カテゴリ:その他( 8 )


2017年 01月 16日

銅製卵焼き鍋お手入れ

c0114069_16555873.jpeg

卵焼きな気分がやって来て、
卵焼き動画に釘付けで何本も見て思ったには、
…うちの卵焼き鍋(右)、真っ黒に焦げ付き過ぎ…

動画のように卵焼きをスムーズに滑らせるには、内側はツルツルで無ければ、とてもあんな風にはならんよね。
つーか、知らん間に、何この真っ黒は!!

…犯人は旦那。
マイ決め事に規則正しい彼は一時期毎日卵焼きを焼いていた。
貸してあげた私の大事お道具卵焼き鍋は、洗剤使って洗ったら駄目だと言っておいた。
結果こんな事に…


でも、私もツルツル滑らせて卵焼き作りたい。
長年育てた大事な皮膜とか、もうそんなもんは今の私には価値が無い。
ツルツル信仰に切り替わったから。
さくっと丸ごとスッキリ剥がすぜ!


とりあえず外側、銅鍋のセオリー通りに塩と酢をスポンジにつけて擦ってみたけど、
まるでびくともせず…

こんなやり方絶対無理。柔らか素材ゆえ傷つかぬように、優しく、優しく…そんなもん何日かかることかーーーー(怒)

知らんけど、丸ごと茹でて皮膜を柔らかくしてみる。
ちょい緩んでた木の柄も外してみた。
茹でる、茹でる。
お!イケる!
プラスチックのヘラと、タケのヘラと、ペットボトルのフタで色々グイグイと、もう両面とも行ってみた。
取れないとこは爪でもガリガリして、爪減った。

冷めたらまた茹でては剥がしをくりかえしてものすごい労力をかけて厚みがほどほどになってから塩酢やってみた。
いい。やっときいてきた。
一通りこすって洗って火にかけてちょっと温めて、また塩酢磨き3度程繰り返してこんな感じ。

前日からとりつかれたようにとりくんで、やっとこさここまで。

…塩酢磨きは銅から緑青が出て、両手が雨ざらしの銅像みたいに白緑になる。
舐めたら死ぬ?いかほどの毒性なのかなぁとか、新しい事は楽しいけども、全体はありえない地味な作業。
途中、
これ、無理じゃない?
有次の新品欲し〜ビシッと「有次」って名前入ってるやつ、これ通販出来るよね〜
とか、思わないでもなかったが、

とりあえずここまでやれた。
ひとえに愛ゆへに。
若い頃合羽橋でゲットした昔馴染みの鍋だもの。

c0114069_16542152.jpeg

c0114069_16544883.jpeg


除去作業は後もうちょっと。


…だけど、もう使うんだもんね。
私、待てないから。(愛ちゃうやん)

馴染ませは油をたっぷりそそいで、温めて冷やしてを3度ほど繰り返してみた。


そしていきなり豪気に出汁たっぷりタイプのだし巻き卵にチャレンジ!

最初は狙い通り過ぎる程にものすごく卵が滑ってたので、
油断して途中の油塗りをぞんざいにしたら、
フィニッシュでくっつかせた。最低。

きーーー!!こんだけ下準備の手間かけて敗れたり〜

…次は負けんぞ!


今後は途中になってる外側の塩酢磨をしつつ、内側は皮膜を確保しつつ綺麗なまま維持する方向で、よくかんがえて洗いのタイミングをはかっていきたいと思う。
正直、今までお客さん扱いしてた銅鍋とやっとちょっと近しくなれたきがする。




[PR]

by tigerbutter | 2017-01-16 23:35 | その他 | Comments(4)
2015年 05月 15日

びん蓋開け

c0114069_2316496.jpg
c0114069_23171015.jpg


このピクルスのラベルに皺が寄ってるのは、
スデに蓋に熱湯かけたリ色々した結果のことですわ。
でもピクルスの瓶をガッツリ茹でて、フニャフニャきゅうりにするのは誰だって嫌でしょ?

・・・そこへやって来たのが「びん蓋開け」!・・・地味な名前のお道具。

そのひとつ前、自分が閉めた1Lのジャムの瓶の蓋が、しっかり茹でてなおどうにも開かず、
イラついた私が熱々を素手で無理にでも開けようとした為、
手の平がちょびっと水ぶくれになった・・・
・・・力自慢の私もコレまでか・・・と、
そこでついに観念して、アマゾンさんをクリックしたのであ〜る。




この「びん蓋開け」さんの実力はまっことスゴイ!
今まで開かずに食べられなかった厄介なびんが、実に速やかにスルスルと開きま〜す。
たぶん1,000円ちょっとだったように思う。それがまさかこんなにも便利だったとは!

