知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 06日

茶蛋

c0114069_1635043.jpg

別名マーブル卵。
ゆで卵の殻に入れたヒビから染み込んだお茶に染まって大理石みたいな模様になる、
つまりは八角とお茶の混じった匂いのする味付きの固ゆで卵。
酒の肴にするには、ただのゆで卵より、ずいぶんと知的な気がしている。

かつて、中国で食べたのはアヒルの卵で、ちょっと大きくて殻の内側が水色だった。
黒い煮汁の中でゆるゆる煮ながら売られていた。
時間の隙間で力の限りにそういう買い食いを繰り返して、友人に呆れられた。
・・・そういう懐かしい思い出のたべもの。

  材料/初産み鶏卵、ウズラ卵、プーアル茶、塩、八角 

当然、小さい卵の方が早く味が染みるので、せっかちさんは小さい卵が吉。
または、しょっぱい煮汁で短時間で作り、
良い頃合いでそれ以上辛くならないように引き上げておくといい。
それか、卵大小取り混ぜて作り、小さい卵から食べていくとちょうどいい。

卵が大好き・・・ポチッ!→◆人気blogランキングへ◆
       もひとつポチッ! →にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    
        さらにポチッ! →ファイブ ブログランキング
おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-08-06 16:59 |


<< ドーサ その2      パンケーキ(ドーサ種入り) >>