねる。
卵1.5個を加えてさらになめらかになるまで良く混ぜる。
星の口金をつけた絞り出し袋にいれ、
絞り出しながら200℃の油で狐色にこんがり揚げる。
適当な長さにちぎってシナモンシュガーをまぶす。


いろいろの理由で製作が夜になり、
それは大変にキケンなので(メタボ警報発令!メタボ警報発令!)、
なけなしの理性をかろうじて働かせ、生地の半分は明日に持ち越すことにした。
明日も楽しみ♪(うまく揚がったので一番上に写真アップ!)



 チュロスは、
なんでこん~なにうま~いのかぁよ~♪(古くても「孫」の節で・・・)
     ポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-06-22 22:19 | 粉もの | Comments(2)
2007年 06月 21日

しいたけコロッケ弁当

c0114069_8434122.jpg

新じゃがをたくさんいただいたので、昨日は久々にどっさりコロッケを作った。
残りコロッケ(揚げる前)は冷凍してちょっとづつ楽しむのが通例。

 コロッケ材料覚書 (俵型37個分)

     じゃがいも1kg、牛ひき肉200g、たまねぎ大1個、干ししいたけ5枚、
     塩・コショウ、オリーブオイル、小麦粉、パンの端っこ、揚げ油

このコロッケの特徴は、義母の味、干ししいたけ入り。
これはちょっとヤミツキになるおいしさ。ビタミンDもバッチリ摂取!
それからバリッとさせるために溶き卵じゃなくて、水溶き小麦粉をくぐらせてパン粉をつける。
バリバリのコロッケは食べ応えがあるので、
口あたりソフトな卵液コロッケより食べすぎを防ぎ易い。・・・ような気がしている。
パン粉は出来れば自家製の方が好きなので、端っこをせっせと冷凍してためてある。
こんなチャンス使いきれると、これまた気分がいい。

 今日のメニュー/ご飯、あんず干し、黒胡麻、しいたけコロッケ、サンチェ、
            ラグビーボール型プチトマト、しいたけ網焼き、ナスときゅうりの漬物



 ちょっと面倒なんだけど、みんな大好きコロッケ♪
     ポチッ!
      ↓
◆人気blogランキングへ◆

   もうひとつ
    ポチッ!
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
      ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m






            
[PR]

by tigerbutter | 2007-06-21 09:10 | おべんとう | Comments(2)