これからはまるっと蓋開けさんにお・ま・か・せ♡

買って良かったと心から思うお道具に認定!

・・・サクランボの種とりさんとか、銀杏割り器さんより、出番は格段に多い・・・
[PR]

by tigerbutter | 2015-05-15 23:45 | その他 | Comments(6)
2015年 02月 01日

銀杏殻むき鋏

c0114069_17523345.jpg

栗むき同様、季節物のお道具はそう頻繁に使うわけではないけど・・・

「ちょっとめんどう」ってだけで、
大好き銀杏を食べそびれ、罰当たりにも幾度と無く干涸びさせてるという事実をふまえ、
それが私の人生においてどれだけの損失になるかという事を今一度検討した結果、
もう何年も考え中だった銀杏割をついに思い切って入手した。

例によってAmazonさんにて。
まあ、とっくに時期はずれてるけども・・・



・・・さっそく割ってみたらば、それはすんばらしい作業効率♪
ほんとにあっという間だから!

「そんなもん、かまぼこ板ととんかちで割ればすむ事じゃん。」
とか、出来もしない理想ばっか振りかざして本当ごめんなさいって感じ・・・
これならば、ものぐさ者の私でも快く着手できそうな気がする。

来期の銀杏が翡翠色の時期には、
もう気のすむまで割りまくって、山ほど冷凍保存もしようと心に決めた。




・・・まあ、あんまり食べ過ぎてもイカンけどね。


c0114069_17525243.jpg

ゆでて薄皮むいてるとこ。



ず〜〜〜っと温めておったメニュー中華の「銀杏と牛肉の炒め物」に、
豪気な量で使っちゃうもんね♪うひひ。
[PR]

by tigerbutter | 2015-02-01 20:26 | その他 | Comments(2)
2015年 01月 17日

自家製コチュジャン(甘酒タイプ)

c0114069_1723579.jpg


コレもまたマンチーさんの自家製っぷりにしびれて、
How to make Korean hot pepper paste (Gochujang:고추장)
是非私も作ろう!と思ったけど・・・

麦芽・・・とか?、馴染みの無い食材の具体的にどの状態の物が必要なのかよくわからず、
さらに、現物も見ずに通販で入手するとなると、
ますます確信の無い材料を使う事になりそうで、躊躇してしまい・・・
そこはやっぱり馴染みの食材で、
しかしちゃんとマンチーさんレシピのごとくに酵素分解で甘くするタイプに決めた。

いろいろ検索した結果、
もち米、米麹、塩、韓国唐辛子を使うなすんじゃさんのレシピ参考。
ちょうど使ってしまいたかったのでもち米分を餅に置き換えてみた。


=シンプル自家製コチュジャン=
・餅・・・500g
・湯・・・400g
・米麹・・・250g
・韓国唐辛子・・・150g(細挽きと中挽きを半々にした)
・塩大さじ3(24g)

餅を出来るだけ細かくして、沸かしたお湯に入れ、焦がさぬように少し加熱したら蓋をして蒸らす。
麹をフードプロセッサーで細かくする。
溶かした餅と麹を合わせて50〜60℃ー10時間保温。
唐辛子と塩を加えて良く混ぜ、瓶に入れて暖かい場所に置いて3日程なじませてから使う。
塩気は強く無いのであとは冷蔵保存。



麹で酵素分解した餅は、ものすごく甘くなった!
うちのいつものコチュジャンよりずいぶん甘い。
そして味噌が入ってない分、スッキリした甘酒の味わいのコチュジャン。

前の分も餅は使ったけど、麹は味噌には行ってる分くらいだったせいか、
甘くはならずに餅味のまま馴染んでいく感じだった。
甘味は入れたはちみつ分だけ、主には味噌味ベースだった。
前のレシピ


酵素分解ってステキ!
また違う域に足を踏み入れた感あり♪
[PR]

by tigerbutter | 2015-01-17 20:33 | その他 | Comments(2)
2014年 09月 22日

ローカル・バイキングー!

そこ!ちゃんとエド・はるみ風に読んでくれたかな?
(親指立て強制!)



