知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 16日

ポルボロン (Polvoron)

c0114069_15105338.jpg

ポルボロンとか、ポルボローネとか呼ばれている、
スペインの修道院等で作られているらしい、古いレシピのお菓子。

『修道院』
『シスタア』
『古いレシピ』
なんて単語がかかわると、
ものすご~くありがたい気がするのは私だけ?
(キリスト教信者でもありゃしませんが・・・)

うちのは秘伝の古いレシピからでもなんでもないけど、
ま、そこは「とりあえずクッキーのひとつだろう?」と、テキトーに作ってみた。

小麦粉を色づくまで丁寧に炒めて冷ます。
バターと砂糖をふわっとするまで練り混ぜる。
小麦粉をあわせ棒状に成形する。
少し放置した後、薄切りにして焼く。
仕上げに粉砂糖をまぶして、キャンディーみたいに紙でひとつづつ包む。

 おお!なんという愛らしさ!

小麦粉を炒めることで、粉のコシを無くして香ばしくした、
この極めてくずれ易い繊細なお菓子は、
一口かじると、口の中ではらはらと溶けていく。

 そう、まるですべてが夢のように・・・

・・・そのはかなさに人生を重ね、
どこかせつない小春日和のけだるい午後・・・

(いやいや、だるいのは単に熱があるせい。さっさと寝てろって・・・)
[PR]

by tigerbutter | 2007-02-16 15:53 | あまいもの


<< ホットレモネード      ほうれんそうのおひたし >>