知りたがりやの食べたがりや

tabetagari.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 25日

烏賊の二夜丸干し

c0114069_18431018.jpg

魚屋の三代目さんのとこで見た肝いりの烏賊の丸干しを作ろうと思って、
スルメイカを2杯干してみたら、5時間とか一昼夜じゃもったいないような気がして、(なにが?)
丸二日干してみたら当然だいぶ違ってきた。

1杯目はグリルで丸焼きしてみたけど、うっかり身は焦がし、
肝は流れ出してくる上によく焼けてなくて生臭く、???・・・失敗感満載だったけど、
さらに4日ほど冷蔵庫でねかせておいた(忘れてた)分は、
見た目さらにひにゃひにゃして情けない様子だったけど、
大事をとって肝はのぞいてフライパンでふた閉めて焼いてみたら
ものすごく小さいいかになった。
硬そうな気がして薄切りにしてみた。


  あ!これは、おつまみのいかじゃあないか!


ほ~意外にそんな感じ。
塩と熟れて、生いかとか一夜干しとはだいぶちがってる。
これはこれで、いいんじゃな~い?
干したい欲も満足できて一石二鳥。




烏賊の二夜丸干し


スルメイカ 2杯
塩  適宜

烏賊は足をはずさないようにいぼいぼの先のとげとげとくちばしと目玉と内臓と舟をはずして洗って、
(肝はホイル焼きにすれば間違いない!)
塩を薄く全体に(どうの内側にも)塗りつけ、
串に指して丸二日干す。
4日冷蔵庫で寝かす。
フライパンでふたを閉めて焼く。
足は1本ずつ切り離し胴は薄切りにする。



よい点は開いてないのでかさばらないこと。
輪切りがかわいいこと。・・・スティックも別に悪くはないんだけど。
いまいち乾燥してない時期はひらくべきなんだろうなあ。





烏賊ラブ~!!!
[PR]

by tigerbutter | 2011-01-25 19:27 |


<< 恵方巻き      ほうれん草のおひたし >>