知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 26日

たい焼き焼いた

c0114069_17394415.jpg

ブログ徘徊していたら、
地元のたい焼きの、入念なたい焼きレポートを発見して感激!

にわかに、自分もたい焼き調査員なキモチになってきて、
とりあえず2軒回って、自分なりに細かく分析してみた後、

  じゃあどういうのがお好みよ?

って考えたら、
その線はどうも、有りそで、無さそな・・・

  う〜ん・・・


あ!そーだ私、
実は型持ってるんだった!
中学の時に母に買ってもらったヤツ。

・・・あった、あった、南部鉄器の、今見てもほれぼれする美しいたい焼型。







では、おなじみいつものパターン。
さあ、れっつとら〜い!

狙うのは、
粉味をいかしたシンプル材料でもっちりパリパリ皮。
餡は小豆の風味たっぷりで優しい甘さ。塩気は出しゃばらない←それつまり自分ちのあんこなんだけど・・
量はほどほど。あんこけちってるとか、反対に超薄皮とか、そういうんじゃないのがいい。




c0114069_1740551.jpg


◆たい焼  105~125g×6匹              ず〜ッと前にネットで探したレシピ参考

  中力粉・・・200g
  塩・・・小さじ1/3
  上白糖・・・大さじ2
  水・・・250g

  重層・・・小さじ半分

  あんこ・・・適宜
  シュレッドチーズ・・・適宜
  サラダオイル

・あんこ(使ったのは半分弱)
  小豆・・・250g
  上白糖・・・200g(小豆の80%)
  塩・・・親指と人差し指ではさんでふたつまみ


皮の内側のぷにんぷにんをイメージして、粉を良く水和させたかったので、
前日に材料の水までを良く混ぜてラップして放置。
使う前に重層を合わせた。

同じく前日夜、活力鍋であんこを作る。
水たっぷりで、加圧6分。余分を水切りして砂糖と合わせて一晩放置。
次の朝、少しゆる目に煮詰める。最後に塩ふたつまみパラッ。

一度良く熱して油をなじませた型で焼く。



ちょうど三回分、焼き色に調子が出てきた所で、生地終わり・・・
新米たい焼き職人、焼の妙技を全く心得てないせいだと思うけど、
残念ながらく皮のバリッと感抑えめ。
(多分、火が強過ぎる。もっと遠火で時間をかければ良いと思う。)
けど、皮の内側ぷにんぷにんと、ほどよい餡(自作自演っつーか・・・)はクリア!

娘の要請により、初めて餡チーズ入りにしてみたけど、
普通のピザ用のシュレッドチーズ使用でも、売ってる餡チーズより格段上質に感じた。
これはナイッス!

おうちたい焼き、これははまる!!!





でも正直、大人になってからこの焼型を使うのは2度目。
う〜ん、マイルール=お道具所持許可基準から逸脱している・・・
でもまあ、思い出せただけでも良かった。これを機に、もっとせっせと活用しよう♪








めざせ!たい焼き名人!!・・・あ〜屋台販売やってみたい〜・・・夏はわらび餅とかき氷で〜

良かったらポチしてね♪     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2014-01-26 21:18 | 粉もの


<< 干し柿      牡蠣のバター焼き >>