知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 14日

国産唐辛子辣油とコーレーグス

c0114069_14293438.jpeg
みなさまお久しゅーございます。





       あ!






と言う間に、
どうやらまた半年近く過ぎたらしいです・・・
う〜ん不思議〜

で、また恥ずかしながら帰って参りました。
またまたの激遅返信とか、ホントに申し訳ない気持ちでいっぱいです。ごめん。ほんとごめん。







相変わらずいろんな農協市にせっせと通う私。
愛知県の「こんたく長篠」で売ってた大きな乾燥唐辛子に「日本の唐辛子の自給率は1%」と書いてアリ、
そう言われてしまうと、なんだか日本産唐辛子をもっと食べないといかん気がして来たーーー
辛いものは好き。
・・・甘いもんも好き・・・っていうか、
おおむね何でも好きなので、ことさらに言い張る必要もないか。

地元産の激辛韓国唐辛子をゲットして、辣油にしてみた。
イメージは食べる辣油寄りの辛い辣油。
というのも先日、期待して買った食べる辣油が辛く無かった上(それは、そういう商品だよね・・・)、
むやみに強い旨味入りなことに疑問を感じての事。

そんなこうるさい人は自分で作るが良いわ!




=香り辣油=
丸ごと乾燥唐辛子・・・18g
水大さじ1
にんにく・・・2片
生姜・・・1かけら
長ネギの青いとこ・・・1本分
山椒・・・7粒
八角・・・ばらした1欠片
サラダオイル・・・120g
胡麻油・・・40g


①丸の唐辛子のへたを取り除き良く乾かし、粉砕する。
②にんにく、生姜、葱を細かいみじん切りにする。
③中華鍋に②と八角、山椒、サラダオイルを入れて弱火で10分程香り出しする。
(香味野菜を苦く焦がさぬよう注意する。)
④ボールに入れた粉唐辛子に水を加え混ぜた中に熱々の③を加える。
⑤多少冷えたらごま油を加え、瓶に移す。使う時は底から混ぜて粒粒ごと使う。

c0114069_14304596.jpeg

今の私のニーズにぴったり。辛みと重厚な香りの辣油はものすごく満足な出来ばえ。

戻した灰わかめのざく切りにポン酢と香り辣油で焼酎がすすむことウケアイ。
久々に煮た味つけメンマと肩ロースの煮豚もそえてみた。



c0114069_14314235.jpeg
沖縄そばを食べた時に使ったコーレーグスにビビビと来て(古い・・・)ゆるく自作してみた。
本来は島唐辛子と泡盛を使うらしいところを地元産タカの爪とウオッカで漬けた。

液体が減っても唐辛子本体の辛みは残っているので、しばらくはどんどん泡盛を足せば良いと聞いた。
いい。こんな感じ好き。ラーメンにかつおぶしを効かせた沖縄すば風なものを作って楽しんでいる。

カタカナに弱い私「コーレーグス」のことは、気を抜くとすぐ「コーグレース」って言ってしまって困っていたところ、
その大元らしい「高麗草」と漢字で思い浮かべると間違わないことを発見。
めでたし。めでたし。





前の香味野菜無しタイプのラー油
[PR]

by tigerbutter | 2015-10-14 14:26 | 保存食・常備菜 | Comments(4)
Commented by etigoya13-2 at 2015-10-15 08:19
「コーレーグス」のくだり、同じ間違えを…おかします。
カタカナ弱いの。苦笑

我が家買い置き国産唐辛子を使う時にパラリと鉢に撒き、土もかぶせずにいた物がただいま結実中。
凄い遅いけれど開花までいった上に結実して嬉しいです。
私もせっせと国産唐辛子消費しよう〜。

この記事読んでラー油作りたくなりました♪

そして沖縄そば大好物。
これ又食べたくなって来たわ。
Commented by 19675y at 2015-10-15 09:12
お久しぶりです。
ラー油は未だ作ったことが無いので、一度挑戦してみようかしら?
いい具合に鷹の爪も色付いてきましたしね。
Commented by tigerbutter at 2015-10-16 13:37
えちごやさん
カタカナ弱い仲間発見!なにげにうれしいです〜
いいですねそれ。そんな感じで生えて来た喜びはまたひとしおですね。
貴重な自家栽培唐辛子だと使い道にも慎重になりますね。
ステキな唐辛子ライフを〜
Commented by tigerbutter at 2015-10-16 19:23
まりりんさん

おひさしゅ〜
自家製ラー油は好みに調整出来るんでおすすめですよ〜
まりりんさんとこも自家栽培かな?
うち作ってないですが、鷹の爪って見た目も可愛らしくて見つけるたびに欲しくなるんですよね♡
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< シャドークイーンポテトサラダと...      山登り(御池山)後編 >>