知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 08日

パステウ (Pastel:ブラジルの揚げパイ)

c0114069_214041.jpg
揚げたて熱々の湯気で、勝手にソフトフォーカスになったブラジルの軽食『パステウ』。
つまりはこのフィリングだと揚げミートパイ。
ブラジルショップで四角くて大きいサイズのを売っている、あれ。
やしの芽入りや、鶏肉入り、バナナ+シナモンシュガー等、バリエーションは豊富なようす。

皮を厚めに伸ばせばおやつ、薄めに伸ばせばおつまみにグッド。
余分に作って冷凍しておけば、オーブン焼きのパイよりもっとすばやく対応。

c0114069_9102488.jpg成形はブラジルショップで見つけて購入した、
←「Pastel Kit」二度目の使用。
これは中身ぎっしりに、すばやくきれいに包めるなかなかの優れもの。
主に一番大きい型使用。
もしも全部極小型で作ったら、時間かかるだろうなあ・・・
c0114069_971158.jpg無ければフォークで端を押さえてとじればよい。
パイとじ用に、こんなルレットもブラジルショップで購入。→
ほんの6mm幅でがっちりとじられる。

=材料=

・中身
 牛ひき肉 300g
 たまねぎ 1個(250g) 
 塩 小さじ2
 黒コショウ

 生トマトの角切り 中一個分(250g)
 モッツァレラチーズ小さくちぎった物 3枚分(50g)

・皮
 中力粉 300g
 塩 小さじ1
 酒 大さじ1
 卵1個+水 140g


=作り方=

○皮の材料をささっとまとめて、20分ほど寝かす。

○ひき肉とたまねぎを炒めて塩、コショウで味付けして冷ましておく。
 トマト、チーズを加え混ぜておく。(中身を全部混ぜておくと包み易い。 )

c0114069_215581.jpg○粉をふった台に生地をのせて、麺棒で伸ばして、型のウラで丸く抜く。

c0114069_221719.jpg○ちょっと縮むので、抜いたのをもう一度型に合わせて伸ばす。

c0114069_223411.jpg○型にセットして具を包んでとじる。

c0114069_225131.jpg○綴じ目には特に何も塗らなくてもくっつくが、
プレスしたのを開けるときに型のほうにくっついて、
綴じ目がはがれることがあるので、
生地のウラに粉をつけておくか、型に適宜粉をふるとやり易い。


c0114069_231110.jpg○180℃の油で、ぷっくりこんがりするまで揚げる。
揚げる前に冷凍もOK。
食べたいときに、凍ったままゆっくり目に油で揚げればよい。


前回より塩をふやしたけれど、まだ市販のパステウ皮よりかなり塩分控えめ。
この具の組み合わせがとても気に入ったので、結局中身は前回とほぼ同じになった。
やっぱり生トマト入りはジュウシイでおいしい♪
野菜いりドレッシングのビナグレッチ・モーリョがとても合うので、そえるのもおすすめ。
このままでそのモーリョをかけてもさらにジュウシイでおいしいけど、
材料が重なるので、中身のたまねぎとトマトは、抜くなりなんなりお好きにどうぞ。


 粉もの製作はとっても楽しいな!
 楽しいついでにクリックしよう!→ 人気blogランキングへ
[PR]

by tigerbutter | 2007-03-08 02:31 | 粉もの


<< タルティーヌ(Tartine:...      みかんはちみつトースト >>