知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 04日

豚ひじき

c0114069_8525657.jpg

愛用の地元日和佐町産の長々ひじき(太くて、麺?ってほど長い・・・)は切らしていたので、
普通にスーパーで買ったひじき使用。

いつもの長々ひじきのもふもふした食べごたえはないけど、
(これは好きずきだろうねえ)
これも美味しかった。


なんつーか、ひじきって美味しいねえ♪








豚ひじき
[材料]   ジプロック角中ちょい山盛りひとつ分

・乾燥ひじき      35g
・にんじん       1本
・豚細切れ肉      100g 
・胡麻油        大さじ1
・みりん        大さじ1
・砂糖         大さじ1
・薄口醤油       大さじ3
・水          100cc
・いりごま       大さじ2

[作り方]
ひじきを20分程水戻しして洗ってザルにとる。
千切りにした細切れ肉を胡麻油で炒め、
にんじん、ひじきも加えて油をなじませる。
調味料と水を加えて頃合いに水分が飛ぶまで煮る。







出汁も使わない、そんな濃くも無い、わしわし食べたいあっさりタイプ。





ひじきは身体にすご〜くいいと、昔から信じてる!









よろしクリ〜ック!     
     



にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



[PR]

by tigerbutter | 2012-09-04 09:32 | 保存食・常備菜 | Comments(10)
Commented by etigoya13 at 2012-09-04 13:18
いや〜んこれまた魅力的♪
ひじき美味しいよねー。
うーん帰国前に組み込みたい。
冷凍庫に豚肉の在庫あったかなー?
Commented by tigerbutter at 2012-09-04 19:11
えちごやさん

美味しい上に栄養たっぷりのひじき♪
ますます美味しい生活を末永〜く続けましょうね〜〜!
Commented by etigoya13-2 at 2012-09-06 02:02
今日もふもふっと食べました〜ひじき。
ベーコン入りで洋風ひじき。
連れ合いにも好評だった。
やっぱり美味しいねひじき♪
Commented by tenchan-555 at 2012-09-07 17:33
はじめまして^^

日和佐とあったのでもしかして徳島の?ですか?
もしそうだとしたら、懐かしい!と思って♪
私もひじきは梅肉を入れて炊いてストックしています。
ワシワシ食べてもいいし、
卵焼きや和え物、ごはんの具にもなるので便利ですよね。
Commented by tigerbutter at 2012-09-08 09:11
tennchan-555さん

はじめまして!いらっしゃいませ〜!!

おやっ!日和佐関係者様でございましょうか?
そうです。私徳島の端っこ日和佐町(現在美波町)出身なんです。

ほとんど開発されない分だか、
いつまでも日和佐の水はおいしいですね〜


梅肉入りグッドグッド!!
そうそう。展開出来る所がまた魅力ですよね〜
Commented by tigerbutter at 2012-09-08 09:13
越後屋さん

お!長ひじきですね!
これまた洋風いいっすね!
さては例のうまそな本格ベーコンですね。
うらやますいい〜

Commented by etigoya13 at 2012-09-08 12:44
ひじきは長ひじきだったかは微妙なんだけど長くて太いのが結構混ざってるんですよ。
ふふふ、あれね、一応肉が多くて3枚肉チックなのでベーコンって言っているんだけど、本当は燻製サーラなの♪
だからマリネするのが塩だけでよりダイレクトな塩漬け肉のうまみと燻蒸香なのよん。
だから生サーラ作ったら温燻かけるといいよー。
Commented by tigerbutter at 2012-09-08 20:11
越後屋さん

ほおおお。
薫製サーラなら、生食ブッブーな脂塊でもOKですね!
めっちゃ使い出ありそう。
これは是非やってみねば。
Commented by etigoya13 at 2012-09-09 00:35
あ、サーラは下ゆでして作るやり方も有るよ。
こちらだと生食微妙な物でも大丈夫かも。
Commented by tigerbutter at 2012-09-10 00:39
越後屋さん

あ、最初に茹でるとよいか・・・

出来てから茹でて加熱?って考えてたとき、
大蒜味抜けると嫌だな〜とか思ってたのが、
簡単に解決してしまいましたがな。

さんきゅ〜♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 茄子のベトナム風      海鷂魚(エイ)の煮付け&煮こごり >>