知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 03日

かぼちゃの濃いプリン

c0114069_15212680.jpg

つまりはブラジル風プリンの南瓜入り。

・・・ちょっと前、
私にはシュークリーム大ブームが来ていて、
洋菓子店およびコンビニに足しげく通った。

そのブームは過ぎ去り、今はどうにもプリンがアツイ。


ところがうちのプリンがどうにも好きなんで、もう作るしか無い。
(シュークリームも自家製好きだけど、ありゃ現実的ではない・・・)
現在、コンデンスミルクを3缶買い置いてある。


そして大きな南瓜が一個あった。
とても一気には食べきれないので蒸して潰して300gづつに小分けした。
かぼちゃの薄いプリンも嫌だと思い、豪気にええ〜いと2袋入れた。

結果、ものすごくかぼちゃ!

プリンなのにぽくぽくしてケーキ寄り。
ぽくぽくに吸収されたか、1缶も入った練乳の存在感は希薄。
カラメルもだいぶ吸われて減ってしまってる。

ありゃりゃ・・・

あとの分は思い出してクリームを添えたら問題は薄れたが、
南瓜を入れるなら300g〜450gアタリが妥当ではないかと思った。

   「過ぎたるは及ばざるがごとし」

とは、良くいったもんだなあ〜



まあ、経過として記録しとく。






=かぼちゃの濃いプリン=   12〜16人分

◯プリン生地
・蒸して皮ごと潰した南瓜・・・600g
・コンデンスミルク・・・1缶
・牛乳・・・300g(缶をゆすぎつつ1.7杯くらい)
・卵・・・L5個(正味320g)

○カラメル
・砂糖・・・大さじ5
・水・・・先分大さじ2+後分大さじ1
・ラム酒・・・大さじ1

純乳脂肪生クリーム



アルミ型に直接砂糖と先分の水を入れ頃合いに焦がし、
後分の水とラム酒を加えて混ざるようにゆする。
プリン生地の材料を全部混ぜて滑らかにし、型に注ぐ。

水1カップを加えた活力鍋に型をセットし、蓋をして加熱。
おもりがふれたら弱火で4分・・・で、おもり下がるまで待って開けたら、
あらら〜まだやわやわだったので、
同じ加熱の手順をもう一度くり返したらちょうどだった。
一気に加熱するなら、さて何分が適当か?



c0114069_1522861.jpg



南瓜プリンもかなり好きだ〜〜
[PR]

by tigerbutter | 2014-10-03 15:41 | あまいもの


<< 秋刀魚の黒酢煮      ちぎりじゃこピーマン >>