知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 09日

わさびささみ串焼き&蚵仔煎(台湾風オムレツ)&はちみつ酢豚&キャラメルマキアート

c0114069_11452999.jpg

わさびささみ串焼き


いざまた串焼き!と思ったら、
結局何の目新しい準備もしてなかった・・・

しかし朗報!
焼き網+アルミホイル12層で上手く乗り切れた! 


レシピは先日の串焼き家飲み



*コツ
鮮度の良いささみを表面こんがり中はレアに仕上げる事と
焼きたて熱々を間髪いれずにスグに食べる事。

やっぱコンロ横に腰を据えるのが良いと思う。



高タンパク低カロリーおつまみ!おすすめ!!












c0114069_11444753.jpg

蚵仔煎[オアチェン](台湾風オムレツ)

一皿分
レシピ
フライパンを熱し、油とニンニクみじん切りで香り出しし、下ごしらえした牡蠣を半生に炒める。
小麦粉と片栗粉半々の水溶きを流し入れ、ちょっと固まったら溶き卵投入。
焼けてきたらひっくり返して、頃合いでお皿に盛る。
同じフライパンにスープ、スイートチリソース、ケチャップ、を煮立て調味し、
さっきの水溶き粉の残りでトロミをつける。
香り付け胡麻油チラッと混ぜ、卵焼きにかける。






動画で見た台湾のストリートフード。
手際の良い職人技がキラキラして見えたので、
ゆるくまねてみた。

ってか、水溶き粉を広げた後に野菜(白ネギにしようと思ってた)をのせるのすっかり忘れた・・・

不完全ながらも感想としては、
水溶き粉の部分は粉腸に似た淡白なピロピロした生地、
それが牡蠣の味わいをより増幅させていて、
私が知ってた卵と牡蠣だけの牡蠣オムレツより数段上だと思った。
海老チリのタレっぽいソースもぴったり♪




これはかなり気に入った!!





牡蠣の味ものってくる季節、
この新メニューはヘビーローテーションの予感。

牡蠣カモ〜ン!


















c0114069_11442990.jpg

はちみつ酢豚
2皿分
レシピ
野菜と同量くらいの豚肩ロースを一口大に切り、
酒、胡椒、塩、ガーリックパウダーを加えてよく揉み込み、
卵少々加えて全体に行き渡らせ、片栗粉をしっかりまぶす。
玉ねぎ大1.5個を大きさをそろえて切る。
人参1本は火が通りやすい薄い乱切り。
ブロッコリー4房ほどは食べやすい大きさにさく。
肉をこんがり揚げる。
中華鍋を熱して油を入れ、叩いてみじん切りしたニンニクで香り出しして、人参をいれて油をなじませ、ブロッコリー玉ねぎとくり返す。
まだ半生状態で酒、スープ、砂糖、はちみつ、ケチャップ、塩、胡椒を加え味を整えつつ、良い頃合いまで煮る。
(煮すぎない)
水溶き片栗粉を加えてトロミをつけぐらぐら沸かして揚げた肉を加え風さっと合わせ、
風味付けに胡麻油をちょろっとかける。






若者達のお昼ごはんにボリュームの一品。
はちみつの甘みもまたいい。
(・・・糖質オフな味つけじゃないけどね・・・)

私にしては珍しく注意深く、玉ねぎの大きさを丁寧に切りそろえ、きちんとばらしてみたら、
とてもいい具合に火が通り、しゃくしゃく玉ねぎが大人気の酢豚が出来た。

「材料は均一な大きさに切りそろえるのが良い」って、
そんなの20年以上も前からとっくに知ってたよ・・・今だに目新しく実感してる自分に驚き。



基本を守るって大切ね〜














c0114069_11433518.jpg

キャラメルマキアート

最近娘が珈琲に凝っている。
いつも買いに行くコーヒー豆屋さんでいただく、サービスの珈琲に衝撃を受けてのこと。


「スチーム式の良いエスプレッソマシーンが欲しいなあ」といいながら、
チンして温めたミルクをせっせとバーミックスで泡立てている。


最初、かなりひどい出来にも関わらずなぜか自信満々で、
スグ知り合いに振る舞ったりしていたが、
練習のかいあってか、このところはなかなか美味しく作れるようになってきた。






「珈琲いれようか?」

とか、ちょっと前赤ちゃんだった娘に言ってもらえる日が来るとは思わなんだ。











このごろ頓に思う。

何もかもがあっという間だった気がしてならない。
これが本当に現実の事なのだろうか?
いったい私の時間はどこへいった?


・・・あ、「モモ」読み返してみよう。
もしかして読み頃?











時間が短くなったと感じる方〜
ぽちっ     
     



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




[PR]

by tigerbutter | 2013-01-09 08:45 |


<< ワインの肴*角切りサーモンとい...      正月おやつ >>