知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 06日

鰻の蒲焼き挑戦!

c0114069_1247762.jpg


最近お気に入りの渥美半島に今週も行ってみた。

この日発見した魚屋さんは、その辺りの旅館や料理屋にお魚を卸しているところ。
その後プールに行ってから帰るので、
あまり手間のかからないものを買おうと思っていたけど、
うなぎの開いたのがあった。

あ、そう言えば!・・・今日は息子の誕生パーティーするんだったと思い出し、
・・・今年、いくら鰻の値が高沸していると言っても、
スーパーで見た国産鰻はあまりにも小振りで食指が動かずスルーしていた事も思い出し、
焼いたのは無かったので、それにしようと思ったら、

「良かったらこっちの生簀の生きのいいのをさばきますよ。今日のはどれも養殖なんですけど。」
と魚屋さんが言ってくれたので、

実は初めて鰻を生から扱うので、そんなに自信は無いんですけど・・・って思いつつ、
でも祝いの席だし、そうだ!やっぱりなんか盛り上がりが欲しい!と思い直し、
オススメのやけに丸々した大きな生きのイイのをさばいてもらった。



さて調理。
・・・と思ったら、
はて?どうするの?
串とか打つ?
魚焼グリルじゃ駄目?

結局指導はネットさまにおすがりする。



骨と肝と頭もついてたので、頭と骨はテキトウに混ぜた甘辛だれの出汁にした。

肝と本体で400gジャスト。やけにカサがあるわ〜








c0114069_12473263.jpg

初期:最初アミにしっぽまでのらなかったけど、ウマく縮んでくれてほっとした。



c0114069_12474956.jpg

中期:まだ知ってる白焼きとはだいぶチガウ。ウマく焼けてない焼き魚っぽい。


c0114069_12482131.jpg

皮目:だんだんコンガリしてふっくらしつつあるが、ムラがあるのでまんべんなくを心がける。


c0114069_12484671.jpg

後期:すでに45分焼いている。
        我慢のかいあってもう全体に脂がにじんでいるので、ついにタレをつける事にする。
         タレは4回くらいつけてはかわかした。
         味の付き具合はなかなか良かったが、最終もうちょっとコンガリ焦がせば迫力も出た気がする。



焼き上がり260gの堂々の鰻蒲焼き出来た!!!


まず、見た事無い級に厚肉、それでいて皮がゴムみたいに硬いとか一切無い。
ふわっとサクサクジューシー。
これ1匹2500円はお安いざます〜


このレベルの蒲焼きが自分で焼けるとは思いもよらなかったけど、今回のでかなり自信がついた!!!
これからは鰻は活け締めを買う方向で、自分好みの加減に焼こうと決めた。









お魚おいし〜・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-09-06 14:33 |


<< 金時豆のチーズ富士山      揚げじゃが&鶏唐揚げ >>