知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 27日

手打ちガルガネッリのタコのトマトクリームソース フォカッチャ添え

c0114069_10405383.jpg
以前から構想を練っていたソースを作ってみる。
ブロッコリソースに味をしめ、タコをからみの良いそぼろ状にしてパスタソースに使うというもの。ベースはトマトクリーム。

=蛸のトマトクリームソース=

材料/オリーブオイル適宜、ニンニク1かけら、唐辛子半分、ベーコン2枚、
    ゆでだこ1P(184g)、トマト缶詰1缶、純乳脂肪生クリーム100g、塩、胡椒、
    パルミジャーノ・レッジャーノ適宜

1、オリーブオイルでつぶしたニンニクと唐辛子とみじん切りベーコンを、中弱火で香りが出るまでゆっくりいためる。

2、フードプロセッサーでみじん切りにしたたこをあわせて炒める。

3、香りが出たら、トマトを入れて缶をあけて中身をあわせ、缶をさっと水でゆすいでその水も入れて煮る。

4、粉200g分の手打ちガルガネッリを塩湯でゆでる。この厚みで12分ジャストだった。
パスタが茹で上がる直前に、トマトソースにクリームを合わせ温めて塩コショウで味を調整しておく。
(クリームを入れてからあまり煮ると、クリームの風味が飛ぶ。)

5、シンクに盛り付け皿を置き、ザルを重ね、ゆであがったパスタをあけて、パスタはすぐソースに合わせ、温まった皿の水気を拭いて盛り付ける。

5、直前に削っておいた香り高いパルミジャーノレッジャーノと、挽きたて黒胡椒をかける。
  とにかく、あっつあつのうちに、いそいで食べる!



 こ、これは・・・激烈においしい!!

モチモチ、シコシコ手打ちパスタ、タコトマトクリームにパルミジャーノ・・・贅沢すぎて目がつぶれそう。(小市民)
そぼろダコソースがうまくパスタにからんで、もくろみ成功♪

ただ、使ったのが生ダコじゃないせいか、海風味がちょっと弱いので、
ベーコンじゃなくてアンチョビのほうがもっと合ってたかもしれない。
前回分で終了したのでまたアンチョビも仕込まなければ・・・

ソースはパスタに対して多目にしてフォカッチャ添え。
パスタと違う種類の小麦粉製品・・・やはり、パンにもこのソースを吸わせたいのが人情だから。
しかし、フォカッチャはまた時間がなくなってお急ぎコースに。
うちには今、ライ麦のサワー種があるので、ためしに併用してみたら、こんな時短パンとは思えないおどろきの仕上がりに!
c0114069_1644435.jpg

=おいそぎフォカッチャ= 24cmX28cm天板1枚分

 材料/強力粉350g、ライ麦サワー種90g(ライ麦粉50g+水40g)、水240g、
     砂糖大さじ1、ドライイースト小さじ2、塩小さじ1と半分、オリーブオイル大さじ2、
     仕上げ用にオリーブオイルと塩とコーンミール

1、HBの生地つくりコースで生地を作る。

2、しかし・・・私はもう待てないので25分残すところで、(容器の3/2弱まで膨らんできてた)
オイルを塗った天板にいきなり生地を空け、べたつく表面にコーンミールをザバッとふりかけ、(手に生地がつかない程度の量)
天板いっぱいに手で伸ばして、指で穴を開け、塩とオリーブオイルを適宜ふる。

3、それから予熱して200度に温まったら、もう焼く。焼き時間12分ほど。


材料をセットしてから焼き上がりまで1時間かけない計算だが、
ライ麦のしっとりした口当たりとうま味、すっぱくも無い。
オリーブオイルを吸い込んだコーンミールのガリガリがかなりおいしい。ソースが合う♪

ふわっと膨らんだパンではないが、
特筆すべきは劣化も遅く、27日の今日、一応そのままでもイケル。
当然表面のカリッと感は皆無だけど、ライ麦とオリーブオイルの馴染んできた感じがグッド。
そりゃまあ、表面はあぶったほうがより良いと思うが。
ライ麦サワー種おそるべし。




手打ちパスタ好きは押したくな~る
    ↓
◆人気blogランキングへ◆

W粉もの好きも・・・  
    ↓


普段のパスタは粉チーズに甘んじる派も・・・
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

さんきゅう。お疲れ様でございました。m(__)m
[PR]

by tigerbutter | 2007-04-27 16:57 | 粉もの


<< コーンブレッド      手打ちパスタ/ガルガネッリ(G... >>