2010年 10月 01日

いくらのしょうゆ漬け 其の三

c0114069_17512331.jpg

二度目に仕込んだ前回のいくらは生臭みはないけど今度は卵膜がちょっと硬かった。

箸の先につまんで、座ったまま腕を高く差し上げ、
食卓に落とした場合の跳ね返りは約7cm(とらばた調べ)
お口の中で常に圧力をかけないとうまくつぶれず、
ともするとただ飲み込んでしまうことになるのでこれは油断できない!!
しかし食べ続ければ顔が引き締まって小顔効果はあるかもしれない・・・とか、なんとか・・・

それでも冷蔵庫にいくらのしょうゆ漬けが入ってると思うだけでなんだか非常に心強く、
ほんの一すくいプラスしただけで、
最近私が凝ってる地味どんぶり、
・・・ただの豆腐おんたま丼やシラス丼がやけに御馳走になる気がするわけで、

   

   もうこの子なしではいられないかも?!



そんなわけで生筋子一キロまた買いました。
市場でkg2400円(+税)な~り~




   ・いくらのしょうゆ漬け覚書

     生筋子  1kg
     みりん  200g
     薄口しょうゆ 160g

洗って水切りしたらいくらを4分割したら一つ240gだった。
それぞれ保存容器に入れて調味料をそそぎ、ぐるっとまぜて、
一日なじませ三つは冷凍庫へ♪




これで私の丼ライフもしばらくは安泰。
[PR]

by tigerbutter | 2010-10-01 18:15 | 保存食・常備菜 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 食べやすい名古屋風手羽先       ピカーニャのローストビーフ >>