それは8月、夏休みの事。

短い帰省の間に、
恒例の・・・バイキングもやってる地元の和食屋へ行った。




正直、私以外はもう家族の誰一人行きたがらないこのお店に、
皆をうまいことだまくらかして説得して連れて行くのは至難の業。
しかし、年に一度しかないこのチャンスに、
このお店がどのように変化しているのか・・・また代わり映えしないのか、
どうにも気になって仕方が無い。

世に数ある美味しい店とか、気のきいた店をさし置いて、
多分、私の中で「どうしても魅かれる店」ぶっちぎりのナンバーワン。
食べ物屋であるにもかかわらず、
行くたびに狐につままれたような気持ちになる、
不思議体験スポットなのであ〜る。



ただ、激烈に田舎の割に、
ここは四国八十八ヶ所巡りのお寺のある観光地なので、
とくに田舎価格ってわけでもない。



聞いたわけでもないが、
おそらくはほとんどが素材からの手作り。
どの料理も一般的な無難な仕上がりから遠目なところが、
画一的な業務用食材等との無縁さを感じさせられる。
へんぴなので、都会であたりまえに使われてる業務用食材の供給が、
むしろ難しいせいなのかもしれないけど、(いや、知らんけど・・・)
そういうの好き!


しかしどう頭をひねっても不思議なのが、
ココがバイキング方式を初めてから(元は和食メインレストランのみ)、
多分10年は越してるんじゃないかと思うけど、
卵焼きのぞんざいな焼き方も揚げ物類の油っぽさもほぼ変わらず。
・・・や、卵焼きが前はもうちょっと乱れてたかも。

「これ、お客に出す料理として成立してるのか?」
と、最初私は特にそこに度肝をぬかれ・・・
しかし夏休みだったので「そうか!季節アルバイト料理人の初期作品か!ナルホド!!」と、
勝手に想像して納得したけど、
(考え過ぎ)
毎年変わらなさすぎる所をみると、どうもそれは違ったような・・・

普通に考えると、
(・・・ほんとに普通?)
毎日同じ物を大量に作っていたら、誰でもがうっかり上達してしまいそうに感じるが、
そこはバイキング料理ならでわの
 「あまりたくさん食べさせない、皿に取りたい気分にさせない工夫」
とか、何かそういう暗黙ルールでもあるのだろうか?
(・・・しかし、それで店は存続出来るのか?)

やはり謎がいっぱい・・・




今回はちょうど団体お遍路さんが到着する直前に遭遇し、
いつもより気合いの入った作り立て料理に私のテンションアップ↑↑↑
・・・結果的にはやはりさほど変わらぬ味わいであったが・・・

イイ!私はすごい満足。
今後もまた是非ここに来たい!


c0114069_19452288.jpg

手前から
スイカ、すだち半割、冷や奴、焼き椎茸のポン酢がけ、キャベツ千切り、釜揚げシラス、大根おろし、
海苔の佃煮(?)、トマト、小アジの南蛮漬け、胡瓜のぬか漬け、ちりめん佃煮、昆布佃煮、
マグロフレーク、たくわん、柴漬け、らっきょう漬け

・・・あら、たくわん以下はフツーに市販品と見た。


干し椎茸の甘辛の煮しめかとおもいきや、焼き椎茸のポン酢がけは意表をつかれたメニューだった。
それは椎茸が焼き過ぎで、見た目干し椎茸に似てたから。

威勢良く盛りつけられてるアジの南蛮漬けは試してないけど、
これも、なにかカラクリがあったかもしれない・・・


c0114069_19454250.jpg

オクラ天ぷら、サツマイモ天ぷら、煮卵、ひじきのたいたん、大学芋、紅ショウガの天ぷら、小エビのかき揚げ、烏賊チリ的な物(食べてもよくわからんかった。主に野菜がくたくたして、油甘辛酸っぱい)、
鶏唐揚げ


c0114069_19471521.jpg

イワシのフライ、こんにゃく煮しめ、紅ショウガと葱の卵焼き、南瓜の煮物、
イワシの煮付け、金時煮豆、薄いさつま揚げの煮物、白いんげん煮豆、焼きそば、
厚揚げ煮物、団子入りぜんざい

c0114069_19473959.jpg

反対角度から



c0114069_1947568.jpg

私のお膳。
麦入りごはん、冷やしそうめん汁、マイチョイス一皿目!(二皿目撮り忘れる・・・)



強いて言えば、
かぼちゃ、煮豆、ぜんざいが美味しかったかな。
(ぽくぽくしたもんが好きなだけかもしれない・・・)

料理の感想をひとつづつ書き出してみたら・・・多くが悪口になってしまって、
不本意なので削除した。私ここの大ファンなのにあかんやん!

