知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 14日

お急ぎ祝い膳:鶏唐揚げとお赤飯

c0114069_1435857.jpg
c0114069_14353791.jpg

上京する息子に作った、家での最後の晩ご飯。

その日、ゆっくり準備する間もなかったので、
おかずと言えば「唐揚げに始まり唐揚げに終る」と言われている通り、
*息子の味覚基準でもある所の鶏唐揚げにした。

今回の仕上げ粉は強力粉、片栗粉、コーンミール、細引きパン粉、塩適宜のミックス。
・・・じゅわじゅわのバリバリだぜ!!  

  *息子の味覚基準・・・未知の食べ物に対し、どのくらい美味しいかを表す比較対象として、
             身近な最高峰のひとつである唐揚げを用いる。

             例:これ!唐揚げぐらい美味しいよ!!
                                 

                                


◆鶏唐揚げレシピ







お赤飯はお急ぎ電子レンジ仕上げ。

ふと思いついてニトリの耐熱容器を使ってみたら、

調理と盛りつけを両方こなして、サイズもピッタリのスグレモノであった。
洗い物も1つ減って得した感じで、かなり気分がいい。
(べつにニトリの回し者ではないです・・・)

この祝い膳の重要ポイントとしては、とにかく南天の葉を添える!
(祝い要素が極めて少ないため、ここ要注意!)
これで幸先はかなりいいはず。




◆レンジ赤飯
 (少なめの3~4人分)
・餅米・・・2カップ
・小豆・・・1/4カップくらい
・塩
・ごま
・南天の葉

餅米は洗って30分以上水につける。
小豆は洗って2カップくらいの水で硬めに煮る。
(余裕があれば一回くらいゆでこぼししてアクをぬくと、よりグッド♪)
耐熱容器に煮た小豆と水切りした餅米を加え、
表面をならして水を加え、注意深くひたひたの加減にして、
(キモチ少なめのひたひたっていうか・・・)
ふんわりラップする。
強7分加熱して全体を混ぜ、またラップして5分加熱。
10分置いて蒸らし、全体を混ぜてきれいに盛りつける。
南天を飾り、お好みでごま塩パラッ。





・・・20年近くの思いを一食に込めるというのはなかなかに難しいが、
まあまあ自分らしくやれたと思う。
[PR]

by tigerbutter | 2014-04-14 16:32 | 料理


<< 苺パンケーキ      チャパティ >>