知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 25日

一本買い魚修行*金目鯛・細魚・鯖・イナダ・鯵

c0114069_127514.jpg

金目鯛の酒蒸し




先週ドライブついでに御前崎にお魚を買いに行き、
金目鯛、さより、鯖をゲットした。


ものすごく久々に自分で丸の魚をお造りにするつもりで意気込んで行ったわりに、

魚屋さんに、
「はい!どうしましょ?」
って聞かれると、


「え〜と・・・じゃあ、金目はお造り用に三枚でサクにしてもらって、アラも下さい。
鯖はしめ鯖用でお願いします。」


って、サクサクお願い出来てしまった・・・



わ〜い、楽チ〜ン!!

しかし、言い忘れた為に金目の皮は引かれていた・・・
ありゃりゃ、松皮造りにしたかったのに。
ってか、金目鯛ってそれしかやった事ないのに、にわかに不安。




アラを酒蒸しにするのに大きすぎるお皿を選んだ為に上手く蓋が閉まらず、
待てど暮らせど蒸し上がらなくて、
結局お皿を変えて蒸し直したり、
久々なのもあり、お造りのやり方覚えてなくてやたら手際が悪い上、
ツマもあしらいもなんも思いつかなかった。





c0114069_2235274.jpg
金目鯛と細魚のお造り

金目鯛はとても美味しかったけど、ビジュアル的に敗北した事は間違いなかった。
・・・松皮にさえ出来てればもうちょっとマシだっただろうに・・・




c0114069_2273611.jpg

細魚のマリネ

細魚はもたついた私のせいだか、元からなのか、地元獲れのはずなのに鮮度イマイチで、
途中から塩とオリーブオイルとケッパーで食べた。
そっちが美味しかった。










c0114069_2265649.jpg

三日目、〆〆コンビの盛り合わせ。
金目の昆布〆と〆鯖

〆鯖、魚柄先生の教え通りに一晩たっぷり塩したら、まんま塩っぱくなった・・・
これなら塩抜きしてから酢に漬けるべきだった。
脂ノリノリな良い鯖をもったいないことした。


二日経った金目の昆布締めは生ハムのようだった♪

・・・そんなに長く置くと昆布臭くなって魚の味を損なうという意見もあるらしいが、
しかし、丸の魚を半分お造りで食べた残りの半分については、
ちょっと遠ざかった日に、
元の食べ方から印象が遠ざかった食べ方にしたほうがよりありがたくいただけると思う。



生魚も〆て水分を抜いた物は切りやすい、盛りやすい、生臭みも薄い。
保存も出来るし、これはすばらしい方法なのね。
ありがたやありがたや先人の知恵。



とりあえず上手くお魚を活用出来た気がした事と、
盛り込みがちょっと華やかに出来た気がして、
なんだか私、俄然やる気になってきたあ〜!








c0114069_229116.jpg

4、5日目
鯖の押し寿司
残り半身の〆鯖をスパムの押し型で押してみた。
テキトーにやったら酢飯多かったが、冬鯖の魅力満開!

脂のとこがシコシコして、さっぱりしつつ味わい深い。
いいわあ鯖寿司!!!

〆鯖をもっともっと堪能したくなった。





・・・ちょっと、京都いづうの鯖寿司も視野に入れてみた。

え〜!ちょっとお!すごい値上がりしてる!
(ってか、京都で舌鼓を打ってから20年は経ってるから)





やっぱ自分で作るわ。
そんだけ出せばすごい立派な鯖が使えるじゃないの!
(・・・そんだけのものが出来るとは限らないけど・・・)







c0114069_2293366.jpg

イナダのお造り

7日目ちょっと遠いスーパーにて、駄目もとで金沢産のイナダゲット。

造り方のシュミレーションをかなりくり返したのに、
思ったようにはやれなかった。

道は遠い。








・・・どうせなら、
人をアッと言わせるかっこいいお造り盛りを目指すため、(動機がいやらしい)
調べた所によると、あしらいにはとにかく一年中大葉がくっついてるようだけど、

はて?
日本料理に季節外れ食材ってどうなの?
って疑問がわいてしょうがない。

ここは大葉を使わない、冬をいかしたかっこいい盛りつけが知りたい!

・・・つーか、
この日とにかく買い物かごには入れたのに、
レジのおねーさん見落としたみたいで、
レシートにも荷物にも入ってなかった大葉・・・
(買おうとしてる〜)

それは大葉を使ったら駄目だという神様のオツゲなのか?





そんなわけで青梗菜の葉先使用。

・・・これ、かっこいいって言える???

安易に添えたプチトマトってのも・・・どう???
(はて?季節、気にしてた?)

しくしく・・・







c0114069_22102234.jpg

鯵のタタキ
そして8日目の今日、地元漁港付近の水産物店で鯵ゲット!

鯵の細工は意外に簡単。
わ!こんなん自分でやれるもんなんだ!!
ってびっくりした。




あ〜、なのにやっぱり感動を呼ぶ程の鮮度ではない。




・・・もっと魚の目利きが出来なければ、
旨いお造りにはありつけない事が分かった。

やはり経験。
もっと修行をツムのじゃ!













以上8日間で食べた魚。

あ、あと、細魚の残りを干物にしたのも焼いて食べたっけ。
あれはおつまみにグッドだった。




魚、面白い!
魚修行まだ続く〜・・・ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-01-25 00:52 |


<< 冬野菜大絶賛!*葱豚巻き&大根...      海苔塩オリーブれんこん&葱と豚... >>