知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 30日

茄子トマトのバター醤油

c0114069_18251589.jpg

この夏私がまたはまり食いしたメニュー。

参考レシピはこちら

なすとトマトだけどイタリアンじゃなくて、和風常備菜。
冷やしたのを熱々ご飯にのせて食べるよう推奨してるあたりにびびびときた。
土屋さんナイスセ〜ンス!!!
とにかくものすごく気に入ってる。8回?いや10回くらい作ったかも。


ただ、私はとってもトマト好き。
あればあっただけ生食しちゃうので、イタリアン納豆ごはん
なかなかちょうど良くなすとトマトの二つはそろわないのでずっとトマト缶使用。



例によってうろ覚えをつみ重ねたレシピは、
いつの間にか名前まで変わってるようだけど、
味付けがどうだったのかを名前だけで判断出来るって、記憶力末期の人には便利。
にんにくと胡椒も入れたい所はぐっと我慢して押しとどめている。




=なすトマトのバター醤油= 6人分くらい? 覚え書き

大きいなす   4個
ホールトマト缶 1缶
ししとう    6個(そこにあったから、、、)
バター     大さじ2強
砂糖      小さじ1
醤油      適宜
塩(なすの水だし用) 


なすを5mm厚さくらいの輪切りにして、
軽く塩をまぶして水が出るまでしばらく置いて、
水であらってあくをとり、水気を切っておく。

フライパンにバターを溶かしてなすを加え、
美味しそうな色になるまでじっくり炒める。
トマトと醤油砂糖を加えて、水分が跳ぶまで炒め煮する。



トマト缶は良く煮込まないと酸っぱいので緩和のために砂糖入り。
完熟の甘いトマトならいらないと思う。

今回なすが大きくてたくさん入ってるので、いつもよりトマト缶の割合が減ってる。
バターなすが際立って、こっちの方が良いと息子。

塩をして水だししたなすは、
少量のバターでも短時間で甘くこっくり炒め上がるところがすごくいいと思うの。
そこにトマトの甘酸っぱさが加わり、
和風醤油味もプラス、
まさにごはんにぴったりこ!





なすと買い置きトマト缶で野菜のボリュームおかず
さらに作り置きもきいちゃうのよ!
秋なすの美味しいうちに作りたい方
はいクリ〜ック!     
     
にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]

by tigerbutter | 2011-10-30 19:30 | 保存食・常備菜


<< 白菜キムチ2011秋      甘夏あずき >>