知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 12日

タネまで愛して柑橘類  〜五変化〜

c0114069_12102286.jpg


なんだかこの冬、
特に美味しくてたまらないもののひとつが柚子。

自分に目新しい加工法で作ってみたら、両方とも大当たり!!!
これは増産せねばとさらに柚子を買い足した。



◆塩柚子                                             長尾智子さんレシピ参考   
      
柚子を横半分に切り、種を取る。(種は捨てない)
果汁を絞り、皮とワタを細長く4等分くらいに切って、薄く千切りにする。
果汁と合わせて重さの4%の塩を加えて混ぜる。
1週間程で食べ切るだけ残し、あとは小分けして冷凍する。

果汁も入った丸ごと柚子がすぐ使える状態になってる!
とても斬新に思えた。

お料理に柚子風味をちょっと加えたいとき、
柚子胡椒と違って塩分も低いので、存分にたっぷり使う事が出来る。

塩分は元レシピは2%だったけど、
食べてみたら、もちょっとパンチもきかせたかったので4%にしてみた。
気持ち保存性も高まるかな。

しかし塩分濃度にはちょっと悩んでる。
・・・黄色柚子胡椒も合わせて作るなら、こっちは極薄塩で良いかも。




◆柚子はちみつ                                          うろおぼえコウケンテツさんレシピ参考
柚子を横半分に切り、種を取る。(種は捨てない)
果汁を搾って、皮を半分に切り、箸から薄切りする。
果汁と皮を量って、清潔な瓶に詰める。
同量程の蜂蜜を加えて混ぜる。


前々から柚子はちみつの存在は知っていたけど、
柚子茶としていただく事にはさほど興味がわかなかった。
けれど、味噌と合わせただけで柚子味噌として使えるというくだりに、
ちょうど柚子味噌レシピを探してた私にはビビビとキタのだった。
果汁の酸味も加わった加熱無しの柚子風味がすごく良いと思う。

とりあえず産直の生芋蒟蒻と和えたら、かなり美味しかった。
気に入りすぎて蒟蒻の切り方を変えただけで二回続けて食卓に出した。

双方ともリピ確定!
今のうちに一年分をストックしときたい。




c0114069_12142934.jpg


左、スダチポン酢は実家にある、私が中3の冬に植えたスダチ使用。
豊作のスダチを今年はやたらとどっさり送ってもらい、
食べきれずに黄色くなったのを全部絞ったら800ccとれた。
あの小さいスダチの汁を絞りためるなんて、ウルトラ面倒臭くてとんでもないと思っていたけど、
やってみたらどうってこともなかった。


今までにも米酢と絞ってある柚子酢をミックスしたポン酢は何度も作ったけど、
甘くしないと上手く味のバランスがとれなかった。
でもなんだか今回は黄色スダチのおかげなんだか、
混ぜたすぐからすでにおいしいので驚いた。




◆私が植えたスダチポン酢                                     白ごはん.comさんレシピ参考

スダチ果汁800cc
薄口醤油1200cc
羅臼昆布40g
かつお節40g



寝かせる程に美味しくなる事になってるらしいが、
冬野菜がマックス美味しい今日この頃。
けちらず、そろそろつかわにゃあ。





◆入浴剤                                                 小太郎さんブログ参考

ポン酢を作ったあと、
残ったスダチの皮は、柚子と違って*ゆべしには出来ないよなあと思いつつ、
検索してたら小太郎さんとこに行き当たってナイスアイデア、イタダキ!

     *ゆべし  柚子酢をとった後のわたと皮を砂糖と醤油で柔らかく炊いた、実家地方のおかず。

搾りかすの皮はザルに広げて干して、適量を網に入れて口を縛り、入浴剤にする。







◆柑橘種化粧水                                           ネットで勉強した複合レシピ

大量のスダチの種と柚子種少しを清潔な瓶に入れ、
3分の2の高さくらいまで日本酒(又は焼酎、ホワイトリカー等)加えて1週間放置。
しゃかしゃか振ってとろりとさせた液体をザルで濃しとって、清潔な容器に詰める。
場合によっては倍くらいに水で薄めて化粧水として使う。

種は三回程使えるらしいと聞いたけど、
ぬるぬるが出てる間はいくらでもとれそうな感じがした、タネが多いせい?




私は全く平気だけど、娘は敏感肌で化粧水に赤くなるので、
ヘチマ水とか、ぶどう水とか、無添加化粧品に興味がでてきたところ、
おあつらえ向きに種が出来たのでやってみた。


ザルについたぬるぬるが濃い所をべったりと洗顔後の私の顔に塗ってみたら、
分厚くパックしてる感じで、乾くとバリッと固まってむちゃむちゃ皺伸びますがな。
ぬるぬるの濃さによっては危険な気さえした。
(ほら、のばし過ぎると引っ張った分が加速して皺になりそな予感・・・)

柑橘種ってすごいな!ペクチンばんざい!!

ザル近くのぬるぬるではない、ほどほどの濃度に日本酒で薄めて使いたい。
(水だと腐敗の管理が面倒そうなので)








柑橘類の全てを使い切ってかなり充実度アップ!!!



タネまで〜タネまで〜タネまで愛してほし〜〜の〜よ〜
良かったらポチしてね♪     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村








           
[PR]

by tigerbutter | 2014-01-12 20:14 | 保存食・常備菜


<< オートミール:粥とグラノーラ      カンパーニュ症再発 >>