あらためて思うと、
調理場の火力がやけに弱そうに感じる仕上がりの数々。
ひょっとして、
煮卵とか・・・食べなかった物がアタリだったのかもしれない。
・・・あああ!そうか〜分かったぞっ!
煮物係と、揚げ炒め焼き係(又は、揚げ係、炒め焼き係)は担当者が違うんだ〜
大きい和食屋だしね。ナルホド!だからだよ〜〜!!
(知らんけど・・・)



そう思うと、また行かずにはいられない!
次は煮物中心で〜

また来年が楽しみ♪
[PR]

by tigerbutter | 2014-09-22 00:25 | その他 | Comments(7)
2012年 05月 08日

今年の糠床

c0114069_1937757.jpg


年中混ぜられない病のかわいそうな私。   

過去記事1 
過去記事2

すっかり開き直って、
一夏でさよならする用の糠床を製作する。



それは、 


    キュウリノコトガ スキダカラ!











さて、最近玄米ご飯に凝ってるので、
自家製ぬかがありましぇん。

それでもやっぱふみたての新しい糠が欲しい・・・
よって玄米買うついでに米屋に行くことにした。

でも、あれっ!玄米で食べるからうちの米からは糠とれないじゃん。
・・・見渡すと糠はあった。
一袋が少量。3袋は必要。
「無料」って書いてあるのを3袋って、
すんごい欲張りみたいで恥ずかしく・・・
必要なのは玄米なのに、
もういっそこれを精米してしまおうか?
ぐらい追いつめられたけど、

いかん!いかん!
私ももうおばちゃんなんやから、
もっと気を強く持って、
糠ぐらいひとりで貰えんでどうすんの?!


「・・・え〜と、今日からぬか漬け始めようと思ってね。
これ3袋もいただいていいですか?
いや〜もう、欲張ってて恥ずかしいわあ〜」

・・・と、無駄に饒舌になったが、とりあえず糠ゲット。

おっちゃんありがとう。








=今年の糠床=   レシピ覚書

新しい糠     850gくらい
塩        200gくらい
水        800gくらい
ぶどう酵母液   30gくらい
酒粕       半にぎりくらい
にんにく     2欠片
唐辛子      4本

きゃべつのはっぱ 2枚




全部をむにむにこねて、発行促進にきゃべつも入れてみた。



丹誠込めたカケツギでもないですし、
さっさと立ち上がってもらいたいのもアリ、
つい、イロイロと加えてしまった。
(ぶどう酵母液とか、酒粕ってどうよ?)

当然発酵っぽい香りがする。









大丈夫かな・・・













よろしクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2012-05-08 19:43 | その他 | Comments(7)
2011年 11月 29日

オリーブの種抜き器

c0114069_23512684.jpg


長年欲しかったオリーブの種抜き器ゲット!



オリーブは中心が水にふやけない種入りが断然うまい!
しかし、食べながら種いちいち出すのは面倒くさい、、、
ああ、そんな時、
種抜き器さえあればな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
ってずっと思っていた。
たまに箸で種抜いてみたりもした。
潰れる確率相当高目、、、




種抜いたのに自家製の詰め物をしたオリーブのおつまみなんて、
すごく良くない?

それから、チェリーパイにも使える?
(いままでの人生でこれを何度食べたっていうのか?)




、、、なんて思いつつ、
両方をかねる為に、
ただ握るのじゃなくて、テコの原理のこちらに決めた!






      無くても困らないけど
   あると人生が豊かになるって道具もある






庭に植えたオリーブの苗は本気で枯れてるけど、、、

だって私、今年の夏まで、
化成肥料が本当に効くとは思っても無かった園芸オンチです。

うちではなんでも枯れるのさ、、、







種抜きする要領でプチッと
クリックよろしく〜     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2011-11-29 00:09 | その他 | Comments(2)
2011年 11月 26日

ディッシャー

c0114069_13182014.jpg

うちのディッシャーは、買ったもの、貰ったもので4本ある。



左から80cc、 60cc、50cc、16cc。



一番使うのは一番小さい16cc。
、、、実は16ccだけあればいいかも、、、
用途はクッキーとか、スイートポテトとか、チキンナゲット的なものとか、
小さいコロッケとか、フルーツパフェとか、実にいろいろ。

手も汚れず、量がぴたっと決まって、速いとこがお気に入り。





    マイルール、年間8回以上使用の義務もすかっとクリア!





マイルール設定前に入手してしまった、
どっさりあるイマイチなお道具達と比べると秀逸な部類。


    

お道具、、、
欲しいキモチを押さえながら、未来を予測するのは非常に難しい。



追伸
35ccのニューフェイスが仲間入り。
おもてなし用の小さめコロッケ等に使う狙いでその大きさにしたら、なんと使いよい大きさ!
出動状況は35ccについで16cc ・・・他の出番はほぼ無くなった。












クリックよろしく〜     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2011-11-26 14:19 | その他 | Comments(4)