2007年 05月 18日

二度芋田楽弁当

c0114069_7414342.jpg

二度芋田楽は日本のチロルと呼ばれる、長野県下栗の郷土料理。
粘質の甘いじゃがいもの味噌田楽。
うちは毎年春には訪れて、そばを食べ、たらの芽やらなにやらの山菜他を買うのが恒例。
しかしあんな急な傾斜地で畑を作るとは全くすごい。
あそこで暮らせば、老いてもさぞかし足腰が丈夫なことだろう。

台湾風卵焼きは、切干大根入り。多目の油で薄焼きする。
地味な切干大根も卵焼きに入るとものすごく存在感がでる。
初めて食べたときに「はっ!」とした一品。
前はそうでもなかったのに、息子は最近卵焼きが好きになったそうで、
お弁当に毎日でもいいそうな。私も大好き卵焼き♪
でも、ごはんと卵焼きを一緒にほおばると、どうものどが詰まる。
それ、がっつき過ぎ?
c0114069_813198.jpg

初チャレンジ、胡麻のスプラウトが育ってきた。
まだ短すぎるようにも思うが、待てなくて少し使ってみた。



 今日のメニュー/ごはん、黒ごま、厚揚げとドジョウインゲンとツナの煮物、
            二度芋柚子味噌田楽、台湾風卵焼き、たたききゅうりのしょうゆ漬け
            プチトマト、胡麻スプラウト

 =二度芋田楽レシピ=

 ゆでた二度芋(じゃがいもの一種)に練り味噌をつけて香ばしく焼く。



田楽好きは押したくな~れ~
     ポチッ!
       ↓
◆人気blogランキングへ◆

   またひとつ
     ポチッ!
       ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ    

    さらに
     ポチッ!
       ↓




おつきあい下さってありがとうございます。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-05-18 08:14 | おべんとう | Comments(2)
Commented by 風(ふう) at 2007-05-18 22:27 x
こんばんにゃ。
「二度いも」って「ニドイモ」って読むんですか?うちは芋ズキなので
芋料理にはそそられますねぇ~~

今更ながらノコメントですが・・16日の「おにぎり弁当」いいですねぇ~
おにぎりと卵焼きと漬物って サイコーです。

Commented by tigerbutter at 2007-05-20 10:41
そう、そう。ニドイモと呼ぶらしいです。
私はちびこいサイズしか売ってるのを見たことないのですが、
(大きいのもあるのかな??)
粘性でも味はメークインとも違うし、やっぱり独特の品種みたいです。


おにぎり弁当、息子にも好評でした~。
しかも、伝統食って手間がかからない物が多くて好きです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 10分ハンバーガー      焦がしバターのマドレーヌ >>