2007年 10月 16日

法善寺さんの麩煮しめ弁当

c0114069_1024252.jpg


 今日のメニュー/お赤飯(徳島産新もち米、浜松産小豆)、炒り黒胡麻、沢庵、
            法善寺さんの麩煮しめ、焼銀杏

山形のお土産にいただいた焼麩を使ったこのお料理、
浄土真宗古刹法善寺の秋の報恩講に振舞われるご馳走のひとつらしい。

 お寺のレシピ!!うう、なんて素敵♪

このレシピは永久保存して「これは法善寺さんの・・・」とか、必ず言いながら、
ときどきありがた~くもったいぶって出したいものだ。(法善寺さんは存じてないけれど・・・)


 =法善寺さんの麩煮しめレシピ=
 材料/おし麩(焼麩)2.5枚、ごぼう一本、油、ときがらし
      煮汁(昆布だし3カップ、醤油大さじ5、砂糖大さじ2、酒大さじ2)

 1、焼麩を水で戻し(約10分)、やわらかくなったらよく絞って3cmくらいづつに切っておく。
   鍋に油少量を入れて麩を炒めてとっておく。

 2、ごぼうは皮をそぎ、4cmぐらいに切りそろえ、酢水につけてあくを抜く。

 3、鍋に煮汁とごぼうを加えて一煮立ちさせあくを取ったところに炒めた麩を入れて
   落し蓋をし、弱火でことこと10分ほど煮る。全体をゆすったりしながら、
   焦げないように煮含める。

 5、冷めたところを盛り付け、ときがらしを添えてすすめる。


つまりは麩を炒めてごぼうと煮ただけ。
こんな組み合わせで煮物を作ったことは無いけど、でも実際美味しい。

お祝いでもないけれどちょうど粳米がなくなったので新もち米100%のお赤飯。
お赤飯大好き♪

銀杏はまた早朝に拾ってきた、今度は26粒、多くはないな・・・
しかし行って帰って10分ジャスト!わっはっは満足、満足!



レシピにまつわる物語にまずシビレる派!・・・ポチッ!→◆人気blogランキングへ◆
       もひとつポチッ! →にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    
        さらにポチッ! →ファイブ ブログランキング

おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-10-16 10:28 | おべんとう | Comments(4)
Commented by vruocculu at 2007-10-16 19:03
こんばんは!!  焼き麩はどんな形ですか?
新潟の麩は「くるま麩」で丁度真ん中に穴が開いているので、そこへ卵を割り落として【くるま麩の巣ごもり】なる料理?総菜があります。まさしく茶色料理ですが(笑)
しかも↑浄土真宗!! 我が家の宗派だぁ〜!! 
たしか、親鸞上人の命日に、親鸞上人の好物だったあずきを炊く・・・とうちのお寺さんは言ってたなぁ〜。 各地でいろいろあずき料理を作るみたいだけど。
Commented by tigerbutter at 2007-10-16 23:06
vruocculuさん
こんばんは。
車麩!あれはおいしいですねえ~。
えと、使用した麩は乾燥で直径6センチほどで、
ちくわみたいに穴が開いていてねじり巻きつけた跡などがあり車麩と良く似ています。
ごろっと6センチぐらいに切ってありました。
繊維の方向があって、炒めてから煮付けると鶏肉っぽい感じになってました。
車麩の巣篭もりって、それ美味しそうですね~。
>親鸞上人の好物だったあずき・・・
へええ。いろんなお寺のレシピ、知りたいです!!
Commented by tuguki3964 at 2007-10-17 11:35
お麩の煮物に焼き銀杏...。

すみません。
このお弁当、ワンカップ付けてください...。
Commented by tigerbutter at 2007-10-17 20:38
tuguki3964さん

あああ、ワンカップ・・・
この価値を昔は誤解していましたが、
今ではめちゃめちゃ気のきいた商品だと思うようになりました。
「弁当にワンカップ。」これ真理なり~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< スイートポテト      甘酒 >>